なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

流星

味をメインにして採点しますが、それ以外にお店の方の姿勢と値段のバランスも加味して採点します。当日から三ヶ月前までに行ったお店を対象とします。同じお店や同じメニューを複数採点することもありますが、同じメニューは一ヶ月以上開けて採点していきたいと思います。よろしくお願い致します。

平均点 74.921点
最終レビュー日 2019年10月14日
1,125 1,064 0 469
レビュー 店舗 スキ いいね

「らーめん(+チャー牛2枚:クーポン使用) 790円」@牛骨らーめん 牛王の写真土曜の13時過ぎに到着。宿題店であるこちらに来店。牛系の味にスパイスや香味野菜を使っているのに興味があった。周りはラーメン店が多く、以前この界隈に来た時の記憶と様変わりしていた。悪天候の中入店すると先客は2組、後客3組。券売機で掲題のボタンをプッシュ。その後店主にチャー牛2枚無料のクーポンの画面を見せ(6月末日で終了)、頷いていただいた。

出てきた一杯は漆黒のスープにスライスされたローストビーフと赤系の野菜の色が際立っているビジュアルで、やはりローストビーフが目立っていた。スープを飲んでみると、マー油が効いており、そこに牛出汁のコクのあるスープが一体感を成していて美味しい!最初少し油っぽいが、飲み進める毎に美味しさが目立ってきた。確かにステーキソースのような味わいで、スパイス感は適度で、香味野菜の旨みが出ている。複雑さがある美味しいスープである。麺は中位の四角いストレート麺で、食べてみると僅かにザラザラとしており、それがスープを持ち上げていて美味しい!気持ち硬めの茹で加減で、小麦の風味も見えている。パスタっぽいとも少し思った。スープとしっかり絡んでいるせいか旨さが持続し、少し止まらない感覚になった。麺量は標準的といったところである。具材はチャー牛4枚・ダイストマト・茹でニンジン・レタス、底に細かくなった牛スジ。チャー牛はほぼローストビーフでギリギリまで薄くスライスされているが、牛肉由来の甘さがあって旨みが凝縮されていて美味しい!スープと相俟って素晴らしい味わいである。スープに沈め熱を通して食べたが、牛肉の旨みがはっきり出ておりやはり美味しかった。トマトはスープの味とコントラストを成していて、しっかりと存在感がある。ニンジンは自然の甘さがあって、これも美味しい。レタスはスープや麺と併せて美味しく食べることができた。牛スジは出汁としての存在だと思った。スープも含め完食完飲させていただいた。

牛系の存在感が強いスープで、確かに「骨、肉、脂全て牛使用」というのがわかり、それにマー油やスパイス、香味野菜を加えて複雑性のある味わいであった。スープは確かにお店の言うステーキソースで、旨さに厚みがあった。麺もそれに対応できるしっかりとしたクオリティで、具材もチャー牛の旨さをメインとして、スープに馴染んで個性が光っていた。次回は牛の辛いつけ麺大盛(890円)でいこうかと思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「チャーシューつゆ麺 1840円(税サ別)」@聘珍樓 横浜本店の写真土曜(6月1日)の13時に到着。たまには高級店で麺を食べてみたくなり来店。入口から女性の丁寧な案内があり、約20分待つとのこと。今回一人で来店したが、ウエイティングルームには一人客はいなかった。数分後、フロアの真ん中の席が空いて、そこでもよければとのことで案内されると確かに真ん中の卓席で、周りから視線が集まる席のようにも思えた。掲題のメニューをオーダー。見える限り麺類を食べている方はいなかった。

手押し車に載せられて出てきた一杯はシンプルで、いかにも中華料理の一つとして作られたチャーシューとたっぷり入っている青菜が特徴的で、麺料理というオーラが出ているようにも思えた。スープを飲んでみると、さっぱりとした味わいに具材からの旨みが浸み出していて美味しい!醤油はすっきりとしており、出汁は鶏ガラと野菜とシンプルではなかろうか。ガツンとくるような味ではないが、雑味のないスープである。麺は中細ほぼストレートの少し角ばった麺で、食べてみるとスープとの絡みがしっかりとあり、それが旨さとなって美味しい!食べ進めてもスープとの絡みの良さが持続している。何となくではあるが、そういう仕様の麺にしているのだと思った。量的には標準的だが、具材の量が多いのでこれで充分である。具材はチャーシューと青菜で、チャーシューは塊の豚肉をたっぷりの八角や調味料で味付けされた味わいで、それを斜めにスライスしたもので、8切れも入っている。食べてみると、丁度良い柔らかさに脂っこさも適度な加減で美味しい!八角ならではの風味があり、甘さも出ている。いかにも中国料理という味わいである。青菜を食べてみると、恐らくホウレンソウではなかろうか。何となく独特の風味・味わいで、青臭さや苦味のない青菜である。これがたっぷり入っていて、食べ続けているとこれも美味しさに繋がっていった。後半別皿の辛味を投入。これが結構辛く、いい味変となった。スープを少し残して完食した。

名前の通った高級店での麺類の味わいはどうだろうかと思ったが、しっかりとした味わいの具材の多さが全体の旨みに繋がっており、コシのあるしっかしとした麺が上品な味わいにも感じられるスープと一体感があると思った。スープにもう少しはっきり感があってもいいと思ったが、美味しい麺料理という印象も残った。会計は全て込みで2180円(端数切り捨て)。今までの一杯の中で最大の支払いをして退店した。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

土曜の19時に到着。全く土地勘の無いこの界隈で食事を取ろうとしてこちらのフロアに来たが、何となくここかなと思って来店。シンプルに熊本ラーメンかなと思ったが、結構空腹だったので少し奮発して掲題のメニューボタンをプッシュ。皆購入を終えると卓席に案内された。結構広い卓席が好印象である。この時間であるが、意外と一人客が多いなあと思った。

出てきた一杯は具材で表面がほとんど敷き詰められたビジュアルで、生キャベツが特徴的である。スープを飲んでみると、豚骨スープにマー油がしっかり効いていて美味しい!豚骨のクリーミーさよりマー油の味がはっきりしている。飲み進めると少ししょっぱさが見えていた。麺は中細のストレート麺で、食べてみると、ん~あまりコシがない。何回か食べてみたが、変わりなかった。茹で加減のせいだと思われるが、貼り紙から硬さが選べるのかなと思った。麺量的には普通といったところである。具材は角煮・生キャベツ・メンマ・きくらげ・青ねぎ・味玉半分。角煮は大きめなのが1個入っており、甘めで濃い出汁し醤油の味と肉の旨みで美味しい!生キャベツはスープに合っている。メンマはよくあるクオリティ。きくらげは多く入っており、スープ・麺と併せて食べていい食感。青ねぎは揮発性があって香りもGOOD!味玉は濃い味付けで、素材の味があまり見えていなかった。

コスパ的にはどうかとも思った一杯であるが、豪華な熊本ラーメンという印象で、全体的に濃さが特徴的な味わいであった。具材の多さも特徴的であるが、麺については茹で加減がとても残念。これは硬めで食べたかった。スープは確かに熊本ラーメンの味わいであるが、これだけマー油の味があるならもう少し塩分を抑えても美味しいのではなかろうか。次回来ることがあれば、火の国地獄麺・5丁目(950円)を食べようかと思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「(期間限定)はまぐりラーメン 360円+消費税」@はま寿司 横浜菊名店の写真平日の12時前に到着。あまり車で通ったことのないこの界隈で、徐々に渋滞し始めた時にこちらのお店の「はまぐりラーメン」の幟が見えた。近づいてくると駐車場に空きがあるのがわかったので、こちらに駐車して来店。入店するとロボットが受付をしているようであったが、一人客のせいか近くの従業員に案内されカウンターに着席。平日90円の寿司を食べた後、最後に掲題のパネルボタンをプッシュして待つことにする。

出てきた一杯は従業員から後方より提供された。ビジュアルとしてはメニューパネルに比べはまぐりのボリュームが明らかに異なっており、さらに3個のはまぐりのうち1個は殻が割れておりもう1個は蝶番から離れている仕様であった。大きさはある程度想定内であったが、何で殻割れや離れている仕様になったのだろうか。スープを飲んでみるとしっかりとはまぐりの出汁が効いて美味しい!個数が3個にしては効き過ぎているようにも感じられるが、昆布系の出汁が下支えとなっており、僅かな油が美味しさを引き出している。結構美味しいスープである。麺は細くて僅かにウエーブしており、食べてみるとコシがわかって美味しいのだが、食べているとボソッと切れるような食感が残る。スープとの相性は悪くないが、麺そのものの旨さがほしいところである。量的には価格を考えると妥当なところである。具材ははまぐり・青ねぎ・白ねぎ。ハマグリは先述の通りの仕様で、食べてみると身は小さいものの、出汁ガラののようになっておらず美味しい。青ねぎ・白ねぎもスープや麺と相俟って風味・食感に存在感があって美味しく食べることができた。

寿司店らしいスープで、シンプルにはまぐり出汁がしっかりと効いており、油も旨さを引き出していた。油がなければ品の良いお吸い物であろう。それだけいい味わいなのに、麺のボソッとする仕様は惜しい。モチッとした麺もこのスープに合うようにも思えないが、もう一工夫ほしいところである。具材はやはりメニュービジュアル通りに近づけてほしいですね・・・。寿司についてはクオリティが上がったチェーン店だと思って退店した。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

平日の13時過ぎに到着。5~6年前この界隈に来た際には再開発の真っ只中だったが、今は整備されてタワーマンションが林立。神奈川の住みたい街で上位になり、ゴジラの主戦場になってさらに知名度がアップした街となった。移転されたこちらのお店であるが、以前のお店では麻辣つけ麺に興味があった。入店すると某サッカーチーム熱が強いのがすぐにわかる。限定にそそられたが、確か以前よりやっていた掲題のメニューボタンをプッシュ。カウンターに案内され待つことにする。

出てきた一杯は海老色のスープに軽く炙られたような大きくて分厚いチャーシューとメンマや輪切り青ねぎが多めに入っているビジュアルで、黒い器に海苔が店名をほとんど隠しており、もったいないと思った。スープを飲んでみると、結構海老油を使っており、それ故海老系の味がはっきり出ている味わいで、そこに鶏系の出汁が支えていて美味しい!最近よくある洗練された海老味というより以前よくあったえぐみも見えている海老味で、海老スープ好きの方は懐かしさを感じられるのではなかろうか。そこに鶏白湯の組み合わせは面白いと思った。麺は中細で少しウエーブのかかっている四角い麺で、食べてみるとスープと一体感があり、やや硬めの茹で加減でつるつるとして美味しいが、すぐプツッと切れる食感。食べ進めてもほぼ同じ感覚で、コシがあまりないように感じられた。麺量としては妥当なところである。具材は先述の通りで、チャーシューはバラロールを軽く炙った仕様で、スープと相俟って少しオイリーだが肉本来の味と相俟って美味しい!穂先メンマは気持ち甘めの仕様で、サクッと切れる食感。青ねぎは多めに入っており、風味に存在感があった。海苔はよくある仕様であった。

海老味に鶏系を組み合わせて旨さを出しているスープにスルスル感のある麺が馴染んでおり、そこに大きめ多めの具材が特徴的であった。海老味に感じられるえぐみは懐かしさを感じさせるが、油の強さも含めて意見が分かれるのではなかろうか。麺のコシはいつもこの仕様なのだろうか。何となく隙がいくつかあったような一杯であった。退店時こちらのつけ麺店が近くで開店したのに気づいた。そちらに麻辣つけ麺があるのかはわからないが、やっちまったと思って次のスケジュールに向かった。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「②ラーメン+半カレー 1000円 ※」@ザ・ラーメン屋の写真※ラーメン単品:650円

土曜の13時に到着。昔ながらの中華そばと激辛カレーという組み合わせに興味を持って来店。入口はまるでオープンテラスのカフェである。周囲は観光地であるが、来店客はほとんどが常連さんという雰囲気で、入口近辺には犬を連れている方が二組おり、お店の犬と食事をしながら戯れていた。奥の大きい卓席に座って掲題のメニューをオーダー。半カレーが先に出てきたが、メインの方のラーメンを先にレビューします。

出てきた一杯は典型的中華そばというビジュアルであるが、具材の彩りがきれいに見えスープがやや少なめなのが特徴的だと思った。スープを飲んでみると、ややシャープさを感じる醤油味に鶏ガラや香味野菜からの出汁が効いていて美味しい!浮いている少しの油も味に厚みを出しており、美味しいスープとなっている。一工夫されている味わいだと思った。麺は中細の少し縮れている麺で、食べてみると少し軟らかい食感である。コシがあるようにも感じられたが、何となく茹で時間が予定より長かったのではないかと思った。スープに馴染んでいるものの、食べ進めても食感は変わらなかった。麺量的には価格を考えると標準的といったところである。具材はチャーシュー・メンマ・なると・海苔・水菜・輪切りねぎ。赤みがかったチャーシューと縁が赤いチャーシューは少し甘みと八角の味のする中華的味わいで美味しいが、縁の赤い方はグニャッとした食感で噛み切りにくい。メンマは薄味でいい食感。水菜はスープと相俟って美味しい!輪切りねぎは量が少ないせいか、あまり存在感がない。なると・海苔は美味しく食べることができた。最後に卓上の辛味を入れると結構辛さがある仕様で、入れすぎると醤油スープの味がわからなくなると思って完食した。

一見シンプルな中華そばに彩りのある具材を添えているラーメンのように見えるが、味わいに工夫と奥行きのある一杯だと思った。スープはガツン系でもあっさり系でもなく個性が光った。麺もそのスープと一体感があって美味しさが見えていたが、軟らかい仕様はたまたまか。チャーシューもあたりのよくない箇所だったようであったが、いつもの出来ならさらに好印象になるのではと思って退店した。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「珈琲旅 800円」@ラーメン246亭の写真土曜の13時過ぎに到着。個性的な味を求めての連食‐ラーメン編。以前からコーヒーラーメンを提供しているお店はあったが、具材抜きで本格的な味わいで提供するお店をこちらRDBで知って来店。コインパーキングで車を停めて入店し、券売機で掲題のメニューボタンをプッシュ。この時間半分近く席が空いており、カウンター右端に案内され着席。待っていると来店客が続き、数人待ちとなった。カウンターからは豆を挽く音とコーヒーを落としている様子が見ることができた。昭和のレトロ感がトイレにまで行き届いているこだわった内装である。

出てきた一杯を撮ろうとすると店員さんが丁寧にライトを差し出してくれた。同時に店主から「本日のコーヒーはパプアニューギニアのトロピカルマウンテンです」とのこと。詳細を伝えられると高級そうに感じられた。その後焦がしねぎが載っているミニライスが提供され「スープをかけて召し上がってください」とのことであった。スープを飲んでみると、おー!コーヒーの味わいがガツンと来て美味しい。強い苦みが特徴的で、強くコーヒーを主張している。その後に鶏系の味わいがあり、鰹出汁の味わいが見え隠れしている。油はコーヒー豆からの油も入っているようである。スープを飲み続けても苦みが目立つ味わいである。そのせいかこってり感はない。ジワッと醤油味が見えていた。麺は細い少しウエーブのかかっている丸麺で、食べてみるとコシがあり、小麦の風味が見えている麺で美味しい!スープとの絡みも良く、麺の甘みとコーヒーの味わいに一体感があった。麺量的には普通といったところである。後半スープをライスにかけて食べてみると、ねぎの香ばしさとコーヒー味のスープが合う。ライスを食べると鶏系の味わいが見えて美味しく食べることができた。せっかくのスープなので完飲した。

コーヒー味のスープでこれだけ本格的な味わいは想像を超えており、そして旨さもあったのは素晴らしい。確かに具材を添えてコーヒー味が濁るようになるより、素ラーメンで勝負する潔さは店主の強い意志が感じられた。苦い味わいは個人的な嗜好として受け入れているが、スープの苦みが強いと思ったのはその豆の個性からだろうか。それでもこの味を創り出したことに驚きがあった。退店時いただいたカードには「毎月のコーヒーラーメンのコンプリートを目指そう」と書いてあった。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「辛味ら~めん(激辛) 800円」@らーめんひの木の写真土曜の13時半前に到着。なかなか行けない場所で連食を決行、2-②。激辛がウリと思われるお店ではと思って来店。この界隈は駅からかなり離れているのにラーメン店以外でもお店が多い。「激辛ラーメン」の幟でお店を見つけることができた。入店後プレミアムやカプサイシンにするか迷ったが、価格差がプラス50円だった掲題のメニューをオーダー。壁には「あぶりチャーシューカレーライス」という美味しそうなメニューもあった。

出てきた一杯は赤黒いスープとそれと対照的な三つ葉と海苔が印象に残るビジュアルで、何故かゴマが一方に寄っていた。スープを飲んでみると、あ~最初に強い辛さが来る味わいであるが、その後魚介系の味わいや動物系の味わいも見え隠れして美味しい!辛さも含めて複雑性があり、旨さが辛さで消えていないのが素晴らしいと思った。やや油が強めであるが、ここからも辛さが出ているのだと思った。激辛ならではの辛さであるが、美味しいスープである。麺は中太の扁平麺で、食べてみるとやや硬めの茹で加減で、コシがあって美味しい!小麦の風味も少しわかる仕様で、スープを適度に持ち上げて馴染んでいるが、食べるのに少し時間がかかったせいか、後半ややのびが目立っていた。麺量は気持ち少なめといったところである。具材はチャーシュー・メンマ・三つ葉・海苔・輪切りねぎ・ゴマ。チャーシューは軽く炙られており、香ばしさと肉本来の旨みが出ていて美味しい!メンマはよくある仕様であるが、スープと相俟っていい食感。三つ葉は意外にもこのスープに合い、香ばしさも消えていなかった。海苔・ねぎ・ゴマも美味しく食べることができた。最後に卓上のりんご酢を投入して完飲した。

激辛ならではの辛さとそれを受けての魚介メインの複雑性のあるスープに旨さと存在感があり、店主は辛さを熟知していると察することができた。麺や具材も隠れてはいなかったものの、もう少し存在感があってもいいかなと思った。壁にあったカプサイシンの“最終完食日9月10日累計25人”ということを確認し、「次回はチャレンジしてください」と聞かれ、「恐らく無理です」と笑って答えて退店した。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ちらし麺 竹 900円」@鮮魚鶏出汁麺 沢むらの写真土曜の12時半に到着。なかなか行けない場所で連食を決行、2-①。ちらしの麺に興味を持って来店。既にお店の駐車場が埋まっており、近くのコインパーキングに停めてやってくると、数人が外にまで溢れていた。券売機で掲題のメニューを購入して待っていると、15分後一気に空いて、前に並んでいた方のご好意で座敷に相席させていただく。この日この時間家族連れが3組と、席数を考えると比率的多いと思った。

「よくかき混ぜて食べてください」との言葉を添えられて出てきた一杯は、中落ちとトビッコが目立つビジュアルであるが、味玉・油揚げ・つみれの寿司とは異なる具材や水菜・アボカト・海藻(トサカ?)・海苔の色もさりげなく目立っているビジュアルである。ちらしらしい具材の豊富さで、自分にはこれで充分だと思った。これらを丁寧にかき混ぜて食べてみると甘酢と醤油系のタレというより甘酸っぱいタレがかなり冷えた麺と具材と相俟って美味しい!タレには寿司店のエッセンスがあって麺と具材を生かしていると思った。その麺も結構冷えているが、これだけ冷やすのはたいへんなのではなかろうか。中位から少し細めのストレートの麺であるが、コシがしっかりとしており、かき混ぜたことによって旨さに一体感があった。麺量的にも満足感があった。具材は先述の通りであるが、メインの中落ちは新鮮で、鮪由来の旨みがあって美味しい!市販では時々香りや食感が残念なことがある具材であるが、さすが元寿司店である。トビッコもいい食感。味玉・つみれも美味しいが、油揚げは少し甘みが目立った。刻み海苔は風味が素晴らしく、味に存在感があった。他の具材も美味しく食べることができた。途中山葵とガリを投入。後半に卓上のレモン酢、ゴマ・一味をかけて美味しく完食した。

ラーメン店ではあるが、元寿司店ならではのエッセンスが感じられる一杯で、中落ちの鮮度や麺の温度、ちらしならではの具材の豊富さが素晴らしいと思った。これをかき混ぜることに強いシナジー感が表現されており、美味しい麺類を食べたという余韻が残った。店主はよくこれを創出したと思った。卓上の調味料も考えられたモノだと察した。素晴らしい“ラーメン専門店”に出会ったと思って退店した。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「チャーハンランチ 950円 ※」@丸源ラーメン 宮前平店の写真※肉そば 単品:702円

平日の12時半過ぎに到着。来店時状況は、先に提供されたチャーハンDBのレビューに記しております。メニューを見ると熟成醤油のラーメンがウリらしく、事前情報が無かったので、店員さんにラーメンビジュアルの上に載っているオレンジ色の玉が何か質問したら「柚子おろし」とのこと。その後の気遣いのある言葉に好感が持てた。チャーハンのパフォーマンスが終わったにラーメンが提供された。

出てきた一杯は柚子おろしがやや溶けかかっており、スープには背油がかかっていた。肝心の肉は表面からは少ししか見えていないので、最初やや不安になった。卓上の“極め5か条”に則って食べてみることにする。スープを飲んで見ると、コクのある醤油スープが肉や具材からの味と一体化があって美味しい!ただ柚子おろしの味が混ざってくると妙にあっさりとした味わいになっていった。大根特有の青臭さは僅かで味の邪魔はされていないが、柚子はあまり風味が無かった。お店の食べ方の通り「どろたれラー油」をかけて食べてみると引き締まった味わいになってGOOD。醤油の味が再度引き立ってきた。麺は中細のほぼストレート麺で、やや短めの仕様であろうか。食べてみるとスープに混ざっているいろいろなモノが麺にくっついており、そこから旨みが出ていて美味しい。やや柔らかめの茹で加減で、スープと相俟ってさっぱりとした食べ応えである。ただ肉や具材の多さでやや存在感がないと思った。ボリューム的には妥当なところである。そして食べ進むとスープの味に余韻が少なく感じられた。「どろたれラー油」をさらに一回投入すると確かに美味しいが、元の醤油の味が消えゆくようであった。酢を途中でかけると味変にはなったが、完飲はしなかった。具材は豚バラ肉・柚子おろし・青ねぎ・海苔。肉はたっぷりと入っており、スープや麺と相俟って美味しい!存在感があった。柚子おろしは存在感こそあるが、醤油の味を相殺しているようにも感じられ、柚子の風味もほとんどしていなかった。青ねぎもしっかりとした風味で良い味わい。海苔は麺を巻いて美味しく食べることができた。

濃いめの醤油スープとボリュームのあるバラ肉が全体の旨さを引き立てている一杯で、と特にバラ肉には甘さから来る旨みがはっきりと出ており、全体に大きな影響を与えていた。スープもコクのある美味しさであったが、柚子おろしが溶けて一体感を成すと旨さが消えてしまい、柚子おろしが必要なのかとまで思ってしまった。あと卓上の「どろたれラー油」は素晴らしい。会計時一瓶購入して退店した。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件