なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

12:10頃訪問。店外待ち10名に接続し、15分程待ってから入店、着席。店は地下飲食街にあり、カウンターとテーブル席が効率的に配されている。窮屈さは無く、居心地はまずまず。数名の店員さんによる切り盛りで、接客は良好。

本メニューを選択。暫く待って配膳された。白い丼は割と小さめ。

スープは、程々の赤みを帯びつつ茶濁。粘度はあまり感じられない。
飲んでみると、辛さ、刺激はさほど強くないものの、多種のスパイスが重ねられた複雑な味わいを楽しむ事が出来て文句無し。必然的に、担々よりもカレーの色合いが大分優勢と言えるだろう。クリーミーさ、ミルキーさもしっかりと主張するが、スパイス感とのバランスは非常に良好。絶妙に味わいを深めている。
このようなメニューなので、ベースとなる出汁感が前面に出て来る事は無いが、トータルとして不足の無いコクが確保されており、薄っぺらさは感じさせない。
塩分濃度は適度。過度のトガりは無いものの、最後まで飽きの来ないキレとヒキを生み出している。

麺は、多加水のストレート細麺。
食べてみると、茹で加減は丁度良く、適度なコシと歯応え。表面のツルツル感と噛み切る際のグニグニという適度な抵抗感が心地良く、咀嚼と喉越しを十分に楽しめる。クオリティ的に特筆すべきものは無いが、スープとの相性は良好。
量はやや少なめ。値段を考えると物足りなさを覚える。

具として、主役となるパーコーはさほど大きいものでは無い。最初から全体的にスープに浸ってしまっていてコロモのカリカリ感を楽しむ事が出来ないのも残念。ただし、味的には特に不満を覚えなかった。
他に、程々の量の挽肉とインゲンが乗せられるのみ。刻み葱すら無し。
値段を考えると、かなり寂しい内容と言わざるをえない。

味的には上手に纏め上げられていると思うが、内容と量を勘案するとCPは明らかに低い。せめて、小ライスをサービスにしてくれると印象が大幅に改善されると思うのだが。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。