なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
80

「和歌山中華そば 650円」@かぶ吉の写真淀橋市場の裏側に赤いド派手なファサードが、昨年12月にオープンしたお店。13時過ぎに入店、終始貸切状態。昼時を過ぎたせいですかね、券売機は無いので予定していた「和歌山中華そば」をオーダー。ご主人1人のオペレーション、意外と若そう、夏の高校野球の歴代優勝校の名前がが掲載されているペナントを眺めていると麺着。大きな炙りチャーシュー、分葱、花形ナルト、メンマがトッピング。麺は中太の低加水ストレート、ボソッとした感じ、これは予想通り。豚骨醤油のトロリとしたスープ、甘みもあるけれど豚味も結構強め、ご飯のお供にぴったり。実は「和歌山らーめん」を食べるのは初めて、カップ麵は食べたことがあったけれど、池尻大橋にあった「まっち棒」に行きそびれて、それきりでした。したがってこちらの味が和歌山らーめんとしてどうかと評価はできません。チャーシューは旨かった、メンマが冷たくて残念、麺は予想通りで残念、スープは割と好き、という感じ。しかし、この店のご主人、体は大丈夫でしょうか、市場の客さんが多いだろうけれど、週に5日はモーニング営業があり朝5時から、中休みがあるとはいえディナーが22時まで、ずーっと一人でやってんの?定休日もないし。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。