なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

流星

味をメインにして採点しますが、それ以外にお店の方の姿勢と値段のバランスも加味して採点します。当日から三ヶ月前までに行ったお店を対象とします。同じお店や同じメニューを複数採点することもありますが、同じメニューは一ヶ月以上開けて採点していきたいと思います。よろしくお願い致します。

平均点 74.914点
最終レビュー日 2019年10月19日
1,126 1,065 0 469
レビュー 店舗 スキ いいね

「肉入りつけ蕎麦(大) 950円」@馳走麺 狸穴の写真祝日の14時に到着。この界隈は数多のラーメン店があり、消えていったお店も少なくないが、いつも行列が絶えないお店の一つがこちらで、この時間に来ても10人近くが待っていた。券売機でお目当てであった掲題のメニューボタンをプッシュし、その後列を形成。なかなか動きが悪く、20分待って入店&着席。この日この時間女性客が多く、友達・カップル・お一人様を含め半分以上だったのは少し驚きであった。

先に天かすと紅ショウガが提供され、その後出てきたつけ蕎麦はやはりMINATOYAとほぼ同じビジュアルで、自分の知る頃のそれと比べ麺量は多いものの、海苔とゴマは少なめに感じられた。蕎麦は黒さのあるエッジの効いた太い麺で、そのまま食べてみるとゴワッとした食感に蕎麦の風味が適度に効いて美味しい!やはりこれはMINATOYA系の蕎麦で、ラーメンではないと個人的に思った。これを冷たいつけ汁に入れて食べてみると、つゆは節系の味もあるが、かなり醤油味が強めの味わいに辣油が効いていて、蕎麦との一体感があって美味しい!絡めるようにしてフルにつけてしまうとしょっぱさが出てしまうが、軽くフルにつけて食べると美味しく感じられた。量としては満足感があったが、後半旨さがわからなくなっていった。具材は甘辛く煮込んだ牛肉と玉ねぎ・笹切りのねぎ・海苔・白ゴマ。牛肉と玉ねぎはすき焼き的な味で牛丼の具材に似ている。つけて食べてみると美味しいが、少し量がほしい。ねぎはいい食感で、蕎麦やつゆと相俟って美味しい。海苔と白ゴマも存在感があった。途中で温泉玉子をつゆに投入すると、つゆの辛さがかなり和らいだ。蕎麦にも馴染んだ味わいになっていた。天かすは一度投入し、適度な油でいい役割。紅ショウガは数度投入し、美味しく食べることができた。卓上に割スープのポットがあってそれをつけ汁に投入すると、柚子の風味がするがやはりつけ麺用で、このつけ汁には全く合わなかった。

正しくMINATOYAリスペクトの蕎麦で、見かけはほとんど同じなのが特徴的だと思った。温泉玉子・紅ショウガはお店のオリジナルであるが、しっかりこの蕎麦に機能している具材であった。蕎麦については大で量的には満足したが、後半味が単調に感じたのが正直なところである。それはつゆも然り。次回は濃厚魚介つけ麺でいこうかと思う。

*今後このメニューがそばデータベースに移行することがあれば、このレビューもそちらに移してください。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「とん汁つけメン 800円」@栃尾の写真土曜の13時前に到着。ずっと興味を持っているとん汁系のラーメンであるが、自分の行動範囲内で食べられるお店はここかなと思い、この度来店。入店すると先客多数で、奥のカウンターに着席。メニューを見ながら周囲を確認すると、意外とチャーハン・定食等の飯類を食べている方が多い。それでも初志貫徹で掲題のメニューをオーダー。待っているとあっという間にそれが運ばれてきた。そのスピードは素晴らしいと思った。

出てきたつけ麺は、溶き玉子に赤系の色が見えるスープが特徴的で、自分が想像していた新潟・妙高地区のとん汁ラーメンの印象とは異なっていた。そしてスープ側には豚バラ肉が見えており、確かにとん汁で間違いはなかった。スープを飲んでみると、白味噌系の味わいに豚肉や野菜からの旨みが出ていて美味しい!具材がたっぷり入っており、そこから甘みのような旨みが出ている。赤い色はラー油系ではなかろうか。辛さも見えており、複雑性を少し出していた。麺は中細のほぼストレートの丸麺で、スープにつけて食べてみると、スープと相俟って美味しいものの、麺そのものに美味しさが見いだせない。コシも弱くボソッとしている食べ応えである。量的にも気持ち少なめに感じられた。具材は豚バラ肉・溶き玉子・タマネギ・ニンジン・キャベツ・ワカメ。豚バラ肉は脂から甘みが出ており、量も多い。溶き玉子はスープと相俟っていい味わいだが、なくでも良いと思った。ワカメは正直存在感があまり無い。他の具材は強く炒められており、スープ・麺と併せて美味しく食べることができた。割りスープは無さそうな雰囲気もあったので、コールしなかった。

具材が豊富で、そこからの旨みと味噌で確かにとん汁になっているスープで、ピリ辛味も甘ったるさを消して複雑さを出していると思った。麺を入れると必ず具材と絡んで美味しく食べることができたが、麺に個性がほしいと思った。茹で加減は良いと思うが、クオリティと旨みが食べ進めても見えないからである。このつけ麺はとん汁(スープと具材)がメインで、麺はお供という存在であった。そう思いつつ会計をして退店した。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば(小)+比内地鶏煮卵(200円)=800円」@比内地鶏中華そば 田乃井の写真土曜の12時半過ぎに到着。比内地鶏を全面に出していることに興味を持って来店。個人的には好きな食材である。局地的豪雨の中辿り着くと清潔感のあるお店で、常連さん的な方が丁度ラーメンを食べ終え、絶賛されていた。カウンターに座るが、後方の卓席との間隔が狭いと思った。掲題のメニューをオーダー。比内地鶏餃子というのもあったが、今回はやめておいた。

出てきた一杯は典型的な中華そばで、上から見ただけでははっきりわからなかったが、具材の下に敷かれている2種のチャーシューが大きめに映った。スープを飲んでみると、あ~確かに鶏からの出汁が見えていて美味しい!油は少なめで、比内地鶏で時々感じた緑っぽい油には感じられなかったが、旨さは伝わってきた。飲み続けると甘めの醤油味が旨みとして感じられた。麺は中細ストレートの丸麺で、食べてみるとしっかりとしたコシがあって美味しい!パツッと切れる食感で小麦の風味も見えている。スープにも良く馴染んでおり、美味しい麺である。量は小なりの適正なボリュームであった。具材はチャーシュー・メンマ・ワカメ・スライスされたねぎ・輪切りねぎ・トッピングの比内地鶏煮卵。チャーシューはバラとロースだろうか。肉の旨みと脂の旨みがしっかりとあって美味しい!メンマはよくあるクオリティではあるが、いい食感。ワカメはスープに馴染んでおり、麺と併せて食べるとはっきりとした風味が出ていた。ねぎ類は存在感があった。卵であるが、出汁がついて美味しいものの、正直比内地鶏ならではの特徴がわからない。白身や黄身に特筆する美味しさはなかった。スープを少しだけ残し完食した。

麺に美味しさが目立った一杯で、食感や風味はスープと相俟って存在感があった。スープについては滋味感があってこれも美味しいのだが、比内地鶏を主張するだけのはっきり感がほしいと思った。具材についてもチャーシューは秀逸ではあるが、トッピングした卵は私には比内地鶏なりの旨さがわからなかった。これで200円は正直高い。会計後店主から丁寧なご挨拶をいただき退店。外に出ると雨は止んでいた。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「蟹油そば+燻製うずら(110円)=960円」@crab台風。の写真土曜の14時に到着。香港から凱旋された一杯に興味を持って来店。遠くから見ると周りのビルに溶け込んでいるようであるが、近くで見ると赤と白の基調が目立っていた。入店すると、やや臭気が漂う店内が気になった。券売機で掲題のボタンを連打し、一番左奥に着席。壁や机はクリンネスがなされているのがわかった。さすがこの時間なので、先客2名後客1名であった。

出てきた一杯は気持ち大きめな器にたっぷり入っているように見えるビジュアルで、レアチャーシューの色がナチュラルなのが好印象である。まず下の麺を引き出して食べてみると、硬めの食感に既にタレの味が付いていて美味しい!太い麺で食べ応えがある。このタレから蟹の味わいがはっきり見えていて、蟹はやはりワタリガニの味わいであった。この一杯をかき混ぜる前に具材をいくつか少し食べてみることにする。具材は、レアチャー・穂先メンマ・水菜・刻みたまねぎ・海苔・カニミソっぽいモノ・緑のソース。レアチャーはしっとりしており、肉本来の旨みがはっきり感じとられて美味しい!それが大きめで2切れあった。トッピングのうずらの玉子は4個で、やや燻度が強めで美味しい!少し味が濃いようにも思ったが、好みの味わいであった。カニミソっぽいモノはベースのソースを凝縮させたモノだろうか。蟹と豚骨の味わいがして、これ単体だけで食べるとかなり濃い。緑のソースはホウレンソウがメインではないだろうか。これらをかき混ぜてみて食べてみると、蟹と豚骨の味わいが全体に移って美味しい!食べ進むと下にあるスープと相俟って濃さが目立つが、麺と具材の美味しさも見えていた。ワタリガニの味わいが最初に出てきて、それを豚骨が支えている味わいである。麺は多めに感じられた。穂先メンマは少しの塩味で気持ち柔らかめだが、いい味わい。水菜はこの油そばにアクセントを与える食感。刻みタマネギは甘味があって存在感がある。海苔はいい香り。うずらはスープと絡んでも味わいが損なうことがなく美味しい味わいであった。途中でホワイトペッパーと昆布酢を投入するといい味変であった。1/4を残して割スープをコール。豚骨メインの出汁で美味しく完食することができた。

ワタリガニの美味しさが随所に表現されている油そばで、豚骨の味が融合されて美味しさが増しているように感じられた。それに併せる麺に力強さがあって、このスープをしっかり受け止めて旨さが出ていると思った。具材もチャーシューが秀逸で、肉の旨みが堪能できた。途中から感じる味の濃さが気になったが、スープ割りをいただいて食べることによって中和されたようにも感じられた。次回は雑炊セットでいこうと思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「オイスターバーの裏メニュー 700円+消費税 ※」@THE CAVE DE OYSTER TOKYOの写真※単品のオーダー不可

土曜の20時前に到着。年に数度この界隈に来るようになったが、すっかり巨大な地下街になったことに改めて驚く。その中で生牡蠣のプレートでも産地も選べるこちらに来店。クオリティの高い牡蠣を美味しいお酒で堪能した後、メニューの下に掲題のメニューを発見。店員さんに聞くと「ラーメンです」とのこと。いつもあるかわからないとのことなので、オーダーして食べてみることにする。

出てきた一杯は牡蠣が一個載っており、透明感のある塩スープに見えるビジュアルで、近づけてみると牡蠣の匂いがしっかりと香ってきた。スープを飲んでみると、さっぱり系の塩スープであるが、牡蠣出汁がしっかりとあって美味しい!結構強めの牡蠣の出汁で、恐らく塩や調味料で整えただけで100%牡蠣からの出汁ではなかろうか。飲み進めると臭みもなく、素材が生きていると思った。シンプルであるが、美味しいスープである。麺は気持ち太めのストレートの丸麺で、食べてみると・・・これはパスタ。ツルツルとした食感にモチモチ感があって美味しいが、アルデンテでなくなっている。個人的にはスープパスタはコシが難しいと思っているが、ほぼ同じ感覚を憶えた。麺量的には普通といったところである。具材は牡蠣・ベーコン・トマト・輪切りレモン・わけぎ。牡蠣は小粒だが、旨みとコクがあって美味しい!・ベーコンはスープに馴染んで味わいがGOOD。トマトは熱が加わった仕様で、甘さが強く出ている。レモンは搾って、スープの味変に良いアクセント。わけぎは風味があって良いクオリティであった。

ジャンルとしてはほぼスープパスタで、確かに“裏メニュー”のラーメンであると思った。スープは牡蠣専門店ならではの味わいで、牡蠣出汁の味わいに臭みがないのが素晴らしい。具材も一工夫されており、ベーコンやレモンはアリだと思った。麺については食感に落差があったが、そこさえ工夫するとさらに美味しくなるのではなかろうか。次回はこちらで「牡蠣屋の燻製カレーライス」を食べてみたいと思って退店した。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「マスタードヌードル 1200円+消費税 ※」@ワイン&マスタードAの写真※正式名称:マスタードヌードル レンゲの出汁で

日曜の17時半に到着。マスタード料理に興味があって来店。過去2度満席で入れなかったが、今回は予約をした。場所がなかなかわかりにくいところにあり、雑居ビルの2Fにこちらのお店がある。入店するとカウンターはほぼ埋まっており、卓席に案内される。タスマニアのピノノワールやシングルモルトを飲みつつ個性的な料理を食べた後に予定通り掲題のメニューをオーダー。一つ一つ作っているせいか、提供までに少し時間がかかった。

出てきた一杯は透明感のあるスープにマスタードのみというビジュアルで、かなり個性的である。スープを飲んでみると、すっきりとした魚介系の出汁が効いていて美味しい!何の魚の出汁かわからないが、上品さが感じられる。メニューに「レンゲの出汁で」と書いてあったが・・・わからない。スープにはマスタードは使われていない。見かけコンソメかなとも思ったが、全く違う味わいである。麺は細いストレートの丸麺で、食べてみると、これは恐らくパスタで、それならカッペリーニ。小麦の風味がしっかり出ていて美味しい!スープに馴染んでおり、一体感がある。ただ麺の性質上温かいスープでの仕様のせいか、後半コシがなくなってしまった。量としては業態を考えると妥当なところである。具材はマスタードのみで、マスタードは辛味と酸味が心地良くて美味しい!スープに溶かして食べてもGOOD。スープも含め完食した。

スープパスタの延長線にあるような一杯で、特にスープの美味しさが印象に残った。マスタード料理店という個性的なお店ならではの味わいで、マスタードを生かすために工夫をされたのではなかろうか。そのマスタードも味そのものがしっかりと生かされていると思った。これで麺にコシが残っているとさらに美味しくなるのではなかろうか。その後カレーがやってきた。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「辛味噌ラーメン 395円」@東京大学 中央食堂の写真平日の18時半前に到着。実に久し振りに来るこの界隈で、赤門をくぐって食事をすることにする。この時間多くの方が帰っていく中で安田講堂に着くと、闇夜のせいか不気味な迫力がある。少し散策した後地下に行く階段を降りていくと多くの学生がいるが、サラリーマンや家族連れもちらほら。名物の赤門ラーメンにしようかなと思ったが、無難なところで掲題のメニューをオーダー。厨房の方の丁寧な湯切りに好感が持てた。

出てきた一杯を受け取り、席を見つけて食べることにする。ビジュアルとしては味噌ラーメンに辛味が加えられているよくある仕様である。スープを飲んでみると、サラッとした味噌の味わいに結構きつめの辛さが効いていて美味しい!味噌スープはよくある仕様であるが、辛さが強めに効いていてコクが見えている。微かにニンニクが見えており、醤系に一手間加えているようにも思えた。麺は中位の縮れ麺で、食べてみると、気持ち硬めの茹で加減で美味しい。よくあるクオリティで少しかんすいのエッセンスが見えているが、価格を考えるとまあ仕方ないところか。スープに馴染んでおり、麺の味と一体感がある。量的には少なめであるが、これも価格を考えると納得できた。具材はチャーシュー・玉子半分・ホウレンソウ・輪切りねぎで、メンマは無し。チャーシューはペラッとしたモノだが、肉の旨みがあって美味しい。玉子半分はそのままの味。ホウレンソウはスープに馴染んで、甘さもあって美味しい!ねぎはアクセント的存在であった。

簡単に学食のラーメンと片付けてしまえばそれで終わりだが、よくあるクオリティに一手間や工夫の跡が垣間見られた一杯で、スープも辛さに複雑性があり、麺も丁寧な仕上げで美味しさを引き出していたようにも思えた。具材もホウレンソウに存在感があり、スープと合わせて食べることにより、美味しさが見えていた。価格を考えると納得できるラーメンであった。退店時も席は7割程埋まっていた。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「鬼塩らぁ麺 850円」@鬼そば 藤谷の写真平日の19時に到着。久し振りにこの時間この界隈に来たが、駅から来るとすっかり外国人が多くなった。若者の勢いも相変わらずである。その中に全てのフロアがラーメン店の最上階であるこちらに来店。夜限定の熟成ステーキ丼のセットをお目当てに来たが、既にメニューからは無かった・・・残念。単品で掲題のメニューをオーダー。先客は数名であるが、数時間後佳境に入るのかなと思った。

出てきた一杯は透明感のあるスープにシンプルな具材の構成というビジュアルである。スープを飲んでみると、魚介系のコクに鶏系の厚みのある出汁が効いて美味しい!解された干し貝柱が具材に入っているが、ここからも旨みが出ていると思った。上品さや繊細さをも感じさせるスープである。麺は細いほぼストレートの麺で、食べてみると気持ちざらつきを感じる麺でスープとの絡みがいいが、少しグニュッとした食感である。食べ進めてもその食感のままである。少し茹で時間を多くかけたのではと思った。麺量的には普通といったところである。具材はチャーシュー・メンマ・青ねぎ・解された干し貝柱。チャーシューは大きめで、肉本来の味がして美味しい。穂先メンマは2本入って、気持ち柔らかめだが、いい味わい。青ねぎは味。香りに存在感がある。貝柱はスープと相俟って一体感があった。

一見シンプルそうなビジュアルであるが、複雑性のあるスープとこだわりが感じられる具材は一体感があり、貝柱の旨みがそれを繋げていると思った。具材はクオリティが高いと思ったが、今までのレビュービジュアルに比べるとやや貧相になったかなとも思った。そして麺については本来の出来ではないのではなかろうか。食感だけでなくスープとも一体感がなかった。丁寧な挨拶をいただいて退店した。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そばとカリーのセット 1000円 ※」@えびすやの写真※中華そば 単品:600円

日曜の12時半前に到着。カレーが好評のラーメン店があると聞いて来店。近くまで来てみると店内外に行列が。店内の券売機でカレー単品にするか迷ったが、カレー2種を食べるボタンが見当たらず、お得だと思われる掲題のボタンをプッシュ。20分近く待って一番奥の席に着く。入口手前にファミリーと思われる4人が時間をかけて食べていた・・・配慮してほしいと思いながら待つことにする。

まずはラーメンが出てきた。同時にカレーも提供されると思ったが、時間差があった。まずはラーメンを食べることにする。ビジュアルは典型的な八王子ラーメンという印象であるが、スープがやや黄色がかっているようにも映った。スープを飲んでみるとかなり濃いめの味わいで、ラードこそ適度だが鰹と鶏ガラの出汁に醤油の味が強くて美味しい!正直しょっぱいが変な塩辛さはなく、美味しく感じられるスープである。ただ飲み進めると塩分の強さがわかってきた。麺は中細の少し縮れている麺で、食べてみるとシコシコ感があって美味しい!コシもしっかりしていてスープとの絡みが良い。食べているうちに止まらない感覚に少しなったが、食べているとやはりスープの強さが微妙に引っかかった。麺量は価格を考えると気持ち多めに感じられた。具材はチャーシュー・メンマ・刻み玉ねぎ・海苔。チャーシューは出汁がしみて肉本来の味があって美味しい!メンマは独特で、ターメリックが薬膳的な味を出していた。たまねぎはスープに馴染んでいい食感。海苔は麺と併せて美味しく食べることができた。

カレーが好評と聞いていたが、ラーメンについても随所に美味しさが感じられる味わいで、八王子ラーメンを一工夫させた一杯だと思った。スープは濃いと思われるが、アタック時に塩辛さがあまり感じられないのが特徴的で、麺もシコシコ感が旨さに繋がっていた。具材も目が行き届いているように感じられた。これでスープに後半感じた塩分の強さが見えなければ、さらに素晴らしい味わいだと思った。食べ終わると同時にカレーが提供された。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「焼きあご塩らー麺 800円」@焼きあご塩らー麺 たかはしの写真土曜の12時半に到着。あご出汁に興味を持って来店。自分の行動範囲ではこちらが一番味わいはっきりとした出汁ではないかと思ったからである。この日近くまで来ると外に十人位の待ち。海外の方も数人後ろに接続された。券売機で掲題のメニューと白めし大(100円)を購入し、20分近く待って着席。誘導オペレーションは見事である。しかし厨房内ではミスオーダーをしたらしく、オーダーの再確認が数件されていた。

出てきた一杯は塩スープとは思えない色合いと思いの外具材が豊富なビジュアルが特徴的で、そして焼きあごの香りが素晴らしい。食欲をそそる香りである。スープを飲んでみると、あー確かに焼きあごという風味で美味しい!甘みが旨みとなっていて上品さを感じさせる味わいで、塩のミネラル感をも出していると思った。他の魚介系や動物系も入っているようであるが、焼きあごの出汁が濃く且つさっぱりさも感じられる素晴らしいスープである。麺は中位の縮れている平麺で、食べてみるとモチッとしている食感で、コシのわかる丁度良い茹で加減で美味しい!平麺系はコシがよくわからなくことが個人的には時々あり、食感がどうかと思ったが、これはいい食感である。スープとしっかり絡んでおり、シナジー感があった。小麦由来の風味も見え隠れしている美味しい麺であるが、麺量的にはやや少なめに感じられた。具材はチャーシュー2種・メンマ・水菜・白髪ねぎ・小海老。チャーシューはバラロールとレアで、バラは肉本来の味わいがあり、レアはスープと絡むことで、旨みがはっきり出ていて美味しい!メンマは材木状で、コリッとしており出汁系の味が付いていて、これも美味しい。水菜・白髪ねぎはスープ・麺と相俟って味に存在感がある。小海老はスープに香ばしさを出しているように感じられた。あっという間に食べてしまった。ちなみに白めし大はパチッとした炊き加減で、確かコシヒカリだと思ったが、そのまま食べても甘みが旨みとなっていて美味しい!ラーメン店で美味しいライスは久し振りである。最後スープをかけて完食した。

焼きあごをメインに据えた味わいのスープが素晴らしく、他の出汁系を加えて濃さとさっぱりさを出しているのが素晴らしいと思った。麺も縮れ麺が合っており、スープと一体感があって美味しさが増長されていた。具材もそれぞれ存在感があり、旨さが見えていた。麺量が何となく少ないかなと思ったが、満足感のある一杯であった。次回は塩つけ麺でいこうかと思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件