なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

流星

味をメインにして採点しますが、それ以外にお店の方の姿勢と値段のバランスも加味して採点します。当日から三ヶ月前までに行ったお店を対象とします。同じお店や同じメニューを複数採点することもありますが、同じメニューは一ヶ月以上開けて採点していきたいと思います。よろしくお願い致します。

平均点 74.914点
最終レビュー日 2019年10月19日
1,126 1,065 0 469
レビュー 店舗 スキ いいね

「黒ごま担々麺 880円+消費税」@雲龍一包軒 セブンパーク アリオ柏の写真平日の20時前に到着。知人のスケジュールフォローでこちらの施設にやってきた。思いの外大きい施設に驚きつつこちらに来店。入店するとやはり飲食企業なりのこぎれいさと清潔な内装がすぐ目に映った。こちらのお店だけではないが、来店客は数組と席数を考えると疎らである。こちらのウリの小龍包をいくつか食べた後、掲題のメニューをオーダーして待つことにする。

出てきた一杯は油膜が厚く、黒ゴマが適度にかかっている担々麺というビジュアルで、刻み青ねぎの緑が彩りを添えていた。スープを飲んでみると、ベース出汁が適度な辛さと相俟って美味しい!辛さはさほどなく黒ゴマの具海が見えている。油っこさはあるが、思いの外しつこくない。全体として濃い味わいである。出汁は鶏がらと豚骨であろうか。飲み進めると確かに美味しいが、塩分の強さも見えていた。麺はほぼストレートで太さは中位の平麺で、食べようとするとスープが跳ねる・・・。こういうジャンルのスープでの平麺はやはり衣服には危険だと思った。改めてゆっくりした動作で麺を食べてみると、平麺ならではの食感がスープと相俟って美味しい!コシもあって濃いスープに合っている。食べ進めると少しスープの濃さの方が強いかなとも思った。麺量的には普通である。具材は挽肉・黒ゴマ・青ねぎ。挽肉は肉本来の旨みと食感に醤系の味わいがあって美味しい!黒ゴマは風味を出している。青ねぎはフリーズドライの仕様で、価格を考えるとこれはフレッシュで食べたかった。スープをやや多めに残して完食した。

全体として濃い味わいというラーメンで、スープの存在感が目立っていた。麺も平麺でコシがあってスープとの相性は良いと思った。具材も挽肉に旨さがしっかりとあった。それぞれ旨みのある一杯であるが、後に残る塩分の強さが気になった。そして麺は細い丸麺の方がいろいろな意味で食べやすいと思ったが・・・。こちらの企業の別な店名でも同じ一杯が食べられそうな気がしたので、一度別な屋号にも行ってみようと思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ピスタチオ担々麺 1500円」@紀州清流担々麺 produce by KEISUKEの写真平日の12時半前に到着。ピスタチオ味のラーメンに興味を持って来店。外に券売機があり、一番左上にある掲題のボタンをプッシュ。待っているとカウンターを案内され、一番奥の席に着く。濃さを聞かれ「あっさりで」。ランチサービスは4つ選択があったが、大盛を選択した。この時間半数強の入りである。お店のオペレーションは慌ただしくはないが、提供が遅い。20分近く待って提供されたが、この時間帯なのにそれはどうなのと思った。

出てきた一杯は、ピスタチオの色を彷彿させるスープの色が特徴的で、肉味噌の上にピスタチオ。そして辛味油・青梗菜・肉味噌・もやしの色が鮮やかである。スープを飲んでみると、アタック時は確かにピスタチオのエッセンスがあって美味しいが、飲み進めるとはっきり感がない。ナッツ由来の風味が目立つが、甘さはピスタチオからか。鶏系の出汁に辛味が効いているスープにナッツの味わいというスープである。ぶどう山椒が入っているようであるが、これもはっきりとはわからなかった。麺は細めのストレート麺で、食べてみるとスープに強く絡んでおり、コシがあって小麦の風味も感じられて美味しい!個性の強いスープに負けておらず、一体感がある。時間が経ってものびないのも特徴的だと思った。量は大盛無料なので言うまでもなし。具材は先述の通りで、スープにピスタチオやクラッシュナッツが散りばめられていた。肉味噌はやや大きめで、はっきりとした旨みがあって美味しい。青梗菜は柔らかい仕様で、これが美味しい!スープと相俟って素材の旨みが引き立っている。もやしはクオリティの良さがわかるが、このスープに合っているようなそうでないような・・・。肉味噌の上のピスタチオは素材そのものの味であった。後半卓上の唐辛子をかけて完食した。

ピスタチオという素材を使ったラーメンはどんなものかと思ったが、最初のアタック時は素材の風味と甘さが現れていたが途中からわからなくなり、単なるナッツの味に感じられた。美味しいには違いないが、価格も含めかなり難しい素材ではと思った。そして一番混む時間帯でこの提供スピードはいかがなものだろうか。多くの点が気になった一杯だと思って退店した。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
72

「担々麺 800円」@珍宴の写真平日の13時に到着。付和雷同でこちらに来店。相変わらず混んでおり、少し待たされ一階の卓席に案内される。周りを見ると前回同様、担々麺を食べている方が多い。五目チャーハンにしようと思ったが、掲題のメニューを小ライス付き(無料)でオーダー。提供されている料理を見ると飯類の大盛の量がかなり多い。こちらで大盛をオーダーしたことは無いが、どんなボリュームか興味を持った。

出てきた一杯はいつもの付け合わせにいつもの杏仁豆腐とスープの代わりにライスという配置で、きれいな色の担々麺という印象である。スープを飲んでみると、マイルドな味わいで美味しい!最近の傾向ともいえる辛さや痺れは目立っておらず、醤系とゴマの風味が効いている。バランスのとれているスープだと思った。麺は細いほぼストレートの丸麺で、食べてみるとプツッと切れる食感にコシがあって美味しい!しなやかな麺でスープとの絡みが良く、食べていて一体感がある。麺量的には妥当なところである。具材は挽肉・水菜・もやし。挽肉はピリ辛で、肉本来の風味があって美味しい。思いの外ボリュームがあって、食べ応えがあった。水菜はスープと相俟って美味しいものの、あまり存在感がない。もやしはスープや麺と併せて食べることで美味しいが、食べ進むとスープが水っぽくなるように感じられた。

最近の担々麺というより以前から変わらない味わいを提供しているように思われた一杯で、口当たりが優しく何が突出していることなく適度にバランスのとれた味わいの担々麺だと思った。スープも麺も標準的であるが、もやしについては食べるとスープが薄まるような味わいに感じられたことが気になった。水菜はもっとボリュームがほしい。それでも旨さは感じられた。次回は飯類でいこうかと思う。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

「坦々つけ麺 950円」@ラーメンきじまの写真平日の12時前に到着。時々通る道路の隅に黄色と赤文字で「らーめんきじま」と書いた小さい看板があった。どうしても気になって車を進めてみると、黄色と赤の屋根が特徴的なお店が一軒ポツンとあった。そして車が既に数台停まっている。どういうお店だろうと思って来店。カウンターに着席すると、結構メニューが多い。その中で別途一枚に新発売と書いてあった掲題のメニューをオーダーして待つことにする。

「担々麺です」と運ばれてきたので、ミスオーダーかと思ったがその後すぐ「麺をお持ちします」とのこと。何かなと思ったが、すぐ麺が運ばれてきた。出てきたつけ麺は具材がたっぷり入っている大きな丼がメインという仕様で、メニュービジュアル以上のボリュームに驚いた。麺は標準的なボリュームであるが、これ食べきれるのかなと思った。まずスープ側を食べてみると、担担麺のスープというより、醤油味にゴマの風味と玉ねぎの味わいが効いていて美味しい。辛さはほとんどない味わいで、全くのオリジナルである。ニンニクもさりげなく効いているのがGOOD。味わいに厚みを出していた。そして具材がこれでもかと言わんばかり入っている。内容は、豆腐・チャーシュー・挽肉・玉ねぎ・生卵・ニラ・輪切りねぎ・白髪ねぎ・刻みニンニク・白ゴマ・赤唐辛子。味わいとしては挽肉・玉ねぎ・ニンニクを炒めて豆腐・白ゴマ・赤唐辛子をスープといっしょに煮込み、チャーシューと生卵を入れたように思われた。ジャンク性もあり、醤油味に具材からの味わいが旨みとなっている味わいである。チャーシューはホロッとした食感で美味しい!玉ねぎはたっぷり入っており、味を下支えしていると思った。そのスープに麺を投入すると、シコシコとした細い麺がスープや具材と相俟って美味しい!よくあるクオリティではあるがしっかりと〆られた麺で、具材に隠れることなく旨さが見えていた。このつけ麺の特徴だと思うが、途中から麺も具材の一つのような感覚になり、美味しく完食した。スープ割りは必要なかった。

具材のごちゃまぜ感が強く、それが美味しさに繋がっていると思ったつけ麺で、それ故麺の存在感は薄いものの、一体感があったと思った。辛さのあまりないゴマ風味のつけ麺で、場所柄価格が高いなあと思ったが、このボリュームなら納得である。そしてこの味わいであるから、不利なこのロケーションで途切れることなく来店客が来ているのだと思った。次回来ることがあれば、半ラーメンのセットでいこうと思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
70

「大陸麺 831円」@唐居の写真平日の14時に到着。いつも通るこの道路で、信号が赤になるとこちらのお店がいつも気になっていた。どんな店だろうと思ってこの度来店。入店するとこの時間なのに食べているお客が多い。着席してランチメニューを見ると、全て大盛りが無料。業態的に飯類もいいかなと思ったが、激辛と書いてあった掲題のメニューが気になり、思わずオーダー。丁寧な接客が好印象であった。

出てきた一杯は、赤いスープに野菜焦がしねぎに野菜がたっぷりというビジュアルであるが、千切りの大根とキュウリが入っているのが特徴的に映った。スープを飲んでみると確かに辛さが強めで痺れ感も適度に効いていて美味しい!いわゆるカラシビ系の味わいであるが、ゴマや酸味の味わいも見えている。そこに焦がしねぎの香ばしさも加わって複雑性と厚みが出ており、担担麺のスープが進化したようにも思える美味しいスープである。麺は細めのほぼストレートの丸い麺で、食べてみるとコシがあるのがわかって美味しい。スープにも馴染んで美味しいが、何となくスープの方が勝っているような存在感。食べ進むと軟らかくなっていくのが早い。本場ではこういう食感の麺なのかもしれないが、もう少し硬めで食べてみたかった。麺量は普通でオーダーしたが、やや少なめに感じられた。大盛りで自分の考える標準的な量なのかもしれない。具材は大根・キュウリ・ザーサイ・焦がしねぎ・砕かれてパリパリしたモノって・・・名前を忘れてしまいましたm(__)m。千切りの大根とキュウリはスープと併せて食べると、美味しいようなそうでないような・・・。ザーサイは塩分がややキツイ。焦がしねぎは風味を出していて、存在感があった。

辛さと痺れにゴマの風味に酸味の見え隠れするスープの味わいが素晴らしく、激辛なりのキツイ辛さではなかったが、辛さに旨みがあった。麺はややのびるのが早いと思ったが、スープ・具材に合っていた。ただ具材については大根とキュウリはラーメンにどうかと思った。大陸ではこういう食べ方なのかもしれないが、自分には難しいと思ったのが正直なところである。次回来ることがあれば、担々麺にしようかと思う。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「(ランチ)ヘーゼルナッツ風味特製坦々麺セット 1620円 ※」@蔭山樓の写真※正式名称:ランチセット ヘーゼルナッツ風味特製坦々麺セット
単品価格:1296円

平日の11時半前に到着。かつて平日に予約無しで来たことがあったが、あえなく撃沈。予約で満席との貼り紙が行く手を阻んだ。単品で食べるのを諦め、今回予約をして来店。事前に掲題のセットを伝えておいた。一人客にてカウンターに案内され着席。ホールの方は皆目が行き届いていた。まずは朝採れ蒸し野菜(三浦産?)が提供。食べてみるとこれが美味しい!添えてあるマヨネーズやデザインのソースが旨さを増長させていた。

その後出てきた一杯は白磁にレタスと肉味噌たっぷりのビジュアルで、湯気がずっと立っており、そのせいか画像の焦点が何度撮ってもブレてしまったm(__)m。スープを飲んでみると、鶏系の旨みに醤系の辛さとナッツ由来のコクがあって美味しい!かなり濃厚で、最初からそう感じる担々麺はあまりないと思った。肉味噌も辛味・甘味・酸味がはっきりしている味わいで一体感がある。ヘーゼルナッツはゴマに換わって使われていると思われるが、スープが濃いせいか風味はほとんど感じられない。味を拾うようにして食べ進んでみると確かに後味にヘーゼルナッツ特有の甘みとコクが感じられた。麺は太めで少し縮れており、食べてみると強いコシが感じられて美味しい!弾力感のある食感で、モチモチとしている。濃厚なスープに合っている。若干汁跳ねが気になる麺ではあるが、紙エプロンも用意されているので、そこは事前コールで対応をされた方がいいと思う。ボリュームもしっかりとあった。ノーチェックだったが、黒い液体はバルサミコ酢だと思った。具材は先述以外では、レタス数種・タマネギ・水菜、そして砕かれたヘーゼルナッツ。レタスは濃い味わいのスープに馴染んでGOOD!タマネギ・水菜もほぼ同様で、一体感があった。ヘーゼルナッツは先述の通りで、食感にも存在感がほしい。途中で一口サイズのライスの希望を聞かれていただくことに。それをスープに入れてみると、濃厚なリゾット的な味わいであった。食べ終わった後杏仁豆腐が提供され、これも美味しく食べることができた。

担々麺としてははっきりとした旨みがあって濃厚さが特徴的であった。太い麺と相俟って、前菜とデザートで満足感を得るのではなかろうか。丁度良い大きさのレタスやバルサミコ酢が特徴的であり、よくある担々麺を昇華させた一杯だと思った。コスパ的にはしょうがないかと思ったが、ヘーゼルナッツの素材がスープに隠れていることが気になった。それでもフカヒレ専門店で敢えてこちらを食べて満足感があった一杯であった。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「まぜまぜ担々麺(並) 880円」@らぁ麺 ひなたの写真平日の12時前に到着。どことなく好評を聞いて来店。後日こちらRDBの平均点を見るとビックリした。先客の退店と入れ替わるように入店し、そのままカウンターに着席。前にあったメニューのあっさり系にしようかと思ったが、裏面に掲題のメニューを発見し、“まぜまぜ”の表現が面白く、そちらをオーダー。後客が続いて席が埋まってきたが、お店の方の接客は丁寧で、好印象に映った。

出てきた一杯はこだわりが感じられる器に肉味噌・ミニトマト・チンゲン菜に山椒系がかかっているビジュアルで、個性の強さが感じられた。ライスはコール無しでその後提供された。かき混ぜて食べてみると、甘めの肉味噌がもモチモチとした麺と絡んで美味しい!肉味噌はしっとり感があって、かき混ぜるとパサつく仕様のモノもあるが、こちらはそれがない。辛さは強くなく山椒もしびれ感がさほどない仕様で、全体的に優しい味わいである。麺も丁度良い茹で加減でコシがしっかりしている。食べ進むと肉味噌と麺の一体感が出ているのがわかるが、甘さも見えてきた。具材は先述の通りで、ミニトマトはクオリティが良く、心地良い酸味と清涼感がある。チンゲン菜も麺や肉味噌と合っており、美味しく食べることができた。山椒は徐々に存在感が見えなくなっていった。麺量的には標準的である。最後は卓上の胡椒をかけて完食した。ライスは残ったソースと絡めて美味しく食べたが、量はさほど残らなかった。

甘めの肉味噌とこの系統にしては細めの麺に一体感があり、しっかりとしたコシが全体の旨さを引き出していると思った。具材のクオリティが良いのも好印象であったが、肉味噌の甘みは個人の嗜好とは少し違っていた。山椒も最初は存在感があるが、食べているうちにはっきりしなくなっていったように感じられた。お店は優しい味わいをベースコンセプトにしているのではなかろうか。次回は醤油系でいこうかと思う。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「スーパー担々麺 880円」@手打ちラーメン珍来 市原店の写真平日の14時前に到着。最近多く使うこの道路で、いつもこちらのお店に大きく書かれた“スーパー担々麺”が気になっており、この度来店。入店するとこの時間でも賑わいがあり、私の後にも入店客が多い。ラーメン以外のメニューも多く、お得感のある日替わりランチもあったが予定通り掲題のメニューをオーダー。メニュービジュアルを見る限り、スーパー担々麺というのは担々麺にラーメンの具材が入っているという印象であった。

出てきた一杯はやや大きめな器で天目調のような凝った仕様も特徴的だが、中に入っているのは担々麺系のスープと具材にラーメンの具材が入っているメニュービジュアル通りという一杯であった。スープを飲んでみると、豚骨に辛めのスープにゴマの味が見え隠れして美味しい!担々麺的なスープではあるが、辛くした豚骨スープという印象もあり、個性的である。飲み進めると単調さが見えてくるが、麺や具材を伴うと美味しく感じられた。麺は中太の縮れ麺で、食べてみるとモチッとした食感にコシがあって美味しいのだが、食べ進めると少し粉っぽさが感じられた。スープに合っているものの、粉感は変わらなかった。ボリューム的には満足感があった。具材は肉味噌・チャーシュー・メンマ・細切りねぎ・輪切り小ねぎ・玉子。肉味噌はよくあるクオリティで、味わいに個性がほしい。2枚のチャーシューは厚めで、スープに浸して食べると肉本来の旨いがあって美味しい!メンマもよくあるクオリティであるが、たっぷり入っている。細切りねぎは鮮度があって味わいもGOOD。小ねぎも強めの味わいでスープに合っている。半分の玉子は出汁醤油の味が付いて美味しく食べることができた。

“スーパー担々麺”が気になって食べてみたが、メニュービジュアル通りでイメージ通りであった。スープは豚骨スープに辛さがあって担々麺のスープのようなゴマからくるクリーミーさはないものの、特徴は何となく感じられた。具材は豊富でいいのだが、ねぎ2種以外はありきたり感が強い。麺は茹でる前かなり冷たかったのではなかろうか。次回は多くの方が食べていた餃子でも食べようと思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「勝浦タンタンまぜそば(並) 750円」@麺屋MASTER PIECE 一宮店の写真平日の12時半に到着。最近よくこの界隈を通るが、幟でラーメン店と辛うじてわかるこちらに興味を持って来店。ビルの中の入口を入るとお店のドアがあった。入店すると半分程来店客がおり、地元の方や近くで働いている風体の方という印象である。貼り紙にあった掲題のメニューをオーダー。ただ半分以上の方がまだ提供されておらず、やはり出てくるのにかなり時間を要した。

「たいへんお待たせしました」との言葉を添えて出てきた一杯は、結構ボリュームのあるビジュアルで、盛り付けが丁寧にも見え、これを崩すのがもったいないとも思った。そう思いつつかき混ぜて食べてみると、豚骨にニンニクとラー油系の辛さが効いている味わいで美味しい!角ばった中太の麺にタレと白髪ねぎが絡んで香ばしさや食感もいいと思った。麺はやや硬めの茹で加減で、コシがしっかりしている仕様。食べ進めると勝浦タンタンメンにしてはあまり辛さが目立ってなく、どちらかというと豚骨の味が勝っているように思った。ボリュームは満足感があったが、後半やや飽きる感覚になった。具材は細かく切られたチャーシュー・白髪ねぎ・もやし・ワカメ、そして黄身。全てタレに絡んで美味しいが、チャーシューは肉本来の味にタレが絡んでGOOD!白髪ねぎは先述の通りだが、素材も良いと思った。黄身は甘さを出していた。後半卓上の酢とホワイトペッパーを使って完食した。

ボリュームもあってエッジの効いた麺と丁寧に作られた具材達にしっかりとした旨さがあり、それにタレが絡んで美味しい一杯であった。麺と白髪ねぎの一体感が好印象であった。タレも勝タンの味と思わなければ満足感があるのだが、もっと勝タンならではの特徴が正直ほしい。あと店員さん、金額を間違えてはいけません。卓上のメニューにこちらはありません。つけ(以下略)。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「四川担担麺 1080円」@頤和園 溜池山王店の写真土曜の14時前に到着。積年の宿題店であったが、改装時に来てしまったりとかで何となく忘れかけていたが、この度やっと来店。入店すると「14時ラストオーダーで、14時半までですがよろしいでしょうか」とのこと。お~ギリギリ・・・その時初めてL.Oを知った。やはり後客はいないが、この時間でも結構席が埋まっていた。この界隈は土曜でも混んでいるお店が多いなあと改めて思った。

出てきた一杯は想像通りゴマたっぷりというビジュアルで、明確な具材は肉味噌とさやえんどうのみというシンプルな構成である。スープを飲んでみると、最初サラッとしたゴマの効いたスープだと思ったが、よくかき混ぜて飲んでみると、ゴマでドロドロの状態になって美味しい!想像通りであるが、かなりゴマを使ってこのドロドロ感を出しているのだと思った。風味も出ており甘みも見えている。刻みねぎも味わいと風味になっており、これもしっかりとした存在感があった。素晴らしいスープである。麺は細くて僅かに縮れている丸麺で、食べてみると小麦の風味があって美味しいものの、思いの外軟らかい。コシがあまりよくわからなかった。食べ進むと麺が絡んでいる。先程のスープもかき混ぜて旨みが発揮されたが、何となく雑に感じられた。スープとしっかり絡む仕様で、一体感は素晴らしい。量的にはボリュームがあると聞いていたが、さほどではなく標準的な量であった。具材は先述の通りで、肉味噌は濃いめの味わいがスープに合っていて美味しい。さやえんどうは3個入っており、どちらかというと彩り的な役割。最後に卓上の胡椒をかけて完食完飲した。

ゴマの存在感がはっきりと見えている一杯で、ゴマが強く主張するドロ系のスープは、どれだけ使っているのかという印象が残った。ベースの出汁もしっかりとしているからこの味ができるのだと思った。それに比べ、麺については軟らかい茹で加減が気になった。そして麺が絡んでいる仕様はスープのクオリティを考えると、とても惜しい。ボリューム的にも事前情報とは違ったが、改装後この量なのだろうか。次回はまた違うモノを食べてみようと思う。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件