なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

流星

味をメインにして採点しますが、それ以外にお店の方の姿勢と値段のバランスも加味して採点します。当日から三ヶ月前までに行ったお店を対象とします。同じお店や同じメニューを複数採点することもありますが、同じメニューは一ヶ月以上開けて採点していきたいと思います。よろしくお願い致します。

平均点 74.911点
最終レビュー日 2019年8月17日
1,117 1,057 0 460
レビュー 店舗 スキ いいね

「五目ラーメン 800円」@満腹ホールの写真日曜の12時前に到着。連食を決行。大きなエビフライを食べに過去行ったことのある地区であるが、ラーメンを食べるために来るのは初めてである。この界隈はかつて北蒲原郡京ヶ瀬村と言われていた地区である。具材が個性的な五目ラーメンが目的で来店。入店すると既に先客で卓席や座敷が埋まっており、カウンターに着席。水の提供と同時に掲題のメニューをオーダーして待つことにする。

カウンター越しに店主からダイレクトに出てきた一杯は大きな丼で、しかもアツアツなので持ってくるのに手間を要した。ビジュアルは事前の情報通りで、茹で玉子と玉子焼き、なるととかまぼこという同じジャンルの組み合わせが2種ずつ載っており、それプラスチャーシューと下に野菜類という具材はかなりのボリュームで、正しく屋号通りである。スープを飲んでみると塩スープで、野菜からの出汁が出ていて美味しい!鶏ガラ系の出汁も見えており、サッパリとして滋味感がある。優しい味わいであるが複雑性もある美味しいスープである。麺は中細で少しウエーブがかかっている丸麺で、食べてみると・・・んー軟らかい。具材と併せて食べると美味しいが、自分にとっては茹で過ぎである。恐らく常連客の嗜好に合わせたと思われるが、ボリュームと相俟ってなかなか進まなかった。具材は先述の他に大量のキャベツ・ニンジン・モヤシ。茹で玉子はフルボイルで、これはこれでスープに合っている。玉子焼きは思いの外甘くなく、これもスープに馴染んでGOOD。なるととかまぼこは良い彩り。チャーシューは赤身に旨みがあって美味しい。野菜類は強めに調理されており、出汁にもなっているが、柔らかめなのが美味しさに繋がっていた。何とか完食した。

具材からの味わいがスープに旨みを加えており、薄めにも感じられるが複雑性のあるスープは飽きがくることない味わいであった。茹で玉子・玉子焼きになると・かまぼこという具材の組み合わせも面白かったが、麺の軟らかさについては、正直自分の嗜好とは違っていた。ボリュームがあるのはいいが、その点さえ変われば大きく印象が変わると思った。次回来ることがあれば、麺硬めができるか聞いてオーダーしようと思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「あがの夢うなぎの塩ラーメン 930円」@瓦テラスの写真日曜の11時に到着。海に面していない地区で鰻を養殖していることに興味を持って来店。この界隈はかつて北蒲原郡安田町と言われていた地区で、瓦の生産地でもある。それをイメージしていると思わる瓦テラスという施設の一角にお店があり、開店まで待っていると三組程列ができた。時間通り開店し、奥のカウンターに着席。メニューを見て蒲焼や冷やしラーメンにもそそられたが、初志貫徹で掲題のメニューをオーダーして待つことにする。

出てきた一杯は木製のお盆に黒い器で提供され、透明なスープに鰻が載っているビジュアルで、上品なカフェのラーメンという印象である。スープを飲んでみると、出汁がしっかり効いている味わいで美味しい!コクがあってやはり鰻からの出汁と思われるが、臭みが全くないのが特徴的でもある。飲み進める毎に上品なスープに思えた。麺は少し縮れているグレーの色が見えている丸麺で、食べてみるとコシがしっかりとしていて美味しい!色からすると全粒粉の麺だと思われ、小麦由来の風味もしっかり出ている。食べ進めていると少し止まらない感覚になったが、麺量はやや少なめだと思った。ちなみにこちらの施設の隣は大きな製麺会社である。具材は鰻・玉子・ねぎ。鰻は蒲焼でタレのジュレが載せられており、食べてみると臭みが無くフワッとした食感で美味しい!塩スープと合っており、丁寧に調理されたのがわかる味わいである。半分の茹で玉子もスープと相俟って味わいがGOOD。薄く出汁がついており、素材の旨みが生かされていた。ねぎは細く青ねぎ白ねぎで、鮮度があり、これもスープに馴染んで美味しく食べることができた。スープも含め、あっという間に完食してしまった。

正直あまり鰻の養殖をしていると聞かない地区での鰻のラーメンはどうかと思ったが、鰻特有の臭みがなく、旨さをスープと具材に生かしている味わいで、それに併せる麺もしっかりとした旨みと個性があって、素晴らしい味わいであった。量的にはこの業態なので仕方ないのかもしれないが、次回は大盛で食べられるか聞いてオーダーしようと思う。退店後地元産品の販売店に寄って、蒲焼と肝の山椒煮を購入して次の目的地に車を進めた。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「里いも麺のざる中華 700円」@冨士屋食堂の写真土曜の18時半前に到着。この街では以前から特産品の里芋を練り込んだ“さといも麺”を提供しているお店が多くあり、その中でこちらのお店が麺の味が一番わかるかなと思ってこの度来店。思った以上に鄙びた外観で、入店すると常連客が数名。机や椅子も昔ながらであるため、さといも麺のメニューが目立っていた。多くのさといも麺のメニューから掲題のメニューをオーダーして待つことにする。

出てきたつけ麺は典型的なざる中華で、ボリュームのあるのが特徴的である。麺は少しウエーブのかかった太い平麺で、そのまま食べてみると素材からくる甘い風味とモチモチとした食感がはっきり出ていて美味しい!ツルッとした麺肌は里芋由来だと思われ、のどごしも良い。コシもしっかりとあってつけ麺としては上出来の麺である。ラーメン専門店ではないのにこの麺は素晴らしいと思った。ちなみに他の候補店は、日の出食堂(熱心な活動)・ぼたん食堂(特に焼きそばが美味しいとの評判)・三日月食堂(元祖?)である。これをつゆにつけて食べてみると、つゆの味わいで麺が引き立って美味しいものの、フルにつけると結構しょっぱさが目立つ。出汁感より塩分の強さが目立つ味わいで、半分つけて食べると美味しいが、つけ麺系なのでフルにつけて食べたいと思った。ボリュームは申し分なしである。薬味はわけぎとわさび。わけぎは切り立てのせいか香りが良くつゆに入れても存在感があってGOOD。わさびはよくある仕様だが、麺にのせて美味しく食べることができた。お店の雰囲気から割スープはコールしなかった。

“さといも麺”を初めて食べてみたが、モチモチとした食感とツルツルとしたのどごしにしっかりとした風味やコシもあって、明確な美味しさがあったのが素晴らしいと思った。このような麺がこの地にあって根付いているのも驚きである。ただつゆについては塩分の強さより出汁感がほしい。その点さえ変わるとかなり好印象になるのではなかろうか。丁寧なご挨拶をいただき退店した。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば 600円」@ちくにの写真奥羽越NDBの旅:ラーメン編‐其の陸(六)‐
日曜の11時半に到着。出汁味しかついていない焼きそばを調味料で自分好みの味に仕上げるお店でカレー焼きそばを食べようとしたが、かなり前にメニュー落ち・・・またカレー焼きそばでやっちまったと猛省した後こちらに来店。やはり行列ができていたが、意外とすんなり入ることができた。申し合わせたように皆が水の提供時にオーダーをしていた。厨房は女性が一人で捌いているように見えた。

少し時間がかかって出てきた一杯は麺が器上面まできているビジュアルで、それが特徴的である。スープを飲んでみると、薄口醤油に豚骨系に煮干が効いている味わいで美味しい!野菜系の出汁も見えているが、飲み進めていくと烏賊のような味わいが現れてきた。出汁や醤油からの味わいが重なってこういう味になったのだろうか。複雑性のある面白い味わいである。麺は少しウエーブのかかった中細の麺で、食べてみると・・・ん~軟らかい。事前に軟らかいと聞いていたが、想像以上である。食べ進めるとやはり軟らかさが目立つ。食感にコシが無く、グルテンが流れ落ちている仕様である。これがお店の茹で加減なのだろうが、ボリュームも相俟って少しキツイ。具材はチャーシュー・メンマ・輪切りねぎ・海苔・なると。チャーシューは厚めのバラ肉3枚で、食べてみるとトロトロとして出汁と相俟って美味しい!メンマは量こそ多いものの、よくあるクオリティ。輪切りねぎは新鮮さがあって、いいアクセント。海苔・なるともスープに合っており美味しく食べることができた。麺の量に苦戦したがなんとか食べ切った。

一見地方のよくあるラーメンに見えるが、複雑性のあるスープが素晴らしく、いろんな味が出てきているのが美味しく感じられた。具材もチャーシューの個性が光っており、チェーシューの旨さはスープ・麺にシナジー感を出していると思った。ただ麺の軟らかさについては自分の許容範囲を超えていた。この印象は星の家(八王子)で受けて以来である。それでもこれがお店の特徴なのだろうなあと思って退店。ナビを自宅にセットすると、約400kmの道のりということを示していた。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ麺 1玉 750円」@らーめん工房 まるしんの写真土曜の13時半前に到着。新潟でつけ麺を一番早く提供したお店と聞いて来店。ここはかつて中蒲原郡亀田町と言われていた地区である。お店の外観が会社事務所のような作りで面白い。来店するとこの時間なのに外にまで来店客が溢れており、券売機で掲題のメニューを購入後接続。すぐに店内に案内されたものの、20分待って着席。オペレーションがしっかりしているのが好印象。周りを見るとほぼ全員がつけ麺かマーボ麺であった。

出てきたつけ麺はスープ側にもやしがたっぷりと入っているビジュアルが特徴的であるが、麺の量が事前情報と違っていて少ないと思った。麺は細めのほぼストレートの麺で、これを温かいスープに入れて食べてみると、麺にコシがしっかりとあって、魚介出汁で酸味の効いた醤油味のスープに合っていて美味しい!表面はツルツルとしているが、麺が細いことによってスープを適度に持ち上げていてシナジー感がある。もやしと併せても旨さに一体感があった。スープは麺を入れる毎に温度が低くなるが、サラッとした仕様と具材がたっぷりと入っているせいか、美味しい味のままなのに気づいた。ただやはり麺は1玉であるが、少なめだと思った。具材はもやし・チャーシュー・メンマ・海苔・輪切りねぎで、一味が軽くかかっていた。もやしはスープに馴染んでGOOD!存在感がある。チャーシューも肉由来の味わいがあって美味しい。メンマはよくある仕様。輪切りねぎはスープと一体化して味になっていた。海苔はいい風味で、麺を巻いて美味しく食べることができた。卓上にあるポットでスープ割りをしてみると、出汁感こそ強くないがいろんな風味が出てきて、美味しく飲むことができた。

細くてコシのある麺とサラッとした魚介出汁の効いた酸味のあるスープと合わさることによって、一体感が出てきて旨さが発揮されているつけ麺だと思った。自分のイメージで細い麺のつけ麺は印象が薄かったが、この麺は素晴らしいと思った。ただこれは1.5玉以上で食べないと私には満足できない量であった。退店後お店の看板が準備中になった。ランチ時は14時でL.Oのお店のようである。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン 540円」@喜ぐちの写真平日の18時半に到着。4~5年前に知人の推しで行って以来で、人気店のため今回予約をしてやってきた。入口には既に本日満席との貼り紙があった。入店して座敷に案内され、お酒とお刺身を。個人的にはこちらの熱燗(越後杜氏)とフナベタのお刺身のクオリティはベストだと思っている。鶴の友を熱燗にしていただき、バイ貝をお供にして食べた後に〆で掲題のメニューをオーダー。時間がまだ早かったこともあり、誰も麺類を食べている方はいなかった。

出てきた一杯はこの地区の特色の淡麗系にしてはやや色が濃いめのスープで、平麺ということも特徴的だと思った。スープを飲んでみるとこれもこの地区の煮干系とは違って、鶏ガラに節系と海藻系メインの味わいで、煮干も使われているのかなあという程度である。油分は僅かな程度でショウガの味が見え隠れしている味わいである。複雑性のある美味しいスープである。思いの他塩分が強くないのも特徴的だと思った。麺は縮れている平麺で、食べてみると、モチモチとしたコシのある食感で美味しい!スープの味と一体感があり、スルスルとしたのどごしも味わいとなっている。止まらない感覚になったが、〆の一杯ということもあってゆっくりと食べた。量的は少ないが、価格と用途を考えると妥当なところである。具材はチャーシュー・メンマ・輪切り青ねぎ。チャーシューはほぼ赤身肉で、肉の味わいがしっかりとしていて美味しい。メンマはよくある仕様。青ねぎは香ばしさがあってスープと併せて美味しく食べることができた。

〆で食べることは久し振りであるが、この一杯は確かに〆の一杯としてはピッタリなラーメンで、出汁の効いたサラッとしたスープに細い平麺のモチモチ感が満足感を引き出している仕様だと思った。具材もそれに伴う優しい味わいで、全体として丁寧に作られているようにも感じられた。後半スープの味がやや淡く感じられたが、満足感があった。次回来ることがあれば、〆でこの一杯をまたオーダーしようと思う。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「和風ラーメン 350円」@新潟庵の写真休日の12時に到着。降りた電車からそのまま改札に出ようかなと思ったが、こちらのお店が食べている方が2人しかいないことに気づいて来店。えび天そば(460円)にしようかなと思ったが、窓の端のPOPに“和風ラーメン 350円”の文字を発見。それをオーダー。その後この場所に3世代家族6人や外国人女性客3人が続き、あっという間に行列。作っている女性のオーダーを聞くテンションが高くなっていた。

出てきた一杯は岩海苔と天かすが入り混じり、その上に輪切りねぎがドバッと載っているビジュアルで、正直あまりきれいでない。他のサイトを調べると本来はセパレートされているのだとわかった・・・まあいいか。その後「これをお好みでどうぞ」でねぎ油とホワイトペッパーが出てきた。まずはそのままで、スープから飲んでみると確かに和風を感じるスープで、通常使っているスープに鶏系の出汁を加えたようなイメージである。この業態なので、ラーメンだけ別スープということはないだろう。たっぷりの具材と相俟って美味しく感じられたスープである。麺は細いストレートのやや黄色みがかった麺で、食べてみると結構柔らかい茹で加減であった。ある意味想定内ではあるが、少し甘みのある鰹出汁の効いたスープと絡んでくる具材と併せて食べると美味しい。ボリュームも思いの外多いと思った。具材は先述の通りで、岩海苔はスープに馴染んで風味もGOOD。本領を発揮していた。天かすはスープの油替わりのような存在で、これもスープと相俟っていい役割。輪切りねぎは多めで美味しく食べることができた。中盤に渡された調味料2種を投入。ねぎ油は多めにかけて食べてみると、味が激変して美味しい!ホワイトペッパーもピリピリとした辛さを出しており、スープも含め美味しく完食した。

現在使っている材料を駆使して工夫の跡が感じられるラーメンで、普段はそばやうどんを提供しているのに窓の端に隠れるようにあったメニューなので、もしかするとお店の原価率的には厳しい一品なのかなとも思った。岩海苔はスープと相俟ってとても好印象で、調味料もねぎ油が合っていた。これで麺さえ硬めであれば、さらに美味しく食べられると思った一杯であった。
蛇足ですが店員さん、お客の3世代家族がモンスター的とはいえ、もうちょっと丁寧なやりとりでお願いします。それを聞きながら食べていると美味しくありません。そして3世代家族の筆頭の女性、「こっちが先に並んでんだ!」とその迫力に20代前後の外国人女性客はドン引きしてました。帰国後のネタにならないような言葉遣いでお願いします。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「カレーラーメン 800円」@大衆食堂 正広の写真日曜の12時に到着。新潟4大ラーメンを“5大”にしたことに興味を持ってこちらに来店。来店状況についてはぎょうざデータベースで。我々の着席後あっという間に行列ができた。お店はメニュー数が多いものの、半分位の方がカレーラーメンを食べていた。先に餃子が出てきたが、その後すぐにラーメンが運ばれてきた。

出てきた一杯は、想像通りのカレーラーメンであるが、何か連れのと比較しても具材が少ないなあ・・・。スープを飲んでみると、最初甘さが見え隠れしているカレーであるが、飲み終わった後にピリッとした辛さが旨みとなって美味しい!時々ある食べやすい辛さのカレーを出汁で割ってそれをかける仕様とは異なり、カレーのスープそのもので、味もスパイスがと出汁からの旨さが感じられた。このスープは美味しいと思った。麺は中位の少し縮れている麺で、食べてみるとコシがあってシコシコ感のある麺で美味しい!カレーとの絡みはしつこく絡んでいない丁度良さでGOOD。色こそよくわからなかったが、どことなく札幌系の麺に似ているとも思った。シナジー感もあって止まらない感覚になった。麺量は標準的といったところである。具材はダイス状に近い豚肉・ジャガイモ・ニンジンの3種とタマネギ。豚肉はモモで硬めの食感であるが、肉本来の旨みがしっかり出ていて美味しい!ジャガイモは硬めの仕様で、カレースープや麺と相俟ってGOOD。時々ありがちな煮崩れのクオリティではなく、それが良かった。ニンジンも硬めの仕様で、しっかりと甘さから来る旨みがあった。たまねぎもカレースープに馴染んで美味しく食べることができた。

カレースープが美味しく、単純にカレーをスープ状にした仕様ではなく、和系の出汁とスパイスを効かせた味わいで、最初甘い口当たりで後味がピリッとするその味は個性的であると思った。それに伴う麺もコシがあって熱でのびない仕様なのは素晴らしい。それだけの一杯なのに、他と比べて具材が少なかったのはたまたまか。美味しい具材であっただけにモヤモヤ感が最後まで残った。その意味で次回も同じモノをオーダーしようと思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「とん汁ラーメン+ライス小盛りセット 900円 ※」@とん汁のたちばなの写真※とん汁ラーメン:単品 800円

平日の12時過ぎに到着。「秘密のケンミンSHOW」で2013年「全国アツアツグルメBEST10」の1位だったことに興味を持って、この度やっと来店。30℃を超える暑さの中、店内外は待っている人で溢れていた。だがあっという間に流れ、10分も待たずにコールされカウンターに着席。掲題のメニューをオーダー。先客のほとんどが同じモノを食べていたが、隣の方だけが“とんそば”を食べており、それが実に美味しそうに映った。

出てきたセットは予想通りのビジュアルで、こちらのとん汁には根菜類は入っていない。付けあわせは刻み昆布と野沢菜である。スープを飲んでみると、白味噌ベースにたまねぎからの甘みが加わり、旨みに一体感があって美味しい!味噌も甘めに感じられるがしつこさは無く、具材からの旨みがいい役割をしていると思った。美味しさがジワッと出てくる感覚で、飲んでいるうちに止まらなくなってきた。麺は黄色がかった中位の少し縮れている麺で、どことなく札幌で出会う麺に似ているビジュアルである。食べてみるとコシがしっかりしており、モチッとした食感で美味しい!とん汁との絡みも丁度良く、纏わりつくようなしつこさがないのがGOOD。具材と併せて食べるとシナジー感があった。麺量的には普通である。具材はたまねぎ・豚ばら肉・豆腐・輪切りねぎ。たまねぎは大量に入っており、ほとんど溶けているモノや固形状のモノもあってこの一杯のメインの位置にある。そして味噌と相俟って美味しい!ばら肉は脂身も甘い仕様で、これも美味しい!豆腐も豆由来の甘さがスープと相俟って美味しい。輪切りねぎも新鮮であった。後半卓上の七味をかけて食べてみると、少しではあまり変わらないので大量にかけて味変を楽しんだ。ライスも甘みがあってクオリティも良い。そのまま食べても付けあわせと食べても美味しく、最後はとん汁スープをかけて美味しく完食した。

白味噌と大量のたまねぎがこの一杯の旨さの主役であり、ばら肉や豆腐さらにセットのライスも含めて“甘さ”が旨みに繋がっていると思った。個人的には甘い味わいは得意ではなかったが、甘さが美味しさとなっているこの味わいは素晴らしいに尽きる。途中麺の存在が薄くなったようにも思えたが、満足感の残る一杯(セット)であった。簡単に来れる所ではないが、次回来ることがあれば、とんそば(=とん汁のつけ麺)を食べようと思う。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「(夏季限定)辛い冷たいスープのつけ麺 750円」@麺や 来味の写真土曜の11時半過ぎに到着。数えると約7年半振りの来店である。来店時の状況はぎょうざDBで。黒いTシャツを着た色白の10代の女性がホールを仕切っており、汗をかきながら必死にオーダーを捌いているのが印象に残った。メニューを見るとこんなにも増えたんだなあと思った。赤辛麺にも興味があったが、冷たいモノが食べたかったので掲題のメニューを中盛でオーダー。餃子を食べ終わった後それがやってきた。

出てきたつけ麺は中盛にしてはかなりのボリュームで、スープには氷が3個浮いていた。麺は細めのストレート麺で、少し九州系の麺に似ていると思った。そのまま食べてみるとコシがしっかりして美味しい!気持ち柔らかめでスルッとする食感は素麺のようなエッセンスが感じられ、季節感が垣間見られた。この麺をスープに投入して食べてみると、辛味の効いた豚骨魚介のスープが麺にしっかり絡んで美味しい!つけ汁も以前食べたラーメンと同様、豚骨と魚介のバランスが素晴らしい。冷たいスープだと雑味が見える場合があるが、それが全く無い。器もヒンヤリしていた。食べているうちに少し止まらない感覚になった。具材はチャーシュー・メンマ・海苔・硬い麩のようなモノ2個。分厚いバラチャーシューはホロッとするような柔らかさで、スープと相俟って美味しい!メンマもコリコリとした食感でGOOD!海苔は麺を巻いて食べて美味しく食べることができた。乾麩はそのままで食べる仕様ではなく、スープに浸して食べることによってまた個性的な美味しさに感じられた。後半は一味とBPを投入して完食。店主の母親らしき方に最後に割りスープをコールすると、温かい仕様で戻ってきた。そして出汁の効いた美味しい味わいであった。

冷たいスープでもバランスの良さが際立った味わいで、辛味があるものの上品ささえ感じられた旨さであった。その辛味も心地良く旨さを引き出していたように感じられた。麺も冷たさに合っており、気持ち柔らかめの仕様は考え抜かれた仕様だと思った。このクオリティでよくある中盛とは異なった多めのボリュームも素晴らしい。具材も麩の食べ方さえ指南していただければさらに素晴らしいと思ったつけ麺。過去のレビューでもしじみやのどぐろ等魅力的な限定も多い。次回は食材にこだわった限定を視野に入れて来たいものである。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件