なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ラーメン 630円 こってり 100円」@麺屋だんとつの写真みなさんこんにちは 小生 研オ○コと申すおぼこ娘だ。

【真偽不明】

*店
国道沿いのお店である事がかえって訪問意欲を減退させていたコチラ『麺屋だんとつ』さん。
この日は愛娘とのデートにつき、極力ロスタイムを省くべくお邪魔してみた。
事前情報ではらーめん 大金出身との事、我が地元にも兄弟店が存在するのであっさりしつつも鰹がほんのり香る上品な一杯を想像しての訪問だ。
週末のお昼を少し回った時間だが先客はいない、にもかかわらず広い店内の空調がややキャパシティ不足だったので、真夏の混雑時はハンカチが必須だろう。
メニューに「こってり」の文字を発見してしまい、今日未明に凄まじい一杯を食った事を忘れてオーダーしてみた。

*丼
丼一面に背脂がビシッと浮くスープに煮豚、メンマ、ナルト、薬味ネギが載って到着だ。

*スープ
背脂をエスケイプしていただくと、動物系の主張は非常に穏やか、カエシダレの効き具合もあってか、魚介を感じる事は出来なかった。
背脂はやや粒状感を残しておりプリプリな状態、生姜の風味を覚えるので単純に背脂だけを加えているのではなさそうだ。この時点で主役は完全に背脂になっており、系譜を感じる事はできなかった。

*麺
平打ちの縮れ麺は啜り心地がリズミカルで背脂とスープを塩梅よく持ち上げる。
熟成が進んでいるのか十分なコシを備えており何ら不満はないが、不揃いではなかったので自家製の手切りではないと思われる。
この辺りは系譜全体に言えることなので、気にすることはないだろう。

*具材
バラマ巻の煮豚、しっかりとした食感を残すメンマ、ナルト、いずれも抜かりはなく及第点以上だ。

*総評
系譜の共通項が見出せなかったので色々と調べていると…
https://www.walkerplus.com/article/173529/
こんな記事を発見した。
何が真実なのかは不明だが、系譜がお好きな方にはお勧めしかねる。
でも、アタシ的には嫌いではないのでR。(アブラー隊的目線)

ごちそうさまなわけだが

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。