なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

流星

味をメインにして採点しますが、それ以外にお店の方の姿勢と値段のバランスも加味して採点します。当日から三ヶ月前までに行ったお店を対象とします。同じお店や同じメニューを複数採点することもありますが、同じメニューは一ヶ月以上開けて採点していきたいと思います。よろしくお願い致します。

平均点 74.911点
最終レビュー日 2019年8月17日
1,117 1,057 0 460
レビュー 店舗 スキ いいね

「ねぎ長州ラーメン 760円」@長州ラーメン 万龍軒 新町店の写真休日の12時半前に到着。付和雷同でこちらに来店。平日のこの時間帯だとほぼ満席のお店だが、この日は空席が目立ったものの、半分以上は埋まっていた。先客はチャーハンセットを食べている方が多いが、無難なところで掲題のメニューをオーダー。待っていると後客は入店し、やはりチャーハンをオーダーされていた。こちらではチャーハンが支持されているのだと改めて思った。

出てきた一杯は気持ち太めに切られた白ねぎが特徴的な一杯で、その下には敷き詰められた具材と豚骨スープが見えていた。スープを飲んでみると、マイルドな豚骨スープで美味しい!味わいや臭いに九州系的な特徴はあまりなく、脂っこさもさほどない。個性的な醤油系の味わいが見え隠れしており、オリジナルな味わいに仕上げたスープだと思った。麺は中位のストレートの丸麺で、食べてみるとスープにしっかりと馴染んで美味しいが、思い他軟らかい食感である。食べ進めてもその感覚は変わりなかった。麺量的には普通といったところである。具材は太めの白髪ねぎ・チャーシュー・メンマ・きくらげ・玉子半分・輪切りねぎ。白髪ねぎは気持ち辛さのある仕様で、スープと相俟って美味しい。チャーシューは厚め仕様で2枚入っており、肉本来の味わいがあってGOOD。きくらげはいい食感。玉子・輪切りねぎも美味しく食べることができた。後半は具材をスープに絡めるようにして完食した。

個性的な豚骨スープに具材の多さが特徴的な一杯で、具材は価格を考えるとお得感があると思った。この系列の富士見店で食べた時はスープに独特の癖があってチャーシューはこの大きさ旨さではなかったと思ったが、こちらはそれらが印象的であった。麺については正直もっと硬めで食べたかった。そこさえ合っていればさらに好印象になったのではなかろうか。次回は半チャーハンセットの麺硬めで食べようかと思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「博多ラーメン 626円」@博多らぁめん ふくちゃん 千葉幸町店の写真平日の13時過ぎに到着。最近看板が新しくなったこちらのお店であるが、築地にあるお店と同じ店名と雰囲気だったことに興味を持って来店。入店してカウンターに着席すると、メニューこそ違えど卓上のトッピングは明太子を含めてスタイルは同じであった。無難に掲題のメニューと小ライスをオーダー。店員さんは交わしている言葉から皆日本国籍ではないように思われた。

出てきた一杯は少し寂しい具のトッピングではあるが、まあこれは卓上の具材を入れてください的な意味合いもあると思われるので想定内というところか。スープを飲んでみるとアツアツで、背脂が軽くサラッとした豚骨スープで美味しい!店内のどこかに自慢のあっさり豚骨スープと書いてあったが、確かにその通りで、本場の方がこれを飲むと別物と言われるかもしれないが、個人的にはアリだと思った。飲みやすいスープである。麺は細いストレート麺で、食べてみるとこれもアツアツだが、あまりコシが感じられない食感。何か熱で食感が変わったようにも思われたが、これは硬めで食べたかった。確かに硬さを聞かれなかったのでそのまま食べたが、茹で過ぎというか博多ラーメンなりの硬さがほしいと思った。麺量的には妥当なところである。具材はチャーシュー・青ねぎ・きくらげ。チャーシューはよくあるクオリティ。青ねぎは風味があってGOOD。きくらげはスープに馴染んでいて美味しい。卓上のトッピングは明太子・紅ショウガ・キクラゲ・高菜・ワカメ・もやし。いくつか投入したが、あるトッピングにいただけない臭いがしたので、それだけは避けた。小ライスには明太子をフルに使って美味しく完食した。

何となく築地で食べたふくちゃんと同じ印象で、恐らくこちらの系統の味わいは以前からトッピングにウエイトを置いたコンセプトだと思った。スープは許容範囲であったものの、麺はやはりコールしなくても硬めであってほしかった。そしてトッピングの管理はしっかりとやってほしい。今回はせっかくのお店の個性が損なわれていた感が否めない。次回はちゃんぽんかなと思って退店した。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

土曜の19時に到着。全く土地勘の無いこの界隈で食事を取ろうとしてこちらのフロアに来たが、何となくここかなと思って来店。シンプルに熊本ラーメンかなと思ったが、結構空腹だったので少し奮発して掲題のメニューボタンをプッシュ。皆購入を終えると卓席に案内された。結構広い卓席が好印象である。この時間であるが、意外と一人客が多いなあと思った。

出てきた一杯は具材で表面がほとんど敷き詰められたビジュアルで、生キャベツが特徴的である。スープを飲んでみると、豚骨スープにマー油がしっかり効いていて美味しい!豚骨のクリーミーさよりマー油の味がはっきりしている。飲み進めると少ししょっぱさが見えていた。麺は中細のストレート麺で、食べてみると、ん~あまりコシがない。何回か食べてみたが、変わりなかった。茹で加減のせいだと思われるが、貼り紙から硬さが選べるのかなと思った。麺量的には普通といったところである。具材は角煮・生キャベツ・メンマ・きくらげ・青ねぎ・味玉半分。角煮は大きめなのが1個入っており、甘めで濃い出汁し醤油の味と肉の旨みで美味しい!生キャベツはスープに合っている。メンマはよくあるクオリティ。きくらげは多く入っており、スープ・麺と併せて食べていい食感。青ねぎは揮発性があって香りもGOOD!味玉は濃い味付けで、素材の味があまり見えていなかった。

コスパ的にはどうかとも思った一杯であるが、豪華な熊本ラーメンという印象で、全体的に濃さが特徴的な味わいであった。具材の多さも特徴的であるが、麺については茹で加減がとても残念。これは硬めで食べたかった。スープは確かに熊本ラーメンの味わいであるが、これだけマー油の味があるならもう少し塩分を抑えても美味しいのではなかろうか。次回来ることがあれば、火の国地獄麺・5丁目(950円)を食べようかと思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「豆苗めん 800円」@麺徳の写真平日の14時前に到着。豆苗をメイン具材にしているラーメンを提供していると知って、この度来店。こちらのお店は赤のれんの系譜だと思ったが、現在の詳細はわからない。この時間先客3人で、ピークを過ぎたような雰囲気であった。女性一人でオペレーションをしており、洗い物をされた後にオーダーを聞きに来た。掲題のメニューをあっさりでオーダー、麺の硬さは聞かれなかった。

出てきた一杯は確かに豆苗で敷きつめられた素晴らしいビジュアルで、最近パクチーでこういうビジュアルを見ることがある。豆苗もアリだなと思ったが、少し乾燥しているような・・・。まず豆苗のみを食べてみると、えんどう豆由来の風味があって美味しいが茎が細く、そしてパサつきがあってシャキシャキ感があまりない。これらをスープに浸して食べると、シナッとなったが、俄然風味が出てきて美味しい!たっぷり入っているのは素晴らしいが、ちょっと残念。スープは豚骨メインの味で、あっさりなりの飲みやすさとクリーミーさがあって美味しい!豆苗との相性が良いとも思った。麺は細いストレート麺で食べてみると、んーこの系統にしては軟らかいなあ~。粉っぽさやポキポキ感がほとんどないように感じられた。食べ進めると軟らかくなるのが早いとも思った。量的には妥当なところである。具材は豆苗・チャーシュー・きくらげ・メンマ。豆苗は先述の通りだが、スープに浸っているとボリュームが一気に小さくなった。チャーシューはペラっとしたモノが数枚で、肉本来の味わいでGOOD!きくらげもいい食感。メンマは細めで、存在感がなかった。最後に卓上の白ゴマを大量に擦り、紅ショウガを投入して完食した。

ビジュアルとしては素晴らしいラーメンで、豆苗と豚骨スープが予想以上の相性であったと今回気づいた。スープも親しみやすい味わいであっさりなりの良さが出ていて、具材も豆苗にあまり隠れていなかった。これで豆苗のクオリティが良ければさらに美味しく食べることができたのではなかろうか。そして麺の茹で加減については残念であった。次回来ることがあれば、麺硬めができるか聞いてみようと思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

平日の22時過ぎに到着。素晴らしい飲食の後に〆のラーメンと言う方の多数決の結果でこちらに来店。かつて興味があったが、その店舗は閉店してしまったので一度は行ってみたかった。先客は自由人系の若年カップルが多く、この時間今まで経験したラーメン店とは客層と雰囲気がかなり違う。掲題のメニューをバリカタでオーダー。某グルメサイトで4ポイント以上が数多あるこの界隈で、こちらのお店の存在が独特に思った。

出てきた一杯は典型的な博多ラーメンというビジュアルで、チャーシューはやや肉厚で小葱が多いようにも思った。スープを飲んでみると、サラッとした豚骨ベースの味わいで美味しい!臭みはほとんどなく、九州の方からするともの足りないと思われるが、飲みやすさが旨さに繋がっていると思った。ニンニクもさりげなく効いている味わいである。麺は細いストレート麺で、食べてみるとバリカタなりの硬さがあり、粉っぽさが美味しさになっていてGOOD!スープと馴染んで一体感もあるが、麺の量が少なめだと思った。通常なら替え玉必須のボリュームである。具材はチャーシュー・きくらげ・海苔・小葱・白ゴマ。チャーシューは博多系に比べて大きくて厚めだが1枚。価格を考えると微妙である。きくらげと海苔はよくあるクオリティ。小葱はボリュームがあり、存在感があって美味しく食べることができた。最後に卓上の白ゴマと紅ショウガを加え、ゴマの風味が豚骨に合うなあと思って完食した。

サラッとして臭みの無い豚骨スープが特徴的で、東京に豚骨スープが浸透してきた頃の味わいがこうであったような印象があったと思われる一杯で、それを忠実に守っているように感じられた。その点はいいのだが、麺量や価格のバランスについてはもっとパフォーマンスがあってもいいと思った。競合チェーン店が多くあるが、もっと頑張ってほしいと思って退店した。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「味玉らーめん 750円」@富士らーめんの写真平日の15時前に到着。2つの出身に興味を持って来店。入店すると先客が券売機前で時間を要しており、どうも故障中のようである。店主がその対応をしているが、その後も故障して何度も手を止めざるをえないオペレーションになっていた。そしてお目当てのつけ麺はすでに売り切れ・・・残念。臨時らしき方が提供しているが、何か覚束ない。自分の券は店主自ら確認された。この時間であるが満席で、店内待ちもできていた。

出てきた一杯は粘度のありそうな豚骨スープと炙られたチャーシューが美味しそうに見えるビジュアルである。スープを飲んでみるとやはりトロっとしたスープで、豚骨からの旨みがはっきり出ていて美味しい!凝縮感があって臭みがないのも特徴的で、これも旨さに繋がっているのだと思った。とろみはコラーゲンで、モミジ由来かなと思った。カエシの醤油が味にいいバランスを加えていた。麺は中細のストレート麺で、食べてみるとしなやかでコシがあって美味しい!スープを適度に持ち上げ、一体感がある。食べている際の食感も素晴らしく、素晴らしい麺だと思った。一瞬止まらない感覚になったが、麺の量は気持ち少なめといったところだろうか。具材はチャーシュー・メンマ・味玉・小葱・海苔。チャーシューは炙られて香ばしさがあって美味しい。太いメンマは甘めが目立っているが、スープに合っている。味玉は薄めの味付けであるが、美味しさがあまり出ていない。小葱は風味に存在感があった。海苔は風味が少し感じられる仕様で、美味しく食べることできた。

麺が秀逸に感じられた一杯で、茹で加減・コシ・食感が素晴らしく、スープと併せることによって旨みが増長していったように感じられた。量こそ少なめであったが、よくこの麺を創ったと感心。豚骨スープも臭みの無い濃厚さが好印象であった。具材も目が行き届いているのはわかるが、もっと存在感があってもいいかなとも思った。次回こそつけ麺を食べようと思って退店した。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「元祖もばらーめん(初段盛り) 690円」@らぁ麺三軒屋 茂原店の写真平日の13時過ぎに到着。“モバラーメン”に興味を持ち、こちらはその発祥のお店とのことで来店。豚バラと野菜がたっぷり入った豚骨ベースのラーメンとどこかのサイトに書いてあった。駐車場がかなり埋まっており、もしかして並ぶのかなと思ったが入店すると半分強の先客であった。机に座ってメニューを見ると結構種類が多いが、初訪にて掲題のメニューをオーダー。一体どんなラーメンであろうか。

出てきた一杯はバラ肉と野菜たっぷりというビジュアルで、中央には一味がかかっているニンニクが彩りを成していた。背油がまぶされているスープを飲んでみると、豚骨からのコクがはっきりと出ていて美味しい!醤油系の味は僅かに見えているのも美味しさとなっており、玉ねぎからの甘さが旨みとなっている。そして獣臭がしないのもいいと思った。これに一味のかかったニンニクを溶かしてみるとかなり味が急変した。ピリッとくる辛さはいいアクセントだが、味が支配されてちょっときつい。量は少なめなのに結構効くニンニクである。麺は中位の縮れ麺で、食べてみるとモチッとした食感としっかりとしたコシがあって美味しい!やや硬めの茹で加減で、小麦由来の風味も見えている。豚骨の味や具材と相俟って美味しく食べることができた。麺量的には普通といったところである。具材はバラ肉・もやし・玉ねぎ・小葱・一味のかかったニンニク。バラ肉は70gとのことだが結構入っており、出汁系の味と付いていて美味しい!もやしは細めで旨みがしっかりとあってGOOD。ざく切りの玉ねぎは柔らかくなっている仕様で、スープと併せて軽く煮込まれたような仕様で、これも美味しい。小葱は存在感が薄い。ニンニクは先述の通りである。

ご当地ラーメンの一つと思われる一杯であり、バラ肉と地元野菜の旨さがしっかりとしており、スープも豚骨の味がしっかりしており、丁寧に旨みを抽出していると思った。麺も個性が出ていて素晴らしい味わいであったが、ニンニクの存在感が目立ったことが気になった。少量であったが、スープに溶かすと常にその味が先に出てきてしまい、他の味が隠れてしまう。次回はニンニク抜き・茂原ねぎトッピングでいこうかと思う。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「らーめん(トマベジ)+追っかけカラベジ(100円)=900円」@麺処 一笑の写真平日の11時に到着。野菜たっぷり且つ味変が楽しめそうなお店と思って来店。一番乗りかと思ったら既に先客が4人も。券売機で掲題のメニューボタンをプッシュし着席。チケットを渡す際に、カラベジの辛さマシをコールし「できます」と丁寧な受け答えが好印象。かけだしの方のようであったが、店主の細かな指示の通りに仕事をされていた。待っていると店内はほぼ満席になった。

「お待たせしました。らーめんトマベジにカラベジの辛さマシです。」と正確で丁寧な言葉を添えて出てきたラーメンは、豚骨でも色の濃さが特徴的な色合いのラーメンとやはり野菜たっぷりで、追っかけカラベジには一味・辛味・フライドガーリックがたっぷりとかかっていた。まずはスープを飲んでみると濃い豚骨味で、はっきりとした味わいとなっていて美味しい!コクが強く、そして獣臭も漂っている。よく見ると油膜が結構厚く、それが蓋のようになっているのだと思った。飲み進めると香りが少しきついと思った。麺は中細のストレート麺で、食べてみるとコシがあって、パツッと切れる食感が旨さとなって美味しい!何となくではあるが、密度の高い麺に感じられた。量としては妥当なところである。輪切りねぎも新鮮さがあった。途中からトマベジを投入。内容はトマトソース・チャーシュー・もやし・キャベツ・ニラ・ニンジン。トマトソースはよくある仕様かと思ったが、濃さと凝縮感があって美味しい!スープに溶け込むことによって酸味の効いた味わいにスープが変化した。チャーシューも肉本来の味わいにジューシーさがあってこれも美味しい。野菜類もスープと絡むことでいい味わいとなった。一通り食べた後に追っかけカラベジを投入。“追っかけ”はチャーシューが無いのも特徴ですかね。内容は辛味ソースとガーリックチップで、野菜類は同じ。辛味ソースはそのまま食べるとかなり辛く、背油を絡めた仕様のモノで美味しいが、スープに入れると油が溶けてドロドロ感が強くなる。ガーリックチップと相俟って一気にジャンクな味になった。追っかけのベジを入れるとかなりのボリュームである。最後は麺が先に無くなってしまい、野菜類を酸味と辛味が効いたスープと併せて完食した。

デフォでも野菜類にボリュームのあるラーメンで、追っかけを入れることで増長されて満足感があった。トマトソースがはっきりとした味わいの豚骨スープにこれほど合うとは思ってはおらず、さらに野菜の旨さをも引き立てている素晴らしい味わいであった。追っかけカラベジもただ辛いだけでなく旨さもあった。スープやソースの味そのものの主張が強く、野菜類のボリュームも多いことから、麺の存在が途中からわからなくなってしまったが、個性的なラーメンを食べたという印象が強い。次回は追っかけ無しのトッピングでいこうかと思う。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「らあめん 700円」@らあめん 渋英の写真平日の18時に到着。長い間この界隈を通ることが多く、周囲の解体から更地になってポツンと一件取り残されて目立っていたこちらのお店だったが、周囲が出来上がってしまうと、埋没感があってその雰囲気が何とも言えず、この度来店。東京とんこつの先駆者的なお店の支店である。シンプルに掲題のメニューを硬めでオーダー。来店客はさほどいなかったものの、出てくるまでに少し時間がかかった。

出てきた一杯は、細い麺と青ねぎに細いメンマが特徴的なとんこつラーメンのビジュアルである。スープを飲んでみるとコクがあってまろやかで美味しい!トロッとしており、カエシも効いている。油膜が厚めのとんこつスープではあるが、魚介系の隠し味が使われているようにも感じられる美味しいスープである。麺は細いストレート麺で食べてみると、思った程硬くはないもののスープとの絡みも良く、シナジー感があって美味しい。麺は粉っぽくなく、博多系の麺とは異なる仕様である。麺量は価格を考えるとまあ普通といったところ。替玉は150円なのでやめておいた。具材は青ねぎ・メンマ・チャーシュー。青ねぎはスープに馴染んでGOOD!存在感があった。メンマはかなり細いので食感がどうかと思ったが、これが美味しい!スープの味に馴染んで個性を放っていた。チャーシューは2枚入っており、食べてみると美味しいものの、どちらとも少し筋っぽい食感があった。後半卓上のホワイトペッパーと紅ショウガを投入して完食した。

スープに安定感があって、とんこつスープには独特な旨みもあって、それが麺を伴って美味しさを表現している一杯だと思った。その麺も博多系だと思って食べると異なり、個性的であった。具材もメンマや青ねぎが美味しく、スープや麺に負けない個性と美味しさがあったが、チャーシューの食感に筋っぽい箇所があったことが気になった。麺については硬めと思われなかったが、ブレか。次回はつけめんを食べてみようと思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「素ラーメン+ネギ+のり+半替玉=750円 ※」@博多ラーメン よねちゃんの写真※ネギ(3倍)100円 のり(3枚)100円 半替玉50円

土曜の13時半に到着。最近来ることの多くなったこの界隈であるが、こちらのお店の前を通ると昼夜を問わず混んでいることが多く見かけられた。この曜日のこの時間はどうかと思ったが空席が目立ち、そのまま入店。確かネットに有明海苔と記載があったので、それに興味もあって掲題のボタンを次々にプッシュ(半替玉は後に現金で支払い)。着席後カタをコール。思った以上に年配客が多く、最近の豚骨ラーメン店とは客層が異なっているように思われた。

出てきた一杯は白濁が少ししかないスープが特徴的で、青ねぎと海苔がたっぷり食べられる想像通りのビジュアルであった。スープを飲んでみるとサラッとしており、円やかな味わいが独特の豚骨臭と相俟って美味しい!よくあるド豚骨というよりさっぱりとした塩豚骨という印象である。面白いスープだと思って少し飲み進めてしまった。麺はかなり細めのストレート麺で、食べてみるとスープと絡んでコシがあって美味しい。小麦の風味も少し見えていて旨みがはっきり出ているのだが、麺量はもともと少なめなこの系統でも、さらに少なめに感じられた。半替玉をナマでコールして食べ続けた。具材はトッピングの青ねぎと海苔。海苔は4枚で少しうれしかったが、食べてみると風味が弱い。佐賀有明産と店内でも表示されていたが、スープの存在に隠れ気味である。麺と併せて食べると美味しいものの、磯の風味と併せたかった。青ねぎは標準的なクオリティであるが風味があって、スープ・麺に合っている。ボリュームにも満足感があった。後半ホワイトペッパー・ゴマ・紅ショウガを投入して完食。ホワイトペッパーはよくあるクオリティであるが、このスープに合っており、旨みが増長されたと思った。

個性的な豚骨スープが美味しく、こういう豚骨系もあるんだなと思ったスープで、この系統の奥深さが垣間見られた一杯。麺もコシや風味が素晴らしく、このスープと一体感があった。具材も青ねぎはボリュームがあって存在感があったものの、海苔については正直残念。海苔の磯の風味が弱かったかったからである。地元色がもっとはっきり出ていると大きく印象が変わると思った。退店時挨拶をすると店主の眼差しに真剣さが感じられた。新店はまたお伺いさせていただきます。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件