なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

流星

味をメインにして採点しますが、それ以外にお店の方の姿勢と値段のバランスも加味して採点します。当日から三ヶ月前までに行ったお店を対象とします。同じお店や同じメニューを複数採点することもありますが、同じメニューは一ヶ月以上開けて採点していきたいと思います。よろしくお願い致します。

平均点 74.914点
最終レビュー日 2019年10月19日
1,126 1,065 0 469
レビュー 店舗 スキ いいね

「カレーラーメン 750円」@みのりやの写真平日の12時前に到着。昔ながらの外観に停まっている車が多いことがいつも気になっており、どんなお店かと思ってこの度来店。駐車場の奥にお店があり、引き戸を開けると女性の元気な声があった。四人席に案内されるが、この後複数客ばかり来店し、一人客で4席占拠しているのが少しきまずかった。やや迷ったが掲題のメニューをオーダー。後客はチャーシューメンをオーダーしている方が多かった。

出てきた一杯は典型的な昔ながらのカレールーがかかっているビジュアルで、ラーメンが500円なのでルーのみで250円というところか・・・。スープを飲んでみると、既にカレールーと混じった味になっており、醤油スープにカレーの味わいが相俟って美味しい。醤油はどちらかというとさっぱりめな印象で、そこに粘度のあるカレーが上から蓋をしているようである。そのせいかアツアツさが持続している、というより結構熱い。カレーの味は和系の出汁が効いているように思われ、辛さはあまりない。具材がたっぷりなのが特徴的であり、だからこの価格なのかと思った。具材は豚肉・ニンジン・タマネギ・ジャガイモ。ニンジンが花模様の形を成しており、それが個性的である。カレールーが多めで、これだけでもお腹に溜まる。麺はカレールーに絡めて食べるようにする。麺はほぼストレートの丸い細麺で、食べてみるとシコシコとした食感で美味しい!カレーそのものの味は普通であるが、カレールーとの絡みも丁度良く、美味しく食べることができた。麺は気持ち軟らかめで、量的には妥当なところであろうか。全身汗だくになり完食した。

たっぷりのカレールーという印象の一杯であるが、具材が多く入っているのが特徴的で、カレールーそのものは正直よくある仕様であるが、具材の多さが好印象であった。麺そのものもそれに合っており、細い麺が馴染んでいた。これでもう少し硬めであればと思ったが、仕方ないところか。普通のラーメンとの価格差が少し気になったが、これもアリかなと思って退店した。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「カレーつけめん 760円」@中華そば 志の田の写真平日の13時前に到着。好評を聞いてこの度来店。過去2度休みの日に来てしまったが、やっと入ることができた。入店して券売機を見ると、つけめんの説明や中華そばの麺の違いのビジュアル等々かなり丁寧さが感じられる。さらに券売機中央部には「辛いカレーのつけめんです」との案内が・・・迷わずそのボタンをプッシュ。ほぼ真ん中のカウンターに着席して待つことにする。

出てきたつけ麺は具材がセパレートされ、麺肌の白さが特徴的で、つけ汁はカレーの色が少し見える程度である。あつもりの麺をそのまま食べてみると、しっかりとしたコシとモチモチ感があって美味しい!コシがしっかりあって、小麦由来の風味がわかる。素晴らしいのは麺がくっつかないよう施しがなされている。油ではない液体がそれを可能にさせていた。その麺をスープに投入すると、節の効いた和風の味わいにカレーのスパイス感のある味わいで美味しい!コシのある麺にこのスープも負けておらず、旨さにシナジー感が見えている。食べ進めていくうちに麺の旨さをスープが引き立てているようにも思え、スープの旨さが麺を美味しくしているように思えた。辛さもあって美味しいのだが、スープのしょっぱさが途中から見えてきた。麺量的には満足感があった。具材はチャーシュー・メンマ・輪切りねぎ。チャーシューはロース2枚で、少し炙られたような風味があり、肉そのものに旨みがあって美味しい!スープに入れて美味しさが際立った。メンマは長短5本で、出汁の味とコリコリ感があってGOOD!輪切りねぎは鮮度がある仕様で、スープに入れて存在感があった。割スープはブーメラン式で、魚介系が効いており、カレーの味と相俟って美味しく飲むことができた。

和風カレーという味わいのスープであるが、魚介系と辛さ・スパイス感のある味わいで、それがコシのしっかりとした凝縮感のある麺と食べることによって見事な一体感を出しているつけ麺だと思った。具材も種類こそシンプルだが、一つ一つ旨さが見えていた。これでスープの塩分がもう少し強くなければ、さらに美味しい味わいになると思った。コスパ的にも優れているつけ麺だと思って退店した。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「カレーヌードルズ 800円」@魔乃巣の写真平日の13時前に到着。“カレーヌードルズ”という名称とカレースープが美味しいと聞いて来店。通りから小路に入ったところにひっそりとお店があった。悪天候にて混んでいないと思って入店すると、カウンターは一席を残して埋まっていた。その後の来店客はかたづけられていた卓席を元に戻してそこに座っていた。「ホット」にするか迷ったが、デフォでも辛いと聞いていたので掲題のメニューでオーダーして待つことにする。

出てきた一杯はカイエンペッパーの赤と水菜の緑が目立つビジュアルで、太いメンマと少なめなスープも特徴的に映った。スープを飲んでみると、おー結構スパイス感が出ており、しっかりと出汁系の旨みもあって美味しい!やや粘度のあるカレースープはいわゆるジャパニーズカレーのエッセンスを持ちつつスパイスを多用して独特の味わいを出しており、辛いものの親しみやすい。これが激辛だったらキツいかなと思った。麺は中位のストレートに近い丸麺で、食べてみるとしっかりとコシがあって美味しい!スープとの絡みも良く一体感がある。食べ進めると小麦由来の風味が見えてきて旨さが増したようになり、少し止まらない感覚になった。麺量は標準的といったところである。具材はチャーシュー・メンマ・水菜。ゴロチャーは炙られたような風味があって美味しい!スープ・麺と併せて食べることでさらに美味しくなった。太いメンマはいい食感であるが、やや塩分が目立つ。水菜は4片で、これはデザイン的な仕様。あっという間に食べ終えてしまった。

随所に個性が目立つ一杯で、少なめのスープを絡めるようにして麺を食べるととても美味しいと思った。スパイス感があるものの尖っていないカレースープはしっかりとしたコシのある丸麺との相性が抜群であった。具材も一工夫されており、これらも個性的であった。食べ終わった後やや塩分の強さが残ったが、満足感のある旨さであった。次回来ることがあれば、超辛口と書いてあったホットつけ麺を食べようと思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「トマトカレーつけ麺 900円」@カレーラーメン 彩 SAIの写真平日の13時前に到着。カレーラーメン一本でやっていることに興味を持って来店。この界隈での食事はいつ以来だろうか。大きい通りからの看板が目立つが、脇の道から2階に上がるため、入口が少しわかりにくい。入店後券売機で掲題のボタンをプッシュ。着席して辛さを聞かれ、どの位辛いが質問すると的外れな答えが返ってきた・・・一番辛い5をコール。別な方からランチはライス無料との話を受けたが、丁重にお断りした。

「チャーシューはカレーに入れて温めて食べてください」との言葉を添えて出てきたつけ麺はカレーが少し赤っぽくなっており、麺側の具材の盛り付けが丁寧に映った。トマトソースが少し載っているが、これでプラス20円はお得である。麺は中太の平麺で、そのまま食べてみると小麦由来の風味があり、気持ち硬めの食べ応えにしっかりとコシがあって美味しい!表面のツルツル感がいいのどごしにもなっている。麺量は標準的といったところである。どうでもいいが、カレーに平麺は汁跳ねに要注意である。これをソロッとカレーに投入すると、辛くしたカレーを適度に持ち上げ、一体感があって美味しい。粘度があって出汁は鶏や豚骨を使っているように思われるが、やや単調である。香味野菜系の味があまりしないということとスパイス感が少しほしいと思った。食べ進めると無難なカレー味という印象が残った。具材は麺側にチャーシュー・ホウレンソウ・味玉半分・チリペッパーのかかった白髪ねぎ・海苔・トマトペースト。カレー側に刻まれた鷹の爪・小肉片。チャーシューは事前のレクチャー通り食べてみると、ホロッとした食感と肉の旨みがしっかりとあって、確かに美味しい!ホウレンソウ・ねぎは新鮮さと旨みがあった。味玉は少し味が濃い。海苔は風味のある仕様だが、カレーとの相性は意見が分かそう。トマトペーストは味わいに一体感を出していた。鷹の爪は辛さを出していて麺と併せて食べた。肉はカレーに旨みを出していた。割スープは器で提供され、ほぼフルにカレーに投入して美味しく飲むことができた。

麺や具材が美味しく、麺も風味・食感がしっかりとしていてカレーと併せることを考えてこの仕様にしたのではなかろうか。具材もこだわりの跡が随所に見られ、それが美味しさに繋がっているように思った。カレーについては今回一番辛い仕様にして美味しいと思ったが、野菜系出汁とスパイスの存在がもう少し見えてもいいのではと思った。カレーも味を数種選択できた方がいいと思うのは野暮か・・・そう思いつつ退店した。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「特製カレーつけ麺 810円」@らーめん一家 麺小屋 五井店の写真平日の13時に到着。何となく気になっていたこちらに来店。入店してテレビが近くに見える卓に着席。貼り紙にあった激辛ラーメンが気になったが、掲題のメニューをオーダー、大盛無料であるが、今回は止めておいた。テレビを見つつ待っていると、奥に座っている男性1人にその半分位の年齢の女性4~5人のグループが賑やかに。この時間からお酒も入っているようである。常連なのかは知らないが、独特の雰囲気を醸し出していた。

出てきたつけ麺は少しとろみがあるように見えるカレースープと麺が見え隠れする位具材が敷きつめられており、美味しそうなビジュアルである。まずは麺をスープに入れて食べてみると、長方形になっている麺がカレー味のスープと丁度良く絡んで美味しい!麺は少し縮れており、コシも感じられるクオリティである。何回かつけて食べると段々とスープのしょっぱさが見えてきた。カレースープは見た目よりサラッとしており、スパイス感や辛さはさほど感じられない仕様。動物系と魚介系の出汁の味わいがしているが、食べ進む毎に塩分の強さが目立ってきた。途中から卓上のBPと一味を入れたが、あまり変化はなかった。具材は麺側にチャーシュー・メンマ・味玉・ワカメ・カイワレ。スープ側に刻み玉ねぎ。チャーシューはホロッとする仕様で、肉と出汁系の味わいがあって美味しい!旨みがはっきりと見えていた。メンマはいい食感だが、標準的なクオリティ。味玉は濃い味付けだが、カレースープに入れて食べるとややしょっぱさが目立つ。ワカメはよくあるクオリティで、スープに入れるともろにしょっぱくなったので、半分つけて食べて美味しくなった。カイワレは麺と併せて美味しく食べることができた。割スープをコールするとポットで提供され、多めに入れると魚介系が効いて塩分が薄まり、美味しく飲むことができた。

チャーシューの旨さが印象に残り、平麺のようにも感じられる麺も美味しく感じられたつけ麺で、大盛でもよかったかなとも思った。全体的にしょっぱい味わいで、特にカレースープは後半少しキツイ。軽くつけると美味しくも感じたが、やはりラーメン系はフルにつけて食べたいものである。具材はボリューム的には良いのだが、ももう少しクオリティがほしいと思った。会計時奥のグループはさらに盛り上がっていた。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「期間限定:冷やし中華(カレー) 800円」@たまきんちの写真土曜の12時半前に到着。カレー味の冷やし中華がどこかにないかと探していたが、こちらのお店が期間限定で提供していることに気づいてこの度来店。確かこちらのお店は以前よりランチ時のカレーに力を入れていたお店ではなかろうか。入店後掲題のメニューをカレースパイス付きでオーダー。待っていると入口に「本日13時から貸切です」との貼り紙が・・・お~ギリギリ(汗)。

出てきた一杯は白くて大きい扁平の器にカレースープと具材のコントラストがきれいに映えているビジュアルで、恐らくカレーライスもこの器で提供されているのではなかろうか。まずはスープに浸されている麺を食べてみると、中細で縮れている麺がカレースープとの絡みが良くて美味しい!カレースープはスパイシーがあるが甘みもある味わいで、そこに醤油的な味わいや酸味が見え隠れしており、従来の冷やし中華のエッセンスを取り入れてこの味にしているのだと思った。麺はプツッと切れるような食感で、丁寧に冷されている仕様であるが、やや軟らかめの仕様。量は気持ち少なめといったところか。この麺と具材をスープに絡めて食べてみると、一体感があって美味しい!具材もカレースープにしっかり馴染んでいて、違和感が全くない。具材はカニカマ・茹で玉子・トマト・わかめ・ハム・キュウリ。カニカマが思いの外合っていた。途中でコールしたカレースパイス(店内写真参照)を投入すると確かに強い辛さで、数滴でもカレーと相俟っていい味変となった。これを振りかけるようにして、スープをしっかり絡めて食べてみると、その辛さと旨みで止まらない感覚になった。食べ終わるとカレースープもほとんどなくなっていた。

冷やし中華のエッセンスをしっかりと持っているカレースープに具材もカニカマ・茹で玉子・ワカメを使うなど個性があって素晴らしい味わいの一杯であった。麺にもう少し個性がほしいとも思ったが、一体感のある旨さが好印象であった。次回食べることがあれば、〆ライスができるかコールをしてみようと思う。今回はありそうでなかったカレー味の冷やし中華を食べることができて満足である。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「カレーラーメン 650円」@ラーメンHOT めん花の写真平日の11時過ぎに到着。ランチ時いつも車であふれているこちらのお店が気になり来店。さすがこの時間は簡単に車を停めることができたが、既に先客が数名入店していた。左奥のカウンターに着席。卓上のメニューを見るが、少しわかりにくい。壁に貼られているメニューの右端に書いてあり安いと思った掲題のメニューをオーダー。この日はホールも厨房も全員女性でオペレーションをされているようであった。

出てきた一杯は野菜たっぷりというビジュアルで、カレースープはサラッとしているように映った。スープを飲んでみると、確かにサラッとしたスープで美味しい!辛さやスパイス感はさほど強くなく、飲み進めると少し塩分が目立つ。普通なら残念と思うところだが、こちらの一杯は野菜が多い。併せて食べると野菜からの水分で丁度良い味わいになる。予定調和が垣間見られた。麺は中細の少しウエーブのかかっている麺で、食べてみるとやや軟らかめの茹で加減で、コシもやや微妙である。スープに馴染んでおり、野菜類にも合っているが、正直特徴がないと思った。麺量は価格を考えると妥当なところである。具材はモヤシ・輪切りねぎ・ニンジン・ワカメ。キャベツや小間切れが入っていないが、それが特徴的だと思った。モヤシはクオリティがGOOD。根が伸びていないので食べやすい。塩気が強めのスープと合っており、シナジー感が見えていた。ニンジンは微少量なのでよくわからず。輪切りねぎはスープに旨みを出しており、麺ともいい相性。ワカメもスープに馴染んでおり、美味しく食べることができた。

野菜の旨さが特徴的で特にもやしのクオリティが良く、カレースープに合っていた。輪切りねぎが意外とスープにあっていたのも面白いと思った。そのスープは塩気が強めな味を具材達で旨さを創出していたように感じられた。ただ麺については個性が何かほしいところである。コスパ的には素晴らしいので、少し変えるだけでさらに美味しくなる一杯だと思った。退店時お店の前の駐車場はほぼ満車であった。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「角煮カレーつけ麺 950円」@麺カフェ ダボハウスの写真平日の12時半に到着。時々来るこの通りであるが、ランチ時はいつも車で混んでいる様子なのがいつも気になり、この度来店。少し小高いところにあり、その駐車場は満車。一段上の駐車場もほぼ満車だった。入店すると結構席数のあるお店で、ほとんどの方が麺類を食べていた。過去受賞したラーメンより掲題のメニューが気になりオーダー。麺の選択を聞かれ、クロレラ麺をコール。女性の淡々とした対応が個性的であった。

出てきたつけ麺は細い緑色の縮れ麺と具沢山のスープにカレーがかかっているビジュアルで、かなり手間をかけているように見えるビジュアルである。スープを飲んでみると鶏ガラと鰹の出汁が効いている醤油系の味わいで、そこにカレーのスパイシーさが効いていて美味しい!カレーはよくあるクオリティのように見えたが、これが全く違う仕様でスパイス感に出汁のようなエッセンスが見え隠れしていた。辛さもあるが、ラー油と相俟って複雑さも出ていた。美味しいスープである。麺はクロレラが練り込まれているとどこかにかいてあり、それをそのまま食べてみると、これがクロレラという味があまりわからなかった。麺はやや軟らかめの仕様で、量は普通といったところである。これをスープに投入すると麺に風味が現れ、スープを適度に持ち上げて一体感が出ていて美味しい!和風スパイシーカレーという印象のスープが多くの具材と相俟って、一気に旨さが開いたように感じられた。具材はスープ側に角煮が大小5~6個・味玉半分が2個・水菜・メンマ・キャベツ・モヤシ・ニンジン・メンマ・ネギ。麺側には青海苔が気持ち程度かけられていた。角煮は柔らかく、このスープとも合っており美味しい!味玉も黄身がギリ固まっている状態で、これも美味しい。メンマはよくある仕様。水菜はいい食感。他の具材も美味しく食べることができた。最初から出ていた割りスープは濃いめのトロッとしている仕様で、動物系・節系と野菜の味わいが目立っており、カレースープに入れると複雑さが出て、美味しく完飲した。

カレーの味にスパイス感があり、辛さもカレーとラー油からあったことで、出汁と相俟ってしっかりとした旨さが出ていたスープの味は素晴らしい。とかくカレー系の麺類はがっかりすることがあったが、豊富な具材と併せて食べることによって旨さが広がったように思えたつけ麺であった。これで麺に量と力強さがあるとさらに美味しくなるのではなかろうか。次回来ることがあれば、カレーラーメンでいこうかと思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「カレーラーメン 800円」@大衆食堂 正広の写真日曜の12時に到着。新潟4大ラーメンを“5大”にしたことに興味を持ってこちらに来店。来店状況についてはぎょうざデータベースで。我々の着席後あっという間に行列ができた。お店はメニュー数が多いものの、半分位の方がカレーラーメンを食べていた。先に餃子が出てきたが、その後すぐにラーメンが運ばれてきた。

出てきた一杯は、想像通りのカレーラーメンであるが、何か連れのと比較しても具材が少ないなあ・・・。スープを飲んでみると、最初甘さが見え隠れしているカレーであるが、飲み終わった後にピリッとした辛さが旨みとなって美味しい!時々ある食べやすい辛さのカレーを出汁で割ってそれをかける仕様とは異なり、カレーのスープそのもので、味もスパイスがと出汁からの旨さが感じられた。このスープは美味しいと思った。麺は中位の少し縮れている麺で、食べてみるとコシがあってシコシコ感のある麺で美味しい!カレーとの絡みはしつこく絡んでいない丁度良さでGOOD。色こそよくわからなかったが、どことなく札幌系の麺に似ているとも思った。シナジー感もあって止まらない感覚になった。麺量は標準的といったところである。具材はダイス状に近い豚肉・ジャガイモ・ニンジンの3種とタマネギ。豚肉はモモで硬めの食感であるが、肉本来の旨みがしっかり出ていて美味しい!ジャガイモは硬めの仕様で、カレースープや麺と相俟ってGOOD。時々ありがちな煮崩れのクオリティではなく、それが良かった。ニンジンも硬めの仕様で、しっかりと甘さから来る旨みがあった。たまねぎもカレースープに馴染んで美味しく食べることができた。

カレースープが美味しく、単純にカレーをスープ状にした仕様ではなく、和系の出汁とスパイスを効かせた味わいで、最初甘い口当たりで後味がピリッとするその味は個性的であると思った。それに伴う麺もコシがあって熱でのびない仕様なのは素晴らしい。それだけの一杯なのに、他と比べて具材が少なかったのはたまたまか。美味しい具材であっただけにモヤモヤ感が最後まで残った。その意味で次回も同じモノをオーダーしようと思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「カレーつけめん+味付け玉子(100円)=950円」@中華蕎麦 りんすず食堂の写真平日の11時半に到着、一番乗り。本来は“鶏天無し カレーラーメン”でいくつもりであったが、この日ホールにいた女性に聞いたら「券売機以外はできません」とのこと。店主はその時不在・・・聞く相手を間違えた。券売機で掲題のボタンを押した後、店主は外から戻ってきた・・・タイミングも悪かった。来店客も続々入ってきたので、オーダーはそのままにして待つことにする。

出てきたつけ麺は胡麻で敷き詰められたスープに独特の色の太い麺で、デフォで玉子が半分ついていたのですね・・・まあいいか。スープをそのまま飲んでみると、鶏系と節系の出汁が効いている味わいで、スパイスの存在感の強い味わいで美味しい!辛さも強めであるが僅かに甘みもあって、強い複雑性を感じるスープである。麺は太い僅かにウエーブのかかった麺で、色が少しついているが、何かいっしょに練られているのではなかろうか。お店のコンセプトからすると蕎麦粉と察せられるが、よくわからない。それをそのまま食べてみると硬めの食感としっかりとしたコシがあって美味しい!小麦由来の風味もあってゴワゴワとした食感が口の中で持続していた。この麺をスープに投入すると、ちょっとつけただけだとスープが纏わりつかないが、何回か絡めるようにして食べてみると美味しい。蕎麦つゆとカレーのエッセンスを備えたスープが、つけ麺の中でもかなり硬質感のある個性的な麺と絡んでシナジー感が出てきた。麺量的には標準的といったところである。具材はメンマ・水菜・刻み海苔・味玉半分とトッピング1個で、チャーシューは無し。メンマは気持ち柔らかめの食感。水菜は思いの他スープに合って美味しい。海苔は風味として存在感があった。味玉は節系の出汁が効いて美味しい!1個半あったので満足感があった。割りスープの前に無料のライスをコールしたが、先述の方は「え?」という表情をされたので、店主に再度声をかけて提供された。これをおじや風にして食べるとライスとスープに一体感があって美味しい。割りスープは節系の効いたモノで、スパイスも効いて美味しく完飲できた。

蕎麦つゆとカレー風味が見事に融合したスープと硬くてゴワッとした麺の食感が素晴らしく、個性を出すことが考え抜かれたつけ麺だと思った。特にスープはラーメン・蕎麦・カレーのエッセンスがしっかりと見えていた。それに併せる麺も軽くつけるだけではスープが負けてしまい、しっかりつけて一体感を出す仕様は面白かった。やや具材がそれらに隠れてしまったが、美味しいつけ麺を食べた印象が残った。今回は食事と違うことがとても気になったお店である。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件