なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
2017年11月29日の大崎裕史の今日の一杯

東京都港区麻布十番

元ボクサーという異色の経歴を持つシェフ(そういやピアットキタミの北見シェフやヌキテパも元ボクサーだった)が作る肉料理中心のフレンチレストラン。ここでランチ(とは言ってもメニューはこれのみ)としてラーメンを出していると聞いて、異業種ラーメン大好きな私は早速行ってみました。先日始めたばかり。
3つの駅(六本木一丁目・麻布十番・神谷町)、どこからも徒歩15分という便利なのか陸の孤島なのか微妙な距離。簡単に言うと飯倉片町交差点近く。キャンティの並び。
ラーメン900円を注文。(他に醤油900円と日替わり(この日は牡蠣ラーメン1200円)がある)

まずはトッピングが先に出てきます。レストランのトッピングなのでこれだけでもワインが飲めそう。昼なので飲みませんが、ついつい食べてしまいます。なかなかおいしい。ラーメンが楽しみ。

肉(チャーシュー)は日替わり。今日は豚バラ肉のカルボナード(ビール煮)。野菜はマリネなど、フレンチらしい仕上げ。レンゲ替わりはスプーン。
スープは鶏コンソメのクリアであっさりしたスープ。アミノ酸調味料は使ってないとのこと。
ライス100円を頼んでスープに入れて雑炊風に食べることを推奨していますが私は次があるので我慢。
トッピングは完全に別添えで箸休めとして食べた方がいい味付け。これだけで500円でも文句が出ない。となるとラーメンは400円になってしまうか(笑)。醤油も食べようかと思ったがスープが変わるだけ、とのことで見送り。麺は三河屋製麺の細麺ストレートだった。

お店データ

Aux Gourmands(オー・グルマン)

東京都港区麻布台3-4-14 麻布台マンション 103(麻布十番)
大崎裕史

(株)ラーメンデータバンク取締役会長。日本ラーメン協会発起人の一人。東京ラーメンショー実行委員長。1959年、ラーメンの地、会津生まれ。広告代理店勤務時代の1995年にラーメン情報サイト「東京のラーメン屋さん」を開設。2005年に株式会社ラーメンデータバンクを設立。2011年に取締役会長に就任。「自称日本一ラーメンを食べた男」(2015年12月末現在約23,000杯実食)として雑誌やテレビに多数出演。著書に「無敵のラーメン論」(講談社新書)「日本ラーメン秘史」(日本経済新聞出版社)がある。