なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

流星

味をメインにして採点しますが、それ以外にお店の方の姿勢と値段のバランスも加味して採点します。当日から三ヶ月前までに行ったお店を対象とします。同じお店や同じメニューを複数採点することもありますが、同じメニューは一ヶ月以上開けて採点していきたいと思います。よろしくお願い致します。

平均点 74.906点
最終レビュー日 2019年8月25日
1,118 1,058 0 461
レビュー 店舗 スキ いいね

「九条ねぎ増し豚そば+替玉(100円)=880円」@麺や 木蓮の写真平日の13時前に到着。以前から外観が気になっていたお店であるが、いつも食事時間と離れた時間帯で来ることができなかったが、この時間前を通ってみると車が停まっており、トレーラーハウスのようなお店の入口は営業中となっており、やっと来店。奥に行こうとするが、椅子と壁の間隔が狭い。店主にオーダーを聞かれ、掲題のメニューをあっさり・ハリガネでオーダー。一つずつ作っているせいか、出てくるまでに少し時間がかかった。

出てきた一杯は青ねぎがこれでもかと入っているビジュアルで、スープの表面がほとんど見えなくなっている。メニューにおすすめと書いてあったが、結構やるなと思った。スープを飲んでみると、確かにあっさりとした豚骨スープであるが、独特のコクがある。臭みはないというか適度で、飲み進めるとあっさり感は変わらないが、円やかにも感じられた。豚骨感は出ているが、個性的なスープだと思った。麺は細いストレートの丸麺で、食べてみると・・・確かにハリガネ。本当に硬い!バキバキとする麺で、今まで自分が食べた中でも一番硬いと思った。食べ進めてもその感覚は同じであった。麺量は妥当なところである。具材はチャーシュー・きくらげ、輪切りの青ねぎ。2枚のチャーシューは気持ち厚めの仕様で、肉本来の味に出汁の旨みが合わされて美味しい!きくらげもいい食感に風味もある味わいでGOOD!青ねぎは鮮度があって美味しいが、そのボリュームからスープや麺より存在感が勝っている。というか麺とスープの選択を誤ったとその時思った。途中替玉をバリカタでコール。早速出てきてスープに投入し食べてみると・・・確かにバリカタ。かなり硬い食感である。バキバキ感はまだ残っていた。青ねぎの風味が移ったスープに合っているようなそうでないような・・・。途中から卓上の辛味と白ゴマに紅ショウガを投入して完食した。

スープ・麺・具材それぞれに目が行き届いている一杯で、そこに個性を加えてオンリーワン的な味わいにしている豚骨ラーメンだと思った。今回ねぎ増しにしたがあっさりのスープだと九条ねぎの風味に負けてしまう。そしてハリガネとバリカタで食べてみたが、正直硬い。今回は自分の選択に猛省である。次回は何かの具材増しにスープはクリーミーで、麺は普通かカタで食べてみようと思う。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「五目ラーメン 800円」@満腹ホールの写真日曜の12時前に到着。連食を決行。大きなエビフライを食べに過去行ったことのある地区であるが、ラーメンを食べるために来るのは初めてである。この界隈はかつて北蒲原郡京ヶ瀬村と言われていた地区である。具材が個性的な五目ラーメンが目的で来店。入店すると既に先客で卓席や座敷が埋まっており、カウンターに着席。水の提供と同時に掲題のメニューをオーダーして待つことにする。

カウンター越しに店主からダイレクトに出てきた一杯は大きな丼で、しかもアツアツなので持ってくるのに手間を要した。ビジュアルは事前の情報通りで、茹で玉子と玉子焼き、なるととかまぼこという同じジャンルの組み合わせが2種ずつ載っており、それプラスチャーシューと下に野菜類という具材はかなりのボリュームで、正しく屋号通りである。スープを飲んでみると塩スープで、野菜からの出汁が出ていて美味しい!鶏ガラ系の出汁も見えており、サッパリとして滋味感がある。優しい味わいであるが複雑性もある美味しいスープである。麺は中細で少しウエーブがかかっている丸麺で、食べてみると・・・んー軟らかい。具材と併せて食べると美味しいが、自分にとっては茹で過ぎである。恐らく常連客の嗜好に合わせたと思われるが、ボリュームと相俟ってなかなか進まなかった。具材は先述の他に大量のキャベツ・ニンジン・モヤシ。茹で玉子はフルボイルで、これはこれでスープに合っている。玉子焼きは思いの外甘くなく、これもスープに馴染んでGOOD。なるととかまぼこは良い彩り。チャーシューは赤身に旨みがあって美味しい。野菜類は強めに調理されており、出汁にもなっているが、柔らかめなのが美味しさに繋がっていた。何とか完食した。

具材からの味わいがスープに旨みを加えており、薄めにも感じられるが複雑性のあるスープは飽きがくることない味わいであった。茹で玉子・玉子焼きになると・かまぼこという具材の組み合わせも面白かったが、麺の軟らかさについては、正直自分の嗜好とは違っていた。ボリュームがあるのはいいが、その点さえ変われば大きく印象が変わると思った。次回来ることがあれば、麺硬めができるか聞いてオーダーしようと思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「あがの夢うなぎの塩ラーメン 930円」@瓦テラスの写真日曜の11時に到着。海に面していない地区で鰻を養殖していることに興味を持って来店。この界隈はかつて北蒲原郡安田町と言われていた地区で、瓦の生産地でもある。それをイメージしていると思わる瓦テラスという施設の一角にお店があり、開店まで待っていると三組程列ができた。時間通り開店し、奥のカウンターに着席。メニューを見て蒲焼や冷やしラーメンにもそそられたが、初志貫徹で掲題のメニューをオーダーして待つことにする。

出てきた一杯は木製のお盆に黒い器で提供され、透明なスープに鰻が載っているビジュアルで、上品なカフェのラーメンという印象である。スープを飲んでみると、出汁がしっかり効いている味わいで美味しい!コクがあってやはり鰻からの出汁と思われるが、臭みが全くないのが特徴的でもある。飲み進める毎に上品なスープに思えた。麺は少し縮れているグレーの色が見えている丸麺で、食べてみるとコシがしっかりとしていて美味しい!色からすると全粒粉の麺だと思われ、小麦由来の風味もしっかり出ている。食べ進めていると少し止まらない感覚になったが、麺量はやや少なめだと思った。ちなみにこちらの施設の隣は大きな製麺会社である。具材は鰻・玉子・ねぎ。鰻は蒲焼でタレのジュレが載せられており、食べてみると臭みが無くフワッとした食感で美味しい!塩スープと合っており、丁寧に調理されたのがわかる味わいである。半分の茹で玉子もスープと相俟って味わいがGOOD。薄く出汁がついており、素材の旨みが生かされていた。ねぎは細く青ねぎ白ねぎで、鮮度があり、これもスープに馴染んで美味しく食べることができた。スープも含め、あっという間に完食してしまった。

正直あまり鰻の養殖をしていると聞かない地区での鰻のラーメンはどうかと思ったが、鰻特有の臭みがなく、旨さをスープと具材に生かしている味わいで、それに併せる麺もしっかりとした旨みと個性があって、素晴らしい味わいであった。量的にはこの業態なので仕方ないのかもしれないが、次回は大盛で食べられるか聞いてオーダーしようと思う。退店後地元産品の販売店に寄って、蒲焼と肝の山椒煮を購入して次の目的地に車を進めた。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「里いも麺のざる中華 700円」@冨士屋食堂の写真土曜の18時半前に到着。この街では以前から特産品の里芋を練り込んだ“さといも麺”を提供しているお店が多くあり、その中でこちらのお店が麺の味が一番わかるかなと思ってこの度来店。思った以上に鄙びた外観で、入店すると常連客が数名。机や椅子も昔ながらであるため、さといも麺のメニューが目立っていた。多くのさといも麺のメニューから掲題のメニューをオーダーして待つことにする。

出てきたつけ麺は典型的なざる中華で、ボリュームのあるのが特徴的である。麺は少しウエーブのかかった太い平麺で、そのまま食べてみると素材からくる甘い風味とモチモチとした食感がはっきり出ていて美味しい!ツルッとした麺肌は里芋由来だと思われ、のどごしも良い。コシもしっかりとあってつけ麺としては上出来の麺である。ラーメン専門店ではないのにこの麺は素晴らしいと思った。ちなみに他の候補店は、日の出食堂(熱心な活動)・ぼたん食堂(特に焼きそばが美味しいとの評判)・三日月食堂(元祖?)である。これをつゆにつけて食べてみると、つゆの味わいで麺が引き立って美味しいものの、フルにつけると結構しょっぱさが目立つ。出汁感より塩分の強さが目立つ味わいで、半分つけて食べると美味しいが、つけ麺系なのでフルにつけて食べたいと思った。ボリュームは申し分なしである。薬味はわけぎとわさび。わけぎは切り立てのせいか香りが良くつゆに入れても存在感があってGOOD。わさびはよくある仕様だが、麺にのせて美味しく食べることができた。お店の雰囲気から割スープはコールしなかった。

“さといも麺”を初めて食べてみたが、モチモチとした食感とツルツルとしたのどごしにしっかりとした風味やコシもあって、明確な美味しさがあったのが素晴らしいと思った。このような麺がこの地にあって根付いているのも驚きである。ただつゆについては塩分の強さより出汁感がほしい。その点さえ変わるとかなり好印象になるのではなかろうか。丁寧なご挨拶をいただき退店した。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「Kiri_Soba 流山本みりん醤油 800円」@The Noodles & Saloon Kiriyaの写真平日の11時半前に到着。自分の中の宿題店に来店。流山のみりんに興味があった。コインパーキングに車を停めて近くまで来ると、外に大量の人数が・・・やはり人気店である。一番後ろに接続、列は前に15人であった。20分後に女性店員さんから声をかけられ入店。入口に一番近い卓に相席となる。水の提供時に早速掲題のメニューをオーダー。和え玉をオーダーしている方が多かったが、今回は見送った。

出てきた一杯は白い器に油膜が少し張っており、そこに焦がしねぎが浮いているきれいなビジュアルで、醤油の色は薄めに映った。スープを飲んでみると、さわやかな甘みと醤油の旨みがはっきり出ていて美味しい!甘さは目立って強くはないが、品がある。恐らくこの味が流山みりんかなと思った。飲み進めるとじんわりする感覚になり、優しい味わいである。出汁感にも複雑性のある美味しいスープである。麺は中細でほぼストレートの丸麺で、食べてみるとこれもはっきりとしたコシがあって美味しい!パツッと切れる食感が旨みを出しており、そこから小麦由来の風味が見えている。食べ進めるとスープとの一体感が出ていて、スープをしっかり持ち上げている麺だと思った。ただ麺量はやや少なめに感じられた。具材は2種のチャーシュー・メンマ・白髪ねぎ・豆苗・揚げねぎ。低温調理されたと思われるロースは柔らかでしっとりとした仕上がりで美味しい!少しスパイスのようなエッセンスも感じられた。煮こまれたバラは染み込んだ味と肉本来の旨味が見えて美味しい。脂に甘みがあった。メンマは密度の高いコリコリ感があって美味しいが、少し塩分が強めに感じられた。白髪ねぎはしっかりとしたアクセント。豆苗はスープに浸して美味しく食べることができた。揚げねぎはスープに厚みを加えていた。いろいろと考えているとあっという間に完食した。

みりんそのものは甘みが旨みというイメージがあるが、アタック時に感じた甘みはやはりみりんからの旨みで、醤油との相性が素晴らしいと思った。優しい味わいであったが、低加水と思われる麺との一体感も素晴らしいと思った。具材も考え抜かれており、豆苗や揚げねぎも存在感があった。全体的に優しすぎるのではとも思ったが、平日に列ができるのがわかる一杯であった。次回は和え玉もオーダーしてみようと思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン 600円」@あざみやの写真平日の11時半に到着。いつも12時前から混んでいるこちらのお店であるが、今回やっと待たずに入ることができた。入店しても案内ができない程混んでおり、女性店員にここに座りますよとアイコンタクトと指をさして着席。メニューは店内に定番があるが、外にもおすすめ的にあり、今回は無難に掲題のメニューをオーダー。待っていると満席になり、席間隔の狭さが際立っていた。

出てきた一杯は中華そばに輪切りねぎがたっぷりというビジュアルで、具材が表面を覆っているように見える。これが以前ワンコインで提供されていたのかと思うとその頃はお得感があったのだろうと思った。スープを飲んでみると、鶏ガラに野菜からの出汁と醤油味が効いて美味しい!醤油味がやや単調ではあるが、輪切りねぎから味が出ており、香ばしさが出ている。無難な味わいといったところである。麺は中位の少し縮れている麺で、食べてみると中華麺ならではの美味しさがあるが、軟らかい茹で加減。食べ進めると麺の緩さがさらに目立った。具材と併せて食べると少し美味しいと思った。麺量的には価格相応といったところか。具材はチャーシュー・メンマ・ホウレンソウ・海苔・なると・輪切りねぎ。チャーシューは肉本来の味わいがスープと相俟って美味しい!メンマはよくあるクオリティ。ホウレンソウは素材の旨さが出ていてGOOD。海苔は緑色が目立つ仕様で、まあ普通。なるとは彩り。輪切りねぎは鮮度があり、存在感があって味にも影響するボリュームで美味しいと思った。

輪切りねぎの存在感が目立った一杯で、最近その具材が味に影響しているラーメンはなかたのではなかろうか(白髪ねぎ系は多いが)。どちらかというとややあっさりとしたスープに豊富な具材がいい味を出しているという印象であるが、これで麺の茹で加減やクオリティが違えば、さらに美味しくなるのではなかろうか。基本こちらは定食が多く出ているお店なので仕方ないところか。退店時外には5人の待ちができていた。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば(小)+比内地鶏煮卵(200円)=800円」@比内地鶏中華そば 田乃井の写真土曜の12時半過ぎに到着。比内地鶏を全面に出していることに興味を持って来店。個人的には好きな食材である。局地的豪雨の中辿り着くと清潔感のあるお店で、常連さん的な方が丁度ラーメンを食べ終え、絶賛されていた。カウンターに座るが、後方の卓席との間隔が狭いと思った。掲題のメニューをオーダー。比内地鶏餃子というのもあったが、今回はやめておいた。

出てきた一杯は典型的な中華そばで、上から見ただけでははっきりわからなかったが、具材の下に敷かれている2種のチャーシューが大きめに映った。スープを飲んでみると、あ~確かに鶏からの出汁が見えていて美味しい!油は少なめで、比内地鶏で時々感じた緑っぽい油には感じられなかったが、旨さは伝わってきた。飲み続けると甘めの醤油味が旨みとして感じられた。麺は中細ストレートの丸麺で、食べてみるとしっかりとしたコシがあって美味しい!パツッと切れる食感で小麦の風味も見えている。スープにも良く馴染んでおり、美味しい麺である。量は小なりの適正なボリュームであった。具材はチャーシュー・メンマ・ワカメ・スライスされたねぎ・輪切りねぎ・トッピングの比内地鶏煮卵。チャーシューはバラとロースだろうか。肉の旨みと脂の旨みがしっかりとあって美味しい!メンマはよくあるクオリティではあるが、いい食感。ワカメはスープに馴染んでおり、麺と併せて食べるとはっきりとした風味が出ていた。ねぎ類は存在感があった。卵であるが、出汁がついて美味しいものの、正直比内地鶏ならではの特徴がわからない。白身や黄身に特筆する美味しさはなかった。スープを少しだけ残し完食した。

麺に美味しさが目立った一杯で、食感や風味はスープと相俟って存在感があった。スープについては滋味感があってこれも美味しいのだが、比内地鶏を主張するだけのはっきり感がほしいと思った。具材についてもチャーシューは秀逸ではあるが、トッピングした卵は私には比内地鶏なりの旨さがわからなかった。これで200円は正直高い。会計後店主から丁寧なご挨拶をいただき退店。外に出ると雨は止んでいた。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「らーめん(+チャー牛2枚:クーポン使用) 790円」@牛骨らーめん 牛王の写真土曜の13時過ぎに到着。宿題店であるこちらに来店。牛系の味にスパイスや香味野菜を使っているのに興味があった。周りはラーメン店が多く、以前この界隈に来た時の記憶と様変わりしていた。悪天候の中入店すると先客は2組、後客3組。券売機で掲題のボタンをプッシュ。その後店主にチャー牛2枚無料のクーポンの画面を見せ(6月末日で終了)、頷いていただいた。

出てきた一杯は漆黒のスープにスライスされたローストビーフと赤系の野菜の色が際立っているビジュアルで、やはりローストビーフが目立っていた。スープを飲んでみると、マー油が効いており、そこに牛出汁のコクのあるスープが一体感を成していて美味しい!最初少し油っぽいが、飲み進める毎に美味しさが目立ってきた。確かにステーキソースのような味わいで、スパイス感は適度で、香味野菜の旨みが出ている。複雑さがある美味しいスープである。麺は中位の四角いストレート麺で、食べてみると僅かにザラザラとしており、それがスープを持ち上げていて美味しい!気持ち硬めの茹で加減で、小麦の風味も見えている。パスタっぽいとも少し思った。スープとしっかり絡んでいるせいか旨さが持続し、少し止まらない感覚になった。麺量は標準的といったところである。具材はチャー牛4枚・ダイストマト・茹でニンジン・レタス、底に細かくなった牛スジ。チャー牛はほぼローストビーフでギリギリまで薄くスライスされているが、牛肉由来の甘さがあって旨みが凝縮されていて美味しい!スープと相俟って素晴らしい味わいである。スープに沈め熱を通して食べたが、牛肉の旨みがはっきり出ておりやはり美味しかった。トマトはスープの味とコントラストを成していて、しっかりと存在感がある。ニンジンは自然の甘さがあって、これも美味しい。レタスはスープや麺と併せて美味しく食べることができた。牛スジは出汁としての存在だと思った。スープも含め完食完飲させていただいた。

牛系の存在感が強いスープで、確かに「骨、肉、脂全て牛使用」というのがわかり、それにマー油やスパイス、香味野菜を加えて複雑性のある味わいであった。スープは確かにお店の言うステーキソースで、旨さに厚みがあった。麺もそれに対応できるしっかりとしたクオリティで、具材もチャー牛の旨さをメインとして、スープに馴染んで個性が光っていた。次回は牛の辛いつけ麺大盛(890円)でいこうかと思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「サイミン 918円」@レストラン ワイキキの写真平日の13時に到着。いつも混んでいるハワイをイメージしたレストランで、駐車スペースに空きが見えたので、駐車して入店すると先客2組待ち。それでも数分でコールされ着席することができた。ランチセットかなあと思ってメニューを見ると、何とサイミンが。それも現地のビジュアルに近いと思ってそちらをオーダー。正直こちらでサイミンに出会うとは思わなかった。

出てきた一杯は確かに現地ビジュアルで、透明感のあるスープ・チャーシュー的ではない肉・なると・中華麺と、知る限りのサイミンと同じであった。スープを飲んでみると、しっかりと海老の出汁が効いていて美味しい!シンプルに海老出汁のみで、確かにサイミン。恐らくこれを考案した方はハワイの料理を見かけだけでなく、しっかりと地元の料理を研究しているなと思った。油は気持ち強めだが、スープの味を考えるとそう感じたのかもしれない。麺は中位の角ばった麺で、食べてみるとこれもしっかりとコシがあって美味しい!コシこそあまり強くないが、スープと合っておりモチモチとした食感が良いと思った。ただ食べ進むと軟らかくなるのが早いとも思った。麺量的には普通である。具材は刻まれたスパム・錦糸玉子・なると・わけぎ。それぞれスープや麺に合っており、クオリティもGOOD。派手さのない具材ではあるが、現地とほぼ同じ仕様なのでこれでいいと思った。あっという間に完食した。

以前の行動範囲でもなかなか食べることができなかったサイミンであるが、自分のイメージするサイミンにかなり近く、シンプルな味わいに旨さがしっかりと見えていた。海老出汁もアミ系の味わいで、肉もチャーシューでないのが、ハワイの麺料理を表現していると思った。これでもう少し価格がとも思ったが、メニューを再確認するとランチはこれが一番廉価。今回は現地に近いサイミンを食べたことで満足である。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「カレーラーメン 750円」@みのりやの写真平日の12時前に到着。昔ながらの外観に停まっている車が多いことがいつも気になっており、どんなお店かと思ってこの度来店。駐車場の奥にお店があり、引き戸を開けると女性の元気な声があった。四人席に案内されるが、この後複数客ばかり来店し、一人客で4席占拠しているのが少しきまずかった。やや迷ったが掲題のメニューをオーダー。後客はチャーシューメンをオーダーしている方が多かった。

出てきた一杯は典型的な昔ながらのカレールーがかかっているビジュアルで、ラーメンが500円なのでルーのみで250円というところか・・・。スープを飲んでみると、既にカレールーと混じった味になっており、醤油スープにカレーの味わいが相俟って美味しい。醤油はどちらかというとさっぱりめな印象で、そこに粘度のあるカレーが上から蓋をしているようである。そのせいかアツアツさが持続している、というより結構熱い。カレーの味は和系の出汁が効いているように思われ、辛さはあまりない。具材がたっぷりなのが特徴的であり、だからこの価格なのかと思った。具材は豚肉・ニンジン・タマネギ・ジャガイモ。ニンジンが花模様の形を成しており、それが個性的である。カレールーが多めで、これだけでもお腹に溜まる。麺はカレールーに絡めて食べるようにする。麺はほぼストレートの丸い細麺で、食べてみるとシコシコとした食感で美味しい!カレーそのものの味は普通であるが、カレールーとの絡みも丁度良く、美味しく食べることができた。麺は気持ち軟らかめで、量的には妥当なところであろうか。全身汗だくになり完食した。

たっぷりのカレールーという印象の一杯であるが、具材が多く入っているのが特徴的で、カレールーそのものは正直よくある仕様であるが、具材の多さが好印象であった。麺そのものもそれに合っており、細い麺が馴染んでいた。これでもう少し硬めであればと思ったが、仕方ないところか。普通のラーメンとの価格差が少し気になったが、これもアリかなと思って退店した。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件