なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

流星

味をメインにして採点しますが、それ以外にお店の方の姿勢と値段のバランスも加味して採点します。当日から三ヶ月前までに行ったお店を対象とします。同じお店や同じメニューを複数採点することもありますが、同じメニューは一ヶ月以上開けて採点していきたいと思います。よろしくお願い致します。

平均点 74.914点
最終レビュー日 2019年10月19日
1,126 1,065 0 469
レビュー 店舗 スキ いいね

「ラーメン 500円」@中華料理 東京軒の写真平日の12時過ぎに到着。なかなか来ることがなかったこの界隈で、次のスケジュールを考えランチをしようとするが情報が全くなく、ここしかないと思って街中華風情のこちらに来店。入店するとほぼ満席で、入口すぐ左のカウンターに着席。セットと迷ったが、ワンコインで食べられるこちらをオーダー。この日この時間の客層は地元の方や建設系の方で占められていた。

出てきた一杯は典型的な中華そばというビジュアルで、チャーシューの肉質の良さが好印象に映った。スープを飲んでみると色こそやや薄めであるが、少ししょっぱさが目立つ。鶏系と野菜がメインで豚骨的な味わいが見え隠れしており、旨みもあるのだが塩分の強さが勝っていた。麺は中細の少し黄色で縮れた丸麺で、食べてみると麺に風味があって美味しいが、少し軟らかい。恐らく地元仕様でこうなのかもしれないが、正直惜しい。食べ進めると軟らかくなるのが早いと思った。量的には価格を考えると妥当なところである。具材はチャーシュー・メンマ・ワカメ・なると・輪切りねぎ、白胡椒が最初からかかっていた。チャーシューは小さめながらも厚みがあり、赤身に肉由来の旨みがあって美味しい!ジワッと旨みが出てくるのが良いと思った。メンマはいい食感。ワカメはこのスープに馴染んでいい味わい。なるととねぎも美味しく食べることができた。胡椒がかかっていたので、何も投入せず完食した。

典型的な街中華のラーメンで、ワンコインで食べられるのが素晴らしいと思った。具材が印象的で、特にチャーシューの肉質が素晴らしく、丁寧にこれを仕上げたのではなかろうか。好みの味わいであった。スープについてはもう少し塩分を抑えても、麺についてはもう少し硬めの仕上げでもいいのではなかろうか。次回来ることがあれば、チャーシューメンで麺硬めでできるか聞いてみようと思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「肉入りつけ蕎麦(大) 950円」@馳走麺 狸穴の写真祝日の14時に到着。この界隈は数多のラーメン店があり、消えていったお店も少なくないが、いつも行列が絶えないお店の一つがこちらで、この時間に来ても10人近くが待っていた。券売機でお目当てであった掲題のメニューボタンをプッシュし、その後列を形成。なかなか動きが悪く、20分待って入店&着席。この日この時間女性客が多く、友達・カップル・お一人様を含め半分以上だったのは少し驚きであった。

先に天かすと紅ショウガが提供され、その後出てきたつけ蕎麦はやはりMINATOYAとほぼ同じビジュアルで、自分の知る頃のそれと比べ麺量は多いものの、海苔とゴマは少なめに感じられた。蕎麦は黒さのあるエッジの効いた太い麺で、そのまま食べてみるとゴワッとした食感に蕎麦の風味が適度に効いて美味しい!やはりこれはMINATOYA系の蕎麦で、ラーメンではないと個人的に思った。これを冷たいつけ汁に入れて食べてみると、つゆは節系の味もあるが、かなり醤油味が強めの味わいに辣油が効いていて、蕎麦との一体感があって美味しい!絡めるようにしてフルにつけてしまうとしょっぱさが出てしまうが、軽くフルにつけて食べると美味しく感じられた。量としては満足感があったが、後半旨さがわからなくなっていった。具材は甘辛く煮込んだ牛肉と玉ねぎ・笹切りのねぎ・海苔・白ゴマ。牛肉と玉ねぎはすき焼き的な味で牛丼の具材に似ている。つけて食べてみると美味しいが、少し量がほしい。ねぎはいい食感で、蕎麦やつゆと相俟って美味しい。海苔と白ゴマも存在感があった。途中で温泉玉子をつゆに投入すると、つゆの辛さがかなり和らいだ。蕎麦にも馴染んだ味わいになっていた。天かすは一度投入し、適度な油でいい役割。紅ショウガは数度投入し、美味しく食べることができた。卓上に割スープのポットがあってそれをつけ汁に投入すると、柚子の風味がするがやはりつけ麺用で、このつけ汁には全く合わなかった。

正しくMINATOYAリスペクトの蕎麦で、見かけはほとんど同じなのが特徴的だと思った。温泉玉子・紅ショウガはお店のオリジナルであるが、しっかりこの蕎麦に機能している具材であった。蕎麦については大で量的には満足したが、後半味が単調に感じたのが正直なところである。それはつゆも然り。次回は濃厚魚介つけ麺でいこうかと思う。

*今後このメニューがそばデータベースに移行することがあれば、このレビューもそちらに移してください。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ麺(細麺選択) 800円」@麺処 春の風の写真日曜の13時半前に到着。個性的な蕎麦店に行こうと思っていたが、8月末で閉店したことを目視した後で、代替店のこちらに来店。駐車場は満車で、少し待って入替で何とか駐車、そして外待ち。券売機で掲題のメニューボタンをプッシュ。この日この時間既におまけチャーシュー(10円)やボロ玉(50円)は売り切れていた。約20分待って奥の小上がりに案内され、細麺をコールして待つことにする。

出てきたつけ麺は確かに細く、ストレートの麺はきれいに揃えられており、店主のこだわりが感じられた。麺をそのまま食べてみるとスルスル感とコシにしなやかさがあって美味しい!小麦由来の風味もしっかりとあり、パツッと切れる感覚も心地良い。丁寧に作られた美味しい麺だと思った。これをつけ汁につけて食べてみると、スープの温かさに具材からの旨みと相俟って美味しい!鶏ベースの出汁がメインで煮干しと節系の味が見えている。さっぱりしている味わいが細い麺と一体感があって、美味しさが増幅しているように思えた。ただ食べ進めると塩分の強さが目立っていた。麺量は普通といったこところである。具材は、つけ汁の中にゴロチャー・メンマ・水菜・輪切りねぎ2種、麺の上に刻み海苔・白ゴマ。チャーシューは軽く炙られていると思われるが、つけ汁と相俟って肉本来の旨さがあって美味しい!個数が多いのも好印象。メンマは穂先と節の部分が入っていて、穂先は柔らかく、節は丁度良い歯応えで、食感がGOOD。水菜はシャキシャキとして麺と併せて食べても美味しい。ねぎ・海苔・ゴマはこのつけ麺に良い風味を出していた。割りスープは節系の出汁で、1:1にして美味しく飲むことができた。

しなやかさとコシがはっきり見えている麺で、小麦由来の風味も心地良かった。この細い麺には店主のこだわりが垣間見られた。具材はシンプルであるが、一つ一つ丁寧に作っており、麺やスープと一体感があった。スープについてはサッパリとして麺との相性も良いのではあるが、徐々にしょっぱさが強くなったことが気になった。下ブレしたようにも思ったが・・・。退店時も外待ちが続いていた。地元の人気店だと思って車に乗った。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「醤油 680円」@麺や ふくろうの写真平日の12時半前に到着。イレギュラー案件に取り掛かる前に好評を聞いているこちらに来店。駅から離れており駐車場も1台しかないのに、入店すると半分以上席が埋まっていた。券売機で「おすすめはしょうゆ」と書いてあったので、初訪にて掲題のボタンをプッシュ。そのままカウンターに着席し、細麺をコール。店主の作業をしている真剣なまなざしが好印象に映った。

出てきた一杯は、どこかで見たような青い器に具材が敷き詰められているビジュアルで、スープは少し濁っているのも特徴的に映った。スープを飲んでみると、動物系の複雑さがはっきりと出ていて美味しい!どこかに豚・鶏・節系の出汁と書いてあったが、最初に鶏系の味わいがして豚系の余韻が長い。節系で味わいが複雑になっていると思った。醤油の風味もわかり、コクのある美味しいスープである。飲み進めると少し塩分の高さが感じられた。麺は中細のほぼストレートの麺で、食べてみるとスープに馴染んでおり、コシと風味がしっかりとあって美味しい!パツッと切れる食感が心地良く、そこから小麦の風味も見えている。どんどん進んでいくが、麺量は少なめだと思った。具材はチャーシュー・メンマ・豆苗・白髪ねぎ・海苔。チャーシューはロースとバラの中間のようなモノが2枚。食べてみると、ホロッとする柔らかさで美味しい!濃いめの味付けで、スープ・麺に共に食べるとシナジー感がある。メンマはコリッとして丁度良い食感であるが、味が少し濃い。豆苗はこのスープに合っており、風味も出ていてGOOD!ねぎはシャキシャキとしており存在感がある。海苔は麺を包んで美味しく食べることができた。

スープの出汁感がはっきり出ているのが特徴的で、醤油にもこだわりが感じられた味わいであった。麺は秀逸で、硬めの茹で加減でコシが見えており、小麦の風味が出ていて全体の味わいに厚みを出していた。具材もそれぞれ旨さがあって目が行き届いていると思った。スープの塩分や具材の濃い味がやや気になったが、この一杯に意図的にアクセントをつけているのだろうか。次回は大盛で何かを食べてみようと思う。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメンカレーセット 500円 ※」@このみの写真※ラーメン単品:250円

平日の12時に到着。街道を車で通っていると道路脇に“ラーメン二五〇円”の小さい看板がある。これは何かと思って細い道に車を進めると、ノスタルジックなお店があった。駐車場に車を停めて入店すると、既に数組入っており、卓席が埋まっていたため、座敷に着席。地元の方はカウンターで、ビールで既にできあがりかけていた。カレーにも興味があったので、掲題のメニューをオーダーして待つことにする。

出てきたセットは、ラーメンについては具材の種類が豊富なのが特徴的なビジュアルで、日によって具材が変わると聞いていたが、この日は山菜が入っていた。スープを飲んでみると、さっぱり感と出汁の旨みで美味しい!しょっぱめな醤油味であるがスッと入る感覚で、クセのない味わいである。麺は中細の縮れた待つ麺で、食べてみるとモチッとした食感で美味しい!やや軟らかめであるが、これは地元仕様かなと思った。量は価格を考えると満足感がある。食べ進めるとダマ状になっている所があった。具材はチャーシュー的な肉・ブロッコリー・山菜・ワカメ・なると・輪切りねぎ。肉片は出汁の味がついていて美味しい。ブロッコリーはしょっぱめなスープと相俟って清涼感がある。山菜の水煮はメンマの代わりと思われるが、これが美味しい!スープに合っている。他の具材も美味しく食べることができた。

至る所に“ラーメン二五〇円”が記されていたが、確かに豊富で個性的な具材に昭和を感じさせるようなスープが印象に残り、今回山菜はたまたまだと思われるが、風味・食感がスープに合っていた。麺も少し昭和感が漂っていたが、軟らかさと後半でてきたダマについては惜しい。丁寧な印象があっただけに落差があった。それでもこの価格でこの一杯は素晴らしい。そう思いつつカレーを食べた。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば(あっさり) 870円+消費税+送料」@琴平荘の写真予てより行ってみたいお店であるが、季節限定且つ昼限定の営業のため、今後も行くことが難しいだろうと思い、今回宅麺を利用しお取り寄せで食べてみることにする。届いた商品は冷凍で、それぞれの調理時間がお店と料理の紹介されている紙に書いてあった。併せて宅麺.comスタッフ一同からの御礼の手紙があったのが印象に残った。

お取り寄せ品を作って食べてみることにする。スープを飲んでみると、出汁の味わいに複雑性があって美味しい!最初に飛魚が強く出てその後に鰹や鶏系に香味野菜の味が見え、ニンニク・ショウガの味も見え隠れしている味わいである。同封の原材料名を見ると香味野菜の記載はなかったが、ネギ系でそう感じたのかもしれない。あっさりを取り寄せたが、口当たりは確かにそうだが、コクがあって深い味わいだと思った。素晴らしいスープである。麺は太めの縮れている麺で、この太さで縮れているのは最近食べたことがなかった。太さが一定でないのも特徴的である。その麺を食べてみると、しっかりとしたコシがあって美味しい!食べ応えがあるが滑らかさもあって、小麦の風味も見えている。冷凍から戻したたね細かく切れた麺が出てしまうが、それを食べても美味しいと思った。ボリュームも丁度良い量であった。具材はチャーシューとメンマで、2枚のチャーシューはホロッとした柔らかさに出汁と肉本来の味わいに一体感があって美味しい!スープ・麺と併せて食べてさらにシナジーが感じられた。メンマは細めの仕様で結構入っており、食べてみるとコリコリ感と出汁の味が相俟って、これも美味しい。具材のボリュームにも満足感があった。店舗での提供を参考にして輪切りねぎ・海苔・味玉を自前で入れましたが、それはレビューでは省くこととします。同封された紙に店主オススメの食べ方にスープの残りは雑炊にして食べることが書いてあったが、指南の通りに作って食べてみると、やはり美味しい!スープも残さず100%堪能したと思った。

スープに味の複雑性があり、奇をてらわず素材の良さを生かしたスープで、あっさりと謳っているがそれは口当たりだけのことだと思った。麺も太くて縮れた麺はスープとの一体感が強く、モチモチとした口当たりも旨みになっていた。具材も秀逸で、旨みと食感が好印象であった。お取り寄せでこれだけのクオリティは素晴らしい!食べ終わった後、やはり店舗で実食してみたいと思った。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「里いも麺のざる中華 700円」@冨士屋食堂の写真土曜の18時半前に到着。この街では以前から特産品の里芋を練り込んだ“さといも麺”を提供しているお店が多くあり、その中でこちらのお店が麺の味が一番わかるかなと思ってこの度来店。思った以上に鄙びた外観で、入店すると常連客が数名。机や椅子も昔ながらであるため、さといも麺のメニューが目立っていた。多くのさといも麺のメニューから掲題のメニューをオーダーして待つことにする。

出てきたつけ麺は典型的なざる中華で、ボリュームのあるのが特徴的である。麺は少しウエーブのかかった太い平麺で、そのまま食べてみると素材からくる甘い風味とモチモチとした食感がはっきり出ていて美味しい!ツルッとした麺肌は里芋由来だと思われ、のどごしも良い。コシもしっかりとあってつけ麺としては上出来の麺である。ラーメン専門店ではないのにこの麺は素晴らしいと思った。ちなみに他の候補店は、日の出食堂(熱心な活動)・ぼたん食堂(特に焼きそばが美味しいとの評判)・三日月食堂(元祖?)である。これをつゆにつけて食べてみると、つゆの味わいで麺が引き立って美味しいものの、フルにつけると結構しょっぱさが目立つ。出汁感より塩分の強さが目立つ味わいで、半分つけて食べると美味しいが、つけ麺系なのでフルにつけて食べたいと思った。ボリュームは申し分なしである。薬味はわけぎとわさび。わけぎは切り立てのせいか香りが良くつゆに入れても存在感があってGOOD。わさびはよくある仕様だが、麺にのせて美味しく食べることができた。お店の雰囲気から割スープはコールしなかった。

“さといも麺”を初めて食べてみたが、モチモチとした食感とツルツルとしたのどごしにしっかりとした風味やコシもあって、明確な美味しさがあったのが素晴らしいと思った。このような麺がこの地にあって根付いているのも驚きである。ただつゆについては塩分の強さより出汁感がほしい。その点さえ変わるとかなり好印象になるのではなかろうか。丁寧なご挨拶をいただき退店した。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「Kiri_Soba 流山本みりん醤油 800円」@The Noodles & Saloon Kiriyaの写真平日の11時半前に到着。自分の中の宿題店に来店。流山のみりんに興味があった。コインパーキングに車を停めて近くまで来ると、外に大量の人数が・・・やはり人気店である。一番後ろに接続、列は前に15人であった。20分後に女性店員さんから声をかけられ入店。入口に一番近い卓に相席となる。水の提供時に早速掲題のメニューをオーダー。和え玉をオーダーしている方が多かったが、今回は見送った。

出てきた一杯は白い器に油膜が少し張っており、そこに焦がしねぎが浮いているきれいなビジュアルで、醤油の色は薄めに映った。スープを飲んでみると、さわやかな甘みと醤油の旨みがはっきり出ていて美味しい!甘さは目立って強くはないが、品がある。恐らくこの味が流山みりんかなと思った。飲み進めるとじんわりする感覚になり、優しい味わいである。出汁感にも複雑性のある美味しいスープである。麺は中細でほぼストレートの丸麺で、食べてみるとこれもはっきりとしたコシがあって美味しい!パツッと切れる食感が旨みを出しており、そこから小麦由来の風味が見えている。食べ進めるとスープとの一体感が出ていて、スープをしっかり持ち上げている麺だと思った。ただ麺量はやや少なめに感じられた。具材は2種のチャーシュー・メンマ・白髪ねぎ・豆苗・揚げねぎ。低温調理されたと思われるロースは柔らかでしっとりとした仕上がりで美味しい!少しスパイスのようなエッセンスも感じられた。煮こまれたバラは染み込んだ味と肉本来の旨味が見えて美味しい。脂に甘みがあった。メンマは密度の高いコリコリ感があって美味しいが、少し塩分が強めに感じられた。白髪ねぎはしっかりとしたアクセント。豆苗はスープに浸して美味しく食べることができた。揚げねぎはスープに厚みを加えていた。いろいろと考えているとあっという間に完食した。

みりんそのものは甘みが旨みというイメージがあるが、アタック時に感じた甘みはやはりみりんからの旨みで、醤油との相性が素晴らしいと思った。優しい味わいが特徴的で、低加水と思われる麺との一体感も素晴らしいと思った。具材も考え抜かれており、豆苗や揚げねぎも存在感があった。全体的に優しすぎるのではとも思ったが、平日に列ができるのがわかる一杯であった。次回は和え玉もオーダーしてみようと思う。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン 600円」@あざみやの写真平日の11時半に到着。いつも12時前から混んでいるこちらのお店であるが、今回やっと待たずに入ることができた。入店しても案内ができない程混んでおり、女性店員にここに座りますよとアイコンタクトと指をさして着席。メニューは店内に定番があるが、外にもおすすめ的にあり、今回は無難に掲題のメニューをオーダー。待っていると満席になり、席間隔の狭さが際立っていた。

出てきた一杯は中華そばに輪切りねぎがたっぷりというビジュアルで、具材が表面を覆っているように見える。これが以前ワンコインで提供されていたのかと思うとその頃はお得感があったのだろうと思った。スープを飲んでみると、鶏ガラに野菜からの出汁と醤油味が効いて美味しい!醤油味がやや単調ではあるが、輪切りねぎから味が出ており、香ばしさが出ている。無難な味わいといったところである。麺は中位の少し縮れている麺で、食べてみると中華麺ならではの美味しさがあるが、軟らかい茹で加減。食べ進めると麺の緩さがさらに目立った。具材と併せて食べると少し美味しいと思った。麺量的には価格相応といったところか。具材はチャーシュー・メンマ・ホウレンソウ・海苔・なると・輪切りねぎ。チャーシューは肉本来の味わいがスープと相俟って美味しい!メンマはよくあるクオリティ。ホウレンソウは素材の旨さが出ていてGOOD。海苔は緑色が目立つ仕様で、まあ普通。なるとは彩り。輪切りねぎは鮮度があり、存在感があって味にも影響するボリュームで美味しいと思った。

輪切りねぎの存在感が目立った一杯で、最近その具材が味に影響しているラーメンはなかたのではなかろうか(白髪ねぎ系は多いが)。どちらかというとややあっさりとしたスープに豊富な具材がいい味を出しているという印象であるが、これで麺の茹で加減やクオリティが違えば、さらに美味しくなるのではなかろうか。基本こちらは定食が多く出ているお店なので仕方ないところか。退店時外には5人の待ちができていた。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば(小)+比内地鶏煮卵(200円)=800円」@比内地鶏中華そば 田乃井の写真土曜の12時半過ぎに到着。比内地鶏を全面に出していることに興味を持って来店。個人的には好きな食材である。局地的豪雨の中辿り着くと清潔感のあるお店で、常連さん的な方が丁度ラーメンを食べ終え、絶賛されていた。カウンターに座るが、後方の卓席との間隔が狭いと思った。掲題のメニューをオーダー。比内地鶏餃子というのもあったが、今回はやめておいた。

出てきた一杯は典型的な中華そばで、上から見ただけでははっきりわからなかったが、具材の下に敷かれている2種のチャーシューが大きめに映った。スープを飲んでみると、あ~確かに鶏からの出汁が見えていて美味しい!油は少なめで、比内地鶏で時々感じた緑っぽい油には感じられなかったが、旨さは伝わってきた。飲み続けると甘めの醤油味が旨みとして感じられた。麺は中細ストレートの丸麺で、食べてみるとしっかりとしたコシがあって美味しい!パツッと切れる食感で小麦の風味も見えている。スープにも良く馴染んでおり、美味しい麺である。量は小なりの適正なボリュームであった。具材はチャーシュー・メンマ・ワカメ・スライスされたねぎ・輪切りねぎ・トッピングの比内地鶏煮卵。チャーシューはバラとロースだろうか。肉の旨みと脂の旨みがしっかりとあって美味しい!メンマはよくあるクオリティではあるが、いい食感。ワカメはスープに馴染んでおり、麺と併せて食べるとはっきりとした風味が出ていた。ねぎ類は存在感があった。卵であるが、出汁がついて美味しいものの、正直比内地鶏ならではの特徴がわからない。白身や黄身に特筆する美味しさはなかった。スープを少しだけ残し完食した。

麺に美味しさが目立った一杯で、食感や風味はスープと相俟って存在感があった。スープについては滋味感があってこれも美味しいのだが、比内地鶏を主張するだけのはっきり感がほしいと思った。具材についてもチャーシューは秀逸ではあるが、トッピングした卵は私には比内地鶏なりの旨さがわからなかった。これで200円は正直高い。会計後店主から丁寧なご挨拶をいただき退店。外に出ると雨は止んでいた。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件