なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

14:40頃入店。先客4名。

昼飯をどこにしようかとフラフラ彷徨っていたら、見つけた。入口には惣菜がパック詰めされて並んでおり、窓越しに買うこともできる。大泉の顔nosvosの正面で大胆にも惣菜で勝負するとは、しかし安い。
横の入口は、“元”自動扉で、今では手動。中は薄暗いものの、柱と段差を工夫してテーブルを狭苦しくならないように配置している。

やはりというか、店を切り盛りしているのは中国人だ。接客がおばさんで、厨房がおじさんだ。会話の様子では夫婦ではないようだ。中国語(広東語)は喧嘩しているような語気の強さをいつも感じ... 続きを見る

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件