なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

no

男性 - 東京都 (1982年生まれ)

アルコールタバコラーメンカレーニンニク辛いものクセのあるもの猫ロック女映画ミュージック読書AVダイヴィング海外旅行好き。交通課甘いもの満員電車仕事ヒップホップ咀嚼音強い香水嫌い。RDB12年290杯、13/370杯、14/385杯(ユーザランキング最高6位/年末7位)、15/271杯、16/172杯、17/131杯。CurryDB15年/142杯、16/256杯、17/159杯。

平均点 78.013点
最終レビュー日 2019年6月16日
1,888 1,384 0 4,427
レビュー 店舗 スキ いいね

「TARO豚入り+うずら(5個)+岩下のピリ辛らっきょう」@ラーメン二郎 栃木街道店の写真ラーメン豚入り850円+TARO(TSUKEMEN AJI RAMEN JIROの頭文字)現金100円+うずら券売機100円+らっきょう現金100円。
2015.03.14(土)、14:50。外14人待ちに接続。中にも10人待ちあり。15:25に麺切れ終了。
明日のゴルフの前に栃木の友人宅に前泊へ。せっかくなのでその前にこちらへ。

つけ麺味が気になってしまい、TAROにする。1時間弱で着席。店内は広く、家族連れ等用のテーブル席もあり。ホルモンのカレンダーや栃木県警のカレンダーなどが貼られている。
1ロット8杯。かなりロットが乱れているっぽく、席の立ちがバラバラ。麺量を聞いて先茹でをしているが、回転は悪めな気がする。
卓上には黒胡椒、一味唐辛子。 給水機の上に酢、カレー粉。レンゲ有。ティッシュ有。BGMはFM。
着席から10分ほどで提供。野菜の盛りにビビって野菜少なめ、ニンニク、アブラで注文。

野菜を少なめにしたためか、盛りが美しくなくてちょっと残念。美しさを二郎に求める時点で間違っているかもしれないが(笑)。らっきょうは別皿だが乗せてみた。うずらも埋没していたが、引っ張り出して写真を撮ってからスープをいただく。

二郎豚骨醤油に胡麻ラー油と酢。
豚の効きはほどほど。醤油も強くない。そこに胡麻ラー油の風味と酢の酸味が溶け込んでいる全体の味イメージ。
デフォスープと同じであろうと思われる甘みはあり。
黒ゴマが少し浮いている。ラー油はピリ辛弱でほとんど辛さなし。ゴマ風味は強くはないが、香ばしさは程よく漂っている。
酢の酸味も強くなく控えめながら、全体的にそれとわかるくらいに広がっている。
スープがぬるいが、麺が熱々なのでギリギリセーフ。熱い方が間違いなくうまいと思う。
ニンニクは中粒微塵。熱が入らないため辛めのニンニクが直接きていつもの鉄板相乗効果はイマイチ。
脂は大きめのホワホワで、風味があってうまい。

平打ち太縮れ麺。
低加水で硬さは芯の残っていない普通くらい。
コシっぽさがあり、食感いい。啜り心地もよく、小麦風味ばっちりでうまい。
麺量は普通から少し多いくらいで、二郎にしては少ない。

栃木のブランド豚、郡司豚を使用とのことで滅多に頼まない豚入りにしてみた。
半分ほどはプリトロの絶品豚。残りはミシミシ硬めのハズレ。味付けもちょうどいいのから薄いのまでで、正直イマイチ。下ブレなのかもしれないが、2枚でよかった。
モヤシはシャキシャキ、キャベツ率も高めでうまい。少なめでもけっこう量がある。
ウズラはスープのいろんなところに潜んでいる。味が染みておらずイマイチ。
らっきょうは7コ。実は嫌いなのだが[ピリ辛]&二郎のスープと一緒なら意外といけるかも、と思って頼んでみた。しかしながら、ピリ辛は感じず、そのまんまのラッキョウ味。スープとも絡まず。久しぶりに食べて、あぁ、らっきょうってこんな味だったな。やはり嫌いだ。ということで4コまでしか食べられなかった。

ほのかに漂う香ばしさと酸味で食べやすさはあるが、飽きが早い。
中盤に一味をドバッと投入。あまり辛くない一味なのか、充分な辛みは出ず。

らっきょう3コを残して麺と具を完食。
TARO故なのだろうか、豚と醤油が少し弱いのと、ぬるいのとでイマイチ満足できず。
変わり種を食べられてよかったが、評判のいいデフォのスープのほうが美味しそうだと思ってしまった。

関東圏制覇まで、残すは茨城のみとなった。が、茨城に行く予定はそうそうないだろうと思われる。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件