なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

1000杯くん

男性

1000杯食べても味がわからないってつらいですよね。私もそう。でも、頑張ってレビューします。

平均点 69.400点
最終レビュー日 2016年12月29日
35 34 0 32
レビュー 店舗 スキ いいね

「とんこつ黒(こってり) 690円」@火の国 文龍 菊陽バイパス店の写真1000杯くんです。

飲んだ後、ホテルの近くを散策していたら
「熊本で最強のこってりラーメン」
「俺はこのラーメンしか作れない」
と、ハートに響く文言の看板を見つけたので吸い込まれましたよ。

平日19時くらいでしたが駐車場はほぼ満車、店内はほぼ満席。
家系的元気な店員さんに迎えられました。
入って右手にある券売機で食券を買おうとすると、
元気な店員さんが背後から近づき歌舞伎町のキャッチのように
「餃子は注文されますか?」ドキッ
丁重に辞退すると、「餃子なしです!」と厨房へ通します。
どこかで聞いたことのある方式ですね。

カウンター席へ座り、」食べ放題の高菜をつまんでいるとラーメンが運ばれてきました。
背脂で、具が見えません。
最強を謳うだけのビジュアルで、ワクワクしますね。

熱々のスープは粘度のある豚骨、そして背脂。
臭みはなく、クリーミーな感じもあって飲みやすく旨い。
蓮華に乗ってくる辛味は別皿か丼の淵のほうが味変できていいかなあ。
しかしこりゃ、飲んだ後には最高たい。

麵は中細、やや硬め。
モッチリとザク感が合わさり、これまた旨い。
ダイエット中なので、替玉は自粛なければならなかったのが残念。

具はネギとチャーシュー、キクラゲだったかな。
スープと麺の旨さに、存在感が薄くなりそうですが
どれも、背脂とスープにまみれて麺に絡んで、ラーメンを旨くしてくれます。
蓮華と箸が止まりません。

最強のコッテリといっても、スープが背脂というほどではなく
バランスがいいので、美味しく完飲できちゃいましたよ。

ごちそうさま。

今回の熊本出張では、ラーメンはこれ一杯だけでしたが、
これを食べてよかった、と思えるラーメンでした。
次回は餃子も食べて、替玉します。
四桁ラーメンも増えて高級化が進む中、これで690円というのもいいですね。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

「ラーメン(680円) ※麺=バリカタ」@博多長浜ラーメン フクフクの写真飲んだ後の〆に訪問。
ヌルヌルの床をツィ~と滑りながら(ウソ)、テーブル席へ。

5分かかったかどうかはよく覚えていないが、とにかくラーメンが到着。

スープはまさに豚クサ。しかしスープの粘度以上に豚濃厚。
臭さを上回る幸福感。うん、これは旨い。
麺は極細ストレート。
自分の思う通りのバリカタで出てきたのがうれしい。
この、ネットリした食感は大好きだ。
具はコリコリとしたキクラゲ、やわらかチャーシュー、海苔、そしてネギ。
どいつもこいつもスープに合うし、麺に合う。
替え玉をもらいたいところだったけど、腹具合を考えて自粛。
そのかわり、残るスープを丼かかえて飲み干して、ごちそうさま。

ここへ来たのはこれで3度目。
最初は店内の豚臭さに最初は驚いたけど、
このラーメンを食べられる故のものと思えばノープロブレム。
というよりも、この臭いを求めてしまう自分がいるのだ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「長浜豚骨チャーシューメン(950円) ※麺=バリカタ」@ハングリードラゴンの写真越谷に新店ができたと聞いて、平日の夜に訪問。
店の入り口には、「化学調味料は使用していない」旨の貼り紙あり。
スタッフは、黄色いタオルを巻いた年配のご主人?と若い男性の二人。

メニューを見て、一番右に書いてあった「長浜豚骨らーめん」に
チャーシューを加えた「長浜豚骨チャーシューメン」を注文。
麺の硬さについて好みを聞かれたので「バリカタ」でお願いした。
提供までは4-5分だっただろうか。

スープへレンゲを差し込むと、かなりのトロミを感じる。
さらにこのブタクサさ、何をどれくらい煮出しているのだろうか。
しかし問題は温度。残念ながら、ヌルい。
もしかしたら、アツアツならこのコッテリ感が旨いと思えるのかもしれないが、
ヌルいので胃に堪える。

麺はやや半透明感のあるストレート。
夜の訪問なので光の加減があるかもしれないが、白い肌ではなかったように思う。
かんすい臭さは程よい感じ。
バリカタだと粉感までは出ない。
地元草加の富士製麺の麺箱が置いてあった。

チャーシューはトロトロ。
厚くて一瞬角煮を思わせるが、脂身が多いので、これも胃に重い。
あとの具は、海苔、ネギ、キクラゲ、玉子。
玉子はほぼ茹であがったもの。味付けは薄め・・に思うのは、スープとの対比によるのかも(笑)
コリコリしたキクラゲはコッテリスープとコッテリチャーシューのなかで、よい箸休め。

麺と具は完食。スープが上述の通りなので、替玉はせずにごちそうさま。

食べ手を選びそうな、いや、選ぶに違いないラーメンだと思う。
少なくとも、この長浜豚骨、そしてこのチャーシューは、アブラっぽいのが苦手な人には無理じゃないだろうか。
アツアツだと全ての印象が違ったかな?
期待も込めて表記点数。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件