なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

1000杯くん

男性

1000杯食べても味がわからないってつらいですよね。私もそう。でも、頑張ってレビューします。

平均点 69.400点
最終レビュー日 2016年12月29日
35 34 0 32
レビュー 店舗 スキ いいね

「台湾塩ラーメン+中華丼(ランチセット=680円)」@四季紅 稲敷店の写真連日の稲敷作業。
この日は現場からチョイと足を伸ばしてコチラへ。
13時をとっくに回っていたが、店内はほぼ満席。
自分のあとにもグループ客多数。

セットメニューを注文して、地元の“台湾”と比較。
台湾塩らーめんは、ニラとひき肉が入ったちょいピリ辛なラーメン。
スープはサラリ。
具はほかにもやしだけ、麺もありふれた中華麺だが、セットの中華丼に合う。
中華丼はご覧の通り具沢山でボリュームたっぷり。
もちろんアツアツで急いで食べると火傷必至。
味、ボリュームともどんぶり物が主役という感じのするセットメニューだが、
これで680円なら十分満足。
よって点数は、あくまでもセットとしてのものということになる。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「とりそば(塩) 780円」@natural taste cafe analogの写真この日は仕事で群馬へ。
すると都内で仕事中の先輩から、
「昼は、群馬のおいしい塩を食べるべし」と指令あり。
どこへ行っても、店はもちろん、食べるメニューまで指定されますからね。
ペーペーはつらいっす。

13時前の訪問で先客4人ほど。
作業服の自分には似合わない、アンティークといいますか、オサレな内装の店内。
正面のカウンター席が、座れる席であることにしばし気づかず、立ち尽くしましたよ(爆)
で、言われた通り、とりそばの「塩」を注文。
しばらくすると、厨房から「チン♪」そして「ブオォォォォォ!」と炙る音が聞こえてきました。
前評判は聞いておりましたが、これで期待感マシマシですよ。
メニューには「real ramen」「no MSG」といった文字があります。
モノホンのラーメン、マヂソン・スクエア・ガーデンじゃぁないぜ、ということでしょうか。
気になってググってみると、MSGって、グルタミン酸ナトリウム、いわゆる旨み調味料のことなんですね。
そういえば、中段に無化調って書いてあるな(汗)

と、待つこと10分ほどでラーメンが運ばれてきましたよ。
なんとも落ち着いた、きれいな盛り付けじゃないですか。
とりしおが好きな方は、このビジュアルで逝っちゃうんでしょうかねw

では、スープから。
表面には、きれいなアブラが、ほらw
メニューには、“鶏本来の旨みと脂の甘みが加わり・・あご・・羅臼昆布・・帆立・・ムール貝など・・”と書いてありますが、
動物系より貝の旨みがグっときます。
そう感じさせるたせるのは、鶏やアブラとのバランスが良いからなんでしょう。
少々複雑な味ですが、はっきりとした味わいのスープであることは、繊細な舌を持たない自分には助かりますw

麺は中細ストレート。
茹で加減は、意外にも少々ヤワ目。
パツンとした感じでは無く、少しモソっとした噛み心地ですが、不満はありません。
スープとの相性もよろしいかと。

具は、チャーシューとネギ、そして三つ葉にカイワレ。
この、炙ったチャーシューが香ばしく、外がカリっと、内がホロっとで大変美味しい。
しかしこの葱、薬味然としておりこんなに合うとは思いませんでした。

スープを8割ほど飲んで完食。
ごちそうさまでした。
群馬の美味しい塩、シカといただきました。
ミッションコンプリートですね。


そこに厨房から店主さんが・・え?
この、ハタチソコソコくらいの方が店主さんなんですか!?
この人が、このラーメンを・・こりゃあ、某子供店長顔・・・(ry
もっと年季が入った方が作っているのかと思っていましたよ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで、この日はすでに味噌が完売しておりました。
後から来たお客が「味噌」というと、店員氏が「申しわけありません。味噌が切れておりまして」
お客「あら、残念」
店員氏「すみません、昨日からなぜか味噌ばかり注文が増えまして・・(アセアセ)」
みんなが一斉に味噌を食べたくなることってあるんですね~。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ランチセット(極塩らー麺+カレー丼) 750円」@麺屋 竜の写真北海道ニセコラーメン、という看板に誘われた。
暖簾には「西山製麺」の文字もあったしね。
味噌にしようかと思ったけど、店内外の掲示で勧めていると思われた「極塩らー麺」を選択。
しかしメニューを良く見ると、ランチセットというのがあって、ミニ丼がついてなんと同額ではないか。
さすがランチタイムサービス!と思ってランチセットにした。

まずはラーメンが到着。
ん?ちょっと寂しげなビジュアル。
メニューに写真がないので気がつかなかったけど、家に帰って皆さんのレビューを見てわかった。
レギュラーメニューで乗っている具のうちチャーシュー、メンマ、海苔が乗らないようだ。
どうりで同じ値段でミニ丼がつくわけだ。
これでは得したのか損したのかわからないが(笑)

で、その内容。
濁ったスープの味は、まるでタンメンのよう。塩、胡椒が強めでごまが浮いている。
普通の塩とは違い、いろいろな食材を使っているらしいが、絵の具は多くの色を混ぜると灰色になる。
麺はやや透明感のある、縮れた細麺。ちょっとプリッとした食感。
具はねぎともやし。もやしは端が黒いので怪しい印象。
スープだけではなく具も白いものばかりで寂しさは否めない。
ミニカレー丼は、やや辛口。
塩ラーメンと合わせたのはミスチョイスだったかも。

内容的には不満大きいが、ボリュームでカバーして表記点数。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「セットメニュー(台湾塩ラーメン+中華丼)   昼・680円」@四季縁 野田店の写真最近、全国各地の主にコンビニ跡地に出現してい中華資本。
ここ関宿にも、昨年この四季縁がオープンしたのだが、
「流山街道・旧関宿地区にオープンする飲食店はなかなかうまくいかない」説を覆す繁盛ぶりだ。
土曜の昼時なると、奥の座敷に客を入れるほどである。
その理由は。ちろん値段、そしてその値段を超える充実した内容のメニューにあると思う。

この日食べたのが、セットメニュー。
台湾塩ラーメンと中華丼を組み合わせて、昼だと680円だ。
ここのラーメンは正直、スープが薄くて麺がヤワということが多く、ラーメンデータベース的観点から
店舗登録をためらっていたのだが、この日食べたラーメンは、スープの味、濃さが程よく、
なにより麺が少しばかりプリっとしていた。
ひき肉の味がスープにしみ出して、なかなか美味しいじゃないか。
中華丼はご覧の通り具がたっぷり。
丼ものは全体的に少し味が濃いが、不満は無い。
アツアツで、注意しないとやけどをしてしまうくらい。
これが、下手すると3分から5分、少々混んでいても10分から15分くらいで提供されるのだから、恐れ入る。

600円の定食も、100円プラスでスープがラーメンに変更できる上、ライスはおかわり自由。
労働者だけの店、と思う無かれ。
意外と多いぞ家族連れ。
繁盛しているこの事実には、ちゃんと理由があるのだ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「塩らぁめん(700円)」@井之上屋の写真背伸びして 塩らぁめんを頼んだら・・・・味がするよと 味障のわたし



店主が変わって、わかりやすい美味しさになったと思う。

鶏の中にこうやってかつおを出してくれるのなら、大歓迎。

これだけはっきりした味と塩気なら胡椒は振らない(笑)

三河屋製麺の中細麺もいいね。スープに合う。

禅問答のような素材隠しはもうたくさん。

我々は旨いを求めている。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「タンメン(700円)」@永楽 本店の写真熊谷でさんざん飲んだ挙句に〆のラーメンというとここになるのだろうか。
10時半くらいだったけど、カウンターはほぼ満席。
私たちが帰ることには店内待ちだった。

このサイトに登録する前にラーメンを食べたことがあるけど、あの醤油の効いたスープと
ゆで卵が好みに合わなかったんで、今回はタンメンにしてみた。

細かい油の浮いたスッキリスープ。
やや味濃いめに感じるのは味覚が酔っているせいか、酔っ払い向け仕様のためなのかはわからない。
でも、ハッキリわかるスープは酔った身に心地よく沁みるね。

平打ちの中太麺は、ゆで加減ほどよく啜り心地良好。
スープに合うし、味・食感とも具との相性がよいから箸が進む。

具は炒めたキャベツ、ニンジン、キクラゲ、もやし、コマ肉など・・・だったと思う(笑)
いいね~。

美味しかったよ、ごちそうさま。

近所ある陣屋のような豚骨ラーメンもいいけど、デロデロの酔っ払いには
ラーメンも、店の雰囲気も、こちらの店のほうがよく似合うと思ってしまうのは、
自分がオヤジになったことの証かもしれないな。

余談になるけど、ビールと餃子も頼んだんだ。
餃子はニンニク効きすぎかな。翌朝がくるのが怖かったもんw

ところで、たまに「ラーメン+ビール」みたいなレビューを見かけるけど、
トッピングでラーメンの中にビールをぶち込むんじゃなければ、ビール云々は余計じゃね?なんて思ったりする。
だって、「ラーメン+からあげ」や「ラーメン+天ぷら」なんかと違って、ラーメンの姿にも味に影響与えないもんね。
あ、味覚に影響あるか(笑)

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件