なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「特製辛味噌らーめん」@東京味噌らーめん 鶉の写真辛い麺、辛い麺…と。
とか考えていたら此方へ来ていました(笑)
前回は牛蒡油がとても衝撃的でした。

そして念願の「特製辛味噌らーめん」を注文し調理風景を眺めてみて、改めてこちらの店主さんの仕事の滑らかさに驚きました。
麺を揉み、茹で、野菜を炒めて…とほぼ満席に状態で作業行程が多いながらも無駄な動きは一切無くどんどん作られてゆきます。
見とれますよ、これは。

そう言えば私が好きなラーメン屋は皆、作業に無駄な動きが無いお店ばかり。
そうこう思っている内に配膳されると、前回も溜め息モノの美しい盛付けでしたが今回は色のコントラストも作用して更に美しい一杯!!
こういう時には必ず、心の中でガッツポーズをしてしまいますね(笑)

スープは思ったよりは辛くなく、香りがとても良い辣油と味噌のコクがベストマッチ!!
いやぁこの辣油は自家製だとは思いますが、香りがとても良い!唐辛子と大蒜と…何だか野菜系とは思えない甲殻類の様な独特な香りも混ざっている様な気もするのですが気のせいでしょうか!?
何にせよ美味し過ぎて蓮華が止まらないので、麺より先にスープが無くなってしまいそうなくらい。

麺は前回と同じく太麺で手揉みの平たいウェーブ状。私はこのタイプの麺があまり好みではないと前回書きました、しかし今回はスープととても合っていて苦手さを全く感じずにペロリと食べられました!
今振り返れば前回は麺の味が少しスープに勝ってしまっている印象で、しかも持ち上げづらさとすすりずらさがダイレクトに感じられていました。それが辛いスープだと麺の甘味と風味がとても良く合って、麺と蓮華が交互に止まりませんでしたね。すすりづらさの点も、辛い味ならば元々ズルズルすすると噎せますし。
私にとってはこの麺は辛いスープの方が相性が良く感じました!

具は、チャーシュー・野菜炒め・葱・糸唐辛子・味玉。
チャーシューは低温調理で味もしっかりとしたややハム寄りな雰囲気、黒胡椒の風味も利いていて辛いスープとの相性抜群。このチャーシューも通常の味噌らーめんより辛味噌の方が合うなと感じました!
野菜炒めの上には辣油の具の様なものが乗っており、野菜と一緒に食べるとこれも前回とは違う味わい!美味しいです!
葱も辣油と絡んで最高の薬味に。
味玉は味が中までしっかりとしみたゼリー状、前回は黄身がややゆるめだったので仕様を変えたのかもしれません。風味良くとても美味しいのですが、こちらに関しては辛味噌よりも通常の味噌の方が合っている印象でした。

味を総合して、『美味しい辛味噌らーめん!』だと思いました!
それだけ?って感じかもしれないですが、凄くスタンダードなのに美味しくて美味しくて(笑)
店主さんも真面目で人当たりの良い方で、居心地もとても良いです。
そういうの、大事だよな。という意味で!

辛さは辛いのが苦手な私でも然程でもないくらいなので、見た目よりも食べ易いかと思います。
そして、通常味噌らーめんならお店も一押しという味玉味噌らーめん、私は辛味噌なら味玉よりチャーシュー増しがお薦めです(笑)

御馳走様でした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

コメント

まだコメントがありません。