なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

no

男性 - 東京都 (1982年生まれ)

アルコールタバコラーメンカレーニンニク辛いものクセのあるもの猫ロック女映画ミュージック読書AVダイヴィング海外旅行好き。交通課甘いもの満員電車仕事ヒップホップ咀嚼音強い香水嫌い。RDB12年290杯、13/370杯、14/385杯(ユーザランキング最高6位/年末7位)、15/271杯、16/172杯、17/131杯。CurryDB15年/142杯、16/256杯、17/159杯。

平均点 78.018点
最終レビュー日 2019年6月25日
1,894 1,386 0 4,448
レビュー 店舗 スキ いいね

「タンタンメン+ニンニクW」@元祖ニュータンタンメン本舗 平間店の写真半チャーハンセット1000円(単品780円)+200円。2019.05.10(金)、23:15頃訪問。立川にて呑みの後、締めで途中下車。先客割といたような。卓上には醤油、酢、辣油、S&B黒胡椒(グラインド)。
今までほぼ毎回メチャ辛オーダーだったが、初めて辛さ普通で頼んでみた。

ベースの清湯豚ガラ塩スープが旨い。
韓国産唐辛子が、全体にチラホラと赤い点となっている。
辛くない品種とのことで、普通はピリ辛弱。後を引く辛さはない。
メチャ辛にするとそこそこ辛いので、塩豚スープ的に味わうのは新鮮。
こないだの元祖ニュータンタンメン本舗 京町店のチャーハンスープでもわかったが、(化調ありっぽいが)、豚出汁がいい感じに出ている。
あっさりめのスープに、追加Wのニンニクで補強。
しっかり量のある刻みニンニクがあっさりをガッツリ追いかけてくる。
ピリ辛もいいアクセントになっている。

断面楕円の中太ウェーブ麺。
多加水ツルツル。やや硬め。小麦風味は普通にあり。
啜り心地いい。
スープ絡みは、あっさりめの豚よりW効果もあってニンニク風味ががっつり付いてくる。
麺量は普通。

溶き玉子たっぷり。ニュータンタンと言えば溶き卵。
黄身の風味がちゃんとするのが溶き卵はいい。
辛さ緩和効果を狙っているのもあるようだが、辛く風味がバッチリ合う。
挽肉は少し固まりがち。コチラもちゃんと量あり。
粗めで肉味を感じられて旨い。

辛くないニュータンタンを始めて試してみたが、辛くなくても旨いことを確認できた。
こうなると、豚ガラ醤油っぽい普通のラーメンも気になってくるなw
半チャーハンも合う。単品でも頼めるレベル。
https://chahandb.supleks.jp/review/1233741.html

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「檸檬塩拉麺」@熊本ラーメン 桂花 池袋東武店の写真【東武店限定】842円+別皿で激辛ダレ(108円)。2018.05.28(月)、19:25頃に訪問。新店なので先アップしてみる。あら、残念、初レビュアーは逃してしまったか。
桂花特有の匂いが、店内外ともに漂っていない。場所柄気をつけて処理をしているのか? 店内は7割ほどの入り。オープン初日なので店員は多いが、大いに混乱している。ロット1杯? 提供も遅め。
オープン前から写真で気になっていた店舗限定メニューのうちのひとつである、コチラを。細麺使用、にんにくなしのメニュー。
卓上にはプーアル茶、辣香、胡椒、醤油、酢、辣油。

白湯塩豚骨スープ。表面に油が少し固まっている。
豚骨風味はもちろんあるが、あっさりで、ちょっと薄い気も。
桂花の豚骨風味ではあるのだが、臭みが皆無なのはちょっと寂しい。
コクはギリギリあり。底から混ぜればもう少し塩気がきたかも?
(鶏清湯ブランドのWスープらしいと追加情報あり)
レモンは箸でガシガシとやったが、微かに風味が漂うくらい。コレはコレでいいかも。
メニュー写真では水菜かと思ったが、刻みパクチーが割としっかり量乗っている。
底に沈み、序盤はふんわりたまに香るくらい。
コレ、注文受けたときに店員が聞いとかないと、ウワってなる人いるぞ。。メニューにパクチーの文字ないし。。今メニュー写真見返してみたが、写真は乗っているの水菜っぽい。自分はまぁ好きなのでオーケー。

コク薄に感じたので、早速卓上の辣香を。
やはりコイツは素晴らしい。香ばしいニンニク風味にいい辛み。
注文時にあっさりが予想できたので、別皿でお願いしたトッピングの激辛ダレ。レンゲに山盛りにされてたっぷりとあるが、コチラも全部投入。ニンニク入りっぽいが強くはない。挽肉少し。
豆板醤に少し近い風味だが、塩気はさほど強くない。辛さはしっかりあるが、シャープで刺さる感じではなく、じんわりと辛い。激辛まではいかないかも。汗はしっかりと出るけれども。

細ストレート麺。
加水はやや低めくらいの印象。
硬さは普通。小麦風味はあるが、思ったほどでなし。
スープ絡み、啜り心地はバッチリ。
麺量は少なめ。150gないくらい?

前述のレモンとパクチー以外はチャーシューが1枚のみ。
ミシッとタイプだが、豚味、醤油系の味付けともにいい。

スープが残ったので、替玉(108円)を。塩ダレも付いてくる。
替玉の方が多い説。今回は本当に替玉の方が多い気がする。
硬さは指定していないが、こちらは硬めでポキポキ食感あり。
太さは同じようなので、同じ麺だとは思うが、こっちの方が加水を低く感じ、小麦風味もある気が。
硬さでの印象の違いかもしれない。

後半、沈んだパクチーが結構前に出てくる。
激辛ダレ&随時追加投入の辣香で足した辛みとニンニク風味、潰しまくってしっかりスープに馴染んだレモン風味とで、完全にエスニックな味わいに。
後から知ったが、レモンは国産ノンワックスとのこと。潰しまくってなんなら皮ごと食べる仕様?
桂花でコレは面白いかも。

デフォはあっさりにふんわりレモン風味+パクチーで女子向け。
辛さを追加するとしっかりエスニック風味に。エスニックも女子好きそうだが。
序盤に不安を感じたが、辛味でバッチリに。完食完飲。

行きにタイミング悪く貰いそびれた、太肉1個無料トッピング券付きのチラシもあるので、また来ると思われる。
他の限定のしょうが味噌、しょうが塩、辛辣麺も少し気になるが、やっぱりスタンダードラインが一番かなぁ。豚骨臭が漂っていないので、デフォがしっかり桂花しているのかも気になるところ。デフォも臭みがなかったら桂花ラーメンといえないと思うので…。

餃子は折りが面白いが、もうひとつほしいところ。
https://gyouzadb.supleks.jp/review/1150259.html

以下蛇足。
前から気になっていたのだが、スープ分類「塩豚骨」。謎。今回が19回目/1671レビュー。
また微妙~な追加の項目のひとつ、「煮干」を除いて、ダントツのビリ。
「豚骨魚介」「豚骨醤油」「豚骨」もある。「豚骨」を醤油ダレを少ししか使っていない豚骨か、豚骨塩ダレのイメージで使っていたので、今回のように、豚骨ラーメン屋の塩ラーメン以外では使う機会がない。
スープ「豚骨」ってRDBの定義ではなんなのだろう。醤油ダレ、塩なしの豚骨ラーメンは自分は聞いたことがないのだけれども。豚骨味噌=「豚骨」? 「豚骨味噌」作ってやれよw 鶏は白湯しかないし、他にもスープ分類の選択肢は謎が多い。ここまで利用者が増えるとは思わず、適当に選択肢を作って、既存レビューを弄れなくてなのだろうけれども、やはり違和感は残る。

投稿(更新) | コメント (5) | このお店へのレビュー: 3件

「ミニ通堂うま塩ラーメンおんな味」@居酒屋 りょう次 横浜ラーメン博物館店の写真570円。2018.03.04(日)、16:15訪問。利尻→YUJIから〆にコチラへ。
だいぶ空いてきており、大道芸が始まっている。5人待ちに接続。焦がし黒醤油が気になるが、利尻のほうで似た名前を食べたので、看板メニューっぽいコチラで。
5分ちょいで入れたが、店の入りは半分ほど。バッシング待ちだったか?中は完全に居酒屋。沖縄料理のツマミが食べたくなるな。。
17:00より喫煙可。ちょっと時間が早いorz 卓上調味料なし。

ミニだが、こちらの丼は普通サイズに近い。
スープがしっかりと入っている。
清湯に近い塩豚骨スープ。
豚ゲンコツ、鶏ガラ、野菜数種、昆布使用とのこと。
表面に鶏油(?)が散っていて、熱々。
透明度に反して、ちゃんと豚骨風味あり。鶏ガラ等も動物感に寄与しているのだろう。
塩気は適度、少しシャープなようで丸みもあるような。
あっさりで、見た目通りっぽいコクが薄い感じも少しあるが、野菜と昆布で下支えされているのか、不思議と物足りなさは感じない。

中細ストレート麺。
加水やや高め。小麦風味は普通にあり。
濃くはないスープだが意外といい感じに絡んでくる。
麺量は少なめ。

チャーシューは真空低温調理の肩ロースだと後で知ったが、普通にミシミシのスーパーの味わいだった。豚の味はちゃんとして普通に旨いけれども。
細切り昆布(?)は、食感はいい感じだが、特に味わいはなし。アクセント少しなくらい。
白、青ネギは多めでいい。海苔は1枚だがよく合う。

サクッと完食。スープはちゃんと入っているので少し飲むにとどめておく。
スープ量あるなら卓上調味料がほしいな。。
清湯で味わいはなかなかだったので、印象はいいが、普通に沖縄そばのほうが好きかもしれんw
退店時16:30頃、どこもほぼ待ちなし。日曜はこのくらいの時間がベストなのかもな~。小説を持っていたので凌げたが、30分以上待つのはちゃんと行きたいところじゃないともうツライ。
今回のミニ3杯は利尻>>りょう次>>YUJIだった。行った気がするのだが、すみれと支那そばやが未レビュー。。そのうちまた来てみようか。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン街道一番星 湘南潮味」@らあめん花月嵐 鶴見西口店の写真【期間限定】720円。2015.06.06(金)、24:00過ぎ。会社呑み会の後に訪問。
卓上には辣油、激辛壺ニラ、酢、黒胡椒、醤油、らぁめんダレ、一味。
ニンニククラッシャ(1人前3片)も無料で頼める。

塩豚骨スープ。
清湯寄りながら、白湯に近い濃さのある豚骨。コク、深みあり。
塩気はさほど強くなく、まろやか。

平打ちちょい太めストレート麺。
硬め。表面ツルッとながら、いい小麦風味あり。うまい。
麺量はやや少なめ。

燻しチャーシューは柔らかくプリッとでうまい。
スモーキィだったかはイマイチ覚えていないが、味もよかった。
海苔は3枚。麺を巻いて食べる。鉄板。ほうれん草、白ネギ小口はさほど量がないが、普通に合う。

ニンニククラッシャを早めに投入。普通に合うが、[嵐げんこつ]のほうがニンニクとの相性はいいかも。
壷ニラは辛みもあるが、塩気も。キムチ風味がスープに合ってうまい。
調子に乗ってひと壺投入したらさすがにショッパーになったが、辛さはいい感じ。

ニラニラで完食完飲。
次回は石神プロデュースの「クールコンソメラーメン」だそうな。
冷やしの変わり種はけっこう難易度高いと思うのだが、旨く仕上がっているだろうか。楽しみ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 16件

「嵐げんこつらあめん GHOST」@らあめん花月嵐 西蒲田店の写真740円。2015.04.10(金)、22:10頃訪問。新宿で東京の営業部門全体会議→懇親会→二次会。帰り際に蒲田で降りる。はま寿司に行く予定だったのだが、道がよくわからなくなり、こちらへ。先客後客よく覚えておらず。
麺硬めで注文。
卓上には醤油、らぁめんダレ、ラー油、酢、一味、黒胡椒、壺ニラ、ゆかり。言えばクラッシュニンニク。

塩豚骨スープ。
背脂が底までたっぷり。豚骨もしっかり出ている。
塩気は適度。尖りはなし。背脂効果もあり、くどくないが、味は濃厚
刻みニンニクはスプーン1杯分。パンチが入る。よく合う。

断面長方形平打ち寄りの太めストレート麺。
加水やや低め?小麦風味が少しあったような。
麺量は普通。

豚バラチャーシュー2枚は薄いがトロトロでうまい。
茹でキャベツ、モヤシもちゃんと食感を残している。

早い段階で追加ニンニククラッシュ。パンチ増す。
ニラ唐辛子は多めに随時入れていく。そこそこの辛さとニラ臭さがいい感じ。最終的に1壷分使用。

麺と具を完食。スープは少し残す。
相変わらずのパンチのある安定感。こちらの店舗は初訪問だったが、悪くなかった。
次回限定は、実はまだやってなかったらしい台湾まぜそばとのことで、また来ること決定に。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「ソーキそば+まぐろの天ぷら」@沖縄料理 かなぐすくの写真861円+651円。2014/12/17(水)、23:00頃訪問。先客0、後客2名。職場忘年会2次会のあとに地元で〆。よく覚えておらず。
卓上には醤油、辣油、酢、コーレーグース、塩、ソース。テレビと沖縄民謡が混ざるBGM。

豚骨清湯にカツオ出汁のベーシックな沖縄そばスープ。熱々。
豚骨出汁はあっさりながらじんわりと効いている。鰹出汁はやや強め。
後味はカツオが残る豚骨≦鰹のバランス。呑みの〆に最適。

平打ちウェーブ麺。
低加水で硬さは普通。弾力少しあり。粉っぽさありの小麦感有り。
カットは短めで啜り切り弱だが、啜り心地はいい。
麺量は普通。うまい。

ソーキは醤油系のすこし甘め味付けで肉の味がいい感じだった気がする。
紅生姜はデフォで入っていて、辛みがいいアクセントに。
青ネギ小口はいい味を出している。カマボコのようなものは記憶にない・・・。

コーレーグースをドボドボっと投入。けっこう唐辛子の辛みあり。泡盛はプンっと効いている。
この量入れると運転できないくらいのアルコール感。
マグロ天がトッピングとしてもバッチリ。パサめながら衣の食感と鮪の味がスープに非常に合う。

完食完飲。
こちらでは酒は呑まず(コーレーグースでは摂取したが)。家に帰って寝るまでの記憶はほとんどなし・・・。

投稿(更新) | コメント (3) | このお店へのレビュー: 2件

「塩豚様ラーメン」@豚系ラーメン 豚神様の写真900円。2014/11/21(金)、23:40。先客2名、後客3名。
品川で職場同僚と呑みの後、かなりベロベロ状態で訪問。
卓上にはおろしニンニク、魚粉、胡椒、醤油、酢、七味。お冷はお茶。

無化調の熱々豚骨塩スープ。鶏ガラが少し。
豚骨はよく出ている。メインは動物だが、鰹節系出汁が軽く全体に抜ける。
塩ダレはしょっぱすぎずちょうどいい。コク、深みあり。黒胡椒がアクセント。
ラーメンの節魚介はあまり好きではないので序盤は鰹節が気になったが、段々とアリに思えてくる。

菅野製麺所の乱切り手もみ麺(茹で前の麺パックが置いてあった)。
加水高め、平打ち捩れ。ツルツルで啜り心地いい。硬めでコシあり。
小麦の風味はそこそこ。160g。量はやや少なめ。

コンビーフっぽいミシミシチャーシューが4枚。塩気が効いていて脂の入りもちょうどよく、ホロホロでうまい。
モヤシはシャキシャキ。ほかは覚えていない・・・。

完食完飲。うまかった。
11/28(金)で移転のため閉店。しかしながら、まだ移転先は決まっていないとのこと。
最後にもう1杯食べに行こうかなぁ~。移転したらそちらにも行ってみたいと思う。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 6件

「半ラーメンセット<熟成光麺(ハーフ)+鶏チャーシュー丼>」@光麺 新宿南口店の写真580円。2014/8/8(金)、20:15。友人と久々にロックバーへ行く前に腹拵え。1階は満席。2階も半分以上埋まっている。
卓上にはおろしニンニク、ラー油、醤油、酢、黒胡椒。
生中(プレモル300円)を呑みながら待つ。

トロリとした東京豚骨スープ。
豚骨風味しっかり。コクと深みあり。塩気は適度。微かに甘み。
醤油も使用しているとのことだが、特有の味は感じられず。
普通にうまい。

中太縮れ麺。
加水は中~高めだった気がする。小麦の風味はあまりない。
麺量はハーフにしてはあるかも。500円博多豚骨弱くらいの量。

チャーシュー普通。海苔は合う。

おろしニンニクをガシガシ入れて完食。

飯に乗っている鶏チャーシューはプリッとしていてうまい。カイワレもいい感じ。
飯をスープで食べて完食完飲。

デフォラーメンよりボリュームあり。
ランチタイム以外もやっている&麺+飯で、牛丼チェーンよりも満足感で言うとCPいいかも。

ビールと一緒に友人が頼んだ三点盛り(300円)はクソだった。(点数評価対象外)
鶏肉は普通にうまいが、味の薄い青菜、古くて臭いネギ小口、微妙な白ネギキムチ風。
ネギ小口はもう少ししたら腐るレベル。
バイト店クオリティ。。。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「濃厚とんこつ塩」@麺家 徳 アトレ川崎店の写真680円。2013/12/25(水)、21:00前。先客30人くらいか。9割埋まっている。クリスマス気配ゼロ。
ここはほとんどが日本人店員なのかと思っていたが、やはりアジアンもいた。
敬語が下手なのはいいんだけど、口調と配膳の荒さなどが。。この女性だけかもしれないが。
大盛、特盛、山盛無料。別皿提供。麺の硬さ、味の濃さ、脂の量、ニンニクの有無を選択。
麺硬め、ニンニク普通のみで注文。
卓上には黒胡椒、醤油たれ、ラー油、餃子たれ。

店外のメニュー写真は二郎系なのだが、野菜を普通にすると全く普通のラーメン。
少し透けており、味が薄そうに見えるが、思ったより豚骨味はちゃんとする。
問題ない位ではあるが、やはり豚骨は濃くはなく、少し薄めであっさり。
塩はしょっぱさなし。豚骨由来の優しい甘みが微かにあり。
もう少し豚骨が薄いとちゃんぽんのスープになりそう。
刻みニンニクは小匙1杯くらいのみ。
普通でこの量?少なめとは言っていないのだが。
少し薄めの豚骨に風味が加わり、非常に良く合う。
もう少し欲しいところ。

黄色い多加水、断面長方形の中太〜太め縮れ麺。
芯が少し残った硬め仕様。
麺の長さと太さで若干啜りにくさがあるが、食感は良い。
麺量は普通~やや少なめ。

豚は少し厚みのあるものが2枚。弾力を残す柔らかめのモサっと食感。
醤油系の香りがいい感じにするが、味付けはすごく薄い。2枚目はレンゲ内で餃子のタレで食べてみた。
並の野菜はかなり少ない。モヤシシャキシャキで少し。キャベツは2、3切れ。
白ネギ小口はそこそこ入っていて、臭み辛みがなくうまい。

完食完飲。
ちゃんぽんスープに豚骨味を少し足したような印象のスープ。
もう少し豚骨の味わいが欲しいが、あっさりラーメンと割り切れば普通にうまい。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件
77
このレビューは移転前のものです。

「細塩 並」@のスた 凛本店の写真800円。2013/12/10(火)、13:10訪問。先客7名。後客5名くらい。
凛とラ・ズンバが合体。店主は同じ。19:00までは[のスた]、それ以降は[凛]になるようだ。
食券を買って、左(旧ラ・ズンバ)に行くと、右(凛)へとのことで、席に座る。
分かれていた店内の中央・厨房に小窓が付き、一応店内が繋がっている。不思議な空間。
左(ラ・ズンバ)で席の位置決め・調理、右で配膳・仕込・洗い物の様子。
まだオペが定着していないのか、ズンバの兄さん怖ぇと思う瞬間(隣の厨房なので声しか聞こえないが)あり。
貼紙を眺めて待つ。今月の土曜営業は14日、28日とのこと。
無料トッピングが若干変わったようで、細麺は変わらずのニンニク。
太麺はニンニクに加えて、アオトウ。恐らく今まで有料だったプルコッチだと思われる。
卓上には一味、黒胡椒荒挽。
15分程で配膳。ニンニク少しでお願いする。

生姜の良く効いた塩豚骨スープ。
油はそこそこ漂っているが、脂はほんの少し。
豚骨も淡い効きで、塩気は終盤に若干濃く感じたが、それまではしょっぱさもほとんどない。
全体的にさっぱり。
ラ・ズンバの時と盛付け等は違うが、スープの見た目はほぼ同じ。
気のせいなのかもしれないが、ラ・ズンバ時に食べた時よりも塩のキレがなく、全体的にまろやかに、若干曖昧な味になっている気がする。

加水中くらいの細ほぼストレート麺。
柔らかめだが、まとめて食べるとなかなかいい食感。
小麦感普通。スープはついてくる。
麺量は普通~やや多め。

豚は大きいものが2つ・両方とも柔らかめ。
端は醤油味濃く、もう片方は適度な味付け。うまい。
メンマは細めが2種類。色の薄い方はコリコリ。濃い方は薄い方よりやや柔らかい。
色の濃いほうのほうが薄めの味で風味はともに違うが、両方とも好みの味付け。
白ネギ小口は少しだがスープにとても合う。

麺と具を完食。スープだけ飲むと少しだけしょっぱい。
全部いけそうだったが半分ほどでやめておく。

醤油系メニューは凛のガッツリ系。
塩だけ旧ラ・ズンバラインで別系統なのかもしれない。
旧ラ・ズンバ店主の作る醤油・ポンズ・カレーも食べてみたいので、その内また訪問する予定。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件