なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

12:15頃訪問。入店時、席は7-8割の埋まり具合で、後続は少数。立地を考えると、心細い客入りという気がする。店内は小ぢんまりとしており、L字型カウンターと1つの小さいテーブル席が設けられている。窮屈さや不潔感は無く、居心地の良い空間だ。男性1名女性2名による切り盛りで、接客は普通。

興味を惹かれた本メニューを選択。暫く待って配膳された。

麺は、うねりを有する多加水の中太麺。角ばった断面を有する。
食べてみると、茹で加減は丁度良く、適度なコシと歯応え。ツルツル&モッチリ食感が心地良く、咀嚼と喉越しを十分に楽しむ事が出来る。クオリティ的に特筆すべきものは無いが、この一杯に於いて、十分に役割を果たしていると思う。
量は、汁無し系として適度に多め。自分には十分な満腹感が得られた。

タレは、丼底に少量溜まっている。淡い色目で、アブラ分由来のネットリとした質感。
よく混ぜてから食べてみると、アブラ分のコク、程好いコッテリ感と、割と高めの塩分濃度がもたらすキレとヒキがバランス良く共存。個性、面白味は感じられないが、特に不満は覚えない。
途中、カウンター上の辣油と酢を回しがけると、塩分のトガりも緩和されて良い味変になってくれた。

具として、バラ肉がタップリと盛り付けられる。柔らかく、甘辛い味付け。ライスと一緒に食べた方が合いそうだ。
スプラウトも多めに盛られ、風味と食感の両面で良い役割を果たしている。
味玉は2つ割りで供される。黄身ネットリの仕上がりでクセの無い味付けが施されており、悪くない。
他に、軽い食感のメンマ、海苔2枚、刻み葱、なると。

もう一度食べてみたくなるような個性、魅力には欠ける気もするが、全体として破綻の無い味わいに仕上げられており、それなりには楽しむ事が出来た。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。