なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

流星

味をメインにして採点しますが、それ以外にお店の方の姿勢と値段のバランスも加味して採点します。当日から三ヶ月前までに行ったお店を対象とします。同じお店や同じメニューを複数採点することもありますが、同じメニューは一ヶ月以上開けて採点していきたいと思います。よろしくお願い致します。

平均点 74.911点
最終レビュー日 2019年8月17日
1,117 1,057 0 460
レビュー 店舗 スキ いいね

平日の11時前に到着。かつてこの界隈にラーメン店が多くなかった頃にこちらのお店を推す声が多くて行ってみたが看板が無く、暖簾の存在でやっとこれがお店かと思った。チャーシューメンを食べて安いことが記憶に残っている。この度久し振りに来店してみるとこの時間2卓が学生さんで埋まっており、ラーメンを食べながらゆっくり時間を費やしているように見えた。掲題をオーダー、恐らく価格は10年位変わっていないのではと思った。

出てきた一杯は、色が濃いめの醤油スープが特徴的で、輪切りねぎではなく、刻み玉ねぎが少し浮いていた。スープを飲んでみると、醤油ベースと動物系の旨みがあるものの、やや輪郭がない味わいである。出汁感があるものの旨みがやや平板に感じられた。麺は細めのストレート麺で、スープの色が麺に着き始めていた。食べてみると柔らかい食感で、ムニュッとする食べ応え。あー確か以前食べた時もそうだった記憶が蘇った。麺量は価格を考えると満足感があった。具材はチャーシュー・なると・メンマ・海苔・刻みねぎ少々。バラチャーシューは脂っこいものの出汁醤油の味が浸みこんでGOOD。メンマは凡庸なクオリティ。なるとは新鮮さがあって美味しい!海苔はよくある仕様であった。最後胡椒を投入して完食した。

以前食べた時とほぼ同じ印象で、安くてそこそこ美味しい一杯であった。正直特筆すべき味わいはないものの、旨みが見える醤油スープとそれに併せる細めの麺は一体感があり、チャーシューも個性が見えていた。味・価格が長いこと変わらないこの一杯にはこれ以上言う必要はないと思った。東京・首都圏でも少なくなったこの価格で、ラーメンとチャーシューメンの普通と大盛の4種で頑張っている久し振りの味を堪能して退店した。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「火山らあめん 950円」@極太めん ひでまる 千波店の写真平日の18時に到着。今程茨城にラーメン店が無かった頃、見川にあるこちらの本店に何回も行ったことがあった。それから千波ショッピングプラザの一角に出店したことを知り、さらに他に無い“ばんめん”を食べたいと思ってこの度来店。いつの間にか某スーパーが無くなってスカスカ感はあるが、いくつかのお店はそのままやられていた。お店に入店してメニューを見るとなんとばんめんは販売休止とのこと。あー前に来とけばよかったとの念を残しつつ、以前本店で食べて好印象であった掲題のメニューをさらに辛くでオーダー。やはり極太麺ということもあって、出てくるのに時間がかかった。

出てきた一杯は以前本店で食べた時よりボリューム感が増したようなビジュアルで、厚いチャーシューと大きめの挽肉が特徴的である。スープを飲んでみると、豚骨メインで魚介も感じられる出汁に味噌や辛さがしっかり効いていて美味しい!辛さも思った以上にビシッとしており、醤系というよりレッドペッパーの辛さという印象である。やや塩分が目立つものの、美味しいスープである。麺は極太でウエーブがかかっている扁平麺で、食べてみるとモチッとした食感で美味しいものの、食べ進めると少し粉っぽさが感じられた。太い麺はスープや具材との相性が良くて食べ応えがある。スープに馴染むと粉っぽさがあまり感じられなくなったが、食感が緩くなっていったように感じられた。具材は挽肉・チャーシュー・白髪ネギ・モヤシ・コーン・スライスレモン。挽肉は食感がGOOD!少し甘みがあってスープの辛さと対照的でそれが良い。バラチャーシューは柔らかめで、脂に甘味があって美味しい。白髪ネギはスープに馴染んでこれも美味しい。モヤシは思った程存在感がない。コーンは甘みがあっていいアクセント。途中でレモンを搾って食べてみると、タイ料理的な味変にあり、酸・辛・甘の旨みがはっきり出て美味しく食べることができた。

やや価格が高めなものの、スープ・麺・具材に個性がはっきり出ており、一体感もあってそれが旨さになっている一杯。レモンもこのラーメンの味に一役買っていた。複雑性のあるスープに強めの辛さも合っていた。これだけのスープを提供しているのに、麺についてはコシがなくなっていくのが早いと思った。モヤシは量に比べて旨みがなかったことはたまたまか。それでも強い個性が感じられたラーメン。次回こそ販売休止のばんめんで・・・無理かなあ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「Aセット(とんこつ屋台ラーメンを選択) 850円 ※」@九州ラーメン 元吉田の写真※とんこつ屋台ラーメン 単品590円

平日の12時半前に到着。かつてこの地区で御世話になった際に、この界隈のラーメン店はここだけであったが、いつの間にかいろんなお店ができていた。それでも初志貫徹でこちらに来店。この時間であるが先客は数人であった。かつて食べた際にも美味しかった炒飯のセットのボタンをプッシュし、奥の席に座ってチケットを提出し、掲題のラーメンをカタメでコール。壁には茹でる時間が秒単位で書いてあった。

出てきた一杯は以前と同様白色が目立つスープで、具材のクオリティが良さそうに映った。スープを飲んでみると、癖のないさっぱりとした豚骨スープで美味しい。最初飲みやすい味であったが質感のある背油が思った以上に多く、甘みが徐々にくどさが変わってきた。以前食べた時はこんなに目立っていなかったはずであったが・・・。麺は細いストレート麺で、食べてみるとコナコナ感があって美味しいものの、カタにしては普通に近い硬さに感じられた。この系統の麺にしてはスープとの絡みがはっきりしている麺である。量としては価格を考えると標準的といったところ。具材はキクラゲ・青ネギ・海苔・玉子半分。キクラゲはスープと相俟っていい食感。クオリティが良いと思った。青ネギも風味があってGOOD。海苔はよくあるクオリティ。味付玉子は濃いめの味で出汁が効いて美味しい!チャーシューが無かったが、食べている途中で確かセットだと無かったことを思い出した。最後にゴマと紅ショウガを投入して完食した。

自分の中ではさっぱりとしたシンプルな豚骨スープというイメージがあり、それがわかりやすい美味しさを表現していると思っていた。時間が過ぎトレンドや競合との兼ね合いから固形感のある背油がこの一杯でも溶かし込まれており、確かにそれも美味しいのだが、これだと何となくスープの薄さを背油でフォローしているように捉えられてしまうのではなかろうか。個人的には以前のスープの方が気に入っているが・・・。セットにするとチャーシューがないのも正直残念。この界隈の古参店として是非頑張ってほしい。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「水戸藩ラーメン 950円」@金龍菜館の写真平日の11時半過ぎに到着。水戸黄門(徳川光圀)様が日本で初めて食べたラーメンを再現したという“水戸藩ラーメン”を提供しているお店で、10数年振りの来店である。その当時は水戸駅南口に近いところにあったが、現在の場所に移転したようである。その時もファミレスに近い雰囲気を持っていたが、移転しても同じであった。車を停めて来店、丁寧な接客で迎えられ、奥の卓に案内され着席。数多くメニューがあるが、以前と同様掲題のメニューをオーダー。それから味はどうなっているだろうか。

出てきた一杯は以前とほぼ同じビジュアルで、5種類の薬味が特徴的である。確か薬味はネギ・ニラ・ニンニク・ラッキョウ・ショウガだったと思うが、量が少ないので少し自信がない。スープを飲んでみると醤油味で、鶏系のさっぱりとしたスープで美味しい!旨みはそれ以外もハム系の出汁や野菜からの甘さが感じられた。麺は透明から灰色に近い中位の縮れ麺で、食べてみるとツルッとした食感としっかりとしたコシがあって美味しい!短めの麺が特徴的で、この清淡系スープに合っており、スルスル感が旨みに繋がっていると思った。量的には気持ち多めに感じられた。具材はチャーシュー・メンマ・椎茸・チンゲン菜・クコの実・松の実と種類が多い。そして「五辛」と言われる前述の薬味。チャーシューは肉の旨みがしっかりとして美味しい!メンマは正直凡庸なモノ。椎茸は素材の旨みが出ていてGOOD!チンゲン菜は美味しいもののやや食べにくい。クコの実・松の実は彩りだけでなく、味にも存在感があった。五辛は量的に全部使ったが少なく感じられ、ニンニクの味だけが目立っていた。

300年前の味を忠実に再現したようなことが観光サイトに記載されていたが、現代でも充分通ずる味わいで、スープ・麺・具材は地元食を取り入れて全体としてさっぱりとしたスープ・レンコンを入れて作られた麺・種類豊富な個性的な具材は素晴らしいアイディアだと思った。再現がテーマにしているので、スープの後味や具材の仕様や薬味のボリュームは仕方ないと思った。もう少しコスパがよければとも思ったが、久し振りの味わいは変わらず今日に至っているのだと思った。味としては好きなジャンルなので、知名度が広がるよう祈念しております。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「3号魁 690円」@らーめん鰹味の写真平日の19時前に到着。かつてこの辺りは波崎町であり、その頃は鹿島灘の蛤と利根川の蜆が名産として記憶に残っており、とても御世話になった地区でもある。茨城鹿行と千葉東総は個人的には素晴らしい地区として記憶に刻まれているが、全てを一度に行く機会がなかなかできない。先回の銚子に続き、今回は旧波崎町でラーメンを食べることができた。こちらの店舗のある場所は、御世話になった頃には鹿嶋市にある唐龍というお店の支店であった。入口には「ようこそ おいでなさい」という地元の言葉がかかっていた。醤油にこだわった掲題のメニューをオーダー。来店客が集中したせいか、店主一人で慌ただしく捌いていた。

出てきた一杯は標準的な醤油ラーメンというビジュアルで、チャーシューが真中に置かれているのが特徴的に映った。スープを飲んでみると醤油の風味がしっかり効いて美味しい!やや甘みのある醤油味で、そこに鰹出汁がしっかり効いている。ガツンとくる味わいではないがジワッとくる旨さであり、塩分の加減も丁度良いと思った。醤油は小倉醤油とのことである。麺は中位の少し縮れている麺で、食べてみるとスープに馴染んで美味しいものの、麺由来の旨みがあまり見つからない。茹で加減は気持ち柔らかめで、麺量は標準的であった。具材は、チャーシュー・メンマ・小ねぎ。チャーシューは肉由来の旨みがあって美味しい!脂身にも甘さが見えていた。チャーシューは美明豚とのことである。穂先メンマは気持ち柔らかめであるが、スープに馴染んでGOOD。小ねぎも風味があって存在感があった。

醤油は東総・チャーシューは鹿行と個人的には地区的としてはストライクで、優しい味わいと旨みのあるスープとはっきりと主張している具材は好印象で美味しいと思った。一つ一つこだわりを感じられた一杯であるが、麺についてはもっとはっきりとした特徴がほしいとも思った。それでもお店の雰囲気やこちらの一杯に地元色も感じられたことは好印象。次回来る際は、別メニューに説明書きのあった「チンチン焼きそば」と併せて何かを食べようかと思う。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「みそゴマ(麺大盛:無料) 850円」@北海とんこつらーめん 純輝 潮来本店の写真日曜の13時前に到着。この街道はラーメン店が多いが、こちらはかつて何度か空振りしたお店で、いつか行こうと思っていたが、この度来店。入店するとこの時間ほぼ満席で、カウンターに案内され着席。店員さんは皆20代前後で、声をかけあいコンビネーションが合わせようという姿勢が見えていた。都市部とは違うこの場所でのこの姿勢に好感が持てた。客層は地元客風の方がほとんどで、二人で来ている方が多かった。

出てきた一杯は、大きな器とゴマと輪切りねぎのビジュアルが目立つビジュアルで、大きなチャーシューが見え隠れしており、背油がとろみを出しているように見えた。スープを飲んでみると、丁度良い味噌の風味に豚骨の味に一体感があって美味しい!さらにそこに背油の甘みも相俟っていろんな味が複雑に絡まって素晴らしい味になっていると思った。極端な突出感が無いのが良く、高いレベルで旨みを出しているスープである。スープは最初のアタックや麺と併せて飲んでいると素晴らしく感じられた。麺は中位の少し黄色が見える丸い縮れ麺で、食べてみると麺肌にザラツキがあってそれがスープを良く持ち上げ、シコシコとした食感で美味しい!サクッとした食べ応えで小麦由来の風味を出していた。素晴らしい麺である。大盛にしたので、量的には問題無し。途中で止まらない感覚になった。具材はチャーシュー・メンマ・輪切りねぎ・挽肉・モヤシ・玉ねぎ・ゴマ。挽肉・モヤシ・玉ねぎは軽く炒められて香ばしさが出ていて美味しい!旨みも出ていて一体感がある。チャーシューは薄いが大きい仕様で、存在感はあるが肉由来の旨みも出ている。メンマは正直存在感がない。輪切りねぎはスープと相俟って、こちらは存在感を出していた。ゴマは量も適度で存在こそわかるが、風味への影響はさほど大きくないと思った。ボリュームは多かったが、あっという間に食べてしまった。

ボリューム・クオリティ共に価格とのバランスで納得できる一杯で、スープの複雑性や麺の味わい、具材の美味しさに考えられたものがあると思ったラーメンで、食べ終わった後に満足感が残った。後半ややスープにくどさが感じられたこととプラス50円相当のゴマの風味があまり感じられなかったことが気になったが、レベルの高いラーメンを食べたという印象が強い。宿題店が美味しかったことに今回は満足である。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ペペロンチーメン 750円」@えるびすの写真日曜の17時半前に到着。かつて水戸京成百貨店の対面にあるローソンの地下にあった頃から気になっていたお店。まだ開いてないかと思ったが、入店しているお客の姿があったので、駐車場に車を停めて入店。カウンターに座り、オーダー。「激辛ですが,大丈夫ですか?」と聞かれるが、「大丈夫です」と答える。今回はこのラーメンがどんな味か知りたかった。17時半を過ぎると来店客でかなり賑わってきた。

出てきた一杯は、スープが輪切り唐辛子まみれになっているビジュアルで、フランスパンが載っているのも個性的で、油膜が厚いのも特徴的である。スープを飲んでみると、辛い前に熱い!油膜で熱が逃げてないのはいいが、ちょっと熱すぎである。スープにはかなり辛さがあるが、浮いている唐辛子からの味そのもので単調に感じられる。スープは鶏ガラメインだと思われ、そこに油で味を加えている。油は唐辛子以外にはニンニク・オリーブオイル・僅かにバターが感じられるが、辛さが単調なため一体感がほとんど感じられない。麺は丸い中細のストレート麺で、食べてみると輪切り唐辛子がくっついてきて、これも激辛の要素になっていると思った。それにしても柔らかい仕上げですね~。熱でこうなったとは思えず、最初からこの柔らかさで提供しているのだと思った。逆に輪切り唐辛子の存在が目立つ味である。具材は、厚いバラチャーシュー・チンゲンサイ・揚げニンニク・フランスパン・そして大量の輪切り唐辛子。フランスパンはバターの風味があり、それがスープに影響しているのだと思った。そのパンが汁を吸って旨さが引き立っていてGOOD!チャーシューは肉の旨みが辛さと相俟って美味しい味になっている。他の具材も美味しく食べることができた。

確かにペペロンチーノを意識したラーメンで、激辛な一杯。そのコンセプトは充分できる味であったが、辛さが輪切り唐辛子のみのため味が単調になり、旨さに一体感が感じられない印象が残った。激辛でもこの唐辛子の種類以外に選択があるのではと思った。市販されている輪切り唐辛子のようにも思えたが・・・。油もペペロンチーノ的な味になっておりスープの出汁もわかるのだが、辛さに圧倒されて存在感が薄い。具材もそのものは美味しいのだが、シナジー感が無かった。個人的には激辛は全く抵抗感は無いが、単調な辛さだと旨さが見えなくなることを知ることができた一杯であった。次回来る際はスタンダードなものを食べようと思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「まぜそば 700円」@ラーメン天天の写真日曜の12時に到着。ひたちなか市の人気店が2005年水戸市に移転してきたとのことで興味を持ったお店であったが、何度もタイミングが合わずこの日まで行けなかった。お店の前に来ると駐車スペースが一台しかなく、既に来店客がかなり来ていることが想像された。店内に入るとやはりカウンターしか空いておらず、券売機で購入後そちらに着席。その後すぐ列ができた。どちらかというと質素な店内で、食堂店的な雰囲気を醸し出していた。

出てきた一杯は、削り節と刻み海苔がボリューム感を出しており、彩りの良さが印象に残るビジュアルである。まずは麺をかき混ぜてみると、鰹の良い香りがしていた。香りは削り節とスープからしており、旨みが強いのではと想像してしまった。絡めた後に食べてみると、やはりスープは醤油系の甘みと鰹の味がしっかりと出ていて美味しい!油の強さやスープからの塩分の強さも適量で、それが麺や具材とシナジー感を出していると思った。麺は中太のほぼストレート麺で、コシが強くておいしい!モチッとした食感がこの一杯に合っており、小麦の風味も感じられた。麺量は標準的である。具材は、多めに盛られた鰹節・ブロック状のチャーシュー・刻み海苔・小ねぎ・白髪ねぎ・メンマ。スープと絡んでチャーシューそのものの味とシナジー感が出てGOOD!海苔やねぎ類も風味・旨みとして存在感があった。鰹節がスープと相俟ってシナジーが強く、途中止まらない感覚なった。ラー油と酢は最後の最後に少ししか入れなかった。食べてみるとまた香ばしさが出て、美味しく完食した。

汁なし系は絡めることで味にシナジー感が出ていると、とても美味しい一杯になると個人的に思っているが、その典型的な味に出会ったような美味しさであった。スープ・麺・具材が絡まることによって素晴らしい味のシナジーが感じられる一杯であり、少し甘めで鰹の効いたスープに、それをしっかりと受け止めているコシの強い麺、そこに鰹節やチャーシューが絡んでくることによってさらに美味しくなっていくのを楽しめるまぜそばであった。今はなかなか来る機会が少ない地区であるが、素晴らしい味を出すお店であった。ラーメンやつけ麺をも食べたいお店である。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「人生ラーメン 400円」@人生の写真土曜の19時前に到着。かつてこちらのお店を探したが夜しかやってないことと、この道路が混むことが多かったので見つけられなかった。道路沿いにあるのかと思ったが、詳細をみると少し奥まったところにあるとやっと気づき、今回やっと来ることができた。水海道方面から来ると、二つ目の信号を右に曲がって、さらに最初の角を右に曲がって回り込むような形で車を進め、土手の下にお店はあった。道路だけを見ているとわからないはずである。夜に輝く青い信号はこうなっているのだと納得。入店すると暗い店内であるが、既に卓席は埋まっていた。カウンターに座ってオーダー。待っていると数度店主と目が合った。初来店の客に興味があったのだろうか。

出てきた一杯は、シンプルそのものが特徴である。店主は麺を丁寧に折りたたむようにしてスープに馴染ませていたので、麺がきれいに整列している。スープを飲むと、美味しい!鶏からの出汁と香味野菜から旨みを抽出したスープで、そこにショウガを効かせている味が素晴らしい。油は鶏油で、それが滋味深い味に厚みを出している。素材を120%出していると思った。麺は中細の縮れ麺で柔らかめの仕上げ。スルスルとした食感がGOOD!スープとシナジーさせて美味しさを引き出している。量は少なめであるが、この価格なら納得である。具材は、わけぎと輪切りねぎ。輪切りねぎは新鮮であることがすぐわかった。わけぎもスープに伴って存在感があった。スープを飲み干す際にペッパーを使ったが、必要なかった。完食完飲すると、器の底から“偉くなるだけが人生じゃないよ”とのメッセージが出てきた。

「シンプルイズベスト」という典型的なラーメンで、スープは素材からの旨さを引き出して、麺とシナジーさせているのがよくわかる一杯。具材はこの一杯についてはねぎ2種だけでもその旨さがしっかり伝わってきた。店主の哲学がよくわかるラーメンであるが、これで麺が固めだったらどのような味であるのか少し興味があった。コスパも含め、これだけこだわりに徹底されるお店は素晴らしい!次はラーメン(600円)を食べてみようと思う。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「手打中華そば 600円」@藤屋の写真土曜の13時半過ぎに到着。かつてこちらのお店を探したが見つけることができず、こちらのお店が旧古河市から現在の場所に移動になったことを知らず、どんぶりさんのレビュー(http://ramendb.supleks.jp/review/196777.html)で今の場所になったことをやっと気づいたお店。いつか行こうと思っていたが、今回やっと行くことができた。東京から一般道で行くと3時間近くかかる。渋滞さえなければもっと早いのだが・・・。お店はガソリンスタンドの看板でやや見えにくくなっている。この時間であるが、カウンター以外は全て埋まっていた。高齢の方が中心で厨房が回っていたが、恐らくこちらの方が店主だろうと思った。佐野ラーメン発祥のお店で修行され、60年以上経った今でもその原点の味を作っているというその味はどんなものなのだろうか。

出てきた一杯は、典型的な中華そばでという印象で、色が薄めの醤油スープの下に見える縮れている平麺が、佐野ラーメンの系譜だということがわかる。スープを飲むと、醤油の風味と鶏がらからの旨みが出ていて美味しいスープである。数回飲むと調味料と塩分の強さが目立ってくる。油はおそらく鶏油で、そこそこ多めである。麺は太さがかなり不揃いの縮れ平麺で、ピロピロっとした食感。茹で加減は柔らかめだが、コシもしっかりしておりGOOD!不揃いさがスープと相俟って旨さを出しているのだと思った。麺の量は多めで、充分楽しむことができた。具材は、大きいチャーシュー1枚・メンマ・輪切りねぎ・なると・海苔1枚。チャーシューはやや甘めの味付けのロース肉で美味しい!メンマに味ははとんどないが、スープと相俟って美味しく食べることができた。輪切りねぎはチャーシューに隠れて多めにあった。途中ホワイトペッパーを加えて完食した。

麺が個性的で、麺の不揃いさが個性的な味わいを出していることが面白いと思ったラーメンで、この麺は他にない個性だと思った。具材もそれぞれ個性があって、スープとシナジーして美味しい味の無いメンマや肉の味を引き出している少し甘めの味付けの大きいチャーシューも印象に残った一杯であるが、スープの塩分か調味料のような強さがすぐに出てくることが気になった。最初のアタックは非常に美味しいだけに惜しい。それでも佐野ラーメン原点の味を店主自ら作った味は印象に残った。4県が隣接するこの地区ならではの美味しいお店だと思って退店した。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件