なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「本場味噌らーめん たまごのせ」@さっぽろ大心 ルミネエスト新宿店の写真 朝から雪降る月曜日(7日)、新宿方面の仕事をすませ、大粒の雪が舞う空を見上げているうちに……アツアツの札幌味噌が食べたくなりました。こんな日にと考えていた、ルミネEST「大心」へ。
 新宿駅と直結しており、こんな雪の日はたすかります。7階のレストランフロアに上がると、まだ11時半とあってどの店もガラガラ、「大心」からは「札幌味噌ラーメン、いかがですかぁ」と女性店員の麗しい声、もちろん脇目もふらずに入店しました。注文は「本場味噌らーめん たまごのせ」(880円)、丼は約5分で到着。
 分厚いラード層で湯気一つでないスープ表面、これですよ、これ。では、スープを一口……味噌は合わせのようで、ホッコリとした甘さが印象的。ベースは豚骨清湯のようですが、クセもなくスッキリとしたもので、味噌の風味を引き立てます。辛味もほとんど効かせておらず、むしろ炒め野菜の甘みで味噌の甘みをさらに盛り立てており……ラーメンを食べ慣れた身からすれば、かなり甘めとも感じますが、熟成味噌の素朴な甘みにフォーカスを絞った、シンプルで潔い構成。これならルミネESTに集う女性にもウケるでしょう。
 麺は、中太縮れの多加水麺。固めのゆで加減でピンピンと身をそらせ、気をつけないとかなり汁ハネします。しかし、プリプリした口あたりにシャープな歯切れ、ノド越しもスムーズな上に甘みも豊かで、「西山製麺」的なニュアンスを強く感じさせる、いかにも札幌風の麺ですな。
 具材は、チャーシュー、メンマに炒めたモヤシ・タマネギ、キクラゲ、白髪ネギに追加の味玉。グッと甘く仕上げた炒め野菜以外、突出した特徴はないものの、どれも標準以上のクォリティで、全くスキがありません。白髪ネギのシャープな辛さも、これまた絶妙のアクセント。
 ―――札幌は過去何度か訪れた程度で、多くを語れるほど「札幌味噌」に精通しているわけではありませんが……この一杯は、極めて「オーソドクス」なタイプと感じます。そして、味噌・麺・具材など、一つ一つのクォリティに繊細な気配りがなければ、この域に達しないことは「札幌味噌」を標榜する数多の関東店が証明済み。そういった意味では、フツーの「札幌味噌」が、フツーに新宿で食べられるということ自体、とっても「有り難い」ことなのかも知れません。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。