なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

流星

味をメインにして採点しますが、それ以外にお店の方の姿勢と値段のバランスも加味して採点します。当日から三ヶ月前までに行ったお店を対象とします。同じお店や同じメニューを複数採点することもありますが、同じメニューは一ヶ月以上開けて採点していきたいと思います。よろしくお願い致します。

平均点 74.911点
最終レビュー日 2019年8月17日
1,117 1,057 0 460
レビュー 店舗 スキ いいね

「Kiri_Soba 流山本みりん醤油 800円」@The Noodles & Saloon Kiriyaの写真平日の11時半前に到着。自分の中の宿題店に来店。流山のみりんに興味があった。コインパーキングに車を停めて近くまで来ると、外に大量の人数が・・・やはり人気店である。一番後ろに接続、列は前に15人であった。20分後に女性店員さんから声をかけられ入店。入口に一番近い卓に相席となる。水の提供時に早速掲題のメニューをオーダー。和え玉をオーダーしている方が多かったが、今回は見送った。

出てきた一杯は白い器に油膜が少し張っており、そこに焦がしねぎが浮いているきれいなビジュアルで、醤油の色は薄めに映った。スープを飲んでみると、さわやかな甘みと醤油の旨みがはっきり出ていて美味しい!甘さは目立って強くはないが、品がある。恐らくこの味が流山みりんかなと思った。飲み進めるとじんわりする感覚になり、優しい味わいである。出汁感にも複雑性のある美味しいスープである。麺は中細でほぼストレートの丸麺で、食べてみるとこれもはっきりとしたコシがあって美味しい!パツッと切れる食感が旨みを出しており、そこから小麦由来の風味が見えている。食べ進めるとスープとの一体感が出ていて、スープをしっかり持ち上げている麺だと思った。ただ麺量はやや少なめに感じられた。具材は2種のチャーシュー・メンマ・白髪ねぎ・豆苗・揚げねぎ。低温調理されたと思われるロースは柔らかでしっとりとした仕上がりで美味しい!少しスパイスのようなエッセンスも感じられた。煮こまれたバラは染み込んだ味と肉本来の旨味が見えて美味しい。脂に甘みがあった。メンマは密度の高いコリコリ感があって美味しいが、少し塩分が強めに感じられた。白髪ねぎはしっかりとしたアクセント。豆苗はスープに浸して美味しく食べることができた。揚げねぎはスープに厚みを加えていた。いろいろと考えているとあっという間に完食した。

みりんそのものは甘みが旨みというイメージがあるが、アタック時に感じた甘みはやはりみりんからの旨みで、醤油との相性が素晴らしいと思った。優しい味わいであったが、低加水と思われる麺との一体感も素晴らしいと思った。具材も考え抜かれており、豆苗や揚げねぎも存在感があった。全体的に優しすぎるのではとも思ったが、平日に列ができるのがわかる一杯であった。次回は和え玉もオーダーしてみようと思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン 600円」@あざみやの写真平日の11時半に到着。いつも12時前から混んでいるこちらのお店であるが、今回やっと待たずに入ることができた。入店しても案内ができない程混んでおり、女性店員にここに座りますよとアイコンタクトと指をさして着席。メニューは店内に定番があるが、外にもおすすめ的にあり、今回は無難に掲題のメニューをオーダー。待っていると満席になり、席間隔の狭さが際立っていた。

出てきた一杯は中華そばに輪切りねぎがたっぷりというビジュアルで、具材が表面を覆っているように見える。これが以前ワンコインで提供されていたのかと思うとその頃はお得感があったのだろうと思った。スープを飲んでみると、鶏ガラに野菜からの出汁と醤油味が効いて美味しい!醤油味がやや単調ではあるが、輪切りねぎから味が出ており、香ばしさが出ている。無難な味わいといったところである。麺は中位の少し縮れている麺で、食べてみると中華麺ならではの美味しさがあるが、軟らかい茹で加減。食べ進めると麺の緩さがさらに目立った。具材と併せて食べると少し美味しいと思った。麺量的には価格相応といったところか。具材はチャーシュー・メンマ・ホウレンソウ・海苔・なると・輪切りねぎ。チャーシューは肉本来の味わいがスープと相俟って美味しい!メンマはよくあるクオリティ。ホウレンソウは素材の旨さが出ていてGOOD。海苔は緑色が目立つ仕様で、まあ普通。なるとは彩り。輪切りねぎは鮮度があり、存在感があって味にも影響するボリュームで美味しいと思った。

輪切りねぎの存在感が目立った一杯で、最近その具材が味に影響しているラーメンはなかたのではなかろうか(白髪ねぎ系は多いが)。どちらかというとややあっさりとしたスープに豊富な具材がいい味を出しているという印象であるが、これで麺の茹で加減やクオリティが違えば、さらに美味しくなるのではなかろうか。基本こちらは定食が多く出ているお店なので仕方ないところか。退店時外には5人の待ちができていた。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「サイミン 918円」@レストラン ワイキキの写真平日の13時に到着。いつも混んでいるハワイをイメージしたレストランで、駐車スペースに空きが見えたので、駐車して入店すると先客2組待ち。それでも数分でコールされ着席することができた。ランチセットかなあと思ってメニューを見ると、何とサイミンが。それも現地のビジュアルに近いと思ってそちらをオーダー。正直こちらでサイミンに出会うとは思わなかった。

出てきた一杯は確かに現地ビジュアルで、透明感のあるスープ・チャーシュー的ではない肉・なると・中華麺と、知る限りのサイミンと同じであった。スープを飲んでみると、しっかりと海老の出汁が効いていて美味しい!シンプルに海老出汁のみで、確かにサイミン。恐らくこれを考案した方はハワイの料理を見かけだけでなく、しっかりと地元の料理を研究しているなと思った。油は気持ち強めだが、スープの味を考えるとそう感じたのかもしれない。麺は中位の角ばった麺で、食べてみるとこれもしっかりとコシがあって美味しい!コシこそあまり強くないが、スープと合っておりモチモチとした食感が良いと思った。ただ食べ進むと軟らかくなるのが早いとも思った。麺量的には普通である。具材は刻まれたスパム・錦糸玉子・なると・わけぎ。それぞれスープや麺に合っており、クオリティもGOOD。派手さのない具材ではあるが、現地とほぼ同じ仕様なのでこれでいいと思った。あっという間に完食した。

以前の行動範囲でもなかなか食べることができなかったサイミンであるが、自分のイメージするサイミンにかなり近く、シンプルな味わいに旨さがしっかりと見えていた。海老出汁もアミ系の味わいで、肉もチャーシューでないのが、ハワイの麺料理を表現していると思った。これでもう少し価格がとも思ったが、メニューを再確認するとランチはこれが一番廉価。今回は現地に近いサイミンを食べたことで満足である。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「カレーラーメン 750円」@みのりやの写真平日の12時前に到着。昔ながらの外観に停まっている車が多いことがいつも気になっており、どんなお店かと思ってこの度来店。駐車場の奥にお店があり、引き戸を開けると女性の元気な声があった。四人席に案内されるが、この後複数客ばかり来店し、一人客で4席占拠しているのが少しきまずかった。やや迷ったが掲題のメニューをオーダー。後客はチャーシューメンをオーダーしている方が多かった。

出てきた一杯は典型的な昔ながらのカレールーがかかっているビジュアルで、ラーメンが500円なのでルーのみで250円というところか・・・。スープを飲んでみると、既にカレールーと混じった味になっており、醤油スープにカレーの味わいが相俟って美味しい。醤油はどちらかというとさっぱりめな印象で、そこに粘度のあるカレーが上から蓋をしているようである。そのせいかアツアツさが持続している、というより結構熱い。カレーの味は和系の出汁が効いているように思われ、辛さはあまりない。具材がたっぷりなのが特徴的であり、だからこの価格なのかと思った。具材は豚肉・ニンジン・タマネギ・ジャガイモ。ニンジンが花模様の形を成しており、それが個性的である。カレールーが多めで、これだけでもお腹に溜まる。麺はカレールーに絡めて食べるようにする。麺はほぼストレートの丸い細麺で、食べてみるとシコシコとした食感で美味しい!カレーそのものの味は普通であるが、カレールーとの絡みも丁度良く、美味しく食べることができた。麺は気持ち軟らかめで、量的には妥当なところであろうか。全身汗だくになり完食した。

たっぷりのカレールーという印象の一杯であるが、具材が多く入っているのが特徴的で、カレールーそのものは正直よくある仕様であるが、具材の多さが好印象であった。麺そのものもそれに合っており、細い麺が馴染んでいた。これでもう少し硬めであればと思ったが、仕方ないところか。普通のラーメンとの価格差が少し気になったが、これもアリかなと思って退店した。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「マグロラーメン 醤油 950円(+中落ち軍かん300円)」@すし屋のらーめん 吉祥の写真平日の11時半に到着。マグロチャーシューと称するカマ肉に興味を持って来店。開店してからもう一年半位経つのだろうか。自販機を見ると開店時よりメニュー数が増え、価格も100円上がったようだ。お目当てである掲題のボタンを連打し入店。一番乗りであった。寿司店と同じ身なりの方が厨房におり、券を受け取った。店内のクリンネスが行き届いているのが好印象であった。

「骨はこちらのお皿に入れてください」と別皿が先に出てきた一杯は、色が濃いめのスープと大きなカマが特徴的で、その後すぐに中落ちも提供された。スープを飲んでみると、いくつかの出汁が重なっている味わいで美味しい!どこかに昆布・鰹節・干し椎茸・野菜やマグロのアラや身を使っているのが書いてあったが、出汁としては難しいマグロのエッセンスはあまり目立たないもののわかる味わいである。他の出汁感の方がやはり強いが、それ以上にしょっぱさが目立つ。無化調とのことだが、最後まで飲み干せないと思った。麺は細くて僅かにウエーブがかかっている丸麺で、食べてみるとコシがしっかりとしていて美味しい!かんすい不使用とのことだが、何となく蕎麦っぽい。スープの味わいと併せて蕎麦的なエッセンスを取り入れているようにも感じられた。量的には具材を考えると妥当なところである。具材はマグロチャーシュー(カマ肉)・玉子半分・ワカメ・かいわれ・輪切りねぎ。カマ肉は丁寧に調理されており、特有の臭みは微かに残る程度。スープと併せてたべると美味しい!ボリュームもあり、麺と併せても美味しく、美味しさが伝わってきた。玉子は出汁の味と相俟って美味しいが、スープのしょっぱさが少し余計。ワカメは標準的なクオリティであるが、このスープには合っている。かいわれ・輪切りねぎも存在感があり、美味しく食べることができた。ラーメンの合い間に中落ちも食べたが、ネタが新鮮で、マグロの味わい・海苔の風味・お米の甘みと相俟って素晴らしい味わいであった。

この一杯のウリのマグロチャーシューはなかなかの味わいで、凝縮された素材の旨みに臭みもほとんどなく、ホロッとする食感が麺やスープと相俟って、主役の存在であった。麺も存在感があって、スープに馴染んで美味しいと思ったが、そのスープのしょっぱさが気になった。出汁感がはっきりとしているので、この塩分の強さはもったいない。コスパ的にも少し気になりつつ退店した。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ねぎ長州ラーメン 760円」@長州ラーメン 万龍軒 新町店の写真休日の12時半前に到着。付和雷同でこちらに来店。平日のこの時間帯だとほぼ満席のお店だが、この日は空席が目立ったものの、半分以上は埋まっていた。先客はチャーハンセットを食べている方が多いが、無難なところで掲題のメニューをオーダー。待っていると後客は入店し、やはりチャーハンをオーダーされていた。こちらではチャーハンが支持されているのだと改めて思った。

出てきた一杯は気持ち太めに切られた白ねぎが特徴的な一杯で、その下には敷き詰められた具材と豚骨スープが見えていた。スープを飲んでみると、マイルドな豚骨スープで美味しい!味わいや臭いに九州系的な特徴はあまりなく、脂っこさもさほどない。個性的な醤油系の味わいが見え隠れしており、オリジナルな味わいに仕上げたスープだと思った。麺は中位のストレートの丸麺で、食べてみるとスープにしっかりと馴染んで美味しいが、思い他軟らかい食感である。食べ進めてもその感覚は変わりなかった。麺量的には普通といったところである。具材は太めの白髪ねぎ・チャーシュー・メンマ・きくらげ・玉子半分・輪切りねぎ。白髪ねぎは気持ち辛さのある仕様で、スープと相俟って美味しい。チャーシューは厚め仕様で2枚入っており、肉本来の味わいがあってGOOD。きくらげはいい食感。玉子・輪切りねぎも美味しく食べることができた。後半は具材をスープに絡めるようにして完食した。

個性的な豚骨スープに具材の多さが特徴的な一杯で、具材は価格を考えるとお得感があると思った。この系列の富士見店で食べた時はスープに独特の癖があってチャーシューはこの大きさ旨さではなかったと思ったが、こちらはそれらが印象的であった。麺については正直もっと硬めで食べたかった。そこさえ合っていればさらに好印象になったのではなかろうか。次回は半チャーハンセットの麺硬めで食べようかと思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「唯一無二 黄金の塩らーめん 760円+消費税」@麺や 藏人 柏店の写真平日の13時半に到着。群馬県伊勢崎市の名店がこちらにFC展開をしていると知って来店。黄金のスープに興味があった。近くのカレー店に行った時もそうだったが、曜日と時間からかこの通りを往来する方は多くない。入店すると店主は厨房から出て、別な作業をしていた。何となく店内に空間が多いが、調度品は埃が無く、クリンネスされているように思った。掲題のメニューをオーダーして待つことにする。

出てきた一杯は、確かに透明感のある黄金色のスープで、炙られた大きめのチャーシューとレモンスライスに平たいメンマが特徴的で、きれいに盛りつけられたビジュアルだと思った。スープを飲んでみると、クリアな味わいであるが複雑さがあって美味しい!味わいに出汁感がはっきりとあり、鶏系メインに魚介と豚骨であろうか。複雑性のある飽きのこない美味しいスープである。飲み進めると、何となく淡麗という言葉があてはまる味わいだと思った。麺はほぼストレートの扁平麺で、食べてみると硬めの茹で加減にコシがはっきりとあって美味しい!スープとしっかり絡んでおり、一体感がある。食べ進めるとさらに美味しさが感じられた。麺量としてはやや多めといったところである。具材はチャーシュー・メンマ・水菜・輪切りねぎ・白ゴマ・レモン。チャーシューは炙られており、厚めで大きい。食べてみると香ばしさとホロッとした食感で美味しい!スープの味にも影響していると思った。メンマは平べったい仕様で、食べてみると・・・軟らかい食感で、個人的には微妙。水菜はスープに浸って美味しい!ねぎと白ゴマは薬味的役割。レモンスライスは味変として途中で搾って仕様。酸味ではっきり味が変わった。スープをほとんど飲んで完食した。

黄金色のスープは透明感と複雑性があり、見かけとは違う厚みのある味わいが特徴的だと思った。麺も食感に秀でており、スープと一体感があった。具材もチャーシューが秀逸で、強い個性を放っていた。具材が丁寧に整えられて提供されたのは好印象であったが、メンマの味わいは意見が分かれるのではなかろうか。それでも満足感があった一杯。この日この時間先客後客ゼロなのが不思議な程である。丁寧な挨拶をいただき退店した。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「カレーつけめん 760円」@中華そば 志の田の写真平日の13時前に到着。好評を聞いてこの度来店。過去2度休みの日に来てしまったが、やっと入ることができた。入店して券売機を見ると、つけめんの説明や中華そばの麺の違いのビジュアル等々かなり丁寧さが感じられる。さらに券売機中央部には「辛いカレーのつけめんです」との案内が・・・迷わずそのボタンをプッシュ。ほぼ真ん中のカウンターに着席して待つことにする。

出てきたつけ麺は具材がセパレートされ、麺肌の白さが特徴的で、つけ汁はカレーの色が少し見える程度である。あつもりの麺をそのまま食べてみると、しっかりとしたコシとモチモチ感があって美味しい!コシがしっかりあって、小麦由来の風味がわかる。素晴らしいのは麺がくっつかないよう施しがなされている。油ではない液体がそれを可能にさせていた。その麺をスープに投入すると、節の効いた和風の味わいにカレーのスパイス感のある味わいで美味しい!コシのある麺にこのスープも負けておらず、旨さにシナジー感が見えている。食べ進めていくうちに麺の旨さをスープが引き立てているようにも思え、スープの旨さが麺を美味しくしているように思えた。辛さもあって美味しいのだが、スープのしょっぱさが途中から見えてきた。麺量的には満足感があった。具材はチャーシュー・メンマ・輪切りねぎ。チャーシューはロース2枚で、少し炙られたような風味があり、肉そのものに旨みがあって美味しい!スープに入れて美味しさが際立った。メンマは長短5本で、出汁の味とコリコリ感があってGOOD!輪切りねぎは鮮度がある仕様で、スープに入れて存在感があった。割スープはブーメラン式で、魚介系が効いており、カレーの味と相俟って美味しく飲むことができた。

和風カレーという味わいのスープであるが、魚介系と辛さ・スパイス感のある味わいで、それがコシのしっかりとした凝縮感のある麺と食べることによって見事な一体感を出しているつけ麺だと思った。具材も種類こそシンプルだが、一つ一つ旨さが見えていた。これでスープの塩分がもう少し強くなければ、さらに美味しい味わいになると思った。コスパ的にも優れているつけ麺だと思って退店した。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「味玉しょうゆらーめん 799円」@麺屋 空の写真平日の11時に到着。交通量の多いこの通りで、いつも巨大な鰹の看板が気になっていたが、開店時間にこの界隈にいることができてこの度来店。入店して一番左奥のカウンターに着席。メニューを見るとアイテムが多く、夜はおつまみも提供しているようである。一番人気とあったぶしらーめんと迷ったが、掲題のメニューをオーダー。この日ランチは中盛無料・大盛+50円であったが、デフォで食べてみることにする。

出てきた一杯は大きな器に魚粉が浮いているビジュアルで、確かに鰹系の香りがスープから漂っていた。量は何となく少なめに映った。スープを飲んでみると、いきなり鰹系の味わいがはっきりと出ていて美味しい!鰹の味がしっかり出ていて、シンプルに旨さが伝わってくる。ただ飲み進めると結構油が強い。魚介系の旨みが効いているので、ここまで強くなくてもと思った。麺は中細の少し縮れている麺で、食べてみるとシコシコとした食感としっかりとしたコシがあって美味しい!スープを持ち上げ一体感があるが、食べ進めるとやはり油っこさが見えていた。麺量はデフォだと少ないと思った。具材はチャーシュー・笹切りねぎ・ホウレンソウ・味玉。チャーシューは厚さこそないが、肉本来の味に出汁がほんのり効いて美味しい。ねぎはたっぷり入っていて、このスープに合っている。ホウレンソウも量が多く、スープに浸って美味しく食べることができた。味玉は濃い味付けで、しょっぱさがやや目立った。スープを3割程残して完食した。

お店の看板通りで鰹の効いた美味しいスープで、味わいに深みがあった。恐らく鰹へのこだわりとそれに併せる醤油も考え抜かれてこの味になったのではなかろうか。コクのあるスープではあるが、油の強さはややもったいない。麺や具材との一体感を妨げているようにも感じられたからである。麺についてはデフォでの量は少ないと思った。中盛が普通のボリュームなのだろうか。退店時は駐車場がほぼ埋まっていた。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「キッコーマンもろみラーメン 550円」@中華 志津の写真平日の12時前に到着。この街に来ることが多くなったが、地元企業の味がどこかにあるかなと思って探してみると、ここかなと思って来店。駐車場が判別しにくく、お店に確認して駐車。隣は交番である。入店して奥のカウンターに着席。早速差し込みメニューになっていた掲題のメニューをオーダー。この時間半分も入っていなかったが、12時に近づくと多くの来店客で慌ただしくなった。

出てきた一杯は色の濃いスープに一昔前の中華そば的なビジュアルで、結構湯気が立っていた。スープを飲んでみると、やはり醤油の味わいの中に味噌のような風味が見えて美味しい!麹のような香ばしさもあって、変にガツンと効いていないのがうまさに繋がっているように思った。塩分も強く感じることなく、飲み続けても美味しさの変わらないスープである。麺は中細の縮れ麺で、食べてみると予想はしていたものの、食感が軟らかい。スープとの絡みは良いが、食べ進めてもその食感は変わらなかった。麺量的には価格を考えると納得できた。具材はチャーシュー・メンマ・わかめ・なると・海苔・刻みねぎ。チャーシューはモモ肉で小さめだが、昔ながらの味わいで美味しい!メンマは少し柔らかめの食感。ワカメ・なると・海苔はよくあるクオリティ。ねぎはスープと相俟って風味が出ており、存在感があった。

地元企業に囲まれてあるお店だけに、その企業の色がスープに出ており、もろみならではの美味しさが見えているスープであった。濃過ぎず薄すぎず旨みが出ていた。麺については惜しい。茹で過ぎとは感じられなかったが、これがいつも出ているとすれば、常連客がこういう嗜好なのかなと思った。具材については懐かしさを感じる味わいであったが、クオリティとしては仕方ないか。丁寧な挨拶をいただき退店した。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件