なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

流星

味をメインにして採点しますが、それ以外にお店の方の姿勢と値段のバランスも加味して採点します。当日から三ヶ月前までに行ったお店を対象とします。同じお店や同じメニューを複数採点することもありますが、同じメニューは一ヶ月以上開けて採点していきたいと思います。よろしくお願い致します。

平均点 74.906点
最終レビュー日 2019年8月25日
1,118 1,058 0 461
レビュー 店舗 スキ いいね

「蟹油そば+燻製うずら(110円)=960円」@crab台風。の写真土曜の14時に到着。香港から凱旋された一杯に興味を持って来店。遠くから見ると周りのビルに溶け込んでいるようであるが、近くで見ると赤と白の基調が目立っていた。入店すると、やや臭気が漂う店内が気になった。券売機で掲題のボタンを連打し、一番左奥に着席。壁や机はクリンネスがなされているのがわかった。さすがこの時間なので、先客2名後客1名であった。

出てきた一杯は気持ち大きめな器にたっぷり入っているように見えるビジュアルで、レアチャーシューの色がナチュラルなのが好印象である。まず下の麺を引き出して食べてみると、硬めの食感に既にタレの味が付いていて美味しい!太い麺で食べ応えがある。このタレから蟹の味わいがはっきり見えていて、蟹はやはりワタリガニの味わいであった。この一杯をかき混ぜる前に具材をいくつか少し食べてみることにする。具材は、レアチャー・穂先メンマ・水菜・刻みたまねぎ・海苔・カニミソっぽいモノ・緑のソース。レアチャーはしっとりしており、肉本来の旨みがはっきり感じとられて美味しい!それが大きめで2切れあった。トッピングのうずらの玉子は4個で、やや燻度が強めで美味しい!少し味が濃いようにも思ったが、好みの味わいであった。カニミソっぽいモノはベースのソースを凝縮させたモノだろうか。蟹と豚骨の味わいがして、これ単体だけで食べるとかなり濃い。緑のソースはホウレンソウがメインではないだろうか。これらをかき混ぜてみて食べてみると、蟹と豚骨の味わいが全体に移って美味しい!食べ進むと下にあるスープと相俟って濃さが目立つが、麺と具材の美味しさも見えていた。ワタリガニの味わいが最初に出てきて、それを豚骨が支えている味わいである。麺は多めに感じられた。穂先メンマは少しの塩味で気持ち柔らかめだが、いい味わい。水菜はこの油そばにアクセントを与える食感。刻みタマネギは甘味があって存在感がある。海苔はいい香り。うずらはスープと絡んでも味わいが損なうことがなく美味しい味わいであった。途中でホワイトペッパーと昆布酢を投入するといい味変であった。1/4を残して割スープをコール。豚骨メインの出汁で美味しく完食することができた。

ワタリガニの美味しさが随所に表現されている油そばで、豚骨の味が融合されて美味しさが増しているように感じられた。それに併せる麺に力強さがあって、このスープをしっかり受け止めて旨さが出ていると思った。具材もチャーシューが秀逸で、肉の旨みが堪能できた。途中から感じる味の濃さが気になったが、スープ割りをいただいて食べることによって中和されたようにも感じられた。次回は雑炊セットでいこうと思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「スパイシー油そば(小) 700円」@オリーブ油そば 三六の写真日曜の13時半前に到着。オリーブオイルを使った油そばに興味を持って来店。着いてみると、ここは“佐賀ラーメン 美登里”だったお店で、美味しかった記憶がある。入店して券売機の掲題のボタンをプッシュ。特徴的だった銅板のカウンターはそのままであった。券を渡した際には辛さを聞かれなかったが、事前の情報と少し違う。やり方が変わったのだろうか。この時間先客ゼロ後客1名であった。

出てきた一杯は、確かに小=麺量100gというビジュアルで、大きめな器とのコントラストが特徴的であった。その後、「こちらを入れて食べてください」とのことで辛味が出てきた。辛さが3段階と聞いていたが、こちらの方が個人的には良いと思った。まずはそのままかき混ぜて食べてみると、お~オリーブオイルの風味がストレートに伝わってきて美味しい!ベースは醤油系だがオリーブオイルの香りが強く、味わいが判別しづらい。いい意味で薄味の仕様だと思った。麺は中太のほぼストレート麺で、コシがしっかりとしているのがGOOD!タレやオリーブオイルをしっかり受け止めていると思った。量は見た目の通りであった。具材は鶏ムネ肉・水菜・白髪ねぎ・糸唐辛子。鶏肉は軽く味がついており、しっとりさもあって美味しい!水菜・白髪ねぎはタレやオリーブイルといい相性で、特に食感に存在感があった。糸唐辛子はいい色合いであった。途中から辛味を少しづつ投入。これにオリーブオイルの風味は感じられなかったが、ピリッとしていい味変。食べ終わる時点で全て投入した。レモンも酸味で味変にいい役割であった。後半卓上の刻み玉ねぎを入れて食べてみると、香ばしさが出てこれも合っていると思った。

オリーブオイルの個性がしっかり出ている一杯で、はっきりしているところは意見が分かれるかもしれないが、個人的にはアリだと思った。具材もムネ肉は丁寧に仕事をされているのがよくわかる味わいであった。麺もコシがあってそれが旨さに繋がっているのだが、辛味を入れてもやや単調さが見えているのが気になった。敢えて味変を考えてこの味なのかもしれないが・・・。丁寧なご挨拶をいただき退店した。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「classic beef palette 1050円」@Handicraft Worksの写真日曜の13時半過ぎに到着。前回食べて好印象であったこちらに再訪。その際にあった京鴨出汁そばや限定のカレーにも興味が湧いた。来店すると15人程の待ち。そしてメニューボタンを見ると京鴨出汁そばのボタンは全滅、限定のカレーもやっていなかった・・・それでも列を形成。約20分後入店して掲題のボタンをプッシュ。奥のカウンター端に案内される。調理を見ながら待つことにするが、厨房のスペースは広いと思った。

出てきた一杯は前回とほぼ同じ色合いのビジュアルであるが、ややシュラスコ肉の大きさが小さくなり、チキンからフランクになった具材の大きさも小さく映った。パイナップルも然りで、以前食べた時より50円上がってこの仕様はどうなのだろうか。麺は既にたれがついているかと思ったが、下に溜まっていたので、かき混ぜて食べてみるとしっかりとした塩の旨みと太い麺が絡んで美味しいが、塩だれの味わいに動物系の味わいが目立ち、やや単調に感じられた。少し味を変えたのだと思われるが、以前の方が好印象である。麺はモチッとした食感がGOOD!ボリューム感もあり、食べた際には小麦由来の風味が出ていて美味しい。食べ進む毎にたれや具材と絡んで一体感が出ていた。具材はシュラスコ・フランク。パイナップル・レタス・スライスタマネギ・ミニトマト、そしてフライドガーリックが多めにかかっていた。シュラスコは外からの強火と半生をギリギリ残した仕様で美味しい!ただ量は前回より気持ち少なめであった。フランクは豚肉の旨みが凝縮され、そこにスモークをかけた仕上げでこれも美味しい!が、デフォでもう少し食べてみたかった。他の具材もたれや麺と相俟って美味しく食べることができた。今回はガーリックがやや強めの味わいであった。後半卓上のパイナップルビネガーとBPを投入。美味しく完食することができた。

シュラスコのクオリティが素晴らしく、ちょっとしたブラジル料理店より美味しいのではなかろうか。素材を生かした焼き加減が絶妙だと思った。それに併せる麺もはっきりとした旨さがあり、シナジー感があった。塩だれも美味しいのではあるが、以前食べた際の塩からの旨みがあまり見えなかったことが気になった。そして肉系具材のサイズが小さくなったのは残念。今回は不出来だったのか・・・また再訪かなあと思って退店した。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「まぜまぜ担々麺(並) 880円」@らぁ麺 ひなたの写真平日の12時前に到着。どことなく好評を聞いて来店。後日こちらRDBの平均点を見るとビックリした。先客の退店と入れ替わるように入店し、そのままカウンターに着席。前にあったメニューのあっさり系にしようかと思ったが、裏面に掲題のメニューを発見し、“まぜまぜ”の表現が面白く、そちらをオーダー。後客が続いて席が埋まってきたが、お店の方の接客は丁寧で、好印象に映った。

出てきた一杯はこだわりが感じられる器に肉味噌・ミニトマト・チンゲン菜に山椒系がかかっているビジュアルで、個性の強さが感じられた。ライスはコール無しでその後提供された。かき混ぜて食べてみると、甘めの肉味噌がもモチモチとした麺と絡んで美味しい!肉味噌はしっとり感があって、かき混ぜるとパサつく仕様のモノもあるが、こちらはそれがない。辛さは強くなく山椒もしびれ感がさほどない仕様で、全体的に優しい味わいである。麺も丁度良い茹で加減でコシがしっかりしている。食べ進むと肉味噌と麺の一体感が出ているのがわかるが、甘さも見えてきた。具材は先述の通りで、ミニトマトはクオリティが良く、心地良い酸味と清涼感がある。チンゲン菜も麺や肉味噌と合っており、美味しく食べることができた。山椒は徐々に存在感が見えなくなっていった。麺量的には標準的である。最後は卓上の胡椒をかけて完食した。ライスは残ったソースと絡めて美味しく食べたが、量はさほど残らなかった。

甘めの肉味噌とこの系統にしては細めの麺に一体感があり、しっかりとしたコシが全体の旨さを引き出していると思った。具材のクオリティが良いのも好印象であったが、肉味噌の甘みは個人の嗜好とは少し違っていた。山椒も最初は存在感があるが、食べているうちにはっきりしなくなっていったように感じられた。お店は優しい味わいをベースコンセプトにしているのではなかろうか。次回は醤油系でいこうかと思う。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「スパイス油そば 780円」@麺処 桜桃太郎の写真平日の20時半に到着。兎に角で修行された方がスパイス系の一杯を提供していると聞いて来店。店主が表に出て看板を閉店にする間際ではあったが、快く入店させていただいた。その後の一組も入れてしまい、申し訳ございません。券売機が故障していたため、今回はカウンターに着席した後、口頭でオーダー。外観や店内は高級和食をイメージした清潔感のあるお店だが、間取りのせいか厨房からの臭いが気になった。

出てきた一杯は鰹節と分厚いチャーシューがブツ切りのようにされたビジュアルが特徴的で、ボリュームが多いように見えた。これをかきまぜて食べてみるとはっきりとした豚骨と節系の味があって美味しい!が、スパイス系の味があるものの少し弱い。ブラックペッパーやレッドペッパーに山椒が入っているのはわかるが、もう少し複雑さがほしいと思った。それでもベースの味がしっかりしているので、コクがあってガツンとした味わいが旨さになっていた。油はやや多めに使っていると思った。麺は太めのウエーブが少しかかった平麺で、かきまぜる際に気をつけないとタレが衣類に飛ぶので要注意である。気持ち柔らかめだがタレとの絡みが良く、小麦由来の風味も僅かだが見えていて美味しい!ボリュームも結構多めであった。具材は鰹節・チャーシュー・穂先メンマ・海苔。鰹節は混ぜたことによって旨みそのもの。角切りチャーシューは肉そのものの旨みに出汁系の味がついて美味しい!穂先メンマは軟らかめだが、タレの味がついてまあ許容範囲。海苔は麺を巻いて食べて美味しく食べることができた。後半スープが出てきて、最後まで飽きずに完食することができた。

ボリュームのある一杯で、麺やチャーシューのクオリティは素晴らしいと思った。タレの味も兎に角の味に近くて美味しいと思ったが、スパイスにもっとハッキリ感がほしいと思った。どちらかというとタレの味に隠れてしまっている印象が強い。それよりも最後の時間のせいかもしれませんが、厨房からの臭いについては対策を希望します。せっかくのお店のイメージが損なわれます。味と違ったところも気になって退店した。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「魚がしそば 680円」@魚介系まぜそば専門店 魚がしそば 新橋本店の写真平日の19時半前に到着。飲食企業のラーメン店ではあるが、魚介系まぜそばを謳っていることに興味を持って来店。HPにこちらのお店は記載されていなかったが、詳細はわからない。いろいろそそられるメニューボタンがあったが、予定通り掲題のメニューボタンをプッシュ。大盛無料とのだがそれはお断りし、「“おっかけ(=ミニ鯛めしとスープ)”はお声をおかけください」と丁寧な案内があった。

出てきた一杯はあさりがたくさん入っているのが特徴的ビジュアルで、刻み海苔と相俟ってまさしく“寿司屋が作ったまぜそば”のイメージ通りである。これをかき混ぜて食べてみると、甘めの醤油味が麺に絡んで美味しい!油分はほとんど感じられず、あっさり感がGOOD。少ししょっぱめだが、和風を感じさせるまぜそばである。具材はあさり・刻み海苔・フノリ・ワカメ・輪切り青ねぎ・スライスたまねぎ・フライドガーリック。メイン具材のあさりは素材の味は美味しいものの、タレとの絡みが弱い。他の具材はしっかりと味が付いた。ガーリックは軽めでバランスが取れていた。麺はやや縮れている平麺で、普通盛だと250gのことであるが、ボリューム的にはやや少なめ。なるほど大盛で予定調和なのかと思った。気持ち軟らかめの食感であるが、コシがしっかり見えていて美味しい!最後に卓上の魚粉・酢・ハバネロソースを投入。濃い引き締まった味わいになって、これも美味しい。あっという間になくなってしまい、おっかけをコール。全部投入すると魚介味の雑炊となり、鯛の旨みに魚介出汁スープで美味しいが、これも少し塩分が強めに感じられた。

魚介の旨さが適時見えているまぜそばで、タレや具材の大量のあさりそしておっかけは流れがあって考えられた味わいだと思った。あさりついては大量に入っていてお得感があるが、タレとの一体感が気になった。大きな器ということあるが、麺量は250gあったかなあと思った。それでも魚介系まぜそばというコンセプトがしっかり伝わった一杯。次回は蟹そば(1000円)でいこうかと思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「勝浦タンタンまぜそば(並) 750円」@麺屋MASTER PIECE 一宮店の写真平日の12時半に到着。最近よくこの界隈を通るが、幟でラーメン店と辛うじてわかるこちらに興味を持って来店。ビルの中の入口を入るとお店のドアがあった。入店すると半分程来店客がおり、地元の方や近くで働いている風体の方という印象である。貼り紙にあった掲題のメニューをオーダー。ただ半分以上の方がまだ提供されておらず、やはり出てくるのにかなり時間を要した。

「たいへんお待たせしました」との言葉を添えて出てきた一杯は、結構ボリュームのあるビジュアルで、盛り付けが丁寧にも見え、これを崩すのがもったいないとも思った。そう思いつつかき混ぜて食べてみると、豚骨にニンニクとラー油系の辛さが効いている味わいで美味しい!角ばった中太の麺にタレと白髪ねぎが絡んで香ばしさや食感もいいと思った。麺はやや硬めの茹で加減で、コシがしっかりしている仕様。食べ進めると勝浦タンタンメンにしてはあまり辛さが目立ってなく、どちらかというと豚骨の味が勝っているように思った。ボリュームは満足感があったが、後半やや飽きる感覚になった。具材は細かく切られたチャーシュー・白髪ねぎ・もやし・ワカメ、そして黄身。全てタレに絡んで美味しいが、チャーシューは肉本来の味にタレが絡んでGOOD!白髪ねぎは先述の通りだが、素材も良いと思った。黄身は甘さを出していた。後半卓上の酢とホワイトペッパーを使って完食した。

ボリュームもあってエッジの効いた麺と丁寧に作られた具材達にしっかりとした旨さがあり、それにタレが絡んで美味しい一杯であった。麺と白髪ねぎの一体感が好印象であった。タレも勝タンの味と思わなければ満足感があるのだが、もっと勝タンならではの特徴が正直ほしい。あと店員さん、金額を間違えてはいけません。卓上のメニューにこちらはありません。つけ(以下略)。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「汁なし激辛ラーメン 800円」@ちぇご屋の写真平日の21時前に到着。暗闇に包まれたこの界隈に灯台のようにあるお店があった。どんなお店だろうと思ってメンバー全員で来店。韓国居酒屋という印象のお店で、入店時は数卓埋まっていただけだったが、その後カウンターも含め満席になった。いろいろとオーダーする中で、最後にこれを食べようというリクエストが多かった掲題のメニューをオーダーしてシェアすることにする。

出てきた一杯はアルマイト製の小型両手鍋で提供され、コチュジャンを絡めたビジュアルで、具材はオリジナル性が強い印象である。これをさらに絡めて食べてみると、確かに激辛であるが、醤系の旨みと具材からの味わいが相俟って美味しい!恐らくよくあるインスタントの袋の乾麺をソースも含めて全部使い、そこに辛味と具材を炒めて絡ませた仕様だと思った。個人的にはインスタントの乾麺は袋でもカップでもOKである。縮れが強くコシもある麺が辛さを伴って具材と一体感があるので、お酒のおつまみとしても合うと思った。麺もやや硬めの食感がGOOD。食べ進む毎にジンジンとする辛さが口の中に残った。シェアしたものの単品として考えると、気持ち少なめといった量である。具材はキャベツ・ソーセージ・白ゴマ。炒められたキャベツは辛味が浸みており、味わいがGOOD!輪切りのソーセージも熱が通っており、これも辛さ効いて美味しい味わい。白ゴマは香ばしさを出していた。あっという間に食べ切ってしまった。

居酒屋で食べるおつまみ的な一杯で、激辛系のジャンが旨さに繋がっており、そこに麺と具材が絡むことによって美味しさが出ていると思った。とかくキムチを絡ませて激辛ですと提供しているのを見かけるが、オリジナル性のある激辛に具材が旨さに繋がっていた。麺については量的にはもっと多めで食べたいと思った。というかこの麺の仕様ではそれはできないか。それでも工夫された跡があった好感が持てた一杯であった。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「classic beef palette 1000円」@Handicraft Worksの写真日曜の13時半前に到着。個性的な汁無し系に興味を持って来店。住宅街の中に突然垢抜けたお店があり、さらに店員さんが駐車場の案内までされていた。案内通り店横の駐車場に停めさせていただくが、そこまでの接客が素晴らしい。入店するとこの時間列はなかった。券売機で掲題のボタンをプッシュ。限定のカレーは止めておいた。窓側の卓席に案内されるが、ラーメン店とは思えない清潔さと窓からの風景に好感が持てた。

出てきた一杯はシュラスコのような肉類とレタスの緑・パイナップルの黄・ミニトマトの赤・刻み玉ねぎの白が見事に映えているビジュアルで、フライドガーリックの茶と相俟って全く麺類を食べるような気配のない外観である。崩すのがもったいないと思いつつかき混ぜようとすると、既に麺全体にタレが付いているのがわかった。その後軽くかき混ぜて、具材と併せて食べることにする。それらを食べてみると、麺が油と塩系のタレを纏っていて美味しい!麺は極太の丸いストレート麺で、コシがあって硬すぎず柔らかすぎない仕様。モチッとした食感で小麦由来の風味も感じられるおいしい麺である。麺量は気持ち多めであろうか。油はガツン感やしつこさがなく、塩からの旨みを目立たせているように感じられ、その塩味もミネラル感や尖ったような味わいではなく、甘みが見え隠れしている優しい味わいである。そのせいか具材からの旨みもしっかりと見えている。具材は先述の通りであるが、シュラスコは厚みのある牛肉片が大小8個。部位は赤身のみと脂身が少し付いている部分に分かれているようであった。食べてみると、外は強火で焼き上げて中は半生感が残っている焼き加減で、素材の旨みがタレを纏った麺とシナジー感が出ていて美味しい!そして肉単体でも美味しいと思った。肉はそれ以外では大きめの鶏肉2切れ。強く焼かれているがシットリ感が残っている味わいでこちらも美味しいと思った。どれも塩加減が絶妙である。肉以外では、レタスは肉や麺と絡めることで旨さが引き出されていた。小さめだが焼かれたパイナップルは甘さが強く、酸味より目立った仕様で強い味変になっている。意見が分かれるかもしれないが、個人的にはOK。トマトは他と食べることによって爽やかなアクセント。玉ねぎも味わいに存在感があった。フライドガーリックは変に強くなく、全体の味に厚みを加えていた。後半卓上の調味料を使おうとしたが、BPしかない。パイナップルビネガーは卓席にはなかった。店員さんに言おうとしたが、このままでも美味しいので聞くのをやめた。あっという間に食べたという印象が残った。

麺・タレ・具材に一体感がはっきりと見えている一杯で、個性の強さも光っていた。最初から麺とタレが絡められている仕様にシュラスコや使っている具材からも旨みがしっかりと見えているのが素晴らしい。麺はしなやかさをタレは優しさを具材は力強さを兼ね備えていて一つの旨みとして創られている素晴らしい汁無し系であった。今回はパイナップルビネガーを使用しなかったが、次回はそれを使って食べてみようと思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「(夏季限定)彩り野菜の冷製まぜそば 880円 ※」@らーめん処 彩蓮の写真※正式名称:(夏季限定)彩り野菜の冷製まぜそばVer.4 ~自家製香味ラー油と共に~

平日の11時過ぎに到着。9月後半でも夏季限定の冷やし系が食べられると知って来店。恐らく一番乗りで、店前の駐車場に車を停めて入店。入口にはお目当てのメニューPOPが貼られてあった。着席即掲題のメニューをオーダー。ちなみに冷し中華は9月の3週頃で終わったようだ。待っているとこの時間なのに駐車場が埋まり、入ってきたお客の一人はカウンターに座り、作っている店主といきなりラーメンネタを話されていた。

「お好みで香味ラー油をかけて食べてください」と言葉を添えて出てきた一杯は、実にきれいな彩りで、ミニトマトの赤・チーズの白・紫キャベツ・揚げ麺のオレンジが他の野菜の緑と併せてコントラストを放っており、ニンジンやパプリカも彩りに存在感があった。これを崩して食べるのがもったいないと思った。これをかき混ぜて食べてみると、塩がベースの味わいで、さっぱりとした優しい味わい。それが野菜類と絡むことによって旨みが増したように感じられて美味しい!食べ進むとセロリやわけぎの香味野菜の味わいも旨さとなって出ていた。冷静に考えるとこの一杯にはチャーシュー・メンマが入っていないのが面白い。サラダ麺でも冷製パスタでもない個性が感じられた。麺は細いウエーブのかかった麺で、塩だれをしっかりと受け止める仕様で、冷たさもまたしっかりとしており、野菜類と一体感があって美味しい!コシも見えているが併せて食べると野菜類の方が目立っていたが、食べ進める毎に麺量がやや少なめかなとも思ったからかもしれない。後半香味ラー油を一気にかけて食べてみると、どちらかというと辛さというよりスパイシーさが麺や野菜に絡んで美味しい!軽くニンニクとショウガも効いていて、それが味変による旨さを引き出していた。

店名の通り彩りが素晴らしく且つしっかりと研究された一杯を食べたという印象が残った。オンリーワンと言ってもいいような個性で、新鮮な野菜を駆使した汁無し系で優しい味わいというのが好印象で、麺も冷たさが味に繋がっていた。レビューアップする頃には既に終わっているかもしれないが、きれいなビジュアルを見るだけでも価値のある“まぜそば”であった。この限定を次回は大盛で食べたいと思って会計をした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件