なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

1000杯くん

男性

1000杯食べても味がわからないってつらいですよね。私もそう。でも、頑張ってレビューします。

平均点 69.400点
最終レビュー日 2016年12月29日
35 34 0 32
レビュー 店舗 スキ いいね

「醤油煮干そば(細麺) 690円」@NOODLE STOCK 鶴おかの写真お久しぶりです。1000杯くんです。

なんと、平均85点&77点未満の評価なし!
という驚異の新店が、あの森尾由美の実家近くにあるから行け。
と、先輩から指令を受けての訪問です。
先輩は20年近く前、近所のスイミングスクールで、
森尾由美さんをお見かけしたことがあるそうです。
私から見れば・・熟なんで興味ないっす・・とは言えません。

平日の昼過ぎ、店内は8割の入り。
券売機で購入した食券は、当サイトでトップ表示の「醤油煮干し」(690円)

油の浮くスープは動物系と煮干しのバランスを取っていますね。
狂煮干し、いや、強煮干しを求めると物足りないかもしれませんが、飲みやすいかな。
ただ、塩分やや強めなのが気になります。

麺は中細ストレート。
やや硬めの茹で加減で、サクっと噛み切れる食感は好きです。
スープとの相性はまずまず。
店頭には「三河屋製麺」の箱が積んでありましたね。
その上に灰皿が置いてあったのはいただけませんが。

具はチャーシュー種類、穂先メンマ、海苔、玉ねぎ、あさつき、ですかね。
穂先メンマは甘くて味付け良好。
刻まれた玉ねぎは、一瞬ですがスープの雰囲気を変えてくれます。
チャーシューはロースとバラ。なるほどムムムのシュージューでございます。

スープの最後のほうで、最近流行の柚子が出てきますが、これは好みが分かれるかな。

ごちそうさま。

私は72点としましたが、これは好みと採点基準の問題。
ほかの人、ほかのメニューなら違う評価になるでしょうね。
だからラーメンデータベースなのよねんのねんのねん。

今度はつけそばにしてみます。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「純煮干ソバ(680円)」@煮干中華ソバ イチカワの写真「煮干100%スープ・油なし・マニア向け」
これが券売機に書かれた説明書きだ。

スープは淵に泡が立つ、ストレート煮干。
マニア向けといっても、決してキツくは感じない。
心地よい煮干の味が口内に広がる。
油なしというところが物足りなさを感じるが、油なしと書かれているのだから
ここは突っ込みどころにならない。
むしろ、油なしでこの重みあるスープ、と思うべきだろうか。

麺は細麺ストレート。
固めの湯で加減で、スルスル、プツンが心地よく美味しい。
まさにソバ。
煮干のスープに薬味のネギも効いて、まさにソバだ。

具はチャーシュー、メンマ、ネギとシンプル。
唯一動物系といえるチャーシューだけあってか、大きめのものが一枚添えられている。
香りが良くて柔らかく、これは美味しい。
チャーシューは炙り、手間をかけてあるからこそ煮干との対比が際立ち、より美味しく感じるのかもしれない。
ネギの清涼感もまた、いいね。

最後は丼を持ち上げてスープまで完飲。
ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「醤油ラーメン(630円)」@豆でっぽうの写真先輩が隣で、何やらスマホをいじっている。
どうやら、お客のところへ行く途中で寄るラーメン屋を探しているようだ。
人にはどこへ行けと指示する割に、自分の行く店を選ぶのは直前まで悩むらしい。
優柔不断なO型だな、と心の中で笑う。
決まりましたか?行ったことのない店なんですね?
その後、右だ左だと指示されたとおりに抜け道を走ると、
落ち着いた雰囲気のラーメン屋が見えてきた。

1時前という時間であったが店内満席。
入り口前には5人ほど先客が並んでいた。
店内には空席も見えたが、次から次へと店内へ入れるのではなく、
グループ客などの人数や希望に合わせて順番を考慮して入れているようだ。
15分ほどで店内へ入ると、そこは広くて余裕がある、落ち着いた空間だった。
やや暗めの照明だが、ラーメンの美味しさが視覚的な面で損なわれるほどではなさそうだ。
写真撮影という、ヲタな行為にはやや障害となるのだが(笑)
カウンター席も広めで、隣の客と肩が触れ合うこともない。
“背後霊”のような店内待ちの客の鼻息を感じることもない。
たとえ少々暑くても、たとえ少々寒くても、外で待ち、この空間でラーメンを食べる方がいい。
幸せになれる。

自分は醤油ラーメンを注文した。
知らない店なら、まずはデフォ。そう言っていた先輩は担々麺かよ。また心の中で笑ってしまった。
5分ほどで高台へ丼が置かれる。
手元に引き寄せてみたが、いい面構えだ。
優しげなスープに沈む麺、その上にはチャーシュー、メンマ、青菜、味玉、そしてネギや
糸唐辛子が浮かんでいる。
レンゲでスープを飲む。
甘味のある醤油ダレの効いたスープはシンプルだが、豚骨と鶏ガラの旨みが感じられる。
塩気も程よく、物足りなさは感じない。
懐かしいとさえ思える味、これぞ醤油ラーメンと言えるのではないか。
麺は自家製らしい。
中細で少しばかり捻じれがある麺は、少しだけ透き通りそうに見える。
茹で加減は絶妙。
これより硬ければポソっとし過ぎだろうし、軟らかければプヨプヨになる。
これをアルデンテというのかどうかはわからないが、そう一言で片付けてみたい気持ちはわかる。
具のなかでは、チャーシューと味玉の出来がいい。
チャーシューは軟らかく、脂身の割合も程よく、スープに旨みが染み出す。
味玉は半分だが、この黄身のとろけ具合は好みだ。
メンマや青菜、ネギは動物系の味を引き立たせるよい具材だ。

ボリュームはさほど多くないので、物足りなそうなら大盛(100円)にするか、ライス(100円)をつければいいだろう。
半ライス(50円)という選択肢があるのも嬉しいところ。
ごちそうさま。
店内の居心地の良さや接客も、感じる美味しさに影響すると思う。
その辺も加味して表記点数。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「Bセット(ラーメン+半カレー +ミニ春巻) 800円」@天心楼の写真流山街道を走っているとちょうど昼時。
そこに現れたのが「ラーメン」のノボリ。
店の前にある大きな駐車場には結構多くの車が停まっています。
地元で長くやっていそうな中華屋さんということで入ってみました。
広い店内は8割ほどの入りとなかなか忙しそう。
メニュー単品からセットものまで多彩。
お得そうに見えた表記セットを注文。
出てくるまで7分ほどかかりましたかね。

アブラに覆われたスープは、意外にも魚粉を効かせたと思われる味。
中華料理店だけにもっと昔ながらの中華そばみたいなものかと思ったんですけどね。
でも、ちょっと頼りすぎかな。
麺はやや透明感のある中細の中華麺ですが、コシはしっかりしており、まずまずのもの。
もちろん専門店には敵わないだろうけど、工夫されたラーメンとみましたね。
具はチャーシュー、カワメ、ナルトにネギ。
単品だと500円ですから、こんなもんかな。
セットにしたので半カレーライスと春巻きが二本つきます。
どちらも手抜きのない味で、いいじゃないですか。
といっても、これは点数に入れちゃダメですね。
まあ、ボリューム的には十分満たされましたぜ。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン(600円)」@佐野ラーメン 飛龍の写真夜しか営業していないラーメン店だが、夜泣きそばでもなければ、
背脂チャッチャのこってりらーめんでもない。
そう、立派な佐野ラーメンの店だ。
土曜日で深夜0時くらいだったと思うが、この日も良い気分のグループ客で賑わっていた。
食べたのはラーメン。
上品な醤油味のスープだが、味はしっかり。酔っていてもわかりやすい。
しかし後味がよい。
健康的な〆ラーメンという気にさえなる。
麺は縮れた手打ち麺。硬めに茹でられていて、美味しい。好みだ。
具はチャーシューが2枚、ほうれん草、メンマ、ネギ、ナルト。
どれも美味しい。スープに合う。
ばりきやのよな系統のラーメンもいいが、こういう佐野ラーメンで〆られる
ご近所の方をうらやましく思う呑み助な私である。
今度は「なるとラーメン黒=真夜中の黒王」を食べてみよう。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「和風ラーメン(250円)+ミニカツ煮丼(300円)」@どんぐりころころの写真仕事で近所へ行った時、昼食を食べに訪問しました。
平日の昼でしたが、自分と同じような作業服姿のお客が多く、賑わっていました。

注文したのは平日ランチタイム限定のセットメニュー。
通常550円の「和風ラーメン」が250円で提供されるのです。
それと、数種類あるミニ丼から「ミニかつ煮丼」(300円)をお願いしました。

20分くらいでラーメンの到着。
丼は小さくなく、ボリュームに不満はありません。
アブラの球が浮かぶスープはあっさり鶏ガラ醤油味。

麺はやや縮れた細く角張った麺。
茹で加減は少々ヤワ。

具はほうれん草、チャーシュー、そして細切りの昆布。
“和風”を演出するのは昆布かしら。
ラーメンを見ていないので、違いがわかりませんがw
チャーシューは小さいね。
550円だったら不満の残る内容かな。
でも250円なら納得。

サイドとしてつけたミニカツ煮丼ですが、
詳しく書かなくてもいいかな。
写真でわかるような印象といってでしょう。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件