なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

流星

味をメインにして採点しますが、それ以外にお店の方の姿勢と値段のバランスも加味して採点します。当日から三ヶ月前までに行ったお店を対象とします。同じお店や同じメニューを複数採点することもありますが、同じメニューは一ヶ月以上開けて採点していきたいと思います。よろしくお願い致します。

平均点 74.911点
最終レビュー日 2019年8月17日
1,117 1,057 0 460
レビュー 店舗 スキ いいね

「スープ入り焼きそば 750円」@釜彦の写真平日の11時半に到着。現在の場所に移る前に来た際は時間切れで食べられなかったお店で、今回はそのリベンジ。駐車場も広く席数も多くなったとの事前情報の通りで、すんなり入店できたが、その後来店客が続いて待ち客ができた。都市部でもないこの場所で、平日の12時前なのにこの人気はすごい!座った席からは数多のサイン色紙があった。この風景を見ると少し不安になったが、まずは掲題のメニューをオーダーして待つことにする。

出てきた一杯はあまり濁っていない醤油系のスープに少し焦げの入ったキャベツが特徴的なビジュアルで、ソースの香りが湯気から漂っていた。スープを飲んでみると、最初は甘めの醤油スープに鶏ガラや野菜の味わいがしており、その後にソースのピリッとする味わいがしっかりと見えて美味しい!ややあっさりかなと思った直後に出て来るソースの旨さが特徴的である。スパイシーさが見え隠れしており、それがバランスの取れた味わいになっていると思った。麺は中細の縮れた麺で、食べてみるとスープと馴染んで美味しいものの、最初から軟らかめの仕様である。炒められたことでコシがあるのはわかるが、食べ進むとさらに軟らかくなっていくようであった。量的には価格を考えると妥当なところである。具材は鶏肉・炒められたキャベツ・刻まれたナルト。鶏肉は大きさに差があるものの6個入っており、滋味深い旨みがあって美味しい!この一杯の旨さを増長させていた。キャベツも香ばしさに甘味がしっかりあって旨さもGOOD!ボリュームもあってこれも味わいに大きく影響していた。ナルトはいいアクセントであった。

スープに複雑性が出ており、そこに炒められた具材と一体感があって、確かにラーメンと焼きそばのエッセンスが合わされた美味しさが感じられた一杯であった。シンプルな具材は一つ一つに旨さがはっきりしていて、ソースの味にも存在感があった。麺も炒められたこととスープによって美味しいのだが、シャキッとした食感がほしいと思った。本来こういう仕様なのだとは思うが、軟らかいと思ったのが正直なところである。青森・黒石のつゆ焼きそばとはまた違う個性が見えた一杯だと思って退店した。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン 600円」@宝来軒の写真平日の11時半前に到着。直近で食べた佐野ラーメンが好印象で、今回は老舗とも言えるこちらに来店。駐車場に車を停め緑の暖簾をくぐって入店すると、この時間まだ席は多くあった。掲題のメニューをオーダー。さすがにこの時間麺打ちはしていなかった。店内には色紙と額が飾られており、何か個人的には嫌なパターンかなと思っていると、それが運ばれてきた。

出てきた一杯は、色の濃いメンマと赤身肉のチャーシューというビジュアルで、個人的には食欲をそそるビジュアルである。スープを飲んでみると、豚骨の鶏ガラと野菜からの出汁が効いているスープで美味しいのだが、醤油からの旨みがあまり感じられない。佐野ラーメンにしてはやや濃いめかなと思われるが、塩分の強さのような味わいが目立っていたように感じられた。麺は中細の縮れた縮れ麺で、食べてみるとコシがしっかりとして美味しい!小麦由来の風味もはっきり出ていて、スープとの絡みもしっかりとしているが、あまり一体感は感じられなかった。麺量的には価格との比較で満足感があった。具材はチャーシュー・メンマ・なると・海苔・輪切りねぎ。ロースチャーシューは肉本来の味わいと僅かに出汁が感じられて美味しい!メンマはやや柔らかめで濃い味わい。なると・海苔は美味しく食べることができた。輪切りねぎは散りばめらていたものの、存在感はやや薄かった。最後に卓上の胡椒を投入して完食した。

麺の美味しさが素晴らしく、青竹手打ちの縮れ麺はこういう美味しさなのだと思った。佐野ラーメンの真髄が垣間見られたように感じられた。チャーシューも一工夫がされているように思われ、しっかりとした旨さがあった。スープについては出汁からの旨みははっきりしていたが、醤油からの旨みがあまりはっきり出ていなかったことが気になった。具材ももう一工夫あってもいいかなと思った。それでも佐野ラーメンの老舗の味を食べることができて今回は納得である。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

土曜の12時前に到着。散策前に佐野ラーメンということで、皆が持ち寄った多くの選択肢の中からこちらを選択。極細麺の佐野ラーメンを食べてみたかった。清潔感のある白に黒の暖簾をくぐって来店。入店するとこれもまた丁寧なクリンネスがわかるお店で、机が磨かれて光が反射していた。山菜冷し中華にかなりよろめいたが、初志貫徹で掲題のメニューをオーダー。この時間は高齢と思われる方が数人食べているだけであったが、後客が続いてほぼ満席になった。

出てきた一杯はスープがこぼれんばかりに盛られているのが特徴的で、色が薄めなスープの下には縮れた細い麺が見えていた。スープを飲んでみると鶏ガラの出汁が全面に出ていて美味しい!飲み進むと昆布からの味も出ていた。しょうがや調味料も隠し味的に使っており、わかりやすい美味しさのスープである。さっぱり感もあって途中止まらない感覚になった。麺は細い縮れ麺で、食べてみるとコシがしっかりして美味しい!強いコシがスープと相俟ってピロピロ感が旨みとなっている。食べていると小麦由来の風味もある。麺量も思った以上に多く感じられた。具材はチャーシュー・メンマ・ナルト・輪切りネギ。チャーシュー2枚は柔らかく、スープに馴染んで肉からの旨みと合わされて美味しい!メンマは細くていい食感。ナルトは厚めなのは周りを見るとたまたまであるが、それ故存在感がある。輪切りねぎは鮮度の良さがわかり、いいアクセントであった。スープをある程度飲み干したら、お店の名前が器に書いてあった。

風味のある細い縮れ麺と和風的にさえ感じられるスープがシナジー感を出しており、典型的なシンプルな具材で見事に調和している一杯。麺のコシの強さは細いが故に旨さがはっきりしていると思った。それに併せるスープは優しい口あたりが素晴らしい。個人的には今まで佐野ラーメンを食べた回数は多くないものの、美味しいラーメンという印象が残った。次回来る機会があれば、冷し中華も食べたいものである。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
82

「つけそば 680円」@流星の写真極度にストレスの溜まる職場に辟易し、気分転換をしたいと思った。こちらのサイトで自分自身と同じHNのお店を検索したらいくつかお店が出てきたが、HNと全く同じのはこちらのお店だったので、何か縁のようなものを感じて衝動的に行ってみることにした。高速道路も土日祝はしばらく安くなったことだし、遠出もいいか。
土曜の14時に到着。お店は通りからやや奥まった場所にあり、道路沿いの看板も小さく、見落とす可能性がある。この時間なので先客は数名しかいなかった。店員は皆女性で、お店は隅々まで磨かれており、清潔感があって好感が持てる。メニューは豊富であるが、つけ麺の評判を事前に入手していたので、まずはスタンダードなものを選択する。

出てきたつけ麺は、最近の傾向と違いやや細めの白い麺が特徴。麺の上に海苔が二枚載っている。麺をそのまま食べたが、しっかりとした歯応えの麺で美味しい!量も満足できる。つけだれを一口飲んだが、典型的な豚骨醤油味で、横浜家系に近い味である。つけだれでこのような味は初めてである。麺を入れて食べると、麺とつけだれの甘みが明確に出てきて、コクのある味となった。つけだれの具材はわかめ・玉子半分・細めのメンマ・きざみねぎ、そして切られたチャーシューが少々入っている。割スープもGOOD。参考であるが、こちらのお店の地元の赤唐辛子を練りこんだ餃子(320円)はとても美味しい!麺類と共に味わって欲しい一品である。

最近の傾向にはないつけ麺で、横浜家系のエッセンスが入ったつけだれはコクのある味で美味しいと思った。各所に工夫されており、麺とスープは素晴らしいのだが、具材がもう少し豊富だとありがたい一杯。特にチャーシューは一枚分入れた方がいいと思った。挨拶の良さや清潔さ等きめ細やかなところが出来ているお店だということにとても好感が持てた。個人的には自分自身のHNと同じ名前のお店であり、単純にその理由で応援したいお店だと思って退店した。
また来週からのストレスに耐えられるかどうかはわからないが、この店に来れたことにより、少し癒された気がした。「頑張ろう」と自分に言い聞かせて、高速道路に乗った。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件