なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

no

男性 - 東京都 (1982年生まれ)

アルコールタバコラーメンカレーニンニク辛いものクセのあるもの猫ロック女映画ミュージック読書AVダイヴィング海外旅行好き。交通課甘いもの満員電車仕事ヒップホップ咀嚼音強い香水嫌い。RDB12年290杯、13/370杯、14/385杯(ユーザランキング最高6位/年末7位)、15/271杯、16/172杯、17/131杯。CurryDB15年/142杯、16/256杯、17/159杯。

平均点 78.011点
最終レビュー日 2019年5月25日
1,879 1,378 0 4,403
レビュー 店舗 スキ いいね

「辛い海老そば」@えびそば えび助 TOKYOの写真800円。2019.05.20(月)、19:30頃訪問。先客5人、後客3人。平日サービス? 今日は麺大盛無料とのことだが、並でお願いする。卓上には一味、粗挽き黒胡椒。入口近くに、つけ麺用割りスープ、海老ラージャン、高菜漬、柚子コショウ、酢、辣油、醤油。

あっさり系海老そばと迷ったのだが、「創作系/エビと相性が良い具材を日々研修した一品」とあるコチラにした。メニュー写真からは辛さ要素は感じられず、興味が惹かれたのだが。。
さほど待たずに配膳。あぁ、、全然メニュー写真と違うわ。あの写真なんなの?(*メニュー写真参照w)

ベースは海老出汁×鶏ガラスープのあっさり系海老そばだろうか。
スープから海老の香りは漂うが、上に乗っている桜エビからっぽい。

スープはシャープでしっかりとした辛さが前に出ている。
唐辛子粉がしっかり多く入っていて、やや支配的。
唐辛子の風味は適度にいい感じに。辛い品種だと思われる。啜ると喉にきがち。

スープ自体の海老出汁は上品。悪く言うと正直弱い。
辛さに完全に負けている。桜エビで補強されてギリギリ海老風味が少し立っているくらい。
ベースの鶏もかなりあっさり。コクは薄め。
醤油ダレも入っていそうだが、塩気は強くなく、醤油の存在感は薄め。

断面楕円の中細ストレート麺。
加水高めで、小麦風味弱め。
硬さは普通。啜り心地いいが、噎せる可能性あり。
スープは付いてくるが、スープ弱め。
麺量は若干少なめ。

チャーシューの上の辛いペーストっぽいやつを溶かす。
粗挽きトウガラシ(富士食品)系。海老は入っていないかも。
にんにく風味少しに唐辛子等。スープに散っている唐辛子の方が少し辛い。
ベーススープが弱いので味プラスにいい。
入口近く調味料の海老ラージャンも試してみたが、こちらの方も強くないが海老風味が少しあって面白い。説明書きの山椒風味は全く感じず。

チャーシュー普通。メンマ普通好みでなし。
桜海老はそこまで量はないが、風味はメイン級。
白ネギは合うが、スープ弱いとネギもなにも。。

高菜漬は辛くないタイプ。
ラーメンの具として機能する。野菜要素的利用アリ。
麺と具を完食。割と辛めで意外と汗をかいた。
店頭、店内ともに海老の品種ポスター有り。ロブスターとか伊勢海老とか。しかし何海老を使っているのかはどこにも書いていないという。海老推しにしてはエビが弱すぎる。
点数はCP込み。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ネギラーメン」@ラーメンショップ椿 稲城店の写真770円。2019.05.18(土)、17:40訪問。先客1人、後客1人。卓上にはおろしニンニク、ラージャン(固有)、粗挽胡椒。入口近くに髪留めゴムとティッシュあり。

HPかなり概略↓
家系発祥以前の豚骨醤油。店主も製法を知らない門外不出「しょうゆだれ」
「豚骨」「和風だし/昆布とカツオ節」A脂と呼ばれる背脂。
「低加水麺」無添加・加水30%の旨味。「ネギ」一部では中華料理高級食材とか魔法の粉とか言われている絶対に真似の出来ない味付け。

平ため広めの丼での提供。
少し清湯っぽさもある豚骨スープ。
がっつり濃い豚骨じゃないが、ベースにしっかり効いていて旨い。
醤油はやや控えめ。塩気は適度。
オイルは表面にある程度。キレイな背脂がチラホラ。
和風出汁効果もあるのだろうか、少しあっさり上品っぽい雰囲気もありつつ、ちゃんと豚骨醤油している。

中細ほぼストレート麺。
低加水とあるが、あまりそう感じないかも。
小麦風味は普通にあり。硬さは普通。
伸びるの早めで少し柔めに。
カット少し長めだが、啜り心地いい。
丼に口を近づけて横に啜ると、スープ絡みアップ。
麺量は普通にあり。

ザックリ白髪ネギは少し辛味が残っているものも。ゴマ油風味と薄めに醤油系味。
スープに浸すと辛みは消えて、少し甘みも。合う。
ネギの合間に刻みチャーシューがチラホラと。地味に旨い。
味玉ハーフはけっこう甘めの醤油系。ぬぬ。
海苔はスープに溶けやすいタイプで良く合う。
ほうれん草も鉄板。

中盤におろしニンニク投入。間違いなし。
後半にラージャン投入で少し辛めにして完食完飲。
さつまっ子訪問の方が多く、椿はほぼないのだが、コレも旨い。
車持ってないので行きにくいところが多いのが難点だが、ラーメンショップ好き。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌ラーメン」@ラーメン ドラゴンボールの写真単品750円(味噌ラーメンセット1050円)。2019.05.17(金)、24:50頃訪問。先客2組5人、後客なし。立川で呑んで油断、久々? 土曜出勤なのに寝過ごしたorz 初めて降りる稲城長沼駅。駅前に何もない。ラーメンマップを開くと少し気になっていたドラゴンボールが。来てみた。鳥山明要素はなし。
入口近くに陣取ったが、やや店内カビ臭い。卓上には醤油、酢、辣油、一味、七味、黒胡椒。
チャーハン↓
https://chahandb.supleks.jp/review/1235156.html

実はトンコツ注文だったのだが、出てきたのは味噌だったw
味噌豚骨の意なのだろうか。んなこたないか。
トンコツベースはしっかりしている。化調はバサっとけっこう入っていた。
味噌は普通に味噌を溶かしていた。濃厚ではないが、ちゃんと味噌感は出ている。
塩気はちょうどいい。無難に旨い。

断面長方形の中細ウェーブ麺。
少し柔らかく、緩め。
チャーハン調理で麺が少し茹で長くなった感じもする。。
加水少し高めだが、小麦風味はあり。
啜り心地、スープ絡みOK。麺量は普通。

具がけっこうしっかり。
しっとりチャーシューはちょっとくたびれている感じがするが、普通にちゃんと旨い。
キャベツ多め。キャベツいい感じ。
もやし、メンマ、ほうれん草、海苔、白ネギ小口。

チャーハンも頼んだので少しだけ麺を残してしまった。
親父さん、壁に寄りかかって寝てたw

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「両国名物 東京 醤油ラーメン」@お食事処 雷電の写真850円。2019.05.15(水/振休)、16:00過ぎ。平幕から2階席3列目で5月場所の取組を呑みながら。鶴竜土俵入り後にコチラへ。さすがに空いていて、先客2組4人。幕内が始まるが、ビールで乾杯しながら、取組をTVで観ながら少しゆったりと。生で見るのはすごくいいが、TVのほうが細かいところがやはり観られる。

キレイな油層のある清湯醤油スープ。
鶏ガラメイン、香味野菜がベースだと思われる。
嫌味のない鰹ダシがしっかり程よく効いている。
塩気は適度。後半ちょっとだけオイリーだが問題なし。

断面角の中細縮れ麺。
加水中くらいで、少し硬め。小麦風味普通にあり。
啜り心地、スープ持ち上げ問題なし。
麺量は普通にあり。

具材は業務用感があるが、それぞれ悪くなし。
白ネギ小口はマシン切りっぽいのが多めに入っていていい。
ほうれん草間違いなし。味玉も半熟で味付け程よし。
メンマはかなり太い。ツマミにいいが味は普通。
チャーシューも普通に旨い。白ネギは微塵も浮いている。

食堂系ラーメンのしっかり旨いバージョンくらいではあるが、国技館で相撲を観ながら(TVだが)食べると、またひと味違う。フライドチキン550円、国技館名物焼鳥5本650円等のなか、店内での850円は安め。
点数は雰囲気加点あり。
しばらく相撲を観ていなかったが、やはりいい。ファンになるかはわからないが、炎鵬に注目。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ミニラーメン」@横浜家系 麺屋はやぶさの写真570円。2019.05.14(火)、20:30頃訪問。先客1人、後客1人。餃子会館丸山にて旨い餃子を食べたあと、餃子連食をしようとしたが、満席にて屋台村に戻ってコチラへ。店の外にたまにいい豚骨臭がしている。
卓上にはジャスミン茶、おろし生姜、唐辛子系ペースト(粗挽きトウガラシ?)、刻みニンニク、胡椒ミル、胡麻ミル、酢、一味。
硬さ/油量/濃さは普通で。チャーシューは肩ロースかバラの選択制。ロースで。

豚骨醤油スープ。油層あり。丼からいい(臭い)薫りが。
スープを飲むと、臭みは思ったりは感じないが、たまにふんわりと出てくる。いい。
豚骨しっかりに、醤油もデフォでやや強め。若干しょっぱめ。

断面長方形の中太ほぼストレート麺。
加水高め、小麦感普通にあり。デフォでも少し芯のある硬め。
カットはかなり短い。ツルッと啜って終わる。
ミニは100円引きだがすごく少ない。
100gくらい? 呑みの〆仕様だろう。並で良かったかも。

ロースは大きめ1枚。ミシミシだが、豚肉味しっかりで旨い。
海苔は大3枚と多め。スープにバッチリ合う。
ほうれん草もちゃんと量あり。鉄板。
ネギ小口は少なめ。

おろしニンニク追加。コチラも鉄板。
ここで気付くが、スープ、家系のなかでもイレブンフーズに似ている気が。
おろし生姜、唐辛子のやつ、酢と段階的に入れて完飲。

思わぬところで臭さのある旨い家系。
呑みの〆にまた来ると思われる。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
80

「超濃厚トンコツラーメン」@麺匠 克味の写真850円。2019.05.09(木)、19:40前訪問。先客2組6人、後客3人。卓上には醤油、酢、辣油、おろしニンニク、黒胡椒ミル。

「テレビ番組で日本一濃厚なラーメンに認定されたお店」とある。なんとも曖昧なw
「フレッシュ国産生豚骨豚肉100%冷凍豚骨不使用。60Lのスープに140キロ~略」

スープは濃厚。ドロドロザラザラ。
ホロホロの骨カスが丼の底に。
豚の味わいは骨味が目立つが、ガッツリ豚感あり。
臭みはなし(あったほうが好きだが)。
醤油系タレも濃い。スープだけだとしょっぱいくらい。
ニンニク風味デフォで軽く。背脂少し。
豚100%とあるが、香味野菜、ニンニクは入っていそう。

断面長方形の太ほぼストレート麺。
加水高め、やや硬めで芯少しあり。
小麦風味あり。ドロドロスープはよく絡む。
麺量は普通。

チャーシューは豚味あり、醤油系濃いめの味付け。アリ。
穂先メンマも濃い味。ピリ辛の味付けがいい感じ。
キクラゲ大きめひとつ。
玉葱粗微塵、青ネギ小口は少なくはないが、スープが濃いので存在感薄め。もう少しあったほうがアクセントになりそう。

終盤におろしニンニクを少し追加で、完食完飲。
あまり期待をしていなかったのだが、がっつり豚骨で旨かった。
さらに濃厚らしい「MAXトンコツチョモランマ」も気になるが、濃すぎそう。1500円っていうのもちょっと気が引ける。もしかしたらその内試してみるかも知れない。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「ベジタブルラーメン」@Seattle Ramen Standの写真850円。2019.05.07(火)、19:30頃訪問。先客4組5人、後客2人。卓上には、拉麺胡椒、醤油、酢、刻みニンニク、台湾辛子。BGMは洋楽。

「シアトルから逆輸入」「豚や鶏不使用、大量の玉葱と野菜をじっくり煮込んだスープ」「名古屋の製麺所に特注の麺」

モロにオニオンスープではないが、熟成玉葱っぽさは少しある。
醤油ダレでラーメンっぽくしている感じ。
野菜からだろうか。果物も使っている? 甘さあり。
味の抜けはないが、みたらし団子を少し彷彿とさせる、甘醤油味でコクを保っている感じ。

断面長方形の中細ウェーブ麺。
透明度あり。小麦粉だけじゃなく米粉とかも入っているとか?
加水高め、小麦風味弱め。少し柔らかめ。
欧米人の好みに合わせているのだろうか?
日本のラーメンっぽい麺ではない。
麺量はやや少なめ。

糸唐辛子は飾り。
さつま揚げは合うような合わないような。
大きめだが、特に好きでもないので大きくなくてもいい。
太めメンマ3本。少し硬め。味普通。
味玉ハーフは完熟寄りの半熟。味弱い。
もやしはアリ。オクラも合う。豆苗が一番合うか。

やはりラーメンスープとしては弱いか。
甘いのも苦手なので、中盤に卓上の台湾辛子を。辛めで合う。
ニンニクも少し投入してサクッと完食。
ラーメン初心者の欧米人に受け入れられやすそうではあるが、ラーメン好きには微妙なテイストかなぁ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
80

「ラーメン(200g)」@鷹の目 蒲田店の写真750円。2019.05.03(金/祝)、11:00開店ちょうどに着。8人目。チラホラと12人入って落ち着いた。麺量200gで注文。ロット6杯での提供。卓上には黒胡椒、一味、醤油ダレ、酢。
千里眼、毎年冷やし中華を食べているが、実はデフォ未食のため、今回が千里眼系のラーメン初食。
野菜少なめ、ニンニク・アブラ・辛揚げ別皿で。

白湯豚醤油スープ。
粘度少しあり、ちょいドロ。甘みはなく、二郎とはタイプの違う味わい。
骨粉だろうか、粉っぽさを感じる。豚肉出汁より骨の味が前に出ている。
カネシ醤油は序盤は適度だったが、後半少ししょっぱく感じてきた。
ニンニク鉄板。ニンニクが入ってスープが完成する。

太平打ちウェーブ麺。
デフォで硬め。低加水で小麦風味あり。
ギリギリ啜れる。スープはあまり染みていない。
スープ絡みはいいので、小麦風味とスープの相乗効果はあり。
麺量は200gで自分にはちょうどいい。

豚は厚みのある大きめが1枚。
脂がいい感じに入っていてプリプリ。少し硬めの高弾力で旨い。
野菜はほぼモヤシ。浅茹でシャキシャキ。
アブラは固形。甘み少し。けっこう入る。ナシでもよかったかも。
辛揚げはサクサク。
適度な唐辛子の辛みで、食感ともにいいアクセントになる。

サクッと腹九分で完食。
初のデフォラーメン。旨いが、スープは二郎の方が好み(蒲田除く)。
帰り際の11:30、待ちなし。冷やし中華提供まであまり混まないといいな~。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「木曜の覆麺ラーメン」@覆麺 智の写真880円。2019.05.02(木/祝)、13:00前訪問。限定冷やしの後にコチラを。
卓上には白胡椒、黒胡椒、一味。デフォの麺量200gにつき、冷やしもコチラも麺少なめで。
会員カード無料トッピングは生玉子でお願いした。

「デフォルト 6代目 阿波尾鶏 豚肉40kg 牛骨 野菜 乾物 日本酒 醤油or塩😃」

清湯鶏豚醤油スープ。
鶏/豚からの厚みのある出汁がしっかりと。
牛骨は鶏豚に押されてわからない。あるとないとでは違いそうだが。
魚介感はなし。乾物は貝や昆布等旨み系のだと思われる。
清湯で意外とあっさりながら、抜けのない味わいに寄与しているのだろう。
醤油は強くなし。ちょうどいい。もっと強くてもいいくらい。

サッポロ麺フーズ麺箱。
黄色い中細ほぼストレート麺。やっぱりこの麺好き。
デフォで硬め。加水少し低めで、小麦風味あり。
啜り心地いい。スープとの相性もバッチシ。
麺量は150gくらいか。
冷やしは量が多そうだったが、こっちはデフォ量でもいけたかも。

スライサーの柔らかチャーシュー2枚。旨い。
白ネギスライス、フライドオニオン(エシャロット?)もばっちり合う。
メンマは普通。

後半少し醤油が前にでて少ししょっぱめに。
もっと序盤に混ぜれば良かったかも。しかししょっぱめに生玉子がうまく合う。
こちらも汁完。

南武線のみのクラップ定期になってしまったので、こっちのほうになかなか来られなくなってしまったが、一条流がんこラーメン 総本家同様、コチラもやはり定期的に食べたくなる。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 6件

「渡り蟹冷やしまぜそば」@覆麺 智の写真【限定】2019冷し2杯目。900円+帆立貝柱ソース100円。2019.05.02(木/祝)、13:00前。クリムト展@上野の後、コチラへ。タイミング良く待ち1人。卓上には白胡椒、黒胡椒、一味。
冷やしを食べたことがなく狙っていたが、デフォもやはり食べたい。2杯可能とのことで両方頼んだが、デフォの麺量は200g。先客のしっかり麺量にビビって麺は両方とも少なめでお願いした。
冷やしから配膳。会員カード無料トッピングは青唐辛子を。

「渡り蟹冷やしまぜそば😆 牡蠣ジュレ付き! さらさらタイプ(食べやすい😉 味変したい方には貝柱と蟹身でdip❗️ 一杯100円😁」

蟹風味のしっかりと出た餡状のドロっとしたスープ。
まさに「食べる出汁」。旨い。
少しシャーベット状も混ざっていてしっかり冷たい。
牡蠣ジュレは思ったより牡蠣の風味は強くなく上品。
自分のあまり好きでない焼き牡蠣風味がないのでちょうどいい。
全体に混ぜると蟹が勝つが、ジュレが口に入るとふんわりと風味が。
帆立貝柱ソースはしっかりホタテ味。
局所的に楽しんだあと、全体に混ざっても、たまに顔を出して面白い。

いつもと違う、太めの平打ちウェーブ麺。
しっかり水締めで硬め。ギュムギュムと噛みごたえのある食感。
加水高め、小麦風味は普通。
スープはしっかりと絡む。啜り心地もいい。
麺量は少なめで150gちょいくらいか。

スライサーカットのチャーシュー。肉味旨い。
フライドオニオン(エシャロット?)、サクサク食感、風味。水菜のシャキシャキも良く合って楽しい。
メンマは普通。海苔は良く合う。

後半にレモンをしぼって、爽やか酸味がちょい追加される。
残り少しになったところで、店主より白トリュフオイルと出汁が追加される。
冷たさはまだ残しつつ、トリュフのいい香りが入って、また楽しめる。
最強の味変。旨い。サラッと完飲。
今年の冷やし序盤でハイレベルな1杯を食べてしまった。

投稿(更新) | コメント (1) | このお店へのレビュー: 6件