なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

22:30頃訪問。席は殆どが埋まっており流石の人気ぶり。店内は適度なスペースを有しており、L字型カウンターが設けられている。窮屈さや不潔感は無く居心地は悪くない。男性数名による切り盛りで、接客は良好。

本メニューを選択。少し待って配膳された。

麺は、軽くうねりを帯びた真っ白い太麺。角ばった断面を有し、表層の瑞々しい光沢が食欲をそそる。
食べてみると、茹で加減は丁度良く、しっかりとしたコシと歯応えを有している。密度感を伴うツルツル&モッチリ食感が心地良く、咀嚼と喉越しを存分に楽しむ事が出来る。紛れも無い良質の麺だ。つけ汁との相性も良好。
量は、つけ麺としてはやや少なめか。それでも価格を考慮すれば何ら文句は出て来ない。

つけ汁は、豚魚系らしい色目に茶濁しており、表層に適量の液体油が浮いている。粘度はあまり感じられない。
麺をつけて食べてみると、節を主体とする魚介系の風味旨みがしっかりと感じられる。昨今の豚魚系に於いて濃厚という程の出汁感で無いが、不足感も無い程好い主張具合。最後まで飽きずに食べ進められる味わいだ。
一方、動物系の出汁感に強い押し出しは無いが、十分に下支え。クドさは無いが、薄っぺらさも感じさせない。
塩分濃度は適度。過度のトガりは抑えられながらも、何ら不足の無いキレとヒキを生み出している。甘味と酸味も感得されるが、これまた嫌みの無い効き具合で、味わいに豊かさ、奥行きをもたらしており絶妙だ。
途中、カウンター上の黒七味を多めに投入すると、味を絶妙に引き締めて良い味変になってくれた。

具として、麺側に盛られるチャーシューは、適度なサイズと厚みを有する豚ロース肉が1枚。しっかりとした歯応えで噛み締めると肉の旨みが滲み出す。適度な味付けで中々の旨さ。
メンマは、サクサク食感が心地良い。味付けはややチープだが良い箸休めとなっている。
他に、大判の海苔1枚。
つけ汁には、多めの刻み葱が浮遊しており薬味として文句無しの存在感を放っている他、なるとが1つ入る。

濃厚さやパンチは抑えられているが、実にバランス良く組み立てられており、最後まで全く飽きる事無く食べられる豚魚系つけ麺。高頻度で食べても飽きが来無さそうな味わいに文句無し。多くの人に受け入れられそうだ。最近、系列店がやたらと増殖中という気もするが、それにも頷ける気がする。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。