なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
72

12:10頃訪問。入店時、席は8割程の埋まり具合だったが、後続が途切れず、じきに満席になっていた。店内はやや小ぢんまりとしており、L字型カウンターのみが設けられている。不潔感は無いが、隣客との距離が近く、ちょっとした窮屈さを覚える。男性3名女性1名による切り盛りで、接客は非常に良好。

本メニューを選択。着席して間も無く無料トッピングを訊かれ、ニンニクマシ・アブラマシで頼んだ。暫く待って配膳。

具の野菜は、マシにしなくても適度に多めに盛られる。当然の如くモヤシ主体だが、少量のキャベツも含まれる。十分に熱が通りながらもシャキシャキ食感が残された仕上がりに文句無し。カウンター上のカエシをかけて食べられるのも有難いところだ。その上には、トロトロの白い背脂が振りかけられる。
ブタは、立派なサイズのブロックが1つ。軽く炙られたもので、脂身比率は適度。醤油ダレによる味付けも良く中々の旨さ。ただ、冷たい状態で供されるので、スープに浸しておいてから食べた方がベター。
ニンニクは、細かい刻みのものが丼端にタップリと盛られ、良いパンチをもたらしてくれる。

スープは非乳化。表層に白い脂が浮かぶ。丼が黒いので分かり難いが、醤油の色目はやや強めというところ。
飲んでみると、ブタの出汁は一定レベルで感じられるものの非常にライト。意図的に重さを控えているのかもしれないが、コク、味の厚みという点で物足りなさを覚える。背脂によるフォローにも限界が感じられてしまう。
カエシはしっかりと立っているが、二郎系としては大人しいレベル。付与されている甘みも同様。
全体として、方向性的に間違っていないとは思うが、力強さが不足している印象。結構早い段階で飽きが来た。

麺は、強い縮れを有する平打ちの太麺。
食べてみると、茹で加減はやや固めで、非常にしっかりとしたコシと歯応えを有している。ツルツル&ムッチリ食感が心地良く、咀嚼と喉越しを十分に楽しむ事が出来る。この系統の麺であれば、もう少し小麦感が欲しいところだが、これはこれで十分に役割を果たしていると思う。
量は割と多め。具と合わせると、自分には十分以上の満腹度。

肝心のスープが弱いのが残念だが、立地を勘案すると、この値段で腹一杯食べさせてくれるという事で、重宝する人もそれなりにはいるだろう。個人的には、油そばを食べた方が楽しめたような気がする。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。