なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
2018年2月13日の大崎裕史の今日の一杯

三重県四日市市川原町

2017年11月20日オープン。ラーメンを始めるきっかけはテレビで「一風堂」の河原さんが「ラーメン職人選手権」で三連覇したのを見て「ラーメン屋さんってかっこいい!」と思ったこと。(のちに一風堂を受けて落ちてしまったとか)
東京「せたが屋グループ」で8年間、いくつかのお店を経験し、大阪「麺屋えぐち」(カドヤ食堂出身)で2年間修業して独立。
店名は「かわせみ」の古名。ロゴは鳥が魚を加えているイラスト。そう、スープは鶏と魚介系。材料はすべて国産で無化調スープ。

海老わんたんめん1050円。
あ〜「麺屋えぐち」が好きだったんだな〜と思えるラーメン。鶏と魚介をバランス良く合わせたスープに自家製の細麺を合わせている。店主の性格がこのラーメンに現れているようで「実直・まじめ」な一杯。

トッピングは海苔、チャーシュー、メンマ、2種類のネギ、そして海老ワンタン(デフォには入らない)。どれもそつなくおいしく仕上げている。「あ〜おいしいな〜」と思いながら完食完飲。「麺屋えぐち」にも久々に行きたくなった。

同行者のつけ麺も食べさせてもらったが、これまた素晴らしい。清湯系のつけめんとしてかなりの好印象。
四日市は最近ラーメン店が増えてきた新激戦区。三重県のラーメンを盛り上げる一軒になりそう!

お店データ

麺屋 そにどり

三重県四日市市堀木2-10-20(川原町)
大崎裕史

(株)ラーメンデータバンク取締役会長。日本ラーメン協会発起人の一人。東京ラーメンショー実行委員長。1959年、ラーメンの地、会津生まれ。広告代理店勤務時代の1995年にラーメン情報サイト「東京のラーメン屋さん」を開設。2005年に株式会社ラーメンデータバンクを設立。2011年に取締役会長に就任。「自称日本一ラーメンを食べた男」(2015年12月末現在約23,000杯実食)として雑誌やテレビに多数出演。著書に「無敵のラーメン論」(講談社新書)「日本ラーメン秘史」(日本経済新聞出版社)がある。