なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

流星

味をメインにして採点しますが、それ以外にお店の方の姿勢と値段のバランスも加味して採点します。当日から三ヶ月前までに行ったお店を対象とします。同じお店や同じメニューを複数採点することもありますが、同じメニューは一ヶ月以上開けて採点していきたいと思います。よろしくお願い致します。

平均点 74.911点
最終レビュー日 2019年8月17日
1,117 1,057 0 460
レビュー 店舗 スキ いいね

「中華そば 600円」@三忠食堂 弘前さくら祭り出店の写真祝日の12時前に到着。弘前さくらまつりの“葉桜”を満喫しつつ混みあう前に来店。地元で人気店の出店とのことで興味があった。先ず入口で会計をして空いているテーブル席を見つけて座り、高校生アルバイトに声をかけてプラ券を渡した。平年より10日前後開花が早いのに会場は結構混んでおり、これで満開だったらどの位すごいのだろうと思っていると、思ったより早くそれが出てきた。

出てきた一杯はかなり縮れた麺に厚めのチャーシューが特徴的なビジュアルで、一見すると秋田十文字系や新潟島清淡系に近いと思った。スープを飲んでみるとサッパリとした味に魚介系の味わいがあって美味しい!事前に鰯の焼き干しからの出汁と知っていたが、昆布や鶏ガラの味もあり、旨みが重なっていると思った。飲み進むにつれて、少し塩気の強さと淡白さが感じられた。麺は縮れの強い細麺で、食べてみるとスープと絡んで美味しい!加水が高めの麺でモチモチ感がある。スープとシナジー感のある麺であるが、量的には少なめであった。具材はチャーシュー・メンマ・なると・輪切りねぎ。チャーシューは端の部分であるが、厚め且つ肉本来の味に出汁醤油の味と相俟って美味しい!旨みが素晴らしいと思った。メンマ・なるとはよくあるクオリティ。輪切りねぎはアクセント的存在であるが、あまり目立っていなかった。

スープ・麺・具材にそれぞれ特徴があって、これが津軽ラーメンかなと思った一杯。焼き干しの香りと味がはっきり出ているスープに強く縮れた細麺、旨みのしっかりとしたチャーシューは素晴らしいと思った。その点はすばらしいのだが、麺や具材の量が何となく寂しいと思ってしまった。出店だから仕方ないのかなあとも思ったが、物足りなさがあったのは正直なところである。混みあって来始めたところで退店。引き続き“葉桜”を見て回った。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「元祖つゆやきそば 700円」@お食事処 妙光の写真土曜の12時半過ぎに到着。“黒石つゆやきそば”を世に広めたお店であり、この度興味を持って来店。静かな街並みを過ぎると突然車で埋まっている場所があり、それがある意味目印である。第二駐車場に停めて来店。丁度入れ替わりですぐに座ることができた。掲題のメニューをオーダー。店内は津軽凧に色紙・写真や最近取り替えたような高画質ハイビジョンテレビ、そして商標登録の認定証の額が目立っていた。

出てきた一杯はやや大きめな器に色の濃いスープと揚げ玉・キャベツ・輪切りねぎという見慣れないビジュアルで、個性的である。スープを飲んでみるとソース味のスープと酸味が効いて美味しい!丁度良い加減の酸っぱさとウスターソースの味わいで、洋風の甘辛さと中華系の出汁が絶妙なバランスがあって他に無い旨みである。千葉・船橋のソースラーメンのスープとも違う味で、個性的なスープに出来上がっていると思った。麺は太めの平麺で食べてみると、少しザラつきがあってそこにスープの味が絡んで美味しい!食感はやや柔らかめであるものの、のどごしが良い。食べ進むと柔らかさが目立ってきた。具材は豚肉・キャベツ・タマネギ・モヤシ・ニンジン・ピーマン、そして揚げ玉に輪切りネギ。モヤシ以外は細切りされており、肉も旨みが出ていてGOOD。野菜類もフニャッとしておらず、いい食感と旨さが出ていた。揚げ玉はスープの油代わりにもなり、旨みを増長していた。

太い平麺と酸味と出汁のバランスが心地良いスープにシナジー感があり、そこに量と種類が豊富な具材でさらに一体感を出させている一杯で、強い個性を感じられた。美味しい味わいで何となく癖になりそうであるが、麺が柔らかくなるのが早かったことが気になった。それでも価格に比べてのボリューム感が素晴らしく、地元の味を食べることができたという満足感があった。退店時も来店客が途切れることがなかった。人気店だと思って車に乗った。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「黒石つゆ焼きそば 500円」@あおもりご当地グルメ屋台村の写真参考になるかわかりませんが、イベントでの飲食にて急ぎレビューアップします。

祝日の13時前に到着。青森の土産が全て揃うアスパムを散策していると、イベントパンフに「明日香」の名前を発見。確か「美満寿」というつゆ焼きそば発祥のお店の味を引き継いだお店ではと思い、空いたところで質問していると間違いないとのこと。叔父さんの笑顔が印象に残った。「明日香」は夜遅い時間しか開店しておらず、叶わないお店と思ったので即購入。外の椅子席は全て埋まっていたので、アスパムの中でスペースを見つけて食べることにする。

渡された一杯は、若い方が作り置きしていたモノを軍手で手掴みにして盛られたところにスープを入れて作られたモノで、イベントならではのオペレーションである。スープを飲んでみると、鰹出汁のスープにウスターソースが効いて美味しい。甘辛い味わいで、直近で食べたつゆ焼きそばに比べ、酸味より塩分が強めである。はっきりした味なので最初は旨みが目立つが、後半ややくどさが感じられた。麺は太めの平麺で、食べてみるとコシがあって美味しい。柔らかめの仕様であるが食べていてスープと馴染んでおり、ここでも甘辛い味や酸味との相性が良いと思った。量的には少なめだが、イベントなので価格との比較で許容内である。豚肉・キャベツ・タマネギ・揚げ玉・輪切りネギ。バラ肉は小間切れ状で肉本来の旨みがあって美味しい!キャベツも美味しいが肉同様、少ししか入ってない。タマネギは甘みがあってGOOD!こちらは目立っていた。揚げ玉。輪切りねぎも存在感があり、旨みに一体感があった。

イベントでの食事はどうしても作り置きをせざるをえず、出来にバラつきがあるためどうかと思ったが、環境は違うもののぬるくなりがちな仕様のところをスープを入れて温かく提供するのは、つゆ焼きそば本来の仕様ではと思った。自分勝手な想像をしてしまったが、味については蕎麦のつゆにウスターソースが効いたスープの味わいと、太めの平麺が絶妙な一杯。具材もそれに馴染んで美味しかった。ただスープについては少し塩分が強めであったことがきになった。そして具材の量が少なかったのはイベントならではかなあと思った。それでも黒石つゆやきそばの原点的なお店の味を知ることができた満足感はあった。器をもえないゴミに入れて帰路に就いた。

レビューアップ後3時間位しかありませんこと、ご容赦。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件