なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

流星

味をメインにして採点しますが、それ以外にお店の方の姿勢と値段のバランスも加味して採点します。当日から三ヶ月前までに行ったお店を対象とします。同じお店や同じメニューを複数採点することもありますが、同じメニューは一ヶ月以上開けて採点していきたいと思います。よろしくお願い致します。

平均点 74.921点
最終レビュー日 2019年10月14日
1,125 1,064 0 469
レビュー 店舗 スキ いいね

「五目ラーメン 800円」@満腹ホールの写真日曜の12時前に到着。連食を決行。大きなエビフライを食べに過去行ったことのある地区であるが、ラーメンを食べるために来るのは初めてである。この界隈はかつて北蒲原郡京ヶ瀬村と言われていた地区である。具材が個性的な五目ラーメンが目的で来店。入店すると既に先客で卓席や座敷が埋まっており、カウンターに着席。水の提供と同時に掲題のメニューをオーダーして待つことにする。

カウンター越しに店主からダイレクトに出てきた一杯は大きな丼で、しかもアツアツなので持ってくるのに手間を要した。ビジュアルは事前の情報通りで、茹で玉子と玉子焼き、なるととかまぼこという同じジャンルの組み合わせが2種ずつ載っており、それプラスチャーシューと下に野菜類という具材はかなりのボリュームで、正しく屋号通りである。スープを飲んでみると塩スープで、野菜からの出汁が出ていて美味しい!鶏ガラ系の出汁も見えており、サッパリとして滋味感がある。優しい味わいであるが複雑性もある美味しいスープである。麺は中細で少しウエーブがかかっている丸麺で、食べてみると・・・んー軟らかい。具材と併せて食べると美味しいが、自分にとっては茹で過ぎである。恐らく常連客の嗜好に合わせたと思われるが、ボリュームと相俟ってなかなか進まなかった。具材は先述の他に大量のキャベツ・ニンジン・モヤシ。茹で玉子はフルボイルで、これはこれでスープに合っている。玉子焼きは思いの外甘くなく、これもスープに馴染んでGOOD。なるととかまぼこは良い彩り。チャーシューは赤身に旨みがあって美味しい。野菜類は強めに調理されており、出汁にもなっているが、柔らかめなのが美味しさに繋がっていた。何とか完食した。

具材からの味わいがスープに旨みを加えており、薄めにも感じられるが複雑性のあるスープは飽きがくることない味わいであった。茹で玉子・玉子焼きになると・かまぼこという具材の組み合わせも面白かったが、麺の軟らかさについては、正直自分の嗜好とは違っていた。ボリュームがあるのはいいが、その点さえ変われば大きく印象が変わると思った。次回来ることがあれば、麺硬めができるか聞いてオーダーしようと思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「あがの夢うなぎの塩ラーメン 930円」@瓦テラスの写真日曜の11時に到着。海に面していない地区で鰻を養殖していることに興味を持って来店。この界隈はかつて北蒲原郡安田町と言われていた地区で、瓦の生産地でもある。それをイメージしていると思わる瓦テラスという施設の一角にお店があり、開店まで待っていると三組程列ができた。時間通り開店し、奥のカウンターに着席。メニューを見て蒲焼や冷やしラーメンにもそそられたが、初志貫徹で掲題のメニューをオーダーして待つことにする。

出てきた一杯は木製のお盆に黒い器で提供され、透明なスープに鰻が載っているビジュアルで、上品なカフェのラーメンという印象である。スープを飲んでみると、出汁がしっかり効いている味わいで美味しい!コクがあってやはり鰻からの出汁と思われるが、臭みが全くないのが特徴的でもある。飲み進める毎に上品なスープに思えた。麺は少し縮れているグレーの色が見えている丸麺で、食べてみるとコシがしっかりとしていて美味しい!色からすると全粒粉の麺だと思われ、小麦由来の風味もしっかり出ている。食べ進めていると少し止まらない感覚になったが、麺量はやや少なめだと思った。ちなみにこちらの施設の隣は大きな製麺会社である。具材は鰻・玉子・ねぎ。鰻は蒲焼でタレのジュレが載せられており、食べてみると臭みが無くフワッとした食感で美味しい!塩スープと合っており、丁寧に調理されたのがわかる味わいである。半分の茹で玉子もスープと相俟って味わいがGOOD。薄く出汁がついており、素材の旨みが生かされていた。ねぎは細く青ねぎ白ねぎで、鮮度があり、これもスープに馴染んで美味しく食べることができた。スープも含め、あっという間に完食してしまった。

正直あまり鰻の養殖をしていると聞かない地区での鰻のラーメンはどうかと思ったが、鰻特有の臭みがなく、旨さをスープと具材に生かしている味わいで、それに併せる麺もしっかりとした旨みと個性があって、素晴らしい味わいであった。量的にはこの業態なので仕方ないのかもしれないが、次回は大盛で食べられるか聞いてオーダーしようと思う。退店後地元産品の販売店に寄って、蒲焼と肝の山椒煮を購入して次の目的地に車を進めた。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「唯一無二 黄金の塩らーめん 760円+消費税」@麺や 藏人 柏店の写真平日の13時半に到着。群馬県伊勢崎市の名店がこちらにFC展開をしていると知って来店。黄金のスープに興味があった。近くのカレー店に行った時もそうだったが、曜日と時間からかこの通りを往来する方は多くない。入店すると店主は厨房から出て、別な作業をしていた。何となく店内に空間が多いが、調度品は埃が無く、クリンネスされているように思った。掲題のメニューをオーダーして待つことにする。

出てきた一杯は、確かに透明感のある黄金色のスープで、炙られた大きめのチャーシューとレモンスライスに平たいメンマが特徴的で、きれいに盛りつけられたビジュアルだと思った。スープを飲んでみると、クリアな味わいであるが複雑さがあって美味しい!味わいに出汁感がはっきりとあり、鶏系メインに魚介と豚骨であろうか。複雑性のある飽きのこない美味しいスープである。飲み進めると、何となく淡麗という言葉があてはまる味わいだと思った。麺はほぼストレートの扁平麺で、食べてみると硬めの茹で加減にコシがはっきりとあって美味しい!スープとしっかり絡んでおり、一体感がある。食べ進めるとさらに美味しさが感じられた。麺量としてはやや多めといったところである。具材はチャーシュー・メンマ・水菜・輪切りねぎ・白ゴマ・レモン。チャーシューは炙られており、厚めで大きい。食べてみると香ばしさとホロッとした食感で美味しい!スープの味にも影響していると思った。メンマは平べったい仕様で、食べてみると・・・軟らかい食感で、個人的には微妙。水菜はスープに浸って美味しい!ねぎと白ゴマは薬味的役割。レモンスライスは味変として途中で搾って仕様。酸味ではっきり味が変わった。スープをほとんど飲んで完食した。

黄金色のスープは透明感と複雑性があり、見かけとは違う厚みのある味わいが特徴的だと思った。麺も食感に秀でており、スープと一体感があった。具材もチャーシューが秀逸で、強い個性を放っていた。具材が丁寧に整えられて提供されたのは好印象であったが、メンマの味わいは意見が分かれるのではなかろうか。それでも満足感があった一杯。この日この時間先客後客ゼロなのが不思議な程である。丁寧な挨拶をいただき退店した。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「オイスターバーの裏メニュー 700円+消費税 ※」@THE CAVE DE OYSTER TOKYOの写真※単品のオーダー不可

土曜の20時前に到着。年に数度この界隈に来るようになったが、すっかり巨大な地下街になったことに改めて驚く。その中で生牡蠣のプレートでも産地も選べるこちらに来店。クオリティの高い牡蠣を美味しいお酒で堪能した後、メニューの下に掲題のメニューを発見。店員さんに聞くと「ラーメンです」とのこと。いつもあるかわからないとのことなので、オーダーして食べてみることにする。

出てきた一杯は牡蠣が一個載っており、透明感のある塩スープに見えるビジュアルで、近づけてみると牡蠣の匂いがしっかりと香ってきた。スープを飲んでみると、さっぱり系の塩スープであるが、牡蠣出汁がしっかりとあって美味しい!結構強めの牡蠣の出汁で、恐らく塩や調味料で整えただけで100%牡蠣からの出汁ではなかろうか。飲み進めると臭みもなく、素材が生きていると思った。シンプルであるが、美味しいスープである。麺は気持ち太めのストレートの丸麺で、食べてみると・・・これはパスタ。ツルツルとした食感にモチモチ感があって美味しいが、アルデンテでなくなっている。個人的にはスープパスタはコシが難しいと思っているが、ほぼ同じ感覚を憶えた。麺量的には普通といったところである。具材は牡蠣・ベーコン・トマト・輪切りレモン・わけぎ。牡蠣は小粒だが、旨みとコクがあって美味しい!・ベーコンはスープに馴染んで味わいがGOOD。トマトは熱が加わった仕様で、甘さが強く出ている。レモンは搾って、スープの味変に良いアクセント。わけぎは風味があって良いクオリティであった。

ジャンルとしてはほぼスープパスタで、確かに“裏メニュー”のラーメンであると思った。スープは牡蠣専門店ならではの味わいで、牡蠣出汁の味わいに臭みがないのが素晴らしい。具材も一工夫されており、ベーコンやレモンはアリだと思った。麺については食感に落差があったが、そこさえ工夫するとさらに美味しくなるのではなかろうか。次回はこちらで「牡蠣屋の燻製カレーライス」を食べてみたいと思って退店した。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「市々ラーメン(塩) 550円」@市々ラーメン 柏駅西口店の写真日曜の14時に到着。何となく以前からこちらにあったような雰囲気を醸し出しているこちらに来店。入店してカウンターに案内され着席。曜日やこの時間にもかかわらず入店客が多い。メニューを見ると“うす塩味”と書いてあったこちらのメニューに目が留まり、そちらをオーダー。味を聞かれ、塩をコール。意図的にそう書いてあるのに興味を持った。敢えてサイドメニューはオーダーせず食べてみることにする。

出てきた一杯はシンプルな塩ラーメンというビジュアルで、よくいう〆のラーメンのようにも映った。スープを飲んでみると、鶏ガラに豚骨と野菜系の出汁が効いて美味しい!確かに薄めの味わいであるが、塩はやや強めに効いている。これはこれでアリだと思った。油も少なめで、あっさり感が出ている。事前にうす塩味とわからなければ、物足りなさを感じるかもしれない味わいである。麺は中細の少し縮れている麺で、食べてみるとやや軟らかめでモチッとした食感。スープに馴染んで美味しいものの、もう少しコシがほしい。食べ進めても感覚は同じであった。価格を考えると麺量は妥当なところである。具材はチャーシュー・メンマ・小松菜・なると・輪切りねぎ。チャーシューはペラッとしているが、懐かしさがあってスープに馴染んで美味しい。メンマはよくある仕様だが、薄味でいい食感。小松菜は少なめだが、これもいい食感。なるとはいい彩り。輪切りねぎはあまり存在感がなかった。

“うす塩味”とメニューに書かれていることで、この一杯の良さが理解できると思った。何も知らないで食べるとどうかと思わせる味わいであるが、薄めの味の中に随所に旨さが散りばめられているラーメンだと思った。麺の仕様や具材のボリュームに一工夫ほしいと思ったが、コスパを考えると仕方ないか。それでもジンワリする滋味感を味わうことができた。次回こちらに来ることがあれば、セット系でいこうかと思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「鬼塩らぁ麺 850円」@鬼そば 藤谷の写真平日の19時に到着。久し振りにこの時間この界隈に来たが、駅から来るとすっかり外国人が多くなった。若者の勢いも相変わらずである。その中に全てのフロアがラーメン店の最上階であるこちらに来店。夜限定の熟成ステーキ丼のセットをお目当てに来たが、既にメニューからは無かった・・・残念。単品で掲題のメニューをオーダー。先客は数名であるが、数時間後佳境に入るのかなと思った。

出てきた一杯は透明感のあるスープにシンプルな具材の構成というビジュアルである。スープを飲んでみると、魚介系のコクに鶏系の厚みのある出汁が効いて美味しい!解された干し貝柱が具材に入っているが、ここからも旨みが出ていると思った。上品さや繊細さをも感じさせるスープである。麺は細いほぼストレートの麺で、食べてみると気持ちざらつきを感じる麺でスープとの絡みがいいが、少しグニュッとした食感である。食べ進めてもその食感のままである。少し茹で時間を多くかけたのではと思った。麺量的には普通といったところである。具材はチャーシュー・メンマ・青ねぎ・解された干し貝柱。チャーシューは大きめで、肉本来の味がして美味しい。穂先メンマは2本入って、気持ち柔らかめだが、いい味わい。青ねぎは味。香りに存在感がある。貝柱はスープと相俟って一体感があった。

一見シンプルそうなビジュアルであるが、複雑性のあるスープとこだわりが感じられる具材は一体感があり、貝柱の旨みがそれを繋げていると思った。具材はクオリティが高いと思ったが、今までのレビュービジュアルに比べるとやや貧相になったかなとも思った。そして麺については本来の出来ではないのではなかろうか。食感だけでなくスープとも一体感がなかった。丁寧な挨拶をいただいて退店した。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「焼きあご塩らー麺 800円」@焼きあご塩らー麺 たかはしの写真土曜の12時半に到着。あご出汁に興味を持って来店。自分の行動範囲ではこちらが一番味わいはっきりとした出汁ではないかと思ったからである。この日近くまで来ると外に十人位の待ち。海外の方も数人後ろに接続された。券売機で掲題のメニューと白めし大(100円)を購入し、20分近く待って着席。誘導オペレーションは見事である。しかし厨房内ではミスオーダーをしたらしく、オーダーの再確認が数件されていた。

出てきた一杯は塩スープとは思えない色合いと思いの外具材が豊富なビジュアルが特徴的で、そして焼きあごの香りが素晴らしい。食欲をそそる香りである。スープを飲んでみると、あー確かに焼きあごという風味で美味しい!甘みが旨みとなっていて上品さを感じさせる味わいで、塩のミネラル感をも出していると思った。他の魚介系や動物系も入っているようであるが、焼きあごの出汁が濃く且つさっぱりさも感じられる素晴らしいスープである。麺は中位の縮れている平麺で、食べてみるとモチッとしている食感で、コシのわかる丁度良い茹で加減で美味しい!平麺系はコシがよくわからなくことが個人的には時々あり、食感がどうかと思ったが、これはいい食感である。スープとしっかり絡んでおり、シナジー感があった。小麦由来の風味も見え隠れしている美味しい麺であるが、麺量的にはやや少なめに感じられた。具材はチャーシュー2種・メンマ・水菜・白髪ねぎ・小海老。チャーシューはバラロールとレアで、バラは肉本来の味わいがあり、レアはスープと絡むことで、旨みがはっきり出ていて美味しい!メンマは材木状で、コリッとしており出汁系の味が付いていて、これも美味しい。水菜・白髪ねぎはスープ・麺と相俟って味に存在感がある。小海老はスープに香ばしさを出しているように感じられた。あっという間に食べてしまった。ちなみに白めし大はパチッとした炊き加減で、確かコシヒカリだと思ったが、そのまま食べても甘みが旨みとなっていて美味しい!ラーメン店で美味しいライスは久し振りである。最後スープをかけて完食した。

焼きあごをメインに据えた味わいのスープが素晴らしく、他の出汁系を加えて濃さとさっぱりさを出しているのが素晴らしいと思った。麺も縮れ麺が合っており、スープと一体感があって美味しさが増長されていた。具材もそれぞれ存在感があり、旨さが見えていた。麺量が何となく少ないかなと思ったが、満足感のある一杯であった。次回は塩つけ麺でいこうかと思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「華味鳥水炊きラーメン 780円」@博多鶏ソバ 華味鳥 新宿三井ビル店の写真土曜の13時半前に到着。水炊き専門店のラーメンに興味を持って来店。曜日からこの界隈は閑散としていると思ったが、結構往来している人が多い。このビルに久々に来たせいか、お店を見つけるのに少し時間がかかった。入店するとこの時間でも先客が多く入っており、日本国籍でない方から奥の席を案内される。掲題のメニューに俵むすび(無料)を追加してオーダーをして待つことにする。

出てきた一杯は表面を具材が全て覆い尽くしているビジュアルで、鶏チャーシュー・柚子片・なると・キャベツ片の彩りが特徴的に映った。スープを飲んでみると、さっぱりとした口当たりで美味しい!適度な鶏油にサラッとした塩スープが麺や具材と相俟って旨さが出ていると思った。ただ飲み進めると、薄いようにも思った。水炊きのスープという割には鶏そのものの味があまり感じられないというかよくわからなくなっていったように感じられた。麺は中細の少し角ばった白さのあるストレート麺で、食べてみるとプリッとした口当たりで、小麦の風味が少し感じられて美味しい。ただ食感が軟らかい。少し茹で過ぎかなと思った。スープに馴染んでおり、旨さはあるがダレるような感覚である。量的には妥当である。具材は先述の3種にメンマと水菜。チャーシューは旨みがあってGOOD、メンマ・水菜はスープに馴染んでいい食感。キャベツはアクセント的存在。柚子片はいい風味を出していた。後半卓上の柚子胡椒を投入するといい味変となり、これが美味しい!最初から入れるべきだったかと思って完食した。俵むすびは指南通り、スープをかけて美味しく食べることができた。

上品さが見え隠れしている一杯で、鶏スープと塩味の組み合わせに旨さがあり、具材がそれに伴って満足できる美味しさであった。ただ思った程鶏からの旨みや水炊きらしさが見えなかったことが気になった。そして麺の軟らかさはいつもこの茹で加減なのだろうか。そもそも繊細な一杯だと思っていただけに、今回の味わいは不出来ではと思った。退店時、日本国籍でない店員さんの雑談が店内に響いていた。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「味玉つけ麺(塩) 1000円」@SOBAHOUSE 金色不如帰 新宿御苑本店の写真日曜の14時に到着。移転前から再訪してみたいお店だったが、移転後これは行かねばと思い、この度来店。酷暑から気温が少し低くなったこの日に行ってみたものの、外に15人の列。やはりこの時間でも並ぶのか・・・おまけに近くのビルの排熱で暑い。20分後券売機まで到着し、掲題のボタンをプッシュ。その後店内で5分待って着席。見える限りではあるがつけ麺を食べている方は少数であった。

出てきたつけ麺はお店のトレードマークの入った器に濃厚そうなスープという印象である。まずは麺のみを食べてみると、お~小麦由来の風味に少し海藻系の味わいが感じられて美味しい!中細のほぼストレートの麺で、コシがあるのはわかるが柔らかくも感じられ、ギリしなやかという食感である。この麺をスープに投入すると、あ~蛤出汁に鶏系と節系の出汁が合わされたような味わいにトリュフ系の味わいがはっきりしていて美味しい!ポルチーニの風味もあり、ベース出汁とベース味両方に強い複雑性がある。出汁は幡ヶ谷の頃とほぼ同じだが、つけ麺だからかもしれないが、味は洋風キノコの味を強く出しているように思われた。そして生バジルにも存在感があった。なかなかこの味はないと改めて思った。そして麺との絡みがGOOD!適度にスープと絡んで麺の旨さが引き立っている。これは計算されてこの茹で加減にしたのだと思った。麺量は標準的といったところである。具材はチャーシュー・メンマ・味玉・カットレモン・レンゲの中に香草かハーブのような青菜。チャーシューは低温調理されて肉本来の旨みがあって美味しい!メンマは硬すぎずでいい食感。味玉は黄身が少し流れる仕様で、出汁醤油の味がはっきりとした味わい。青菜はスッとした風味があって、何だろう・・・。これもこのつけ麺の個性だと思った。スープ割をいただくと、蛤の味わいがはっきりとした仕様になり、とても美味しく飲むことができた。

幡ヶ谷で食べたラーメンと比較はしにくいが、蛤をベースとして出汁や味に複雑性が感じられるスープで、黒トリュフやポルチーニの味わいがはっきり出ていたこと面白いと思った。麺もそれを考えての仕様で、風味があり適度にスープに絡むことによってシナジー感があった。具材も目の行き届いた仕様で、割スープも隙が無く、旨さに余韻が残った。唯一無二の味わいだと思って退店。酷暑でも並ぶ理由がわかる美味しさであった。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「classic beef palette 1050円」@Handicraft Worksの写真日曜の13時半過ぎに到着。前回食べて好印象であったこちらに再訪。その際にあった京鴨出汁そばや限定のカレーにも興味が湧いた。来店すると15人程の待ち。そしてメニューボタンを見ると京鴨出汁そばのボタンは全滅、限定のカレーもやっていなかった・・・それでも列を形成。約20分後入店して掲題のボタンをプッシュ。奥のカウンター端に案内される。調理を見ながら待つことにするが、厨房のスペースは広いと思った。

出てきた一杯は前回とほぼ同じ色合いのビジュアルであるが、ややシュラスコ肉の大きさが小さくなり、チキンからフランクになった具材の大きさも小さく映った。パイナップルも然りで、以前食べた時より50円上がってこの仕様はどうなのだろうか。麺は既にたれがついているかと思ったが、下に溜まっていたので、かき混ぜて食べてみるとしっかりとした塩の旨みと太い麺が絡んで美味しいが、塩だれの味わいに動物系の味わいが目立ち、やや単調に感じられた。少し味を変えたのだと思われるが、以前の方が好印象である。麺はモチッとした食感がGOOD!ボリューム感もあり、食べた際には小麦由来の風味が出ていて美味しい。食べ進む毎にたれや具材と絡んで一体感が出ていた。具材はシュラスコ・フランク。パイナップル・レタス・スライスタマネギ・ミニトマト、そしてフライドガーリックが多めにかかっていた。シュラスコは外からの強火と半生をギリギリ残した仕様で美味しい!ただ量は前回より気持ち少なめであった。フランクは豚肉の旨みが凝縮され、そこにスモークをかけた仕上げでこれも美味しい!が、デフォでもう少し食べてみたかった。他の具材もたれや麺と相俟って美味しく食べることができた。今回はガーリックがやや強めの味わいであった。後半卓上のパイナップルビネガーとBPを投入。美味しく完食することができた。

シュラスコのクオリティが素晴らしく、ちょっとしたブラジル料理店より美味しいのではなかろうか。素材を生かした焼き加減が絶妙だと思った。それに併せる麺もはっきりとした旨さがあり、シナジー感があった。塩だれも美味しいのではあるが、以前食べた際の塩からの旨みがあまり見えなかったことが気になった。そして肉系具材のサイズが小さくなったのは残念。今回は不出来だったのか・・・また再訪かなあと思って退店した。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件