なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

開店時間11:00の少し前に到着。先待ち4名後続多数。新店として注目されているようだ。ビルの飲食店街にある店はやや小ぢんまりとしており、L字型カウンターとテーブル席2つが設けられている。キッチリと清潔にされており居心地の良い空間だ。男女5名程の店員さんによる切り盛りで、接客は良好。

本メニューを選択。暫く待って配膳された。

タレは蓋のされた瓶に入れられている。店員さんからの説明は無かったが、配膳時に供される軍手を嵌め、自ら丼に投入するスタイルのようだ。ただ、軍手だと滑って蓋が開けられず、結局は素手で投入。大して熱くなかった。
瓶中のタレは醤油の色目。粘度は感じられない。背脂と、生卵が1つ入れられている。
丼内に投入後、よく混ぜてから食べてみると、成程、柚子胡椒が鮮烈に香り立つ。その主張は食べ進めるにつれて落ち着いて来るが、メニュー名に相応しい趣向だと思う。
ベース部分については、醤油を軸としながら背脂、生卵の貢献もあって不足の無いコクが確保されており、バランス良好。クドさ、重さも無く、多くの人に受け入れられそうな味わいに仕上げられている。
途中、カウンター上の辣油とタップリの黒胡椒を投入すると、良い味変に。終盤に加えた酢も悪くない。

麺は、強いうねりを有する真っ白い平打ち太麺。
食べてみると、茹で加減は丁度良く、しっかりとしたコシと歯応えを有している。程好い弾力性を伴うツルツル&モッチリ食感が心地良く、咀嚼と喉越しを存分に楽しむ事が出来る。汁無し系にはピタリとハマる良質の麺だ。
量は、汁無しとして適度に多め。最後、店員さんに頼んで供された「ひとくちメシ」と合わせると、十分な満腹度。

具として、茹でられたモヤシとキャベツが適度にタップリと盛られる。質は良く、味と食感の両面でマストの存在感。
チャーシューは、サイコロ状にカットされたものが幾つか盛られる。適度な歯応え、味付けで美味。
濃い色目の極細メンマは、強めのグニグニ食感が心地良い。食感上の良いアクセント。
他に、適量の刻み葱。

この系列らしく、際立った特長や上質感が打ち出されている訳では無いが、物足りなさも感じさせない味わいに仕上げられており、多くの人に受け入れられそうだ。立地を勘案すると、間違いの無い方向性と言えるだろう。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

>L字型カウンターのみが設けられている

店内右手奥に4人掛けテーブルが2卓、用意されています。

ふらわ | 2019年4月28日 19:32

了解です。訂正しておきました。

hori | 2019年4月28日 22:20