なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

流星

味をメインにして採点しますが、それ以外にお店の方の姿勢と値段のバランスも加味して採点します。当日から三ヶ月前までに行ったお店を対象とします。同じお店や同じメニューを複数採点することもありますが、同じメニューは一ヶ月以上開けて採点していきたいと思います。よろしくお願い致します。

平均点 74.911点
最終レビュー日 2019年8月17日
1,117 1,057 0 460
レビュー 店舗 スキ いいね

「里いも麺のざる中華 700円」@冨士屋食堂の写真土曜の18時半前に到着。この街では以前から特産品の里芋を練り込んだ“さといも麺”を提供しているお店が多くあり、その中でこちらのお店が麺の味が一番わかるかなと思ってこの度来店。思った以上に鄙びた外観で、入店すると常連客が数名。机や椅子も昔ながらであるため、さといも麺のメニューが目立っていた。多くのさといも麺のメニューから掲題のメニューをオーダーして待つことにする。

出てきたつけ麺は典型的なざる中華で、ボリュームのあるのが特徴的である。麺は少しウエーブのかかった太い平麺で、そのまま食べてみると素材からくる甘い風味とモチモチとした食感がはっきり出ていて美味しい!ツルッとした麺肌は里芋由来だと思われ、のどごしも良い。コシもしっかりとあってつけ麺としては上出来の麺である。ラーメン専門店ではないのにこの麺は素晴らしいと思った。ちなみに他の候補店は、日の出食堂(熱心な活動)・ぼたん食堂(特に焼きそばが美味しいとの評判)・三日月食堂(元祖?)である。これをつゆにつけて食べてみると、つゆの味わいで麺が引き立って美味しいものの、フルにつけると結構しょっぱさが目立つ。出汁感より塩分の強さが目立つ味わいで、半分つけて食べると美味しいが、つけ麺系なのでフルにつけて食べたいと思った。ボリュームは申し分なしである。薬味はわけぎとわさび。わけぎは切り立てのせいか香りが良くつゆに入れても存在感があってGOOD。わさびはよくある仕様だが、麺にのせて美味しく食べることができた。お店の雰囲気から割スープはコールしなかった。

“さといも麺”を初めて食べてみたが、モチモチとした食感とツルツルとしたのどごしにしっかりとした風味やコシもあって、明確な美味しさがあったのが素晴らしいと思った。このような麺がこの地にあって根付いているのも驚きである。ただつゆについては塩分の強さより出汁感がほしい。その点さえ変わるとかなり好印象になるのではなかろうか。丁寧なご挨拶をいただき退店した。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「カレーつけめん 760円」@中華そば 志の田の写真平日の13時前に到着。好評を聞いてこの度来店。過去2度休みの日に来てしまったが、やっと入ることができた。入店して券売機を見ると、つけめんの説明や中華そばの麺の違いのビジュアル等々かなり丁寧さが感じられる。さらに券売機中央部には「辛いカレーのつけめんです」との案内が・・・迷わずそのボタンをプッシュ。ほぼ真ん中のカウンターに着席して待つことにする。

出てきたつけ麺は具材がセパレートされ、麺肌の白さが特徴的で、つけ汁はカレーの色が少し見える程度である。あつもりの麺をそのまま食べてみると、しっかりとしたコシとモチモチ感があって美味しい!コシがしっかりあって、小麦由来の風味がわかる。素晴らしいのは麺がくっつかないよう施しがなされている。油ではない液体がそれを可能にさせていた。その麺をスープに投入すると、節の効いた和風の味わいにカレーのスパイス感のある味わいで美味しい!コシのある麺にこのスープも負けておらず、旨さにシナジー感が見えている。食べ進めていくうちに麺の旨さをスープが引き立てているようにも思え、スープの旨さが麺を美味しくしているように思えた。辛さもあって美味しいのだが、スープのしょっぱさが途中から見えてきた。麺量的には満足感があった。具材はチャーシュー・メンマ・輪切りねぎ。チャーシューはロース2枚で、少し炙られたような風味があり、肉そのものに旨みがあって美味しい!スープに入れて美味しさが際立った。メンマは長短5本で、出汁の味とコリコリ感があってGOOD!輪切りねぎは鮮度がある仕様で、スープに入れて存在感があった。割スープはブーメラン式で、魚介系が効いており、カレーの味と相俟って美味しく飲むことができた。

和風カレーという味わいのスープであるが、魚介系と辛さ・スパイス感のある味わいで、それがコシのしっかりとした凝縮感のある麺と食べることによって見事な一体感を出しているつけ麺だと思った。具材も種類こそシンプルだが、一つ一つ旨さが見えていた。これでスープの塩分がもう少し強くなければ、さらに美味しい味わいになると思った。コスパ的にも優れているつけ麺だと思って退店した。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「辛みそつけめん(あつもり) 850円」@極旨 じゅん屋の写真祝日の12時前に到着。スポーツ観戦のためこちらに来たが、既にこの時間から駅界隈は混みあっている。さらなる混雑が予想されるため、早めに食事と思いこちらに来店。行列がないなーと思ったが、店内に3人待ち。店内にある券売機で掲題のボタンをプッシュ。10分ちょっと待って着席。券を渡す際にあつもりをコール。店員さんの捌きは早いが、それ以上に来店客が多く、店主らしき方は何度も外待ちをお願いされていた。

出てきたつけ麺は少し赤が見えるつけ汁が特徴というビジュアルで、麺からは湯気が僅かに見えていた。麺は中位の太さで少し縮れており、あつもりのため麺同士でくっつくだろうなあと思って食べてみると、くっつきが思いの外早い。すぐに取ってつけ汁に投入して食べてみると、辛さがやや強めで適度に味噌の味が効いていて美味しい!麺の水分がとんでいるせいか、スープをよく吸い込んでいるのがわかる。スープは豚骨魚介系に味噌の味わいがあってそこに一味系の辛さで、しっかり旨さがある。次に麺を入れようとするとほぼ全てがくっついていた。ある程度くっつくのはわかっていたが、これは極端である。切り離すようにして麺を入れようとするが、なかなか難しい。スープに放り込むと一体感が出ていて美味しいのだが、それまでがたいへんであった。麺量は大盛無料とのことだが、普通にしても納得のボリュームだと思った。具材はゴロチャー・メンマ・モヤシ・刻みねぎ。それぞれ標準的なクオリティであるが、スープに馴染んで美味しく食べることができた。スープ割りをコールしたが、店員さんが忙しそうで失念していたため二度コール。ポットで提要され、美味しく飲むことができた。

複雑性のある味噌スープにあつもりにした麺の一体感があるつけ麺で、スープは辛さもしっかりあったことで、味わいに輪郭があった。麺についてはクオリティこそ味噌スープと一体感があって美味しかったが、ほぼ全部がくっついてしまったことが気になった。正直これでは食べにくい。あつもりはいつもこうなら対策が必要なのではなかろうか。その点を変えるだけで大きく印象が変わるつけ麺だと思って退店した。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「トマトつけ麺 810円」@食彩市場 和楽の写真日曜の12時半に到着。本来の目的のお店の代替店としてこちらに来店。この時間駐車場が結構埋まっているが、入店すると卓席が空いておりそこに案内される。どうも奥に団体がいるようである。ニラチャーハンというそそられるメニューもあったが、当初の目的通り掲題のメニューをオーダー。地元産トマトというのにも興味があった。席に座っている来店客は初老の方ばかりで、カウンターに座っている方はボトルワインを飲んでいた。

出てきたつけ麺はライス付きで、説明こそなかったもののこれはつけ汁に入れてリゾット風にして食べるのだと思った。麺はやや角ばったストレートの太麺で、そのまま食べてみると、コシがあって小麦由来の風味があって美味しい!何となくうどんのようなエッセンスが感じられるが、個性的な麺である。そして思った以上にボリュームがあると思った。この麺をつけ汁に入れて食べてみると、味わいに一体感があって美味しい!つけ汁は赤茶色で、味わいはトマトの酸味や素材の風味はあるが、どちらかというとゴマ風味の味わいが目立つ。太い麺がつけ汁のもやしやゴロチャーと相俟って、さらに美味しく感じられた。具材はつけ汁側は先述の2種にトマト片、麺側に大きめな挽肉・トマト片・玉子半分・サニーレタス・糸唐辛子。挽肉はいわゆる肉味噌で、濃い味わい。つけ汁や麺と同じ位の存在感があって美味しい!両方に入っているトマト片は少し熟れた仕様で、甘みが旨さとなっている。玉子・レタス・糸唐辛子はつけ汁に入れて麺と併せて美味しく食べることができた。ライスは多めだったが全て入れて食べてみると、これが美味しい!具材からの旨みが出ており、挽肉(肉味噌)の旨みがトマトやゴマ味のスープに厚みを加えていた。食べ終わるとかなり満腹感があった。

ゴマの味わいとトマトの酸味が旨さとなっているつけ汁にコシがしっかりとした太麺に一体感のあるつけ麺で、具材も豊富且つ個性的でこの価格に満足感があった。ボリューム的にも納得である。ただメニュー名はトマトつけ麺であるので、もう少しトマトに存在感があったほうがいいかなとも思った。地元産というのはよくわからなかったが、そこは仕方ないか。丁寧な挨拶をいただき退店した。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「坦々つけ麺 950円」@ラーメンきじまの写真平日の12時前に到着。時々通る道路の隅に黄色と赤文字で「らーめんきじま」と書いた小さい看板があった。どうしても気になって車を進めてみると、黄色と赤の屋根が特徴的なお店が一軒ポツンとあった。そして車が既に数台停まっている。どういうお店だろうと思って来店。カウンターに着席すると、結構メニューが多い。その中で別途一枚に新発売と書いてあった掲題のメニューをオーダーして待つことにする。

「担々麺です」と運ばれてきたので、ミスオーダーかと思ったがその後すぐ「麺をお持ちします」とのこと。何かなと思ったが、すぐ麺が運ばれてきた。出てきたつけ麺は具材がたっぷり入っている大きな丼がメインという仕様で、メニュービジュアル以上のボリュームに驚いた。麺は標準的なボリュームであるが、これ食べきれるのかなと思った。まずスープ側を食べてみると、担担麺のスープというより、醤油味にゴマの風味と玉ねぎの味わいが効いていて美味しい。辛さはほとんどない味わいで、全くのオリジナルである。ニンニクもさりげなく効いているのがGOOD。味わいに厚みを出していた。そして具材がこれでもかと言わんばかり入っている。内容は、豆腐・チャーシュー・挽肉・玉ねぎ・生卵・ニラ・輪切りねぎ・白髪ねぎ・刻みニンニク・白ゴマ・赤唐辛子。味わいとしては挽肉・玉ねぎ・ニンニクを炒めて豆腐・白ゴマ・赤唐辛子をスープといっしょに煮込み、チャーシューと生卵を入れたように思われた。ジャンク性もあり、醤油味に具材からの味わいが旨みとなっている味わいである。チャーシューはホロッとした食感で美味しい!玉ねぎはたっぷり入っており、味を下支えしていると思った。そのスープに麺を投入すると、シコシコとした細い麺がスープや具材と相俟って美味しい!よくあるクオリティではあるがしっかりと〆られた麺で、具材に隠れることなく旨さが見えていた。このつけ麺の特徴だと思うが、途中から麺も具材の一つのような感覚になり、美味しく完食した。スープ割りは必要なかった。

具材のごちゃまぜ感が強く、それが美味しさに繋がっていると思ったつけ麺で、それ故麺の存在感は薄いものの、一体感があったと思った。辛さのあまりないゴマ風味のつけ麺で、場所柄価格が高いなあと思ったが、このボリュームなら納得である。そしてこの味わいであるから、不利なこのロケーションで途切れることなく来店客が来ているのだと思った。次回来ることがあれば、半ラーメンのセットでいこうと思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「トマトカレーつけ麺 900円」@カレーラーメン 彩 SAIの写真平日の13時前に到着。カレーラーメン一本でやっていることに興味を持って来店。この界隈での食事はいつ以来だろうか。大きい通りからの看板が目立つが、脇の道から2階に上がるため、入口が少しわかりにくい。入店後券売機で掲題のボタンをプッシュ。着席して辛さを聞かれ、どの位辛いが質問すると的外れな答えが返ってきた・・・一番辛い5をコール。別な方からランチはライス無料との話を受けたが、丁重にお断りした。

「チャーシューはカレーに入れて温めて食べてください」との言葉を添えて出てきたつけ麺はカレーが少し赤っぽくなっており、麺側の具材の盛り付けが丁寧に映った。トマトソースが少し載っているが、これでプラス20円はお得である。麺は中太の平麺で、そのまま食べてみると小麦由来の風味があり、気持ち硬めの食べ応えにしっかりとコシがあって美味しい!表面のツルツル感がいいのどごしにもなっている。麺量は標準的といったところである。どうでもいいが、カレーに平麺は汁跳ねに要注意である。これをソロッとカレーに投入すると、辛くしたカレーを適度に持ち上げ、一体感があって美味しい。粘度があって出汁は鶏や豚骨を使っているように思われるが、やや単調である。香味野菜系の味があまりしないということとスパイス感が少しほしいと思った。食べ進めると無難なカレー味という印象が残った。具材は麺側にチャーシュー・ホウレンソウ・味玉半分・チリペッパーのかかった白髪ねぎ・海苔・トマトペースト。カレー側に刻まれた鷹の爪・小肉片。チャーシューは事前のレクチャー通り食べてみると、ホロッとした食感と肉の旨みがしっかりとあって、確かに美味しい!ホウレンソウ・ねぎは新鮮さと旨みがあった。味玉は少し味が濃い。海苔は風味のある仕様だが、カレーとの相性は意見が分かそう。トマトペーストは味わいに一体感を出していた。鷹の爪は辛さを出していて麺と併せて食べた。肉はカレーに旨みを出していた。割スープは器で提供され、ほぼフルにカレーに投入して美味しく飲むことができた。

麺や具材が美味しく、麺も風味・食感がしっかりとしていてカレーと併せることを考えてこの仕様にしたのではなかろうか。具材もこだわりの跡が随所に見られ、それが美味しさに繋がっているように思った。カレーについては今回一番辛い仕様にして美味しいと思ったが、野菜系出汁とスパイスの存在がもう少し見えてもいいのではと思った。カレーも味を数種選択できた方がいいと思うのは野暮か・・・そう思いつつ退店した。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「つけめん(和風) 400円」@天龍の写真平日の13時前に到着。本来の目的のお店がやっておらず、しばらく車を動かしていると、昔ながらのお店を発見。確か大きな通りにもお店のPOPがあった。駐車場に車を停めて来店。入店すると常連さん的な方が一人おり、お店の方と談笑していた。入口近くに着席。メニューを見るとラーメンより安いつけ麺が・・・目的を変えてオーダー。昔ながらのお店なのはわかるが、雑巾のような臭いが漂っていることがとても気になった。

出てきたつけ麺はいわゆるざるラーメンやざる中華に近いビジュアルで、つけるスープも蕎麦つゆ的なビジュアルである。麺をそのまま食べてみると、つるつるとしたのどごしがあって美味しい。中細で少し縮れている麺で茹で加減がGOOD。ただやはり単調である。この麺をスープにつけて食べてみると薄めの鰹出汁にカエシが適度に効いているつゆと相俟って美味しい。確かに和風で、暑いこの日に軽く食べるにはいいのかもしれない。食べ進めると自分には物足りなく感じられた。麺量は価格を考えると、普通といったところである。具材というか薬味は麺側に刻み海苔、別皿で刻みねぎと柚子胡椒。ねぎは新鮮さがあってGOOD!柚子胡椒は恐らく市販のモノと思われるが、この麺には合っている。刻み海苔はよくあるクオリティであった。

ラーメンより安いつけ麺はどんなモノかと思ったが、シンプルでざるラーメン的な和風さも感じさせるつけ麺であった。麺の茹で加減が絶妙でいい味わいであるが、もっと個性がほしい。そしてこのつけ麺は恐らくスープ(つゆ)や薬味は市販を使っているように思われるのが惜しい。それ以上に店内に漂う臭いはいけません・・・食欲を減退させます。減点することをお許しください。次回は別な季節に来ようと思う。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「特製カレーつけ麺 810円」@らーめん一家 麺小屋 五井店の写真平日の13時に到着。何となく気になっていたこちらに来店。入店してテレビが近くに見える卓に着席。貼り紙にあった激辛ラーメンが気になったが、掲題のメニューをオーダー、大盛無料であるが、今回は止めておいた。テレビを見つつ待っていると、奥に座っている男性1人にその半分位の年齢の女性4~5人のグループが賑やかに。この時間からお酒も入っているようである。常連なのかは知らないが、独特の雰囲気を醸し出していた。

出てきたつけ麺は少しとろみがあるように見えるカレースープと麺が見え隠れする位具材が敷きつめられており、美味しそうなビジュアルである。まずは麺をスープに入れて食べてみると、長方形になっている麺がカレー味のスープと丁度良く絡んで美味しい!麺は少し縮れており、コシも感じられるクオリティである。何回かつけて食べると段々とスープのしょっぱさが見えてきた。カレースープは見た目よりサラッとしており、スパイス感や辛さはさほど感じられない仕様。動物系と魚介系の出汁の味わいがしているが、食べ進む毎に塩分の強さが目立ってきた。途中から卓上のBPと一味を入れたが、あまり変化はなかった。具材は麺側にチャーシュー・メンマ・味玉・ワカメ・カイワレ。スープ側に刻み玉ねぎ。チャーシューはホロッとする仕様で、肉と出汁系の味わいがあって美味しい!旨みがはっきりと見えていた。メンマはいい食感だが、標準的なクオリティ。味玉は濃い味付けだが、カレースープに入れて食べるとややしょっぱさが目立つ。ワカメはよくあるクオリティで、スープに入れるともろにしょっぱくなったので、半分つけて食べて美味しくなった。カイワレは麺と併せて美味しく食べることができた。割スープをコールするとポットで提供され、多めに入れると魚介系が効いて塩分が薄まり、美味しく飲むことができた。

チャーシューの旨さが印象に残り、平麺のようにも感じられる麺も美味しく感じられたつけ麺で、大盛でもよかったかなとも思った。全体的にしょっぱい味わいで、特にカレースープは後半少しキツイ。軽くつけると美味しくも感じたが、やはりラーメン系はフルにつけて食べたいものである。具材はボリューム的には良いのだが、ももう少しクオリティがほしいと思った。会計時奥のグループはさらに盛り上がっていた。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「味玉つけ麺(塩) 1000円」@SOBAHOUSE 金色不如帰 新宿御苑本店の写真日曜の14時に到着。移転前から再訪してみたいお店だったが、移転後これは行かねばと思い、この度来店。酷暑から気温が少し低くなったこの日に行ってみたものの、外に15人の列。やはりこの時間でも並ぶのか・・・おまけに近くのビルの排熱で暑い。20分後券売機まで到着し、掲題のボタンをプッシュ。その後店内で5分待って着席。見える限りではあるがつけ麺を食べている方は少数であった。

出てきたつけ麺はお店のトレードマークの入った器に濃厚そうなスープという印象である。まずは麺のみを食べてみると、お~小麦由来の風味に少し海藻系の味わいが感じられて美味しい!中細のほぼストレートの麺で、コシがあるのはわかるが柔らかくも感じられ、ギリしなやかという食感である。この麺をスープに投入すると、あ~蛤出汁に鶏系と節系の出汁が合わされたような味わいにトリュフ系の味わいがはっきりしていて美味しい!ポルチーニの風味もあり、ベース出汁とベース味両方に強い複雑性がある。出汁は幡ヶ谷の頃とほぼ同じだが、つけ麺だからかもしれないが、味は洋風キノコの味を強く出しているように思われた。そして生バジルにも存在感があった。なかなかこの味はないと改めて思った。そして麺との絡みがGOOD!適度にスープと絡んで麺の旨さが引き立っている。これは計算されてこの茹で加減にしたのだと思った。麺量は標準的といったところである。具材はチャーシュー・メンマ・味玉・カットレモン・レンゲの中に香草かハーブのような青菜。チャーシューは低温調理されて肉本来の旨みがあって美味しい!メンマは硬すぎずでいい食感。味玉は黄身が少し流れる仕様で、出汁醤油の味がはっきりとした味わい。青菜はスッとした風味があって、何だろう・・・。これもこのつけ麺の個性だと思った。スープ割をいただくと、蛤の味わいがはっきりとした仕様になり、とても美味しく飲むことができた。

幡ヶ谷で食べたラーメンと比較はしにくいが、蛤をベースとして出汁や味に複雑性が感じられるスープで、黒トリュフやポルチーニの味わいがはっきり出ていたこと面白いと思った。麺もそれを考えての仕様で、風味があり適度にスープに絡むことによってシナジー感があった。具材も目の行き届いた仕様で、割スープも隙が無く、旨さに余韻が残った。唯一無二の味わいだと思って退店。酷暑でも並ぶ理由がわかる美味しさであった。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「海老泡つけ麺 850円」@つけ麺 麺也 時しらずの写真日曜の12時半過ぎに到着。最近来なくなったこの界隈であるが、北綾瀬方面から徒歩でこちらに来店。“泡”に興味があった。お店の前に来るとそのビジュアルがあったが、エスプーマ状のモノが敷きつめられている仕様ではなく、半分程かかっている仕様と確認して入店。券を出すと「オオモリネ」と自動的になった。来店客は全員男性。場所柄戦いを終えた方、これから戦いに行く方等皆寡黙に食べているのが印象的であった。

出てきたつけ麺は、大きめな器に中太の麺がボリューミーで、スープはオレンジ色でそこに泡らしきモノがかかっているが、生クリームを泡立てた仕様で、生クリームは固形状で意図的に少し残しているように思った。アイディアとしてはいいが、“泡”を冠するには無理があるような・・・。麺は太めの角ばった麺で、ゴワッとした食感で美味しい。小麦の風味も僅かであるが感じられる仕様である。食べた際にボソッと切れるような食感も特徴的である。量的には大盛なりのボリュームがあった。この麺をスープに入れてみると、海老の風味がしっかりとあって美味しい!海老の味以外にも魚介系・鶏・豚骨の味わいがあって、バランスが取れている。泡状のモノは海老粉を伴って溶けていくと円やかさが増してコクを出しているが、生クリームの旨みそのものである。具材はスープ側にゴロチャー・太めのメンマ・刻みねぎ。チャーシューは肉本来の旨みにスープの味わいが絡んで美味しい!メンマもコリっとしたいい食感。ねぎも存在感があった。麺を食べ終わると、切れた麺がいくつかあった。割りスープをコールするとポットが運ばれてきて、節系の出汁で美味しく飲むことができた。

海老の味がメインの豚骨魚介スープでバランスが取れており、よく言うマタオマ系とは違った美味しさが見えていた。具材もそのスープと一体となっており、麺と併せて美味しさが出ていた。麺もそのスープに一体感が出ており、エッジの効いた仕様が特徴的であった。ただメニュー名の“泡”は残念。これは生クリームつけ麺という方が・・・。美味しさはあったが、しっくりこないつけ麺だと思って退店した。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件