なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「五目ラーメン 800円」@満腹ホールの写真日曜の12時前に到着。連食を決行。大きなエビフライを食べに過去行ったことのある地区であるが、ラーメンを食べるために来るのは初めてである。この界隈はかつて北蒲原郡京ヶ瀬村と言われていた地区である。具材が個性的な五目ラーメンが目的で来店。入店すると既に先客で卓席や座敷が埋まっており、カウンターに着席。水の提供と同時に掲題のメニューをオーダーして待つことにする。

カウンター越しに店主からダイレクトに出てきた一杯は大きな丼で、しかもアツアツなので持ってくるのに手間を要した。ビジュアルは事前の情報通りで、茹で玉子と玉子焼き、なるととかまぼこという同じジャンルの組み合わせが2種ずつ載っており、それプラスチャーシューと下に野菜類という具材はかなりのボリュームで、正しく屋号通りである。スープを飲んでみると塩スープで、野菜からの出汁が出ていて美味しい!鶏ガラ系の出汁も見えており、サッパリとして滋味感がある。優しい味わいであるが複雑性もある美味しいスープである。麺は中細で少しウエーブがかかっている丸麺で、食べてみると・・・んー軟らかい。具材と併せて食べると美味しいが、自分にとっては茹で過ぎである。恐らく常連客の嗜好に合わせたと思われるが、ボリュームと相俟ってなかなか進まなかった。具材は先述の他に大量のキャベツ・ニンジン・モヤシ。茹で玉子はフルボイルで、これはこれでスープに合っている。玉子焼きは思いの外甘くなく、これもスープに馴染んでGOOD。なるととかまぼこは良い彩り。チャーシューは赤身に旨みがあって美味しい。野菜類は強めに調理されており、出汁にもなっているが、柔らかめなのが美味しさに繋がっていた。何とか完食した。

具材からの味わいがスープに旨みを加えており、薄めにも感じられるが複雑性のあるスープは飽きがくることない味わいであった。茹で玉子・玉子焼きになると・かまぼこという具材の組み合わせも面白かったが、麺の軟らかさについては、正直自分の嗜好とは違っていた。ボリュームがあるのはいいが、その点さえ変われば大きく印象が変わると思った。次回来ることがあれば、麺硬めができるか聞いてオーダーしようと思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。