なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

流星

味をメインにして採点しますが、それ以外にお店の方の姿勢と値段のバランスも加味して採点します。当日から三ヶ月前までに行ったお店を対象とします。同じお店や同じメニューを複数採点することもありますが、同じメニューは一ヶ月以上開けて採点していきたいと思います。よろしくお願い致します。

平均点 74.911点
最終レビュー日 2019年8月17日
1,117 1,057 0 460
レビュー 店舗 スキ いいね

「鍋焼きラーメン(大) 630円」@橋本食堂の写真平日の12時半前に到着。8年前に旅行した際にその存在がわかり、自分の中での宿題店。最近はまちおこし関連や某テレビで取り上げられ、こちらのお店が取材されていた。入口には人が溢れ、平日でも待つのかと思われたが、かろうじて待たずに座敷に着席。それでも入口脇のボードには20前後の名前とその人数が書かれてあった。一番混む時間帯に待たずに入れたのは奇跡的である。メニューは鍋焼きラーメンの普通・大・特大、ごはんの小・中・大、そしてビールの7種類しかない。座っている人のほとんどの席に料理が出ておらず、料理が出てくるまでかなり時間がかかると思った。近くにあった鍋焼きラーメンマップを見ながら待つことにする。

約20分待って出てきた一杯は、アツアツそのもので、器の下は火に直接かけているためか真っ黒である。出てきてもスープはまだ沸騰していた。少しかき回してそろそろっと食べると、まだアツアツである。下に隠れている玉子の白身が固形状になってきたことがわかった。スープは鶏からの出汁が効いて美味しい!濃厚というより鶏のいろいろな部位から旨みが出ているという印象で、深い味わいである。塩分も強くなく、いいバランス加減である。麺は黄色いストレートの細麺で、出てきた当初は恐らく少し茹でただけの状態だったため、これだけアツアツなのにのびておらず、コシもしっかりして美味しい!大をオーダーしたが、量は思った以上に多めである。具材は下に沈んでいる鶏肉・ちくわ・青ねぎ・玉子。細かく切られた鶏肉の歯応えがしっかりしていますね~。皮もしっかりとした食感でGOOD。ちくわ・青ねぎもいいアクセント。玉子は白身がスープ・麺と相俟って美味しく食べることができた。中盤に黄身を溶くと、スープとの相性が絶妙で、濃厚さが加わった。最後に別オーダーしたごはん小をスープに投入し、美味しく完食した。

鶏からの出汁が素晴らしく出ており、アツアツなスープのため麺ものびないように提供されている工夫もされているのがわかるラーメンで、とても美味しく食べることができたという印象が残った。黄身を最初から溶かなかったことで、後半に味変をして具材からの濃厚さも味わうことができ満足した一杯。鶏肉があれだけ下に沈んでいることが意外だったが、それでややちくわと青ねぎの存在が薄れてしまったようにも感じられてしまった。それでもこの味一本でやっているお店の姿勢は素晴らしい。退店時に再び列ができたが、平日並ぶだけの味を出すお店だと思った。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件