なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「中華そば550円」@川崎屋食堂の写真『令和から回想「昭和中華そば巡り」第1弾!群馬県富岡』
『あっさり醤油ラーメンの原点を再確認!』
『日本人なら見たことのある麺顔のはず!』

今日は、いつも素通りしていた群馬県富岡にある世界遺産富岡製糸場を見学後、こちら大衆食堂川崎屋に寄りました。

上州富岡駅極近にあるお店。店内昭和の香りがプンプンして、こういう店ってやけに落ち着きます。椅子がパイプ椅子だったり、金魚がいたり、雰囲気が心を和ませます。

壁メニューのトップバッターに中華そば550円!今の時代ラーメンが550円ですよ!

さあ、サーブです!
とても懐かしい顔じゃないですか!声をかけたくなる顔です。日本人なら誰でも食べたことのあるラーメン顔でしょ!

スープは、ずばりあっさり醤油で懐かしい味!これしかないってすっきりした味です。淡麗ですね!濃口じゃないです!

麺は、ナチュラルウェーブな細麺です。つるつるーっと喉ごしがいい麺です。麺の細さがやや揃っていません。

具材は、言うまでもなくお馴染みの麺バーです!🍥なると、メンマ、チャーシュー、海苔、長ねぎの布陣

なるとは、あまり食べたことのない食感!やや固めで弾力のあるなるとです!群馬産なんですかね?何か違うものが練り込まれています!作りが違います!
メンマは、定番の薄切平たく柔らかい
チャーシューは、極薄切りで柔らかい
海苔は、定番メンバー
長ねぎは、小口切り少々

たまに食べたくなるラーメンですね!新潟5大ラーメンでいうなら新潟市内で有名なあっさり醤油ラーメンと同じベクトルです!麺をちぢれ麺でいくのか、ストレート麺でいくのか、まあ色々と好みが別れるとこですが、ここはナチュラルウェーブでした!

ご馳走さまでした。

雑談:富岡製糸場が世界遺産になった為、レンガ造りの建物数棟の耐震工事になんと総工費100億円を投じて、あと25年もかける一大国家プロジェクトだそうです!それにしても驚愕な額です!150年前の建築技術も今になっても計算しつくされた格好良さがあります!

投稿(更新) | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

こんばんは
富岡製糸場、今日娘の中間テストの問題出すのに
教科書にのっていましたよ!
そんな金額、凄過ぎですね
こちらのなるとは独特なんですね

キング | 2019年5月19日 22:07