なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
2016年2月28日の今日の一杯

東京都新宿区市ケ谷

昨年8/31、突如として、市ヶ谷本店。高田馬場店、お茶の水店の全3店舗を一斉に閉店させた味噌の有名店「くるり」。その「くるり 市ヶ谷本店」跡にくるりの大塚店主が初心に返り昨年9月4日にオープンさせたのがこちらの「大塚屋」。オープン後に訪れたが材料切れ終了で振られ、今回ようやくいただくことができた。

お店は「くるり」の時と変わらず看板もなく分かりにくい。雨の日の土曜、14時20分頃訪問。雨にも関わらず店内3人ほどの列。7席ほどの狭い店内だがその後も続々と来客。主な麺メニューは「辛味噌ラーメン」と「辛味噌つけそば」の2種類。「辛味噌ラーメン」をいただいた。

「辛味噌ラーメン」(750円)
赤々としたスープに白髪ねぎがたっぷり盛られている。スープはくるり受け継いだようなかなり粘度高めのドロドロのスープ。辛さは見た目ほどでもなくほどよい辛さでくるり同様、いわゆる味噌っぽさは薄い。スープを飲むというより食べるといった感覚で旨い。

麺は少し縮れた平打よりの極太麺、強い弾力でスープに負けず存在感あるモチモチ麺。この個性の強いスープと麺が見事マッチしており重量感ある一杯に仕上がっている。そこに大量の白髪ネギがシャキシャキと清涼を与えてくれていてよい。

チャーシューは白髪ねぎの下に大きめのブロック状の塊のものが隠れており、厚めで食べ応えあり旨い。卓上には胡椒などの他にカレーパウダーやサンショウパウダーも置かれ、自分好みにカスタマイズも可能。くるりを引き続ぐ独自の「辛味噌ラーメン」に仕上がっていて満足。

お店データ

大塚屋

東京都新宿区市谷田町3-2トゥービル1階(市ケ谷)

8月31日に閉店した「麺処くるり」のリニューアル店、大塚店主により2015/9/4オープン。くるりを引き継いだようなドロドロ濃厚辛味噌スープに極太麺。