なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

13:40頃訪問。先客1名後客無し。店内は小ぢんまりとしており、簡素な内装。厨房を囲むL字型カウンターと小さなテーブル席が幾つか設けられている。店主さん1人による切り盛りで、接客は落ち着いた感じで良好。

こちら、まぜそば専門店でメニューは4種。「当店の看板メニュー」という本品を選択。暫く待って配膳された。

麺は、真っ白いストレート平打ち中太麺。
食べてみると、しっかりと茹で上げられているが、一定レベルのコシと歯応えは残されている。ツルツル&シコシコ&モッチリという質感で、咀嚼と喉越しを十分に楽しむ事が出来る。決して悪くは無いと思うが、このメニューには、もっと存在感の強い麺を合わせた方がベターという気もする。
量はこのメニューとして標準的。無料の追い飯と合わせると、十分な満腹感が得られた。

タレは、丼底に適量溜まっている。醤油の色目を呈しており、それ自体の粘度はさほど高くない。
そのルックスから類推される通り、醤油のキレがしっかりと打ち出されているが、過度のトガりは感じさせない。アブラ分のコクも十分な味の厚みをもたらしており文句無し。濃密にしてバランスの良い味わいが形成されている。
具の台湾ミンチによってもたらされる辛さはピリ辛レベル。途中、カウンター上の辣油や黒胡椒を多めに投入すると、刺激が加わって良い味変に。店主さんに頼んで出して貰った刻みニンニクがもたらすパンチ力も素晴らしかった。

そして、この一杯のポイントとなっているのは、矢張り、多彩な具のもたらす絶大なる効果と言えよう。
中央にはタップリの台湾ミンチが盛られ、その上には卵黄が乗せられている。周囲を刻まれた葱、ニラ、海苔と魚粉が取り囲み、さらに刻みニンニクが添えられている。実に美しく盛り付けられており、食欲をそそってくれる。
最初に丹念に全体を混ぜ合わせる事により、それらの味と食感が上述のタレと融合して見事なまでに一体化。ジャンク感溢れる味わいを存分に楽しむ事が出来る。なお、台湾ミンチに使用されていると思われる生姜がやや強めに感得され、これが若干の独特さを感じさせる。個人的にはちょっと余計という気もしたが。

全体にわたってしっかりと作り込まれた台湾まぜそばを、大いに楽しむ事が出来た。二郎系等、他メニューにも大いに惹かれる。立地が微妙過ぎる気もするが、今後の発展と末永い営業を願いたくなる新店だ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。