なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「米の娘ぶたしゃぶ肉ワンタンメン 1050円 + 半熟玉子 1」@ワンタンメンの満月 第9回 大東北展の写真物産展シリーズ。ホームの横浜タカシマヤ。大東北展。今回は山形県酒田市のワンタンメン。

土曜日10:05訪問。先客2名。首題のメニューをオーダー。酒田ラーメンというとケンちゃんラーメンを連想するが、本来はアッサリ系のようだ。

ほどなく配膳。少し濁ったスープにチャーシューと豚のしゃぶ肉。

スープ:豚骨に鶏。昆布もありそう。醤油ダレ。アブラはアッサリ。しょっぱさほどほど。
具:ちょっと厚めのぶたしゃぶ・ワンタン・メンマ・刻みネギ。
麺:独特の風合の中太麺縮れ。

感想:ケンちゃんラーメンのイメージが強い自分には、意外なアッサリラーメン。なかなか美味い。具も悪くない。ワンタンはシンプルだが食感も楽しめるちゅるちゅるん。ブランド豚しゃぶは味が良いが、個人的にはもっとレアの方が好き。

問題は麺。昔の家庭用生麺の風味。歯ざわり・喉越し・香りが、遠い学生時代を思い起こす。今となってはあまり美味しいものではない。
意外に麺量が多いので、最後はもてあまし気味で完食。

ごちそうさま。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

atomさん、こんにちは。

チャーシューではなく、豚しゃぶというのがちょっと面白いです。
麺がちょい微妙な感じなんですか・・・。この辺りは好みの問題なんでしょうね。

ぬこ@横浜 | 2019年9月10日 07:29