なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

友人のお薦めに釣られて来店。

と言っても友人のお薦めは、こちらのお店のウリらしい激辛ラーメンだったのですが、激辛って気分でもなかったので表題のメニューを注文しました。

田島通りにはラーメン屋が多く、以前はこちらのお向かいの“くるまや”にヘビーローテで通い、決まって大辛味噌ラーメンの大盛りを頼んではお腹をこわしていたのですが、辛食は味蕾を破壊するという話しを聞いて以来、めっきり通う頻度が減りました。てな話しを友人にした所、それならここのラーメン辛いっすよ的なノリでお薦めがあった訳です。

外から店内が見えずらいので入りずらかったのですが何とか入店。初めてのお店はちょっと緊張します。昼の時間帯から随分ズレていたので、先客はテーブル席に家族連れのみ。私はカウンターへ。

注文してメニューを眺めていたら大盛りとか替え玉の表記が無い。これってデフォで量が多いって事かなと思いつつも、替え玉と大盛りのない、一杯に情熱を注いでいる頑固な店なのかもしれないという好奇心が頭をもたげたので聞こうとしたが、聞いておいて替え玉にも大盛りにもしないのは格好悪いので結局やめました。

そうこうしている間に私の注文の品が来たらしい。

こちらのお店はカウンター越しに注文の品をやりとりするのではなく、わざわざ店主がカウンターの方に回ってサーブしてくれるらしい。店主の接客に対するこだわりを垣間見て暖かさを感じた。

ラーメンの見た目は豚骨ラーメンそのものだが、そう言えば店内は獣臭くない。スープを一口啜ってみると豚骨スープ独特の粘度は感じられずサラッとしている。もう少しドロっとした食感と喉ごしが欲しかったのだが。更にスープがぁ、スープがぁ、ぬるい。スープがぬるいと食う気がなくなっちまう。外は冬の風がビュンビュンだぜ。鼻垂らして熱いスープを啜りたかったってぇのによ。

麺と具は特筆すべき点はありませんでした。デフォで麺が多い訳でもありませんでしたし。ただ、玉子が半分に切られた状態で2つつきます。いや、特筆すべき点はチャーシュー。味がしっかり染みていて、口の中でホロホロと崩れます。これは美味しかった。ただ、やはりスープの減点が大きく響いてこの点数です。スープ自体の味はとても良かったのですが。

次は友人のお薦めに素直に従って、辛いラーメンを食べてみたいと思います。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。