なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

no

男性 - 東京都 (1982年生まれ)

アルコールタバコラーメンカレーニンニク辛いものクセのあるもの猫ロック女映画ミュージック読書AVダイヴィング海外旅行好き。交通課甘いもの満員電車仕事ヒップホップ咀嚼音強い香水嫌い。RDB12年290杯、13/370杯、14/385杯(ユーザランキング最高6位/年末7位)、15/271杯、16/172杯、17/131杯。CurryDB15年/142杯、16/256杯、17/159杯。

平均点 78.013点
最終レビュー日 2019年6月21日
1,890 1,385 0 4,430
レビュー 店舗 スキ いいね
80

「紅ラーメン」@らーめん チキントの写真900円+和え玉250円。2019.04.16(火)、20:30頃訪問。先客4人、後客も同じくらい。立川勤務になり、臨時休業? かなんかで2回フラれてやっとの訪問。卓上には白黒胡麻ミル、スープ割(ねぎ生姜湯)。

店内等説明書概略↓
7時間以上炊いた鶏白湯スープに昆布、椎茸、カツオ、煮干等の魚介出汁。無化調。
あきる野市近藤醸造のキッコーゴ丸大豆醤油、干し貝柱、香味野菜等のタレ。
紅ラーメンは、鶏白湯に自家製ラー油、にんにくチップ。

とろりと粘度あり。
鶏白湯に煮干メインの魚介。割合は半々くらいの印象。
煮干は粉メインかも。最初から思ったより鶏は強くなかったが、後半に連れて煮干風味が強くなっていき、メインを張ってくる。塩気も少しずつ上がっていき、終盤は結構しょっぱい。
辣油はシャープにちゃんと辛い。ピリ辛強くらい。

断面角の中太ちょいウェーブ麺。
低加水、少し芯のある硬め。小麦風味しっかり。
スープと小麦風味の絡みはいい感じ。啜り心地もいい。
麺量は普通。180gくらい?

チャーシューは低温調理っぽい鶏モモ。
悪くないが、普通に焼いたほうがうまい。
鶏つみれはスープにも合う。
白髪ネギと青ネギ小口が多めでいい。
メンマは太め硬め。ガーリックチップはバッチリ合う。

旨いが、無化調故か、たまに少しだけシャープな辛味にベーススープが負け気味な印象も。
終盤はかなり煮干魚介が強くなり、鶏っぽさはほとんどなくなる。

和え玉はペペロンチーノ風味。*料理写真参照。
低加水、断面角の細ウェーブ麺。刻みチャーシュー、玉葱微塵入り。
間違いないが、玉葱の臭みが少しあってたまに気になった。
下ブレかも。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ミニ RYUS 鶏白湯 塩ラーメン」@RYUS NOODLE BARの写真570円。2019.04.05(金)、17:35頃。八ちゃんラーメン ラーメン博物館店の次はコチラへ。
先客6組10人くらい、後客2組4人くらい。無垢が一番混んでるかも。卓上には胡椒、一味。

「日本の本格的なラーメンとカナダ人が好む味覚の融合」
「長時間抽出した鶏の旨味と野菜ポタージュの甘味、凝縮した魚介のコクが調和した"カナディアン鶏白湯"」

天辺にレモンゼストが乗っている。
柚子皮じゃなかったようだ。全体に混ざるのは嫌なので、先に食べてしまう。

クリィミィな鶏白湯スープ。
野菜からだろうか。微かにとろみがあるような。
鶏は出ているが、骨っぽい風味は少ない。
野菜ポタージュも鶏と半々くらいで感じられる。
野菜由来らしい甘みはちゃんとあり。自分にはギリギリセーフくらい。
あまり気にならないが、塩気はやや高め。
全体に散っているゴマが常に口に入るので、ゴマもスープの味のひとつに。

全粒粉使用。断面長方形の中細ちょいウェーブ麺。
加水は少し高めで、小麦風味はそこそこ。
硬さは少し硬めくらい。もう少し硬めでもいいかも。
スープそこそこ、啜り心地はいい。
麺量はミニにしてはあるかも。

鶏チャーシューはなぜか小さくカットされている。
低温調理で食感いいのも少しいたが、味わいは弱い。
メンマはコリコリ。食感いい。白キクラゲも食感いい。
水菜はないよりいいか。

ラーメンスープというより、野菜ポタージュスープ、シチューのほうが近い印象。
塩ダレの濃さと、ゴマでラーメンスープっぽくしているか。
味の抜けはないが、マイルドで、麺と合わせるには少し弱い印象。
洋食のラインにある味わいなので、カナダで受けるにはこのくらいの味わいがいいのかもしれない。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「鶏白湯Soba +ガーリックバター」@銀座 篝 Echika池袋店の写真950円+195円。2017.09.23(金)、20:15頃訪問。3人待ちに接続。少し待ったが、中は空席があった。ホールがひとりでバッシングが間に合っていない様子。
川崎ラゾーナにあったときに好きで毎回付けていたバターごはんトリュフ醤油かけ(302円)も。
卓上には原了郭の黒七味、焦しエシャレットオイル、美濃有機玄米酢、黒胡椒ミル。

概略↓
銘柄鶏をベースに国産100%鶏ガラ使用。塩かえしは天然塩、魚介、昆布、椎茸等仕上げ。

国産生姜、フライドオニオンとともに提供される。
鶏骨風味ブワッとなクリィミースープ。芳醇、濃厚な味わい。
焼鳥屋の本物の鶏スープの味わいに、厚みがガッツリと。こってり。
乳製品も加えられているらしい。故の濃厚さか。旨い。

中細ストレート麺。
以前と同じであれば、三河屋製麺?
加水は中くらい。かすかに芯の残る硬さ。小麦風味はそこそこ。伸びるの早め。
麺量は普通。

低温調理の鶏は程よい塩気。弾力そこそこ、普通に旨い。
野菜が少しずつ。ヤングコーン、茹でキャベツ、カボチャ、さつまいもチップ、赤カブスライス、三つ葉。
メンマ?筍? コリッコリでキクラゲより食感いい。コレは旨い。
三つ葉は洋風から和風へで、味変としてはあり。

ガーリックバターが初めて見るスプーンでこそぎとってお椀にたくさん落としたような感じ。
椀にへばりつくので扱いにくい。ガーリックも弱く、バターでスープが濃くなっただけ。。失敗。
銀座でも川崎でもこんな印象じゃなかったが。

卓上に食べ方指南アリ(店内写真参照)。
生姜は合わないだろうと思ったが、濃厚スープがちょっとあっさりになり、いける。フライドオニオンは鉄板。
卓上調味料も。少しずつ入れながらと書いてあったが、全体には入れずにそれぞれ局地的に使う。
エシャレットオイルは底に落ちてる揚げエシャレットがメイン。フライドオニオンとほぼ同じ効果。
黒七味は想像通り合う。山椒好きにはマスト。酢はイメージがわかなかったが、意外と鶏白湯にもあう。

バターごはん。イメージと違う。昔の写真を見てみたら豚チャーシューだった。こちらは鶏チャーシューが1枚分といったところ。山葵昆布付き。バターは少し中央に。
トリュフ醤油は久しぶりで旨い。残った鶏白湯スープをかけながら、トリュフ醤油を多めにかけて完食。

合計1447円。ラーメン屋で外税表記、やっぱり気に食わねぇなぁ。10円刻みで高くしてもいいから内税のほうが姿勢としては好ましい。
ガーリックバターが期待ハズレだったのと、久々連食でバターマシがちょっと濃厚過ぎた。
腹ペコデフォで食べていたら、やはりこのスープは間違いない。職場駅なのでまた来ようと思うが、ほかのメニューも試してみたいので悩ましいところ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「からし入りらーめん」@らーめん まる玉 辻堂店の写真800円+半替え玉(50円)。2017.09.17(日)、12:40頃訪問。久々実家に帰る途中、こないだ大相撲2日目でちょっと寄りたかったが、呑みで寄れなかったコチラへ。
卓上にはフライドガーリック、黒胡椒、醤油、酢、辣油。
両国に生辛子ジュレ(100円)なるものがあり、Wでいけるかと思ったが、辛さ増しは塩気が増えてしまってできないとのこと。両国はどうなんだろうか。

HPより概要↓
胴ガラ・身肉・モミジ・脂など、あらゆる部位をボロボロになるまで強火で煮込んだ低脂肪コラーゲンスープ。

久々食べたが、プリッキーヌの辛みがやはりいい。
うっすらシャープにじんわりと。汗をじわっとかくいい辛さ。
鶏白湯が濃厚じゃないのもバランス的にいいのかも。塩気も適度。
以前、ちょっと薄いと感じたかもしれないが、このくらいでちょうどいいのかも。歳かな?

低加水の細ちぢれ麺。
硬めオーダーでちょうどいい硬め。小麦風味あり。
カット長め。スープ絡み、啜り心地ともにgood。
麺量は替え玉ありき量で少ない。

チャーシューは普通。三重外港伊勢湾産アオサ旨し。青ネギ小口も当然合う。
フライドガーリックが香ばしくてベストマッチ。サクッと完食し、半替え玉を。

塩ダレがついてくるので、まわしがけし、またもサクッと完食。スープも完飲。
好きなトッピングを増したいが、さすがに引く。前回来た時より全部100円くらい増し。
アオサ300円、青ネギ200円、からし100円。好きなものを全部増すとデフォラー700円とほぼ変わらない値段に。旨いけれども、この系統のラーメンで班替え玉合わせて1350円ってのは流石にありえねぇ。

餃子も普通にうまかった。
https://gyouzadb.supleks.jp/review/1093427.html

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 5件
このレビューは移転前のものです。

「博多水炊きらーめん」@博多水炊きらーめん うかんむりの写真750円。2016.06.06(月)、21:00前訪問。近くで仕事関係イベント直帰後の〆。先客1人、後客4人。
卓上調味料なし。圧力鍋の噴出し音がずっとしている。焚き続けっぽい。

なめらかな鶏白湯スープ。水炊きの製法で作られているそうな。
鶏の風味バッチリ。香味野菜も溶け込んでいそう。
鶏の風味、味わいは強いが、尖りのない塩気でコクがやや少ない。
青山のスミスも同様だったので、塩気をあまり出さないのは狙い通りなのだろう。
鶏の脂分も旨味として出ており、段々と馴染んでくるが、後味はややスッと抜ける。

博多ラーメン系の細ストレート麺。
低加水のポツポツで小麦風味しっかり。
啜り心地はもちろんバッチリ。スープ絡みもいい。
麺量は替玉前提量ではないがやや少なめくらい。

鶏モモは弾力があり、胡椒が効いていていい。
低温調理の恐らく胸肉は、しっとりとした食感。こちらも胡椒が効いている。
低温調理でもボソボソが最近多いのでコレは感心。
ツミレは柚子胡椒入り。鶏の味もあり、柚子風味も合う。辛みはほぼなしだが旨い。

替玉なしでスープ完飲。
昼に食べると、もしかするとコクが足りずにイマイチかもしれないが、締めにはバッチリ。
卓上調味料がないのはこだわりなのかもしれないが、昆布酢など最後の締めにすごく合いそう。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「レモンそば(こってり)」@鶏そば壽の写真880円。2016.05.10(火)、21:25訪問。先客2人、後客なし。
こってりとあっさりが選べる。こってりで。
卓上には柚子胡椒、一味、おろしニンニク、黒胡椒ミル、白胡麻ミル、玉葱みじん。

鶏白湯。少しドロリと粘度あり。まずはレモンを混ぜずにスープを。
鶏の味わいはしっかりと出ている。骨っぽい風味、ザラつきあり。
塩気もちょうどいい。少し醤油ダレも入っているかも?
レモンをガシガシ潰す。ほんのりレモン味が鶏味によく合う。

博多系細ストレート麺。
低加水、芯の残るやや硬め。ポツポツ食感。小麦風味あり。
啜り心地、スープ絡みともにバッチリ。
麺量は替玉前提量。

鶏チャーシューは胸肉だろうか。パッサパサで味のない出涸らし。
キクラゲコリコリ。青ネギ小口は少ないが合う。

卓上調味料を中盤より。ニンニクおろしを少し。よく合う。
柚子胡椒は赤みのあるタイプ。個人的には風味がイマイチ。緑の方が好き。

麺をさらっと完食。
スープを飲むにあたって、終盤はレモンの身がけっこう口に入る。
レモンまんまだと酸味がやや強すぎる。
スープも完飲。しっかり鶏白湯にレモンの酸味がいい感じに合って旨かった。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「こってり(サービス定食)」@天下一品 池袋東口店の写真1040円(単品720円)。2016.03.30(水)、23:58訪問。
職場メンツと呑みのあとに帰るのが面倒になってオールのメンツに合流する前にコチラへ。久々天一。
それにしても、水曜なのにオールて。。この時点ですでに記憶はおぼろげ。
卓上には醤油、酢、辣油、胡椒、からし味噌。特製ニンニク薬味は申告制。

トロリとした鶏白湯+豚骨系のスープ。
骨粉の粉っぽさあり。しっかり動物味。
店や下ブレ時にコクが薄いことが多い印象だが、こちらはバッチリ。
塩気は適度ながら、タレがしっかりしているようで、コク、後味ともにバッチリ。

低加水寄りの中太ウェーブ麺。
小麦風味そこそこ。啜り心地よく、粘度のあるスープはしっかりと絡んでくる。
麺量はやや少なめ。

チャーシューはしっかり肉味でうまい。
九条ねぎ多めでいいアクセント。メンマは普通。

中盤にからし味噌で味変を。
ニンニク風味あり。やや辛み、そこそこ甘みで悪くない。
サクッと完食。

〆にいい一杯。チャーハン、餃子との相性も間違いなし。久々の天一を満喫した。
このあと2軒目呑み→カラオケ呑み→始発時間にネカフェ睡眠→出勤。。
33歳にはキツかった。

チャーハン↓
http://chahandb.supleks.jp/review/981078.html
ギョウザ↓
http://gyouzadb.supleks.jp/review/981077.html

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 3件

「屋台の味(並)」@天下一品 関内店の写真720円。2015.10.03(土)、20:00訪問。8割ほど埋まっていたが、一気に捌けて店内は4割ほどの入りに。
カレーを食べた後だったので、あっさりめでいきたいと思っていたのだが、<a href="/s/26862.html">「麺匠 名人房」</a>が開いていない。どうしようか歩いていると「天下一品祭り」のノボリあり。ストラップが当たるかも?なだけのようだが、意外と欲しいかも。久々天一。

卓上にはラーメンタレ、からし味噌、醤油、酢、辣油、胡椒。言えばニンニク薬味が出てくる。
「屋台の味」なるメニューを発見。こってりとあっさりの中間とのことで、細かい違いはあるかもしれないが、要はこっさりなのだろう。
調べてみたらエリアによって名称が違うようだ。関東圏は店の判断で名前が決められる感じか?
http://www.tv-asahi.co.jp/shirushiru/contents/bk/0073/

鶏白湯スープ。
野菜と骨粉由来っぽいトロッと粘度あり。
骨っぽい鶏風味はあるが、強い鶏は不在。
塩気は控えめ。味はあるものの、ぼんやり曖昧で軸がない。
ラーメンタレを入れると、少し味がくっきりする。

断面角の中細ストレート麺。
やや低加水気味。硬さ普通。小麦風味は少し。
スープはばっちり絡む。啜り心地もなかなか。
伸びるの早い。麺量は少なめ。

チャーシューは薄くてミシッと硬め。塩気強め。
九条ネギは多めに入っている。ネギの生臭さがありイマイチ。
メンマは普通。

ニンニク薬味はニンニクの甘みが出ているが熟成されているようでパンチが少ない。唐辛子はシャープな辛みだが、辛さ自体はさほど強くない。
からし味噌も甘みのある豆板醤といった風味。
卓上味変もちょっと不完全燃焼な感じが。

天一もかなり店によってブレがある気がする。
日によるのかもしれないが、今日は間違いなく下ブレだったと思われる。
クジはハズレでストラップはゲットできず。残念。

投稿(更新) | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「鳥骨ラーメン」@炭火焼鳥 BIVOUACの写真620円+ハイボール430円+テーブルチャージ(お通し付)360円。税別。
2015.09.22(火/祝)、24:00頃訪問。西横浜でのハードコア系ライヴ→呑み→地元での〆。
おっさんがロックとかハードコアとかデスとかやっているの、カッケーと思った。
地元に戻って、しばらく前から鳥骨ラーメンの貼り紙を見ていて気になっていたコチラを思い出して入ってみる。
お通しは山芋の漬物。醤油味がついていて普通にうまい。

名前の通り骨粉もしっかり入っており、軽くザラつきのあるトロリ粘度あり。
焼鳥屋がしっかり作る水炊き系鶏スープの味。
鶏の旨味が白湯でしっかりと出ている。
〆仕様なのかブレなのか、醤油ダレ?がちょっと効きすぎていて、しょっぱめ。

博多系細ストレート麺。
加水低め、バリカタくらい。芯が残っており、ポキポキ感あり。
啜り心地よく、スープ絡みもいい。小麦風味有り。スープとよく合う。
麺量は少なめ。

磨りおろしたゴマがかかっているが、スープに溶けると特にプラスアルファの風味はない。
キクラゲは細切り。コリコリ食感がいい感じ。青ネギ小口も多めでいい。
胸肉は3切れくらい入っていたか。皮付きだけど味が抜けきっていてパサパサ。

メモに「紅生姜」の文字もあったが、別に提供されたのか、欲しかったメモなのか覚えておらずorz
スープはある程度飲んでご馳走様。
しっかりした鶏スープで期待以上だった。もう少し塩気を抑えるとベストだったかも。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「築地直送北海道産 帆立白湯らぁめん(貝柱なし)」@旨美麺 築一の写真790円。2015.05.15(土)、21:50頃訪問。<a href="/s/18676.html">月島ロック</a>からの連食。帰りの乗換駅なので寄ってみた。篝は列になっているが、こちらは大丈夫そうだと2階へ。先客9人でラスト1席に着席。魚屋のような磯臭さが微かに。いい感じ。
卓上にはフランス産花塩、白胡椒ミル、ドライガーリックミル。BGMは月島ロックとカブって、またもThe Beatles。但し、こちらはベスト版系のベタ曲のみ。[あ~、ビートルズ好き~、オシャレ~]狙いで浅いと思ってしまうのは天邪鬼だろうか。
柚子大根付き。半分ほどで入れて下さいとのこと。

熱々の濃厚鶏白湯ベジポタ帆立スープ。シチューのようなドロドロ粘度。
濃厚な鶏と、こちらも濃厚なジャガ系ベジポタ野菜風味に、帆立の風味がうまい具合に混ざり合っている。
5:4:3くらいのバランスに感じる。塩気はさほどなし。
帆立からと、もしかすると野菜からもあるかもしれないが、甘みあり。
序盤は大丈夫なのだが、段々と甘いものがダメな自分にはツラくなってくる。

断面角ながら丸に近い、細ストレート麺。
やや硬め。パツンとまでいかないがプツって感じの歯切れ、食感。
スープがドロすぎて啜れない。小麦風味はさほどなし。
麺量はやや少なめ。

白ネギスライスと水菜は多め。ネギは当然合う。水菜がワイルドな葉のジャキジャキ食感でいい感じ。
でかいタケノコが2つ。ゴリゴリ食感は面白いが、やや甘みのある味付けでちょい苦手。

中盤に卓上調味料を。
ドライガーリックミルはラーメン屋で初めて見た。スープが強いのもあるが、ニンニクがガッツリきすぎないでいい感じ。
プジョーのミルがオサレな白胡椒はよく合う。
花塩も少し使ってみたが、特に変わった風味などはわからず。
柚子大根はレンゲ内で。高粘度&濃厚なこちらのスープの前では相乗効果なし。
基本的にラーメンに柚子が好きではないのもあるが、よほど柚子好きでないとこのスープに使っても意味がない印象。
粗めの大根おろしも大根の風味が地味になるくらいでスープ自体には何も影響しない。

麺と具を完食。スープは少しだけ残してしまった。
もともと帆立はあまり好きではないのだが、こちらのスープの帆立風味はいい感じだった。
しかし甘みがあるものが基本的にだめなので、全体的には好みではなし。

自分の前に配膳された隣の女子の海老。海老殻!って感じのすげぇ香ばしい良い薫りがしていた。
海老が濃過ぎて後味がちょっとみたいなコメントが聞こえたが、意外と自分は好きかもしれない。
こちらも機会があれば海老で再訪問してみたいと思う。

投稿(更新) | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件