なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

流星

味をメインにして採点しますが、それ以外にお店の方の姿勢と値段のバランスも加味して採点します。当日から三ヶ月前までに行ったお店を対象とします。同じお店や同じメニューを複数採点することもありますが、同じメニューは一ヶ月以上開けて採点していきたいと思います。よろしくお願い致します。

平均点 74.911点
最終レビュー日 2019年8月17日
1,117 1,057 0 459
レビュー 店舗 スキ いいね

「(ランチセット)味噌野菜ラーメン+半炒飯 900円 ※」@珍宴の写真※味噌野菜ラーメンの単品設定無し

平日の13時に到着。付和雷同で何となくこちらに来店。一階の席は全て埋まっており、上の階に案内され着席。相変わらず日本国籍でないと思われる方の接客であるが、こちらのお店は丁寧である。メニューを見るとこちらのお店で見かけなかった掲題の麺類を発見し、早速オーダー。掲題のランチの麺類は定番にはないが、個人的にはランチ限定の麺類の方が好印象だと思っている。

出てきたセットは、いつもの付け合わせにいつもの杏仁豆腐、そして半炒飯というラインナップで、ラーメンはスープがサラッとしているように思え、野菜は種類が多いのが特徴的なビジュアルである。スープを飲んでみると、やはりサラッとしたスープであるが、しっかりとした旨みがあって美味しい!味噌の味と野菜からの旨みに一体感がある。味噌そのものにこだわりは感じられないが、変な濃さやしょっぱさのない美味しいスープである。麺は中位の少し縮れている丸麺で、食べてみるとシコシコ感があって美味しい!コシもしっかりある麺でスープや野菜との絡みが良く、ここにも一体感が見えていた。麺量的には普通である。具材は豊富で、もやし・キャベツ・コーン・きくらげ・ニラ・ニンジン・白ごま・輪切りねぎ。もやしが一番多いが火の通り方がGOOD。シャキシャキ感がある。刻まれたキャベツとニンジンからは旨みが出ていて、食べやすい。他の具材も旨みが出ていると思った。

一見よくあるビジュアルの一杯であるが、スープ・麺・具材に一体感があり、突出するモノはないがまとまり感があって、それが旨さに繋がっていると思った。サラッとして出汁感のあるスープ・シコシコ感のある麺・野菜からの旨みが好印象であった。特徴がもう少しあればとも思ったが、美味しさの方が強いラーメンであった。定番であればなあと思いつつ食事を続けた。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

「元祖百年味噌ラーメン 734円」@マルキン本舗 野田店の写真平日の14時半前に到着。ランチタイムを過ぎているこの時間で、ロードサイドにあるこちらが通しかなと思って駐車場に入るとこの時間数台停まっており、やっていると確信して来店。入店すると「どちらでもどうぞ」。右奥の卓席に座ってメニューを見ると、激辛オロチョンと迷いつつ一番廉価な掲題のメニューをオーダー。店員は女性だけであるが、挨拶や受け答えができているのが好印象であった。

出てきた一杯は、よくある味噌ラーメンというビジュアルで、挽肉が多めかなという印象である。スープを飲んでみると甘めのコクがあり、大豆とゴマの風味が効いていて美味しい!飲み進めると麦のような風味も見えてくる。変にしょっぱくないのも特徴的で、時々この系統のスープは塩分のキツさが最後に残ることがあったが、価格を考えるとよくできたスープだと思った。麺は中太の丸い少し縮れている麺で、食べてみると適度にスープを持ち上げており、しっかりとしたコシがあって美味しい!食べ進むと小麦由来の旨さも少し見えている。一体感が出ていると思った。麺量は標準的といったところである。具材は挽肉・もやし・輪切りねぎ。挽肉はスープや麺と相俟って美味しい。そのものは薄味だが、スープとしっかり馴染んでいる。もやしは根切りされている仕様で、これもスープと相俟って美味しい。茹でただけの仕様だが、クオリティが良いと思った。輪切りねぎは彩りだと思った。後半卓上の胡椒をかけて完食した。

一見シンプルな味噌ラーメンであるが、味噌スープにゴマを駆使した味わいで、味噌にも工夫の跡がわかる美味しいスープであった。渋谷や千葉でもこちらのお店を見かけたが、チェーン店でこの価格でこの味わいはGOOD。麺もクオリティこそ普通であるが、味噌スープとの絡みが丁度良く、考えられていると思った。具材もシンプルだからこそ旨さが出ていたのではなかろうか。“引き算”での旨さが表現されてる一杯だと思って退店した。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「辛味噌ラーメン 395円」@東京大学 中央食堂の写真平日の18時半前に到着。実に久し振りに来るこの界隈で、赤門をくぐって食事をすることにする。この時間多くの方が帰っていく中で安田講堂に着くと、闇夜のせいか不気味な迫力がある。少し散策した後地下に行く階段を降りていくと多くの学生がいるが、サラリーマンや家族連れもちらほら。名物の赤門ラーメンにしようかなと思ったが、無難なところで掲題のメニューをオーダー。厨房の方の丁寧な湯切りに好感が持てた。

出てきた一杯を受け取り、席を見つけて食べることにする。ビジュアルとしては味噌ラーメンに辛味が加えられているよくある仕様である。スープを飲んでみると、サラッとした味噌の味わいに結構きつめの辛さが効いていて美味しい!味噌スープはよくある仕様であるが、辛さが強めに効いていてコクが見えている。微かにニンニクが見えており、醤系に一手間加えているようにも思えた。麺は中位の縮れ麺で、食べてみると、気持ち硬めの茹で加減で美味しい。よくあるクオリティで少しかんすいのエッセンスが見えているが、価格を考えるとまあ仕方ないところか。スープに馴染んでおり、麺の味と一体感がある。量的には少なめであるが、これも価格を考えると納得できた。具材はチャーシュー・玉子半分・ホウレンソウ・輪切りねぎで、メンマは無し。チャーシューはペラッとしたモノだが、肉の旨みがあって美味しい。玉子半分はそのままの味。ホウレンソウはスープに馴染んで、甘さもあって美味しい!ねぎはアクセント的存在であった。

簡単に学食のラーメンと片付けてしまえばそれで終わりだが、よくあるクオリティに一手間や工夫の跡が垣間見られた一杯で、スープも辛さに複雑性があり、麺も丁寧な仕上げで美味しさを引き出していたようにも思えた。具材もホウレンソウに存在感があり、スープと合わせて食べることにより、美味しさが見えていた。価格を考えると納得できるラーメンであった。退店時も席は7割程埋まっていた。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「野菜たっぷり味噌ラーメン 900円」@ラーメン 嘉祥の写真平日の13時半過ぎに到着。久し振りに降りるこちらの駅で、以前迷って別な一杯を選択したこちらのお店に再訪。近くまで来るといつのまにか隣に地ビール会社ができていた。入店すると高校生らしき方々がカウンターの左側を占拠しており、時間をここで費やしているように見えた。券売機で掲題のボタンをプッシュ・・・昨年から50円値上げしたと気づいた。カウンターの右端に座り、チケットを渡して待つことにする。

出てきた一杯は大きく盛られた野菜類に薄いものの大きなチャーシューが特徴的なビジュアルでスープが器からこぼれそうである。まずは野菜から食べてみると、恐らくラードで炒められた野菜類がスープと相俟って美味しい!野菜類はもやしがメインでキャベツとニンジン、きくらげが入っているのが特徴的である。かなり量が多く、ある程度やっつけるのに少し時間がかかった。具材は他に白髪ねぎとチャーシューで、白髪ねぎは食感と風味がGOOD!チャーシューも肉の旨みがしっかりとあって美味しいと思った。途中からスープをかけつつ食べ進めると美味しいと思った。そのスープを飲んでみると適度に味噌の風味があり、ラードと背脂でこってりさが感じられる味わいで美味しい。ベースは豚骨で、ショウガやニンニクも効いている味わいは札幌の味噌ラーメンを彷彿させた。ただ野菜類が多いせいか後半は野菜類の水分が出て薄まったようにも感じられた。麺は中位の縮れ麺で、食べてみるとスープの絡みがよく、コシもしっかりとあって美味しい!少し黄色さもあり、麺があまりのびないのが美味しさに繋がっていた。麺量は野菜の多さゆえか何となく少なめに感じられた。かなりの満腹感で完食した。

具材の多さに隠れがちではあるが、麺の旨さがしっかりとあり、特にコシと食感は素晴らしいと思った。スープも札幌の味噌という味わいであったが、野菜が多いことで旨さがやや隠れ気味だったと感じられてしまった。この一杯については店主の出の「けやき」の味噌というイメージはなかった。それでも満足感はあった。退店時高校生らしきグループはまだ屯っていた。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「辛みそつけめん(あつもり) 850円」@極旨 じゅん屋の写真祝日の12時前に到着。スポーツ観戦のためこちらに来たが、既にこの時間から駅界隈は混みあっている。さらなる混雑が予想されるため、早めに食事と思いこちらに来店。行列がないなーと思ったが、店内に3人待ち。店内にある券売機で掲題のボタンをプッシュ。10分ちょっと待って着席。券を渡す際にあつもりをコール。店員さんの捌きは早いが、それ以上に来店客が多く、店主らしき方は何度も外待ちをお願いされていた。

出てきたつけ麺は少し赤が見えるつけ汁が特徴というビジュアルで、麺からは湯気が僅かに見えていた。麺は中位の太さで少し縮れており、あつもりのため麺同士でくっつくだろうなあと思って食べてみると、くっつきが思いの外早い。すぐに取ってつけ汁に投入して食べてみると、辛さがやや強めで適度に味噌の味が効いていて美味しい!麺の水分がとんでいるせいか、スープをよく吸い込んでいるのがわかる。スープは豚骨魚介系に味噌の味わいがあってそこに一味系の辛さで、しっかり旨さがある。次に麺を入れようとするとほぼ全てがくっついていた。ある程度くっつくのはわかっていたが、これは極端である。切り離すようにして麺を入れようとするが、なかなか難しい。スープに放り込むと一体感が出ていて美味しいのだが、それまでがたいへんであった。麺量は大盛無料とのことだが、普通にしても納得のボリュームだと思った。具材はゴロチャー・メンマ・モヤシ・刻みねぎ。それぞれ標準的なクオリティであるが、スープに馴染んで美味しく食べることができた。スープ割りをコールしたが、店員さんが忙しそうで失念していたため二度コール。ポットで提要され、美味しく飲むことができた。

複雑性のある味噌スープにあつもりにした麺の一体感があるつけ麺で、スープは辛さもしっかりあったことで、味わいに輪郭があった。麺についてはクオリティこそ味噌スープと一体感があって美味しかったが、ほぼ全部がくっついてしまったことが気になった。正直これでは食べにくい。あつもりはいつもこうなら対策が必要なのではなかろうか。その点を変えるだけで大きく印象が変わるつけ麺だと思って退店した。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「(ランチ)みそ麻辣麺 750円」@らーめん むつみ屋 東金店の写真平日の11時に到着。時々来るようになったこの界隈で、久し振りにこの屋号を見つけ、興味を持って来店。かつてこちらの別店舗で食べた際に美味しかった記憶があるからである。この時間さすがに先客は数名だけであった。メニューを見るとランチだと安くなっており、80円安くなっている掲題のメニューをオーダー。餃子は3個120円でお得だと思ったが、次のスケジュールを考え止めておいた。

出てきた一杯はメニュービジュアルと同じで、少し色が濃いめの赤いスープが特徴的で、屋号の入った白い器が懐かしさを感じさせた。スープを飲んでみると、程良く効いた山椒とやや辛めな唐辛子に少しサラッとしているがコクのある味噌の味わいが効いていて美味しい!バランスがとれている味わいで、コクが見えている。飲み進めると無難な味わいという印象が残った。麺は中位の縮れ麺で、食べてみるとシコシコとして美味しい!辛いスープとしっかりと絡んでおり、それが旨さになっている。食べすすめると麺のコシは弱いかなと思ったが、一体感がそれを補っていた。ボリュームは標準的である。具材はチャーシュー・メンマ・輪切りねぎ・海苔・白ゴマ。チャーシューはペラッとした仕様であるが、スープに馴染んで美味しい。メンマは大小10本ほど入っているが、よくある仕様。輪切りねぎは鮮度があって、スープと相俟っていい相性。海苔もよくあるクオリティ。ゴマは香ばしさを出していた。

適度に山椒と唐辛子が効いた味噌スープに縮れた麺が合っており、そこに多めの具材と相俟って美味しさが表現されているラーメンであった。バランスがとれていて旨さが見えているが、もう少し突出したモノがほしいとも思った。こちらの屋号はいつの頃から減少していったのかはわからないが、以前からの良さが残っているようにも思えた一杯。懐かしさを覚えつつ退店した。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
57

「ラーメン 450円」@穂高の写真平日の12時過ぎに到着。店名と昭和を感じさせる外観に興味を持って来店。店舗から離れた所に駐車場があり、そこに停めて来店。入店すると既に来店客で埋まっており、入口近くのカウンターに着席。掲題のメニューを即座にオーダー。見回すと全て常連さんというメンバーである。その後席が埋まり、数名の後客が入れない状況になった。この時間ではあるが、地元に支持されているお店だと思った。

出てきた一杯は色が濃いめのスープに炙られたチャーシューと色の濃いメンマが特徴的なビジュアルで、隣に茹で玉子があったが、それは1個無料とのことであった。スープを飲んでみると、ん~かなりしょっぱいなー。竹岡系のような気もするが、出汁感が弱いと思った。正直飲みにくい味わいである。麺は細い縮れ麺で、食べてみるとシコシコとした食感で美味しい!スープにも馴染んでいて一体感があるが、スープそのもの塩分がきついので、正反対の効果となっている。麺量的には価格を考えると妥当な量だと思った。具材はチャーシュー・メンマ・刻みねぎ・海苔。炙られた2枚のチャーシューは小さめで、香ばしいのは良いが旨みがあまり見えてこない。メンマは量が多いのはいいが、醤油系の濃さに甘みのある仕様で少しキツイ。海苔はよくあるクオリティ。ねぎはスープ・麺と相俟って美味しく食べることができた。

無料の茹で玉子はまずはそのままで少し食べ、その後スープに入れて美味しく食べた。ラーメンについては細くてコシのしっかりとした麺が特徴的で、スープとの絡みも良いと思った。ただそのスープがしょっぱく、麺の旨さを打ち消しているのは残念。メンマも濃い味であったが、この味わいは地元仕様なのだろうか。チャーシューも一工夫されているのはいいが、物足りなさを感じてしまった。会計時丁寧なご挨拶をいただき退店した。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

「みそラーメン 850円」@牛骨らーめん ぶるずの写真平日の13時半前に到着。フォン・ド・ヴォーの技法で牛骨スープを提供しているお店と知って来店。個人的に新店にはほとんど足が向かないが、今回はいくつかのブログにあった割りスープを入れて飲む濃厚な味噌スープに興味があった。悪天候のせいかこの時間先客後客ゼロ。入店して券売機で掲題のメニューボタンをプッシュ。券を出すと麺の硬さを聞かれ、「普通で」と答え待つことにする。

「濃ければ割りスープを入れて食べてください」と目の前にあったポットを指して出てきた一杯は、確かに濃厚そうなスープに細麺というあまりない組み合わせに低温調理のチャーシューに個性的な具材達が載っているというビジュアルである。スープを飲んでみると、お~確かにドロッとしており、濃い味噌味にフォンの甘さを感じさせる出汁が効いて美味しい!味噌の甘さと少し被っているようにも思ったがくどさはほとんど感じさせず、出汁感の旨みが目立つ。味噌も豆の風味に麹感があって複雑性が出ており、数種類の味噌を使っていると思った。個性満載のスープである。麺は細いストレート麺で食べてみると味噌が強く絡んだ仕様にパツッとした食感としっかりとしたコシが旨さとなって美味しい!細麺はどうかと思ったが味噌スープとの絡みが強く、この味わいも個性的である。ズッズッと食べるような感覚で、硬さも丁度良く、麺量は普通といったところである。具材はチャーシュー・たけのこ・揚げレンコン・ベビーリーフ・水菜・かいわれ。チャーシューは肉本来の旨みがあって美味しい!ロースハムのような味わいにも感じられ、素晴らしい味わいである。たけのこは味に加えて食感もGOOD!揚げレンコンはスープと相俟ってこれも美味しい。野菜3種もクオリティが良くてそのままでも美味しかったが、スープや麺と併せて食べることで美味しく食べることができた。割りスープは気持ち赤みがかっており、フォンが効いている仕様。半分食べた後割りスープを数杯投入。確かに味噌味は薄まったが、出汁がさらに効いて美味しい味わいとなった。東横(新潟市中央区)やこまどり(新潟市・旧巻町)とはまた違った食べ方で、これもまた個性的だなあと思って完食した。

ドロドロの味噌スープにフォンの旨みと相俟って濃さと甘さが旨みとなっている個性的な味わいで、さらに細麺という組み合わせも個性的だと思った。具材もチャーシューの旨さが秀逸で、たけのこやレンコンもこの一杯に合っていた。具材もまた強い個性を放っていた。この個性的なスープはともすると意見が分かれるかもしれないが、個人的には素晴らしい味わいだと思った。次回は割りスープを多めに入れて、替え玉で食べてみようと思う。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌ラーメン 800円」@麺や紅丸 本店の写真平日の12時前に到着。興味あるお店の多いこの界隈で、時々外待ちを見かけるこちらに来店。入口のドアは洒落たレストランのようである。退店する方と入れ替わるように入店すると、この時間でもほぼ席が埋まっていた。卓席に案内され着席。カウンター・卓席・座敷と席数は思いの外多い。ほとんどの方がつけ麺系を食べているが、かなり冷え込んでいたこともあって掲題のメニューをオーダーして待つことにする。

出てきた一杯は大きめな器で、デフォで大盛のようなボリュームである。そして具材もたっぷりである。スープを飲んでみると、やや甘めに感じられる味わいで、豆由来の風味もしっかりとあって美味しい!飲み進めると少し塩分が強いかなと思ったが、はっきりとした輪郭のあるスープだと思った。麺は細めのほぼストレートの麺で、食べてみるとモチモチとしており、コシがしっかりとある麺でスープと馴染んで美味しいが、気持ち軟らかめの食感。ボリュームがあって食べ応えがあるが、食べ進めると軟らかくなっていくのがわかった。具材はチャーシュー・メンマ・モヤシ・ニラ・小葱・白ゴマ。チャーシューはホロっとしており、肉本来の旨みがあって美味しい!スープに浸しても美味しいと思った。メンマはよくあるクオリティだが数多く入っており、食感もGOOD。モヤシもたっぷり入っていて、細めなのが特徴的。他の具材もスープ・麺と相俟って美味しく食べることができた。

甘めで豆の味がしっかりとしているコクのある味噌スープにクオリティのある具材に一体感があり、特にチャーシューは味・食感共に秀逸だと思った。細めのモヤシもは食感のみだけでなく、根の処理も施しており丁寧な仕事をしていると思った。麺についてはボリュームがあっていいのだが、のびるのが早いことが気になった。つけ麺を食べている方が多いのはこの理由からか・・・。次回はつけ麺と強く思って退店した。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌野菜なしラーメン 600円」@麺屋 秀吉の写真奥羽越NDBの旅:ラーメン編‐其の参‐
平日の18時過ぎに到着。以前こちらのお店は“めん華横手店”で、その頃はのびない麺とさっぱり系で出汁の効いた味噌スープのラーメンが美味しかった記憶がある。事前にやっていることを確認して久し振りに来てみると、奥様が「主人は今出かけている」と地元の言葉で回答。20分程店内で待っていると戻ってきた。普通ならがっかりするところだが、以前新潟・臼井地区のお店で言われた言葉を思い出した。その後掲題のメニューをオーダーして待つことにする。

出てきた一杯は味噌汁的なスープの色合いと具だくさんというビジュアルで、これで600円とうことにお得感があった。スープを飲んでみると温度がややぬるめであるが、さっぱりとした味噌スープに豚骨系・煮干系・野菜系の出汁が効いて美味しい!出汁感はガツンとくるモノではないが、しっかりと複雑性があった。麺は細めの縮れ麺で、十文字のラーメンの麺に近い。食べてみるとスープをしっかりと持ち上げて美味しいが、軟らかめの仕様である。以前はこうだったかなあと思いつつ食べ続けた。縮れ麺特有ののどごしはスープ・具材と相俟って以前と同様であった。量的にも満足感があった。具材はスープで隠れているもののチャーシューの量が多く、“野菜なし”というラーメンでもインパクトがあった。内容はチャーシュー・メンマ・玉子・海苔・刻みねぎ。チャーシューは分厚くて柔らかいく肉本来の旨みがはっきりとあって美味しい!3枚位入っているが、厚いのにホロッとする仕様で素晴らしい仕事をしていると思った。メンマも大量に入っていて、コリっとしていい食感だがよくある仕様。玉子半分・この地区特有の細長い海苔もクオリティこそ普通であるが、麺・スープと併せて良い味になった。輪切りねぎは切り立てで、揮発性が残っている仕様であったが、スープと併せて美味しく食べることができた。

敢えて“野菜なし”という名称のラーメンをオーダーしたが、さっぱり系の味噌スープに3枚のチャーシューのボリュームが素晴らしく、価格を考えるとこれだけでも納得できる具材であった。これで野菜が入っていたらどういうボリュームなのだろうか。麺も美味しさは伝わってきたが、やはり軟らかい茹で加減が気になった。スープのぬるさはたまたまか。退店時18年前に食べたことを伝えると地元の言葉で御礼をいただいた。当時初めて納豆入りのラーメンを食べたこちらに来ることができ、今回は満足である。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件