なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

no

男性 - 東京都 (1982年生まれ)

アルコールタバコラーメンカレーニンニク辛いものクセのあるもの猫ロック女映画ミュージック読書AVダイヴィング海外旅行好き。交通課甘いもの満員電車仕事ヒップホップ咀嚼音強い香水嫌い。RDB12年290杯、13/370杯、14/385杯(ユーザランキング最高6位/年末7位)、15/271杯、16/172杯、17/131杯。CurryDB15年/142杯、16/256杯、17/159杯。

平均点 78.071点
最終レビュー日 2019年10月15日
1,956 1,424 0 4,701
レビュー 店舗 スキ いいね

「スパイシーとんこつラーメン」@ASIAN CAFE Bowl Bowlの写真1408円。2019.10.06(土)、12:30前に訪問。4割ほどの入り。水汲み場に山椒、七味等。バングラデシュ旅行前に一杯。

豚骨スープ。
序盤、コク薄に感じたが、後半は問題なし。
底にタレがたまっていたのかも。
セントラルキッチンで作りましたな豚骨味だが、悪くない。
スパイシー要素は辣油と唐辛子。
あまり多くなく、ピリ辛弱だが、いいアクセント。
山椒を追加するとけっこういい感じに。

断面長方形 、少し太めのウェーブ麺。
多加水、少し硬めくらい。
啜り心地はいいが、小麦風味弱い。
麺量は普通から少し多め。

チャーシューは弾力あり、ちょいミシ。
厚みがあり、豚味、塩系味しっかり。アリ。
味玉半熟。味付けは薄め。
メンマはコリコリ。一般的な味付けだが、好きでなし。
モヤシ多めに、白髪ネギ、青ネギ小口。

山椒追加でちゃんとスパイシーになった。
麺が微妙なのは専門店でないので仕方なしか。
空港価格にしてもCPは良くないか。
点数はCP抜き。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件
77

「中華そば」@成葉軒の写真780円。2018.10.28(日)、インド旅行から帰国し、17:15頃訪問。フードコート内は時間帯故か空いている。卓上にはラー油、胡椒、醤油、一味、酢、辛子。
ちなみにラーメン専門店はムンバイ、ゴア周辺にはなかった。チェンナイにはあるようだが。
https://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/110879/092400088/

熱々の鶏醤油清湯スープ。
醤油風味少しあり。塩気は適度。
無難な街中華のような、学食のような、袋麺のような、いつもの味わい。

黄色め、断面長方形の中細ちょいウェーブ麺。
硬さ普通。多加水で表面ツルリ。小麦感弱め。
啜り心地OK。麺量は普通にあり。

チャーシューは薄くて小さめ。
プリっと食感はいい。甘醤油味がしっかり入っている。
メンマは柔らかく、こちらも味が濃い。少し甘めで好きでなし。
ほうれん草とワカメが多めなのはいい感じ。

卓上の胡椒をかけまくって、今はなき天華のコショーソバ風に。
久々のラーメンだったので、懐かしいド・ベーシックな味わいがいい感じだった。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ベジラーメン」@博多一風堂 成田空港店の写真【杯数限定】990円。2018.10.20(土)、10:30前訪問。出国ゲート内。12時発で西インド旅行へ行く前に。空いていたが、だんだん割と入ってきた。受取口にゴマとオリジナルの胡椒。
揚げ餃子(490円)も試してみる。

ネットより概要↓
野菜のみで出汁をとったスープ。アクセントにしいたけを漬け込んだオイル。

同、昔の一風堂ベジ↓
乾燥野菜を活用する方法。ドライトマト、タマネギ、セロリ、キノコ類など10種類以上のスープ。昆布や乾燥ポルチーニ茸の特製だし醤油。

調理は日本人ハーフ。ざっくり盛付け。
コンソメスープのような風味で、鶏がいそうに思えるような味わいだが、動物不使用。コクあり、味の抜けはなし。
しっかり出汁の風味があるが、和風にはなっていない。
醤油の風味少し。塩気は適度。
椎茸の香りがしっかり。種類の違うキノコ風味も薫る。ポルチーニ?
最後に振りかけられた粗挽きの胡椒がふんわりいいアクセント。
予想外にしっかり旨い。

断面角の中細ストレート麺。
低加水で硬め、小麦風味バッチリ。
啜り心地、スープ持ち上げいい。スープとの相性も良し。
量は替玉前提量に近いかも。少なめ。

トッピングはレンコン、カボチャ、水菜、ミニトマト、にんじん、マッシュルーム、ナス等。
ナスがオリーブオイルが薫って旨い。
それぞれ量が少ないが、スライスマッシュルームが多めなのは好印象。旨い。
カイワレは飾り程度。

サクッと完食完飲。
野菜出汁も出ているのだろうが、キノコ風味が旨い1杯だった。高いのは空港なのもあってしょうがないか。
点数はCP抜き。

揚げ餃子は残念な感じ。
https://gyouzadb.supleks.jp/review/1184098.html

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「おろしねぎ塩 牛しゃぶラーメン@ステーキのアベンチュラ」@SONICMANIA & SUMMER SONIC 2018の写真800円。2081.08.17(金)、28:20(04:20)訪問。
NINの後半でステージ後方で寝入り、起きたら電気グルーヴが始まっていたorz マイブラまるまる寝過ごしw

ステーキ屋?ググってもよく分からず。
意外とちゃんと牛白湯スープ。もう少し強さがほしいが、牛の風味が出ている。
塩気は適度。黒胡椒がアクセント。コクは残念ながら弱め。

麺は中細ストレート。
加水低め。業務用だろう。柔らかめでコシが弱い。

牛バラがごっそり入っていて、麺よりコチラが主役。
牛味ちゃんとあり。もう少し味がついていてもいいが。
青ネギ小口、大根おろしともによく合う。

スープは弱いが、肉で補完されているので、全体的にはアリ。
電気グルーヴに戻って踊る。
呑み過ぎて2アーティストしか観られなかった。。まぁそんなに観たいのもなかったのだけれどもw
サンダーキャットがちょっと残念だったか。

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 2件

「背脂らーめん@背油ラーメン柴田」@SONICMANIA & SUMMER SONIC 2018の写真800円。2018.08.17(金)、20:50訪問。既に色々始まっているが、アーティスト登場は22:00。既に結構呑んでいる。。
背油ラーメン柴田、麺や虎鉄、金久右衛門、初代豚麺。知っている名前なし。豚麺はフジロックにもいたかも? メニュー的に背脂にしてみる。

清湯豚骨(?)醤油スープ。
味の抜けはないが、動物感は強くない。化調?
醤油そこそこ、塩分高めでけっこうしょっぱい。

中細ストレート麺。
多加水で、少し硬めくらい。
ちょっと袋麺っぽい。小麦風味はあり。
麺量は意外とちゃんと普通量ある。

具材はキムチ、豚挽肉、背脂、岩海苔、青ネギ小口、モヤシ。
キムチが存在感強い。背脂ラーメンというより、キムチラーメン寄り。
豚挽肉はそこそこ量があっていい。

クオリティは高くない。
わかりやすい味なので友人は旨いと言っていたが、後半しょっぱすぎ。
まぁこういうところで食べるラーメンとしては及第点か。
Silent Disco、Elrow→NINへ。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件
60

「つけ麺」@松戸富田麺業の写真880円。2017.11.12(日)、13:40。7人待ちに接続。回転はよく、5分ちょいで着席。
カツカレージャンボトーストを食べてきたので、満腹に近いのだが、せっかく千葉まで来たのでコチラも試してみたくなり訪問。餃子も頼んでしまったので、麺少なめでお願いをする。
卓上には醤油、酢、ラー油、一味、とみ田特製ダブルペッパー。

餃子が先に運ばれ、すぐにコチラも。
多めに乗っている柚子をどけてから食べ始める。

濃厚豚骨魚介スープ。
魚粉メインの魚介が全面に、すぐにスィーツ並みの甘みが追いかけてくる。
前回、成田空港「日本の中華そば富田」で食べた時はココまで甘くなかったと思うのだが。ブレだと信じたいのだが、周りの人は普通に食べている。
コレはもう菓子のような甘さ。やや強めの塩気も重なって、塩プラス砂糖な和菓子があったが、それに近いような気もした。
豚骨感が底に微かにあるが、ほとんど存在感なし。
みりん?砂糖? 甘いものが苦手な自分には無理な味。

極太ストレート麺。
しっかりと冷水で締められ、ギュムギュムとコシあり。
スープはなかなか絡むが、極太のため、噛んでいるうちに麺だけになる。
スープを続けて飲めば解決するのだが、飲む気にはなれない。
麺量は並220g→少なめ180g。極太麺のため、大きめに掴むと3,4回で終わる。
腹ペコなら足りないが、今回は少なめで良かった。

チャーシューは大きめ2枚分。スープには絡めない。
ちょいパサで硬めだが、肉味はちゃんと残っている。
少し甘みがあるが、醤油系味もじんわりと。酒のつまみに良さそう。

極太メンマが2本。こちらも甘い。スィーツか!
白ネギ小口は多めに入っているが、甘みに押されて存在感なし。
海苔2枚はパパッと潜らせて口に押し込む。
柚子はいつも後半に味変で使うが今回は登場チャンスなし。

腹一杯で食べたのを加味しての点数。腹減り時の貴重な一杯でも同じか。
ラーメン食べに来たのに甘いものが嫌いな人にスィーツが提供されたって現象。
甘いラーメンって古今東西、キワモノの扱いだったと思うのだが。。
糖度を調べたら、ケーキ類並なんじゃないか? コレがデフォなら、個人的には周りの人の味覚を少し疑うレベル。
ブレだよな??

餃子は旨かったのが救いか↓
https://gyouzadb.supleks.jp/review/1105936.html
千葉駅から10分くらいで行けるジャンボトーストはインスタ映え↓
https://currydb.supleks.jp/review/1105938.html

投稿(更新) | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「辛味 濃厚つけ麺」@日本の中華そば富田 成田空港店の写真1030円。2017.09.30(土)、14:30頃。第2ターミナル発だが、こちらに寄ってみた。
店内常に8割ほどの入りといった感じ。レジで先払いがスムーズでなく、少し並ぶ。
卓上には胡椒、一味、酢。

豚骨魚介スープ。
最初からさほど熱くない。魚粉メインの魚介が前面に。
甘みあり。醤油の風味はそこそこ。塩気は適度。
柚子片はわきにどけて自分のタイミングで。

断面長方形の太ストレート麺。
まずはそのまま食べてみる。
しっかり冷水締めで冷たく、硬めのコシあり。
加水は高めだが、小麦風味いい。
麺量はやや多め。つけ麺だと普通量かも。

スープはガッツリ絡む。太麺なので啜りにくい。
もともと熱くなかったスープはすぐにぬるく。

辛味は挽肉に豆板醤系の味わい。
辛さはピリ辛ちょい。普通にうまいが特筆する味わいはなし。
甘みが少し相殺されるのはいい。卓上の唐辛子も追加。

スープ内に太メンマ。硬めでゴリゴリ。悪くない。
白ネギ小口はやや多め。合う。
チャーシューは冷たいせいもあるか、硬くて味もいいわけでなし。

割スープは鰹系魚介。あっさり完飲。
うーん、本店未食だけれども、平均ちょいくらいの味わい。自分が豚魚はあまり好きでないのもあって満足感は薄い。点数はCP込。
年一の休暇旅行でラオスに行ってきます〜。そろそろガイドブック見て予習しないと。。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「ソースらーめんハムカツのせ」@中華料理 大輦の写真850円。2014/12/20(土)、13:10頃訪問。先客7名、後客なし。二郎京成大久保からの連食。
卓上には黒胡椒、醤油、辣油、酢。王様のブランチを見ながら待つ。
隣のお客さんの生ビールがうまそうだが、自重。

画になるいい感じのおもしろビジュアル。
熱々のソース&鶏スープ。ソースと青海苔の香りがまんま焼そば。粘度はなくサラっとしている。
フルーツと野菜の風味、程よくスパイシーな素晴らしいソース=ウスターソース系の味わいがメイン。
鶏は味わってみると微かにわかるくらい。
ソースの味はしっかり濃く出ているが、飲めるくらいの調度よさ。
青海苔、紅生姜の風味、野菜の食感もあってやはり味は焼そば以外の何ものでもない。
カップラかなんかに、スープ焼きそばがあった気がするが、まさにそんな感じ。うまい。

焼きそばでよく使われていると思われる麺。
中太のゆるウェーブ。加水は低めで小麦感あり。
硬めで強くはないが弾力あり。少し粉っぽさのある食感がソースによく合う。
麺量はやや多めな気がするが、連食のため判断つかず。

青海苔、キャベツ、モヤシ、白ネギ小口、紅生姜、豚肉細切。
いつもの焼きそばの具。当然合う。キャベモヤはシャッキリでいい。豚コマは少ないものの地味に肉味がいい感じ。
ハムカツは厚み1cm弱。揚げたての熱々サクサクでうまい。当然ソースが合う。

麺と具を完食。スープは少し飲むくらいでご馳走様。
うまいスープ焼きそば。しかし、ソース味はやはり濃厚なため、飽きが早い。2杯目なのも影響していると思うが、1杯目でも終盤は飽きがきそう。
酢をレンゲ内でダメもとで試してみたが、やはり合わない。味変用調味料で一味やカレー粉(さらに濃くなるか・・・)、辛子、マヨネーズなど焼きそばに合うものがあると最後まで楽しめるかもしれないと思った。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「みそラーメン」@ラーメン二郎 京成大久保店の写真800円。2014/12/20(土)、11:30過ぎ訪問。店内1名待ち、後客チラホラで概ね満席キープ状態。
9:00から15分だけ仕事があり、昼飯時間までだいぶあるので遠征を決意。首都圏二郎制覇となるこちらへ。店内はちゃんと暖房が効いている。
店主と奥様(?)でまわしている。奥様はオーダー片言め。マスクをしているのが惜しい。感じがよく可愛い。笑顔が素敵。
卓上には胡椒、一味。BGMはAMラジオが低音量で。
折角なので連食をしようと画策。麺少なめ。ニンニク、野菜少なめでお願いする。

豚骨スープにカエシちょっと、化調、味噌等。
豚骨はよく効いている。味噌は許容範囲だが、結構甘みかある。
生姜も微かに感じる気がする。辣油だろうか、甘味でほとんど消えているが、微かにピリっと味も。
二郎系味噌スープ。アリ。うまい。
ゴマが入っているが、こちらはほとんど気がつかず。
ニンニクは細かめ微塵がレンゲ1杯ほど。デフォで少し楽しんだあとに混ぜ込む。
辛みは少ないが、甘みは少し緩和されるか。パンチが入ってうまさ倍増。

やや太めの平打ちウェーブ麺。
二郎基準だと細め。加水は低めで、小麦感しっかり。
スープ絡、啜り心地ともによく、うまい。
麺少なめでもしっかりお腹いっぱいのベストな量。

豚はちょいミシのちょっと小さめが3枚ちょい。
モサっとめで味付け適度。普通にうまい。味噌味との相性はいい。
野菜は前ロットの盛りを見て、ビビって少なめにしたのだが、正解。少なめでも、盛りの少ない二郎と同量はある。
モヤシシャキシャキ、キャベツは少し。うまい。

中盤に一味を多めに投入。味噌にバッチリと合う。

麺と具を完食。スープは少し飲むに留めておく。
寒い外から暖かい店内に入って味噌ラーメン。冬だなぁ~、という気分に。
37店舗目(閉店含む)でやっとこさ首都圏二郎制覇。茨城と栃木は機会があればだなぁ~。
ソースラーメンを食べてみよう気分だったので、船橋駅へ戻る。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件
77

「ラーメン」@ラーメン二郎 松戸駅前店の写真680円。2014/11/2(日)、14:20頃訪問。14人待ちに接続、後客は10人くらい。富田食堂のあと、せっかくの遠征なのだからと友人とこちらへ。
麺半分を友人と共に伝える。ちょっと怪訝な顔をされた。プライド?そんなものは最近捨てたよ。
卓上には一味、カラメ、胡椒。BGMはラジオ。1ロットは5,6杯っぽい。
30分弱ほどで配膳。自分ら以外、みんなヤサイマシマシ!?ハラペコ多いのか、松戸。
前のヒトの呪文から生姜トッピングがあるのがわかり、ニンニク、生姜でお願いする。

健康を考え、序盤は野菜を。カエシをまわし掛けてある程度食べてから、麺を引っ張り出す。

微乳化、二郎豚骨醤油。なのだが、パンチがない・・・。
豚、醤油ともに薄め。底から混ぜても豚感が足りないのは変わらず。
醤油は卓上ボトルで足せるからいいとして、豚がライトなのはやや寂しい。
友人はあっさりめで食べやすいと言っていたが。

中盤よりニンニクを混ぜ込む。粗微塵。量はそこそこあったハズなのだが、辛み/味わいともに効きが悪い。ハズレ?
後半に生姜をガッツリ混ぜていく。同じく粗微塵で、ニンニクよりやや量が多い。こちらは序盤から微かに風味が出ていた。混ぜると生姜風味であっさり爽やか要素が入る。辛み風味ともに強すぎず、且つしっかりと出ていてうまい。量が多いとベースの味がぼやけそうだと懸念をしていたが杞憂であった。

平打ち太ウェーブ麺。
低加水。ロット早めだったのもあってかデフォで硬め。粉感のあるもっちりでいい食感。
スープの持ち上げはそこそこなのだが、麺に味が染み込んでおらず、味はあまりついてこない。スープがライト故か。
麺量は半分でもやはり一般的な普通量はある。

チャーシューは大きめ2つ。やや柔らかいミシミシ部位。味付けが薄くイマイチ。カエシをぶっかければよかったかも。
野菜はシャッキリ。キャベツは青部分がそこそこ入っていた。量はやや少なめで、マシマシコールが多いのも頷ける。

カエシを都度追加しながら、腹パンパンで完食。
スープは最後にちょい飲み。やはり豚感が薄い。下ブレだと思われる。
普通にうまかったが、ちょいと残念だった。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件