なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

流星

味をメインにして採点しますが、それ以外にお店の方の姿勢と値段のバランスも加味して採点します。当日から三ヶ月前までに行ったお店を対象とします。同じお店や同じメニューを複数採点することもありますが、同じメニューは一ヶ月以上開けて採点していきたいと思います。よろしくお願い致します。

平均点 74.911点
最終レビュー日 2019年8月17日
1,117 1,057 0 460
レビュー 店舗 スキ いいね

「ラーメン 680円」@ラーメン横綱 千葉ニュータウン店の写真平日の13時前に到着。混雑する国道の一服でこちらに来店。一緒に入店した知人はこちらを多用しているとのことであった。入店すると結構混んでおり、数分待って奥の卓席に案内される。メニュー数もそこそこ多いが、ボタンを押してランチ時無料のごはんセットをオーダー。客数から提供に時間がかかるかなと思ったが、それはあっという間に提供された。提供スピードが素晴らしい!

出てきた一杯は典型的な豚骨醤油スープで、薄いが大きいチャーシューが水面下から顔を出していた。ちなみに知人は一口食べた後卓上のねぎを大量に入れていた。スープを飲んでみると少しドロッとした飲み口で、やはり豚骨がしっかり効いており醤油の存在感もあって美味しい!少し塩分の強さも目立つ味わいで、飲み進めると微妙に甘みが感じられるが、これもスープの特徴なのかなと思った。途中でねぎを投入してみると少し見えなくなったが、後味に少し残る味わいであった。麺は細めのストレート麺で、食べてみると気持ち軟らかめの茹で加減であるが、小麦の風味が僅かだが感じられて美味しい!食べ進めると何となくのびるのが早いと思った。麺量的には価格を考えると納得である。具材はチャーシュー・メンマ・青ねぎ。チャーシューは3枚入っており、スープと相俟って美味しい!メンマはいい食感であるが至って普通。青ねぎは風味に存在感があった。途中から卓上のうまみ唐辛子を入れると辛味で味が引き締まったような味になり、美味しく完食した。

わかりやすい味のスープで、豚骨がしっかり効いた味わいに醤油味が合っており、はっきり感が特徴のスープであった。具材も個性があり、チャーシューは肉本来の美味しさがあってスープにも合っていた。デフォの青ねぎも存在感があったが、麺については軟らかくなるのが少し早いのが気になった。それでも卓上のねぎとうまみ唐辛子はこの一杯に大きく影響した。退店時駐車場はほとんど埋まっていた。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「ミニラーメン 豚一切れ 710円」@ちばからの写真平日の12時半前に到着。予てからの宿題店にこの度来店。いつも店外に列ができていたので、どうせ並ぶならと思って一番混んでいる時間帯に来ると思ったほど列は無く、20人弱。待っていると、出てきた客層に迫力のある方が何故か多い。約40分で店内に入店し、券売機で掲題のメニューボタンをプッシュ。店内で数分待って右端に着席。その後しばらく経って、「野菜」「ねぎ」をコール。その後すぐそれがやってきた。

出てきた一杯はきれいに高く盛られた野菜とねぎが特徴的で、豚一切れが厚いと思った。まずはスープを飲んでみると、豚骨の濃さが全面に出ており、そこに醤油の風味がしっかりと見えていて美味しい!濃さがかなりあるのが特徴的で、スープのみだとコラーゲンたっぷりで濃過ぎるようにも感じられる濃度である。恐らく醤油もこだわっていないとこの味は出せないのだと思った。味わいには節系が見え隠れしていた。スープの量が少なめなのも特徴的である。具材類にスープをかけながら食べてみると、野菜が美味しい!麺の前に野菜を先に食べたが、このスープが野菜の甘さに合っており、水分と相俟って丁度良い加減となった。麺は太めのウエーブのかかった平麺で、食べてみるとゴワゴワッとした食感に小麦の風味がしっかりと見えていて美味しい!スープにも合っているというより受け止めているような印象で、強い一体感があると思った。食べ進めるとポタージュにタリアテッレを食べているような洋風のエッセンスも感じられた。麺量はミニでこの量なので、言うまでもなし。具材はいわゆる豚・もやし・キャベツ・輪切りねぎ、メンマは入っていなかった(はず)。豚はバラロールで、赤身も味わいがあり、脂も甘さがあるがややくどい。野菜類は鮮度があり、スープを合わせることにより、いい味わいになった。最後に卓上のとうがらしとBPをかけて完食した。

かなり濃いスープが特徴的で、それが野菜類と一体感を成すことによって旨さにシナジー感が出ている一杯で、麺は単体だけでも美味しいが、スープを受け止めて旨さは引き出されているように感じられた。具材もクオリティがよいと思った。普段は二郎系を食べないが、クオリティの高い一杯を食べたという印象が残った。次回は野菜ねぎマシマシをコールしてみようかと思う。食べ終わってしばらく経つと、顔にテカりが感じられた。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ネギラーメン 650円」@ラーメンショップ 山倉店の写真平日の12時前に到着。休みでない時はいつも混んでいるこちらのお店であるが、この日この時間さほど混んでおらず、お店の駐車場に停めて来店。大人数でオペレーションをしているせいか、オーダーもスムーズである。待っていると後客が「こちら経営変わりました?」と質問し、「そうです」と答えていた。それを聞いていると満席になった。いつの頃に変わったのかわからないが、人気店には違いないようである。

出てきた一杯は典型的な豚骨醤油スープであるが、何となくネギのボリュームが少ないかなというビジュアルで、具材のボリュームそのものも事前のイメージより小さいように思った。スープを飲んでみると、結構濃いめの豚骨醤油味で美味しい。ネギに絡んでいる油がスープに香ばしさを出しており、それが旨さとなっていた。ただ飲み進めると、調味料の味が目立ってきた。麺は中位からやや細めの少しウエーブがかかっている麺で、食べてみると、これが結構軟らかい。少し茹で時間が長かったのではなかろうか。スープとの相性は悪くないが、食べ進む毎にコシがほしいと思った。麺量は標準的である。具材はチャーシュー・メンマ・ワカメ・海苔・ネギ。チャーシューはややパサついているがスープと相俟って味わいはGOOD。メンマはよくある仕様。ごま油に塗されている白髪ネギは、味と食感共にいいが、もう少し量がほしいところ。ワカメと海苔も美味しく食べることができた。

全体的に濃い味わいのラーメンで、スープに素材からの旨さがあり、具材はボリューム感こそ少ないが、随所に美味しさが見えていた一杯で、特にごま油が絡んだ白髪ネギははっきりとした味付けで、全体に影響を与えていた。ただ麺についてはもう少し硬めで食べてみたかった。調味料の味が目立っていたが、そこはもう少し抑えてほしいと思った。何となく不出来だった感が否めない。次回は麺硬めをコールしてみようと思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「平日ランチセット 890円 ※」@らーめん 八幡屋の写真※平日ランチセット(しょうゆつけ麺690円+半チャーシュー丼)=890円

平日の13時前に到着。出汁に鰻を使っていることに興味を持って来店。確か亀戸には鰻出汁のラーメンを提供するお店があるが、100%鰻出汁だと私にとっては勇気がいる。この界隈に来ることがあり、駐車場に停めて入店すると、こちらにおかけくださいでレジ近くのカウンターに着席。種類の多い中から掲題のメニューをオーダー。その後フルのチャーシュー丼は330円ということに気づいた。お得感が・・・まあいいか。

出てきたセットは、かなりボリューム感のあるつけ麺で、濃いめでドロッとしたビジュアルのスープが特徴的で、半チャーシュー丼も価格を考えると納得できるビジュアルであった。麺をそのまま食べてみるとムチッとした密度のある中太のほぼストレート麺で、コシがはっきりとして美味しい!硬めの茹で加減で、麺のみでも美味しいと思った。ちなみに麺には鰻のエッセンスはなかった。その麺をスープに投入すると、スープはまず鰻のエッセンスがあってそれが甘いコクのような旨みになっており、その後に豚骨醤油系の濃い味がはっきりと見えて美味しい!鰻出汁と豚骨醤油に一体感があった。麺との絡みもしっかりとしており、ボリュームも充分である。ただ後半飽きがきてしまった。具材はチャーシュー・メンマ・ホウレンソウ・海苔・輪切りねぎ。チャーシューはホロッとした柔らかい食感でGOOD。メンマは少し甘めの味わいで柔らかめの食感。ホウレンソウはスープの濃い味に絡むと旨みが出てきて美味しい!海苔は麺を巻いて美味しく食べることができた。輪切りねぎも鮮度の良いモノであった。割りスープをコールすると、大きなお銚子で提供され、アツアツで動物系の効いた味わいのモノで、多めに注いで美味しく飲むことができた。半チャーシュー丼も美味しく、結構満腹になった。

鰻出汁と豚骨醤油のシナジー感のあるスープが美味しく、普通の“しょうゆつけ麺”でも濃厚な味わいであった。それに併せる麺がしっかりしており、自家製麺と聞いているが、素晴らしい味わいであった。食べて際のアタックは鰻の味わいが生きて美味しいと思ったが、後半飽きがきたことが気になった。具材が総じて柔らかめであったが、狙ってのことなのだろうか。次回は単品で麺類を食べようと思う。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ねぎラーメン 小(醤油) 700円」@ラーメン青木亭 八潮店の写真日曜の13時半前に到着。来店時の状況はぎょうざデータベースで。外にある券売機で購入して並ぶことにする。10数分後に入店。客層は様々である。カウンターのみの店内であるが、席間隔が広いのが特徴的だとも思った。出てくるのに少し時間がかかったが、まず餃子が出てきて、その後すぐラーメンが運ばれてきた。

出てきた一杯は青磁で表面が広いが浅い器で、ねぎが背油スープの中で山状になっているビジュアルであるが、典型的なジャンクの系統のように思った。スープを飲んでみると、醤油というより豚骨の味が目立っているスープでコクがあり、そこに背油からの甘さが旨みとなって美味しい。背油はこってり感より味わいの方になっており、はっきりとした味のスープと相性が良いと思った。ただ少しぬるめだなあ・・・。麺は中細の少し縮れている麺で、食べてみるとやや軟らかめの食感であるが、しなやかさもあって美味しい。コシがあってのどごしも良く、これもスープとの相性が良い。小を選択したものの、量的には満足感があった。具材は明らかに存在感のあるビジュアルで、太めの白髪ねぎ・分厚いチャーシュー1枚・メンマ・わかめ・玉子半分・海苔。ねぎは胡麻油で和えられており、シャキシャキ感と心地よい甘みが見えて美味しい!ボリュームもあって素晴らしい味わいである。チャーシューは柔らかくてしっとり感があって、これも美味しい!わかめは量的にも満足感があり、風味もしっかりとしたクオリティで、存在感があった。メンマ・海苔はよくあるクオリティ。玉子は表面に濃い味がついており、美味しく食べることができた。後半卓上の豆板醤を少し投入して完食した。

この系統は久し振りに食べたが、ジャンク的というより味としてまとまりがあり且つスープ・麺・具材にそれぞれ個性が発揮されている一杯だと思った。背油はそのクオリティで味が大きく変わるので、どうかと思ったが満足できる味わいであった。特にねぎとチャーシューは素晴らしい。麺の茹で加減と提供時のスープの温度が気になったが、特にスープは提供時のタイミングか。次回は麺硬めをコールしようと思う。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「チャーハンランチ 950円 ※」@丸源ラーメン 宮前平店の写真※肉そば 単品:702円

平日の12時半過ぎに到着。来店時状況は、先に提供されたチャーハンDBのレビューに記しております。メニューを見ると熟成醤油のラーメンがウリらしく、事前情報が無かったので、店員さんにラーメンビジュアルの上に載っているオレンジ色の玉が何か質問したら「柚子おろし」とのこと。その後の気遣いのある言葉に好感が持てた。チャーハンのパフォーマンスが終わったにラーメンが提供された。

出てきた一杯は柚子おろしがやや溶けかかっており、スープには背油がかかっていた。肝心の肉は表面からは少ししか見えていないので、最初やや不安になった。卓上の“極め5か条”に則って食べてみることにする。スープを飲んで見ると、コクのある醤油スープが肉や具材からの味と一体化があって美味しい!ただ柚子おろしの味が混ざってくると妙にあっさりとした味わいになっていった。大根特有の青臭さは僅かで味の邪魔はされていないが、柚子はあまり風味が無かった。お店の食べ方の通り「どろたれラー油」をかけて食べてみると引き締まった味わいになってGOOD。醤油の味が再度引き立ってきた。麺は中細のほぼストレート麺で、やや短めの仕様であろうか。食べてみるとスープに混ざっているいろいろなモノが麺にくっついており、そこから旨みが出ていて美味しい。やや柔らかめの茹で加減で、スープと相俟ってさっぱりとした食べ応えである。ただ肉や具材の多さでやや存在感がないと思った。ボリューム的には妥当なところである。そして食べ進むとスープの味に余韻が少なく感じられた。「どろたれラー油」をさらに一回投入すると確かに美味しいが、元の醤油の味が消えゆくようであった。酢を途中でかけると味変にはなったが、完飲はしなかった。具材は豚バラ肉・柚子おろし・青ねぎ・海苔。肉はたっぷりと入っており、スープや麺と相俟って美味しい!存在感があった。柚子おろしは存在感こそあるが、醤油の味を相殺しているようにも感じられ、柚子の風味もほとんどしていなかった。青ねぎもしっかりとした風味で良い味わい。海苔は麺を巻いて美味しく食べることができた。

濃いめの醤油スープとボリュームのあるバラ肉が全体の旨さを引き立てている一杯で、と特にバラ肉には甘さから来る旨みがはっきりと出ており、全体に大きな影響を与えていた。スープもコクのある美味しさであったが、柚子おろしが溶けて一体感を成すと旨さが消えてしまい、柚子おろしが必要なのかとまで思ってしまった。あと卓上の「どろたれラー油」は素晴らしい。会計時一瓶購入して退店した。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「野菜ラーメン 734円」@麺屋 武士道 船橋店の写真平日の13時半過ぎに到着。とにかく混むこの道路に疲れてしまい、こちらに休憩を兼ね来店。駐車場もほぼ満車で、店員さんが一生懸命誘導をしていた。入店すると席数が多く、この時間7割の入りである。メニューに「ドカ盛り野菜ラーメン」と定義付けられていたところから掲題のメニューを麺硬めでオーダー。店員さんが意外と多く、トレーニング中のような方も見受けられた。

10分ちょっと待って出てきた一杯は、野菜が大きく盛られているビジュアルで、焼き目の入っている厚いチャーシューが特徴的である。スープを飲んでみると、香ばしさのある豚骨醤油スープで美味しい。家系をアレンジしたような味わいであり、しっかりとコクがあった。背油が浮いており、そこから甘さが出ているのはいいが、妙な臭みがあってクオリティとしては他の素材に比べて差があった。麺は太めのウエーブのかかっている角ばった低加水の麺で、食べてみるとゴワッとしている食感で、それがスープと絡んで美味しい!何となく二郎系のような麺で、ワシワシと食べるような感覚である。食べ応えがあってのめり込むような感覚になりかけたが、ここでも背油のクオリティが引っかかった。麺量は充分である。具材はモヤシ・キャベツ・チャーシュー・なると。野菜類は「ドカ盛り」とまでではないが、大盛でGOOD。やや生っぽいがスープに絡めて美味しく食べた。チャーシューは煮豚に焼き目をつけた仕様で、ややあっさりしているが肉々しい味わいもあり、美味しく食べることができた。

麺のゴワゴワ感が好印象で、それに併せる豚骨醤油スープも旨みが見えており、ベースがしっかりしている一杯だと思った。具材はメニューの書いてあるドカ盛りとはイメージが違い、もう少し茹でて提供してほしいと思ったが、スープと麺の旨さに助けられたような印象である。ただ背油については何らかの環境状態が起因していたと思われ、独特の臭いがしていたことが気になった。車の誘導をしている店員さんを横目にして次に向かった。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「野菜つけ麺 850円」@麺屋あがらの写真祝日の11時半に到着。レアな柑橘系“じゃばら”を使ったお店ということに興味を持って来店。一番乗りかと思ったら、待ち客4人。この炎天下で待つのがきついと思ったら、その直後にシャッターが上がった。券売機で掲題のメニューボタンをプッシュし、カウンターに着席。目の前にはじゃばら果汁があった。調理とホールとの連携が好印象である。待っている間にカウンター後方の待ち席が埋まった。

出てきたつけ麺は中盛(無料)にしてはボリューム感のあるビジュアルで、野菜はキャベツの比率が多い。麺は中位の表面がツルツルとしており、そのまま食べてみると、コシがしっかりとして美味しい!小麦の風味も少し感じられる凝縮感のある麺だと思った。その麺を野菜を沈めるようにしてスープにつけて食べてみると、かなり豚骨がガツンとくる濃い醤油味のスープで美味しい!油分が強いが酸味があり、これがじゃばらの味なのかと思った。はっきりとした旨みと味わいで、以前井出商店やまっち棒で感じたガツンとするスープが特徴的な和歌山ラーメンの系譜の味わいである。それよりも油分が強いが、それも旨さに繋がっていると思った。麺とスープの絡みは強くないが、このスープなので適度の絡みが丁度良いと思った。具材はキャベツ・もやし・なると・刻みチャーシュー・メンマ・輪切りねぎ。キャベツ・もやしは鮮度がGOODなものの、量は思った程多くない。なるとは彩り的存在。チャーシューは炙られたモノを刻んでおり、肉の旨みと香ばしさがあったが、焦げの多い箇所のモノがいくつかあり、雑味に感じられた。メンマは細めで色の濃い仕様で、丁度良いコリコリ感で美味しい。濃いスープに合っていると思った。中盤からスープと麺にじゃばらを多めにかけて食べると、これが美味しい!酸味の中に少し苦みがあるのが旨みになっており、高級な味わいにも感じられた。味変は決して大きく変わらないが、複雑性が出たように感じられた。麺を食べ終わる頃、切れた麺が底にいくつか出てきた。スープ割りはブーメラン形式で魚介系の出汁で、ガツンとくる仕様とは全く異なり、美味しく飲むことができた。

和歌山のエッセンスが充分見えているつけ麺で、さらにじゃばらが生きており、個人的にはもっと大量にスープと麺に投入しても良かったかなとも思ったが、満足感があった。麺・スープ・具材全てに確立されたモノが感じられたが、最後に出てきたくず麺や炙り過ぎと思われるチャーシューはたまたまか。それでも実力のあるお店だと思って退店。次回は豚骨中華そばに味玉トッピングでいこうかと思う。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

平日の13時前に到着。本来は別なお店に行こうと思っていたが、付和雷同で来店。この時間ほぼ満席であった。券売機で掲題のメニューボタンをプッシュ。店内は思いの他狭く、カウンターの間隔も広くなかった。ホールの女性はその中で提供されたモノをうまく捌いており、トレーニングされたような動作であった。つけ麺ではあるが、他が同じタイミングでオーダーしたラーメンより早くやってきた。

出てきたつけ麺はスープの器が温かく、麺の器は冷たくされて提供された。豚骨醤油のスープと具材からやはり家系のエッセンスだと思った。麺をスープに入れて食べてみると、典型的な豚骨醤油の味が麺に絡んで美味しい!麺が器の影響があってか、きっちり〆られているように感じられた。麺は中太の少しうねりのある四角い麺で、麺そのものは風味が僅かに感じる程度のやや淡白な味わいである。量的には標準といったところである。スープはよくある豚骨醤油味に魚粉が効いている味わいで、厚みこそよくあるクオリティであるがここでも器からの温かさで美味しく感じられた。具材はチャーシューが麺側とスープ側に各1枚入っているのが特徴的で、他に麺側にはホウレンソウ・海苔1枚。スープ側は他に輪切りねぎが多めに入れられていた。チャーシューはスープと相俟って美味しい!ホウレンソウも同様にして食べ、美味しく食べることができた。食べ終わるころに切れた麺が下から4~5個出てきた。スープ割りは温かくなって戻ってきて、美味しく飲むことができた。

典型的な家系のつけ麺といったところで、時々この系統にある臭みが全くなかったことが食べやすさになっているのだと思った。チャーシューが麺側とスープ側の両方にあり、器の温度が旨さになっているのは好印象であった。それ故に麺やスープにもう少し個性があってもいいのではと思った。退店時一旦空いた席がまた満席になった。この界隈では人気のあるお店なのだなと思った。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

土曜の11時半前に到着。昼夜問わず飲食の選択には事欠かないこの界隈であるが、この曜日のこの時間だと食べられるお店は少し限られる。とてもロケーションの良いこちらのお店が気になっていたが、この度ついに来店。券売機で掲題のメニューを選択。この時期鬼辛タンタン麺というのもあったが、初訪にて今回は思い留まった。この時間来店客は数人であったが女性一人客もおり、恵比寿ならではの風景だと思った。

出てきた一杯はブラックペッパーがかかっており、肉の厚みと海苔のボリュームが目立っているが、全体的な盛りが少ないと思った。黄身をクラッシュしつつ掻き混ぜて食べてみると、醤油味が全体に絡んで美味しいものの、ちょっと濃いな~。黄身の甘さで中和感があるものの、食べ進む毎に濃さが目立った。具材は分厚い豚肉・刻み海苔・炒められた野菜類・卵の黄身。豚肉は赤身の多い部位が多くて食べてみると肉由来の旨みにタレが絡んで美味しいが、脂身の部位は甘さがあまりなく、タレと相俟って結構くどい。刻み海苔は風味が出ていて存在感がある。野菜類はモヤシ8割にキャベツとニラが少々。濃いタレや麺と併せて食べて美味しい!黄身は前述の通り。麺は中太の縮れている麺で、タレや具材と併せることで美味しいものの、量は思いの他多くないと思った。後半味変したくなり、酢・レッドペッパー・カレー粉を投入。そうすると酸味と辛味で美味しくなったが、濃い味わいは消えることは無かった。

二郎系という先入観があったので、デフォでもかなりのボリュームかと思ったが、さほどでもないという印象が残った。これでトッピングをするとかなりのボリュームになるようだが、それは許容範囲にしても、タレの濃さは野菜増しにでもしないと濃くてきついのではなかろうか。肉の脂身のクオリティは仕方ないところか。次回来ることがあれば限定系でも食べてみようと思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件