なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

12:00過ぎに訪問。程好い繁盛ぶり。店内はやや小ぢんまりとしており、厨房を囲むカウンターと幾つかのテーブル席が設けられている。老舗街中華店のようで年季が感じられるものの、気になるような不潔感や窮屈さは無く、居心地は悪くない。割と高齢の店主さんと女性1人による切り盛りで、家庭的な先客は好印象。

本メニューを選択。なお、タンメン単品だと600円。15分程待ってから配膳された。

具は、適度にタップリと盛り付けられている。
モヤシ、白菜、玉葱、人参、ニラといった野菜の他、何かの間違いのように肉小片が1切れ見受けられる。
炒めてからスープと一緒に煮立てられているが、ホクホクとしつつ適度な食感が残された仕上がりに文句無し。

スープは、濁りを帯びた塩清湯。
飲んでみると、至極アッサリとした味わいながらも、鶏のコクと旨みが十分にベースを支えており、物足りなさ皆無。
そこに、具の野菜の旨み、甘みが溶け込んでおり絶妙。タンメンとしてお手本的な優しい味わいだ。
塩分濃度は適度。トガりは無いものの、何ら不足の無いキレとヒキを生み出しており、実によくレンゲが進む。
途中、カウンター上の辣油と白胡椒を投入すると、味に力強さが付与されて非常に良い味変になってくれた。

麺は、軽いうねりを有する多加水の中細麺。
食べてみると、茹で加減は丁度良く、適度なコシと歯応え。ツルツル&グニグニ食感が心地良く、咀嚼と喉越しをそれなりに楽しめる。クオリティ的に特筆すべきものは無いが、この一杯に於いて、十分に役割を果たしていると思う。
量は普通位だが、具と合わせると十分な量。チャーハンも合わせると、十分以上の満腹度だ。
なお、チャーハンは程好くパラッとしており、割と大人しめの味付け。まずまずの旨さ。漬物も付いて来る。

街中華店のタンメンとして、お手本的な仕上がりの一杯。大いに楽しむ事が出来た。このような店らしく、価格設定も全体的に良心的。近場の常連を中心として、多くの人に親しまれている感じの老舗良店だ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。