なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

no

男性 - 東京都 (1982年生まれ)

アルコールタバコラーメンカレーニンニク辛いものクセのあるもの猫ロック女映画ミュージック読書AVダイヴィング海外旅行好き。交通課甘いもの満員電車仕事ヒップホップ咀嚼音強い香水嫌い。RDB12年290杯、13/370杯、14/385杯(ユーザランキング最高6位/年末7位)、15/271杯、16/172杯、17/131杯。CurryDB15年/142杯、16/256杯、17/159杯。

平均点 78.071点
最終レビュー日 2019年10月15日
1,956 1,424 0 4,701
レビュー 店舗 スキ いいね

「冷やしシビ辛担担麺」@Sガスト 立川駅南口店の写真【期間限定】530円。2019.07.25(木)、19:30頃訪問。サクッと晩飯を済ませたく、勤務先駅近くのコチラへ。先客3人、後客パラパラ、満席近い状態に。卓上にはゴマドレ、フレンチドレ、中濃ソース、ごましお、七味、醤油。豚しゃぶカレーと。

豚しゃぶカレーから到着。
https://currydb.supleks.jp/review/1251726.html
食べ終わったころにコチラも。

味噌汁はカレーにもコチラにも付く。ダブルにw
辣油が追加調味料として付いてくる。
ゴマダレは無難な味わい。
担々挽肉は辛くないが、甘みはなく、普通には旨い。
唐辛子マークが2つのメニューだが、辛さはほとんどない。
「シビ」とあるが、山椒っぽさもほぼ感じられない。

中細ほぼストレート麺。そこそこ冷えている。
硬さは普通。加水は中? 小麦風味は意外とあり。
麺量は普通からやや少なめ。

端のサラダはドレなし。食感、風味でアクセントになる。

ついてきた辣油のスプーンがたまにある耳かきタイプ。
めんどくさいが何回も垂らす。かなりかけたが、大して辛くならない。
ひっくり返して全部かければ良かったか。

ワンコインちょいで味噌汁付きならこんなもんか。
貴重な一食を消費するには値しないが、クイックフード的にはCP込でまぁアリか。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
79

「冷やし坦々麺」@雲呑好 ecute立川店の写真【期間限定】880円。2019.07.17(水)、21:30前訪問。先客4人、後客2,3人。仕事系の呑みの後、改札内のコチラで締め。卓上には四川山椒、ガンラー粉、胡椒、酢。
メニュー、漢字間違ってるぞ。。個人経営店ならわかるのだが、誰がGo出した?w

サラッとクリーミィごまソース。
冷たさは冷蔵庫弱。もう少し冷たいといいのだが。
花山椒、唐辛子のバランス良し。
唐辛子のピリ辛に、シビレ少し。

多加水中細縮れ麺。
やや硬め。小麦風味は普通。
スープはそこそこ絡む。
麺量普通。

挽肉は普通に旨いが、さほど量がないため目立たない。
モヤシはシャキっと。ワンタンも普通に旨し。
ナッツが多めに。担々には合うが、個人的には要らないか。
味玉ハーフ。普通に旨い。青ネギ小口は彩り(にもなっていない気がするが)。

卓上のガンラー粉をドカっと投入。
唐辛子、大豆油、山椒を独自配合した香辛料とのこと。
カラシビのバランスがいい。旨い。
四川山椒も別途パラッかけて、ちゃんとシビカラにして完食。

担々系は油をあまり使わなくてもいいため、冷やしにしやすい。
担々系は、味わいに特徴を出している店、芝麻醤押しでなく、ベーススープがしっかりしているとか、唐辛子・辣油(ニンニク)・花椒・豆豉あたりで特徴がないと、どこで食べてもさほど差異はない。
コチラは特徴のないバランス型の味わい。担々系は薄い以外は不味くもならないのも特徴か。普通に旨いので、もう少し冷えていて欲しかった。

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 2件

「冷しトマト担々麺 並」@自家製麺 てんかの写真【限定】900円+辛しびれ50円。2019.05.19(日)、17:40到着。先客別組女性2人。案の定待ち合わせ。4人待ちに。すいませんとかないのかね。並ぶ店とはいえ地元感強いから仕方ないのか。ファックだけど。
10分前くらいで並びが多くなり開店時10人弱待ち。おかみさん今日もいない。大丈夫だろうか。BGMは前回同様クラプトン。
卓上にはドライガーリック、黒胡椒、一味、黒酢。

限定の自分の1杯が先着。スープが作ってあるので出しやすい?
提供開始時のTwitter写真だと底に担々スープっぽいものが見えたが、完全にトマトソース系。
仕様変更があったのかも?

トマトメインのソース。
挽肉がドカっとワンディッシャー鎮座している。
ドライバジルがバサっと。オレガノもかかっている。
トマトにバジルオレガノの風味がしっかり乗って、洋風テイスト。
冷製パスタに近い味わいだが、担々テイストも挽肉から程よく乗ってくる。
デフォでは麻辣はあまりないかも?
辛しびれを追加したので、パンチの強い麻辣が入る。
冷製パスタ系に麻辣がイケる。
パクチーが入ると洋風から東南アジア風にチェンジ。
麻辣風味もバッチリ合う。パクチー増し推奨かも。

白い平打ち中細ストレート麺。
しっかり水締め。冷たく、コシあり硬めのいい食感。
カット長い。トマトソースはよく絡む。
小麦風味は普通にあり。麺量はたっぷり。

トマトもしっかりと入っていてヘルシー。
辛しびれ効果で、辣のシャープな辛さと、麻の痺れとで激辛汗だくだがw
いつも通り、卓上のドライガーリックを手のひら内で細かく砕いて散らす。
終盤に黒酢を。辛さ緩和プラス酢の風味がトマトに合う。

やはりコチラの限定はセンスがいい。
辛しびれ、やっぱり激辛。辛さがないと寂しいのだが。。
冷やし第二弾もやらないかなぁ~。
なければ辛しびれなしでパクチー追加でもう一回来ようか。

帰り際、辛しびれで味が飛んだかも知れないと心配をしたのか、店主が「バジルわかった?」と。
激辛でもバッチリなくらいバジルは効いていたので、激辛好きは辛しびれ追加でもアリ。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 17件

「地獄のつけ麺 地獄のヘリテイジ編<?辛>」@地獄の担担麺 天竜 茅ヶ崎駅前店の写真1100円。2019.04.30(火/祝)、11:45頃訪問。麺屋BISQからの連食。意外と言っては失礼だが、5,6人入っていて、少し後には待ちもできていた。後輩の1人に無限チャレンジの辛ハラをw 自分は2番目に辛いコチラ。あとの2人はプロフェッショナルと中級で、左席から辛さが一段階ずつ上がっていく構図に。麺量が選べる。小の120gで。
外メニューに書いていなかったのだが、店内ラミネートにジョロキアの文字が。やべぇ。やや後悔し始める。
コールでニンニク、ショウガ、マヨネーズマシ無料。ニンニクをお願いする。卓上には紅生姜、紅酢、酢、雑炊のたれ、揚げニンニク、カレースパイス、花椒。

「もはや辛さレベルを測定できないジョロキア級。暴力的に辛いながらもその旨みは健在。これが完食できれば待つのは → 無限」

つけ麺だからか、辛さ上位メニューだからか、つけ汁はドロッドロ。
色は辛くなさそうだが、そんなことはなかった。
芝麻醤がメインか。ゴマ風味。
挽肉、青菜、朝天辣椒系の唐辛子に、コールのニンニクが乗る。
刻みでなくておろしニンニクだった。

混ぜて食べるが、ゴマの風味が辛うじて残るくらい、おろしニンニクも味をほとんど感じないぶっ飛ぶ辛さ。口の中が痛いのと、早くも腹の辺りからSOS信号。
ハバネロ・ジョロキアはやっぱりダメだって。。
元の味わいなんかほとんど感じられず。舌がぶっ壊れる。
後輩の中辛と交換してひと口ずつ飲んだが、中辛は甘みを感じるくらい。
ベースは恐らく甘めなのだろう。
花椒も入っていたかもしれないが、痺れはほぼ感じず。恐らくジョロキアからの暴力的な痛辛に最初から最後まで支配される。

麺は断面長方形の太ウェーブ麺。
加水高め。小麦風味は少しあったかも。
つけ汁に入れると何もわからないが。
カットは短く、啜る感じではない。
こんなもん啜れないのでちょうどいい。
スープがドロッドロなので、よく絡む。
小の茹で前120gは連食にはちょいどいいかも。

卓上の揚げニンニクを追加しても辛さに殺されて目立たない。
酢は辛さの緩和に少し有効。ちょびちょびと入れる。

身体のSOSに抗いながら、つけ汁を絡めた麺と青菜、ある程度の挽肉を完食。
挽肉とゴマドロドロスープはけっこう残ったがもう無理。
辛さにけっこう弱くなっているとはいえ、コレはちょっともう普通に食べるものではなくチャレンジメニューな気が。味わいぶっ飛んでるし。
北極汁完していた時でも、美味しく食べられたかは不明。
ちなみにひとつ上の最上級の辛さ「無限」を頼んだ(頼まされた)後輩は、20分後、揚げ唐辛子とスープ以外を完飲してグロッキーで出てきた。拍手。

投稿(更新) | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「カレー担々麺小」@自家製麺 てんかの写真850円+パクチー130円。2019.04.14(日)、11:10頃訪問。先客3人、開店時13人待ち。今日は親父さんのみのようで、提供にけっこう時間がかかっていた。ひとりでまわすの大変そう。。卓上にはドライガーリック、黒胡椒、一味、黒酢。

底にタレがたっぷりと溜まっている。しっかりと混ぜて。
カレーの味わいがメインに担々テイストが少し。
スパイス感なしのカレー風味。普通のカレー粉かもしれない。
序盤は甘みが少し前に出ているが、じわじわと辛くなっていき、甘みが弱くなっていいバランスに。
唐辛子、花山椒、カレー風味にナッツがたまに入っていい感じ。
辛さは辣より少し麻が出ている。程よくピリピリ痺れるくらい。汗は少し。

断面長方形の太めゆるウェーブ麺。
加水高めでツルツル。芯は残っているかいないかで硬さは普通。
ちょいモチで少し弾力。強くはないがコシあり。
麺量は175gだったか? 券売機あたりに書いてあったが忘れてしまった。
茹で前なのでちゃんと量あり。

刻み玉葱ザクザク。青ネギ小口にキャベツ少し。
挽肉は混ぜるとタレと一体化する。
デフォで少し食べてからパクチーも投入。しっかり量あり。バッチリ合う。

ドライガーリックを手で砕いて投入。間違いなし。
パクチーの皿にて黒酢も楽しむ。合う。

2割ほど麺を残して割りスープをお願いする。
麺がちょっとテロンとなるが、あっさりめの担々麺に変化していい〆に。
汁と具が少しになったところで、コチラも黒酢を投入して完食完飲。

明日が健康診断なのでやめておいたが、トッピングの辛しびれで久々に激辛で食べたいな~と思った。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 17件

「野菜わんたん麺(四川担々味)」@雲呑好 ecute立川店の写真880円。2019.04.10(水)、20:00前に訪問。ノー残業ディで軽く呑んだあとの〆。
卓上にはガンラー粉、四川山椒、胡椒、酢。

ベースは鶏だろうか。あっさりめの動物に担々テイストが追加されている感じ。
スープはシャバシャバながら、ゴマでクリーミィな風味は入っている。
少しピリリと山椒に、同じくピリリくらいで唐辛子。辛さはピリ辛弱。
たまにコクが少し薄く感じる。
挽肉はたっぷりだが、甘めの味噌味。甘みはもう少し弱い方が好み。
ナッツもチラホラ口に入ってアクセントに。

黄色い断面長方形ウェーブ麺。
加水高め、少し硬め。小麦風味はちょっと弱い。
スープ絡みはOK。麺量は普通。

ワンタンは割と味がしっかりしていて、スープの味補強になる。
モヤシと白菜がたっぷり。クタっとした青菜。
けっこう野菜量あり。白菜が多めなのは嬉しい。

卓上のガンラー粉は四川山椒唐辛子調味料。
けっこう入れたらしっかり辛さが増して、唇が少し痺れるくらいに。アリ。

白菜たっぷりなのが嬉しい。
野菜系で違うのもまた食べてみようか。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「本場成都の【汁なし担担麺】」@雲林坊 秋葉原店の写真小麻婆丼とのセット1250円(単品900円)。こだわりの醤油漬け120円も追加。
2018.12.17(月)、20:30前訪問。中待ち3、外待ち1人。お冷はレモン水。卓上調味料なし。
ネットで調べてみると、そのままでも結構辛いというコメントが多いので、辛さ指定はなしで。

メニュー説明書き概要↓
全粒粉麺。契約農場からの老鶏と北海道産ホタテ干し貝柱スープ。
四川朝天辣椒と唐辛子のブレンド辣油、芽菜(玉荷青菜の芽の塩漬)、四川朝天辣椒、唐辛子、四川花椒。
甜醤油と山西省の黒酢ベースのタレ。

挽肉、炒りごま、ナッツがドサッと。
ベースに少しだけ甘みを感じる醤油系の味わい。
辣は弱め。普通の辣油くらいしか唐辛子の辛味はないかも。
山椒がじわりじわりと効いてくる。
そこまで強くはないが段々と麻が支配的に。
汗だくにはなるが、舌が壊れるほどではなし。
黒酢は微かにくらい。もう少し酸味があった方が好みかも。

断面正方形寄りの長方形。
中太〜やや太めくらいのほぼストレート麺。
加水は若干低めか。コシあり、やや硬め。
中国の麺っぽくないが旨い。
麺量は普通。

ほうれん草はまあ合う。
芽菜は極小微塵が少し。探さないと気が付かないくらい。
小さいのをひとつ口に含んでみると、酸味があって旨い。
コレがドサっと入ると旨さが倍増する気がする。
有料トッピングでも置いてほしい。

スープには白ネギ微塵少し。貝は強く出てないが、なんとなくわかるか。
塩気控えめコクは弱め。あくまで添え物のスープといった感じ。

麻婆丼は豆腐に味わいが沁みておらず。
辛さの休憩になるが、そこまで辛くもないからな。。
コクちょっと弱め。豆腐で全体が薄くなるのもあり。
山椒で味が少し飛んでいる状態だと、だいぶ味が薄い。
コチラも辣は弱め。黒くなった唐辛子は香ばしくて旨い。

麻婆はライスをほぼ使わず、最後はおススメの食べ方で。
担担麺の余った具とタレ、ライス、味玉を混ぜて。
味玉は五香粉っぽい風味の効いた醤油味。
普通に旨い。

麻はいいが、辣が弱く、ベースの味も力強さがちょっと足りない気がした。
久々に担担を食べたが、やっぱりもう担担系は飽きてしまったな。。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「本場四川省のタンタン麺」@陳麻婆豆腐 赤坂アークヒルズ店の写真540円。2018.11.18(土)、19:00前に訪問。土曜出勤の帰りに、ポンガラカレー 赤坂アークヒルズ店からの連食。このあたりのエリアは平日のほうが混んでいるのだろう。先客は数組。卓上には花椒ミル。
チャーハン、担々麺、ニラ玉餃子と、さほど間を置かずに順に到着。

小さい碗での提供。写真の成都仕様とだいぶ違う。。
本場はほとんど汁なしなのだが、コチラはたっぷりとスープが。
写真は麺が白くて、成都っぽいが、来たのは少し透明度のある黄色寄り麺。

ゴマメインにナッツの風味も少し。
辛さ表示2だが、ピリ辛弱くらで全然辛くなし。
少し甘みを感じるくらい。花山椒は微かで風味は弱い。

断面角、少し太めのちょいウェーブ麺。
加水少し高め、硬さは普通から少し柔らかめくらい。
小麦風味あり。量は小さい碗だがたっぷりと入っていて、思ったより少なくない。

卓上のミルは胡椒だと思っていたのだが、花椒だった。
ガリガリと多めに散らすと、ビリビリの辛さに。
コレで現地仕様に近い感じに。勝手に足せ仕様だったか。

具は青ネギ小口と挽肉のみ。
挽肉にも味が入っているが、さほど強くなく、印象は薄い。
底に沈んでしまうのでサルベージしながらスープも完飲。

汁たっぷりなので、かなり本場のものとは感覚が違う。
前レビューの4門さんの時の1杯のほうが旨そうだな。。

チャーハンと餃子は旨かった。
https://chahandb.supleks.jp/review/1191035.html
https://gyouzadb.supleks.jp/review/1191034.html

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「特製汁なし担々麺 並 +辛しびれ」@自家製麺 てんかの写真1000円+辛しびれ50円。2018.11.10(土)、18:30過ぎ訪問。先客6人、後客もチラホラで一時満席。夜は昼よりも空いているイメージ。卓上にはドライガーリック、黒胡椒、一味、黒酢。
合コンが流れたので近所のコチラで晩飯orz 9.28に蛭子さんが来たみたいでイラストサインが飾ってあった。デフォメニューはだいぶ久し振りに食べる。特製は初。

底にタレが溜まっている。
ドロッとはしておらず、ややシャバめ。動物感ありの醤油系。
しっかりと混ぜてから食す。

以前の記憶より、甘みがけっこう強い。
唐辛子少しに、花椒の辛みがジワリと効いて旨い。
序盤、辛さはピリ辛くらいだが、辛しびれ効果もあるか、だんだんと。
温玉で少しマイルドになっている。

断面長方形の太めゆるウェーブ麺。
気のせいかもしれないが、以前より少し細くなったような。
加水高めでツルツル。芯は残っているかいないかで硬さは普通。
少しモチモチのいい弾力を残していてうまい。
麺量は250g。多め。

レアチャーシューは醤油系の味が入っている。
(追記:レアチャーシューではなく火加減の通ったお肉とツィートあり)
厚くて大きめが2枚。クニクニで豚味も残っていて旨い。
挽肉は多めでタレと一体化している。旨い。
ナッツは風味あり。チャーシューの下には茹でキャベツ。
ほどよい甘みが出ていて、こちらも相性がいい。
青ネギ小口は合うが、少なめなので印象は弱め。

ドライガーリックを砕いてガッツリと。パンチ入る。旨い。
割スープがあるので、黒酢は局所的に少し。

割スープはブーメラン方式。
動物出汁っぽいスープが大お玉1杯分、醤油ダレが少し入れられる。
シャバシャバあっさり気味のスープに残った挽肉とタレがアクセントに。
いい感じの〆で完食。

しばらく限定出してないなぁ。
おふたりの老舗っぽい佇まいからは想像のできないハイセンスな限定がいつも楽しみなのだが。
また限定情報が出たら、すぐに来ると思う。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 17件

「汁なし担々麺」@中国家庭料理 楊 別館の写真800円。2018.09.18(火)、20:30過ぎ、同僚と訪問。スパイスらぁめん釈迦 池袋店スープ切れにつき、コチラへ。雨が降っていたためか、カウンタ席が残っていた。後客なし。天候により空いているとのこと。
同僚が山椒強いの苦手とのことで、四川山椒少なめで。香腸(腸詰)炒飯と。

底に芝麻醤と辣油のタレ。
豆板醤系風味も。トーチの風味少し。ナッツ風味もあり。
塩気控えめお、唐辛子の辛味がしっかりある。
花椒は控えめでほぼ痺れず、軽くピリッとくるくらい。
おぉ、食べやすい。が、痺れが弱く、少し物足りなさも。

断面丸の白い中太ストレート麺。カンスイ不使用。
全体的に柔らかいが、もちもちでいい食感。表面と中の硬さ差がない感じ。
中国本場の麺。ご無沙汰だが、どことなく懐かしい。
麺量は多め。

挽肉しっかり多め。
青菜は絡みがイマイチか。
以前本店で食べた時は花椒で他の味がかなり飛んだので、もとの味わいを大分楽しめた。
デフォと少なめの中間くらいがベストか。

ラムのクミン炒めは、塩ベースにホールクミン少し。
モヤシ等野菜も多めだが、ラムバラ肉もかなり入っている。羊風味はやや控えめ。
味坊テイストをイメージしていたのだが、塩ベースであっさり。
これはこれで旨し。

ハイボールを4杯くらい呑んでご馳走様。
中華屋呑みはあまりしないので、たまにはいいかも。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件