なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「味玉らーめん+チャーシュー+のり」@麺屋吉左右の写真冬至も迫り、落葉が路面を彩る中、季節外れの小春日和が訪れた。師走は駿足、肌寒さが加速する中、刹那の暖陽が心に平穏をもたらしてくれる。
ただ、滑らかに。豚骨、鶏がらの深い骨太さと、切れのある魚介の華やかさ。全てが渾然一体となり、重厚感のある柔らかな風味に舌鼓を打つ。贅沢な重ね味、乗算による風味の輻輳が鼻先を賑わせ、気付けば無心に陥っていた。
肌白の太麺は、少し素材を変えたのだろう... 続きを見る

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 42件

「味玉らーめん+チャーシュー」@麺屋吉左右の写真晩夏の陽射しが街を熱く焼き付ける中、心身に溜まる疲弊感は限度に近い事この上ない。日々の食欲に勢いが失われる中、五臓六腑を引き締めてくれる一杯が何と頼もしい事か。そして、エアコンが効いているのって素晴らしい。
惹き込まれるような茶褐色の湯面、豚骨と鶏がらのどっしりとした円やかさが骨太な旨味を築き、自然なとろみが舌先鼻先を長く賑わせる。贅沢な風味の舞いは、鰹や煮干など、切れのある魚介の香りが... 続きを見る

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 42件

「味玉らーめん+チャーシュー」@麺屋吉左右の写真曇天に覆われる紫陽花の季節、自然と額に汗が滲んで来るものだ。だからだろうか、夏季の味は少々塩味が強めな印象だ。しかし、味の離れは実に潔い。
穏やかだが、揺るがない。豚と鶏の存在感。重厚にして円やかなスープ。どっしりとした舌触りと喉越しから伝わる、芳醇な旨味の無縫さに揺さぶられる琴線。魚介だしのコクと切れ、香りの華やかさが食欲の加速を促す。
太麺の爽やかな小麦の甘み、艶(あで)や... 続きを見る

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 42件

「味玉らーめん+チャーシュー」@麺屋吉左右の写真陽射しが徐々に眩しさを増す中、店頭で貸し出される日傘の稼働率も旺盛になりつつある。改装で店内の空調効率が向上した点は実に嬉しい限りだ。
ラーメン。温度管理の徹底で、熱過ぎず風味旨味を存分に楽しめるスープ。骨太ながらも穏やかな口当たり。どっしりとした重厚感を醸しながらも、味の離れが良く、鼻先に残る華やかな魚介系の香りが、次のひと口を後押しする。
太麺のしなやかさと艶(あで)やかな... 続きを見る

投稿(更新) | コメント (7) | このお店へのレビュー: 42件

「味玉らーめん+チャーシュー+のり」@麺屋吉左右の写真杉花の粉塵が乱れ飛び交う季節、偶の穏便に乗じて足を運んだ路地裏。振り返れば、今年になって初めての訪問、間が開いた分だけ渇望は強くなる。
豚と鶏のスープがどっしりとした下地を築き、魚介の芳醇な旨味で無縫な奥行きを醸し出す。口当たりの鮮烈な衝撃、舌先に絡む重厚感。しかし不思議だ、滑らかに喉元を過ぎ去れば、離れの良い風味が鼻先を舞うのみだ。
太麺のこしと爽やかな甘い香り。素直で澱みの... 続きを見る

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 42件

「味玉らーめん+チャーシュー」@麺屋吉左右の写真晩秋の落葉舞う風に師走の足音を感じながら、喧騒を背に路地裏へと足を伸ばす。麺屋吉左右の店頭、静粛ながらも賑わいが途切れる事はない。
柔らかな物腰にもてなされ、ラーメンとの対面を果たす。艶やかな豚骨魚介ならではの重厚感が漂う湯面、蓮華を泳がせそれを口に含めば、どっしりとした旨味を覚えながらも口離れが良く、瞬く儚さのある後味に魅了される。
肌白の太麺はしなやかで張りがあり、透明感の... 続きを見る

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 42件

「味玉らーめん+チャーシュー+のり」@麺屋吉左右の写真一ヶ月の休業を経た麺屋吉左右の店内。変わらず機能性と美観が共存した環境で、券売機や給水機以外に、エアコンと水周りも手入れしているように感じられる。これは困った、真夏でも迷わずラーメンを頼んでしまいそうだ。
スープをひと口。あっさり感を覚えるのも束の間、手応えのある喉越しに覚える重厚感。豚、鶏、魚介、香味野菜などが渾然一体となった迫力のあるどっしりとした旨味は、風味無縫にして無心を招き、蓮... 続きを見る

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 42件

「味玉らーめん+チャーシュー」@麺屋吉左右の写真オープンから十余年。店内設備改修のため、9月半ばごろまで1ヶ月ほど休業期間を設けると事。改修が求められるような状況には思えないが、一体どんな姿でリニューアルを果たすのだろうか。待ち遠しくて仕方がない。
「いろは」「一生懸命」の色紙はどの位置に飾るのか…そんな事を考えていると、気が付けば目的の一杯が目の前に。夏場はやや塩味強めの調整が目立つが、この日のスープも同様。首筋に汗滴る季節、身体に... 続きを見る

投稿(更新) | コメント (3) | このお店へのレビュー: 42件

「味玉らーめん+チャーシュー」@麺屋吉左右の写真早苗に雨が生命の息吹を与えるように、曇天尽きぬ空模様の下で鋭気を得るならば、最も信頼すべき暖簾に自然と足が伸びてしまう。紫陽花も散り、万緑迫るこの季節、麺屋吉左右の一杯はどんな表情を見せてくれるんだろう。
豚骨魚介の主役は、揺ぎ無い豚と鶏。どっしりとした動物系の旨味が、舌先から味覚を揺るがし頬を緩ませる。しつこさはない、後味にあっさり感すら醸す相反した印象だ。魚介は支援の域を出ぬ調整、力... 続きを見る

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 42件

「味玉つけ麺+チャーシュー」@麺屋吉左右の写真陽射しは未だ穏やかながらも、街路樹の深緑眩しく鮮やかな彩りに、風切る足取りにも軽快さが伴って行く。こんな日は、小麦の爽やかな香りの抜けを楽しむべく、つけ麺が最適だ。溜飲で空腹を紛らわせ、店内に滑り込む。
若干塩味の角を感じるものの、豚の力強さと鶏の円やかさが濃厚に煮出されただしの旨味が無尽に広がり、奥行き底知れぬスープに仕上がっている。
驚くべきは、魚介の風味が余りにも艶やか、... 続きを見る

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 42件