なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

流星

味をメインにして採点しますが、それ以外にお店の方の姿勢と値段のバランスも加味して採点します。当日から三ヶ月前までに行ったお店を対象とします。同じお店や同じメニューを複数採点することもありますが、同じメニューは一ヶ月以上開けて採点していきたいと思います。よろしくお願い致します。

平均点 74.911点
最終レビュー日 2019年8月17日
1,117 1,057 0 460
レビュー 店舗 スキ いいね

「(限定15食)煮干しらーめん しお 850円」@奥久慈ラーメン なかざわの写真日曜の11時前に到着。かつて住基ネット不参加で名を馳せた矢祭町に興味があったが、個人的には美味しいと思っている奥久慈軍鶏を使ったラーメン店が移転したことと相俟って、この度やっと来店。定刻通り開いて着席。目的であった奥久慈しゃもらーめん(1200円)を探すと、どこにも書いていない。聞いてみると土日祝でも常時提供できなくなったとのこと・・・拘りは理解できるが、残念。掲題のメニューをオーダーして待つことにする。

「胡椒は入れないで食べてください。ねぎはたまねぎです」との言葉を添えて出てきた一杯は、黄色めのスープであるが油膜で濁っているようにも見えるビジュアルで、具材にボリューム感があるようにも見えた。スープを飲んでみると内臓毎出汁にした味わいと違って、澄んだ味わいに塩味が伴って美味しい。塩そのものも優しい味わいであるが、やや塩分が強い。飲み進めると油分も徐々に目立っているように感じられた。油は鶏油であろうか。麺は中細のストレートの丸麺で、食べてみるとコシの見える丁度良い茹で加減で美味しい!適度に麺を持ち上げ、一体感がある。食べ進めるとコシが弱くなっていくのが早いようにも感じられたが、美味しく感じられた。麺量は普通といったところである。具材はチャーシュー・メンマ・味玉・カイワレ・紫たまねぎ・白ゴマと結構種類が多い。チャーシューは低温調理系で、食べているとジワッと滋味深さが出てきてGOOD。丁寧な仕事をしていると思った。メンマは細めで濃いめの味でいい食感。半分の味玉は黄身が濃く、出汁からの味も相俟って美味しい!カイワレはこのスープに合っていてこちらも美味しい。みじん状の紫たまねぎもスープに甘さからくる厚みを与えており、存在感がある。白ゴマも香ばしさがあった。

具材が豊富で全てに個性があって美味しく感じられた一杯で、スープも最近の煮干系とは違う一工夫された出汁の取り方をしているのではなかろうか。繊細さを感じる優しい味わいであった。ただそれに併せる塩の強さがやや気になった。麺についてはもう少し風味がほしいとも思ったが、場所柄それは野暮か。会計時奥久慈しゃもらーめんについて聞いたら、やっているかご連絡をとのこと。機会を逃した自分に反省しつつこの街を散策した。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン 500円」@おいかわ食堂の写真土曜の11時過ぎに到着。かつて何回か行ったことのある風光明媚且つ近海の魚介が安く手に入る地区で、特に北寄貝の旨さは秀逸であった。この地区は津波で街が甚大な被害を受け、地形すら変わってしまった。原発事故の影響で未だ漁ができないのも残念であるが、再開したお店があると知ってこの度来店。かつては見過ごしていたが、飲食店がほとんど無くなってしまったままなので、すぐにわかった。入店するとこの時間なのに8割卓席が埋まっていた。掲題のメニューをオーダーして待つことにする。

出てきた一杯はチャーシューが大きめで、かまぼことなるとが載っているのが特徴的である。スープを飲んでみると、甘めの醤油でやや油が強い。出汁も効いているが醤油の味の方が目立っているスープである。飲み進めると少し塩分が目立ってきた。麺は細めの縮れ麺で、食べてみるとスルスルとした食感で美味しい!価格に比べて量にも満足感がある。スープとの絡みが良く、旨みが一体化していると思った。食べていて心地良い麺であるが、食べ進めると徐々にコシがなくなってきたように感じられた。具材はチャーシュー・かまぼこ・なると・メンマ・わかめ・輪切りねぎ。薄いが大きいチャーシューはスープに馴染んで美味しい!肉由来の旨みもある。練り物2種もスープと相俟ってGOOD!メンマはよくあるクオリティ。輪切りねぎはしっかりとしており、薬味として存在感があった。

スープ・麺・具材に個性があり、醤油は地元産のように感じられ、細めの縮れ麺は漁港近辺で食べるラーメンに多いのではと思った。具材はチャーシューや練り物がスープと一体感を成しており、この価格でこの具材は素晴らしい。スープの塩分と油がやや強めでなければさらに美味しいと思ったが、それが漁港で食べる一杯の特徴かなとも思った。陸に上がった船を横目にしてこの街を後にした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌ラーメン 650円」@えちご家の写真日曜の13時過ぎに到着。場所は西会津ICからだと国道49号線にある道の駅の手前の道路を右折し、野沢駅に向かう手前にある。静かな街並みに突如として椅子に座っている集団があり、そこが今回目指しているお店だとわかった。10人以上待っており、座っていると地元の方から「今日はあまり待っていないほう」とのこと。見知らぬ人にも親しげに語りかけるその雰囲気が退屈な時間を消してくれた。15分位でコールされ入店。今後なかなか来ることが無いと思われるので、餃子と半炒飯を選択。詳細はそれぞれのデータベースで。(後日アップします)

出てきた一杯は、大きくて深い青磁の器の中に野菜が覆われており、具材はスープといっしょに煮込まれているのがわかるビジュアルである。そしてかなりニンニクの香りが強い。スープを飲むと、煮込まれた具材の影響で少しとろみが出ている。そこに甘めの味噌の味が出ていて美味しい!スープには一味の辛さもあってアクセントも出されていて厚みが感じられるスープであるが、ニンニクの風味が強すぎる。麺は角ばったほぼストレートの平麺で、かなりのボリュームである!250gはあるだろうか。麺の食感がサクッとしていてGOOD!ツルツルとした麺肌だがスープに馴染んでおり、食べていて満足感が感じられた。具材は、挽肉・モヤシ・ニラ・ニンジン・タマネギで、どこかに地元野菜を使っていると書いてあった。スープといっしょに煮込まれた味なのでシャキシャキ感はないものの旨みが感じられて美味しい。が、ここでもニンニクの味が効きすぎている。挽肉は出汁のような存在なのか、肉としての存在感は無かった。かなりのボリュームだったので、時間をかけて完食に辿り着いた。

甘めの味噌スープと野菜からの旨さがあるラーメンで、麺も個性的でボリュームもあって素晴らしい一杯。確か2010年浪江町で行った「福島県のB級うまいものグランプリ」に初参加でグランプリを取ったのもわかる一杯。素材の素晴らしさが随所に感じられる一杯であるが、ニンニクが強烈に効いているため、それぞれの旨さが見えなくなってしまっているのが気になった。味噌の旨さと複雑性のみシナジーしていたように感じられたが、最後にニンニクの味ばかりで完結してしまうのは惜しい。そのバランスを変えるだけでさらに美味しくなるお店だと思った。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン 600円」@味世屋食堂の写真祝日の16時に到着。この界隈は港側から歩いて来ると途中“湯房”という看板が多く、この時間帯でも呼び込みの人が多く出ている。女性の方はもしかすると歩きにくいところかもしれない。その通りを過ぎると飲食街があり、その中にこちらのお店はある。この時間帯でも地元と思われる方が来店され、地元の軽快な言葉が飛び交っている。店内の壁には多くの会社のカレンダーが隙間なく丁寧に貼られてあるのに興味がそそられた。ラーメンをオーダーした後、コップのお水を飲むと、冷えている上に水質が柔らかくとても美味しい!大きなヤカンから注がれるその水がとても好印象で、思わず何杯も飲んだ。ラーメンの味はどうだろうか。あっ、麺硬めでオーダーするのを忘れてしまった・・・

出てきた一杯は、昔ながらの中華そばという印象で、紅白カマボコが懐かしさを感じさせるラーメン。スープを飲むと鶏ガラと野菜からの味がメインの甘みを感じる醤油味のスープで美味しい。醤油の味には濃さを感じ、スープには動物系の味をも感じた。これが隠し味のマーガリンの味だと思った。シンプルな味かと思ったが、個性がわかる味である。麺は細めのストレート麺で、事前情報で“麺硬めがおすすめ”とRDB情報で書かれていたが、確かにやや柔らかめであるが、コシがわからなくなるような茹で加減ではなかった。スープの持ち上げも良く、美味しく食べることができた。量が意外と多く、この量でこの価格は素晴らしい!具材はモモ肉チャーシュー3枚・紅白かまぼこ2枚・ホウレンソウ・メンマ・海苔・輪切りネギと種類も多く色彩もきれいである。チャーシューはしっかりとした食感で、噛むと肉の旨みが出てきてGOOD!ホウレンソウとメンマは薄味で、スープと相俟って美味しく食べることができた。

昔ながらの中華そばを食べたという印象が残ったが、スープや具材もそれぞれが個性があって、美味しさが出ている一杯。麺については事前情報通り柔らかめであったが、スープについて塩分がやや強めなのが気になった。この味が昔ながらの味なのだと思うが・・・。それでも価格に比べこのボリュームはGOOD!退店した後お店のショーウィンドウにあったタンメン(700円)がタケノコとキクラゲの塩スープで個性的な一杯だということがわかった。ワンタンメン(750円)もオススメと言うことも後でわかった。次回来ることがあれば、どちらかを「麺硬めで」オーダーしたいと思った。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件