なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

1000杯くん

男性

1000杯食べても味がわからないってつらいですよね。私もそう。でも、頑張ってレビューします。

平均点 69.400点
最終レビュー日 2016年12月29日
35 34 0 32
レビュー 店舗 スキ いいね

「ネギ塩ラーメン(750円)」@ラーメンショップ 野田店の写真鬼の居ぬ間にラーメンショップ。
お昼どきに行ってみましたが、
トラッカーや現場系、営業系の方などで繁盛していますね。

注文したのはネギラーメンの塩。
ボクは先輩たちと違ってさほどアブラに思い入れがありません。
だもんで、「すべて普通」で注文。
ま、好みの有無は聞かれなかったんですけど(笑)

5分少々で出来上がり。

スープは豚クサくない。
鶏や香味野菜のバランスが良く飲みやすいともいえるけど、物足りないかな。
見た目だと醤油より少々薄い程度だけど、それとは違ってタレが効いていないし
背脂も少ないので、そう感じたのかもしれませんな。

硬さ指定をしなかった麺は、ちょいヤワ目。
もう少し、いや、もっと硬めのほうが、好き。

ネギはごま油などで和えたやつ。
味が濃くて美味しいけど、200円プラスという値段を考えると、ボリューム面は不満。
あとは海苔が2枚とコーン。これは特筆なし。

ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「みそラーメン(700)+ライス(100)」@明心角ふじの写真11月下旬 平日 12:30
先客2 後客2

注文したのは味噌ラーメンとライス。

まずはゴマの浮いたスープ。
ベースの豚骨も控えめな感じだが、味噌が薄い。
塩気が弱いのは決してイヤではないけど、
俺は味噌ラーメンを食べているんだぜ!な感じがしない。
多めの野菜や麺に負けているのか?

中太の麺はややヤワ目。
味噌には合いそうな茹で加減だったが、スープがついてこない。

チャーシューは美味しかった。
そしてモヤシやキャベツ、ニラなどの野菜はボリューム的に不満なしだが。

ライスを注文したのは連れて来てくれた先輩のマネで、
同じように麺と具を乗せて食べてみた。
・・・ライスに味が染みない。

うすい うすすぎる 十万石饅頭

寂しさが現実を物語っているのかもしれない。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「醤油ラーメン(630円)」@豆でっぽうの写真先輩が隣で、何やらスマホをいじっている。
どうやら、お客のところへ行く途中で寄るラーメン屋を探しているようだ。
人にはどこへ行けと指示する割に、自分の行く店を選ぶのは直前まで悩むらしい。
優柔不断なO型だな、と心の中で笑う。
決まりましたか?行ったことのない店なんですね?
その後、右だ左だと指示されたとおりに抜け道を走ると、
落ち着いた雰囲気のラーメン屋が見えてきた。

1時前という時間であったが店内満席。
入り口前には5人ほど先客が並んでいた。
店内には空席も見えたが、次から次へと店内へ入れるのではなく、
グループ客などの人数や希望に合わせて順番を考慮して入れているようだ。
15分ほどで店内へ入ると、そこは広くて余裕がある、落ち着いた空間だった。
やや暗めの照明だが、ラーメンの美味しさが視覚的な面で損なわれるほどではなさそうだ。
写真撮影という、ヲタな行為にはやや障害となるのだが(笑)
カウンター席も広めで、隣の客と肩が触れ合うこともない。
“背後霊”のような店内待ちの客の鼻息を感じることもない。
たとえ少々暑くても、たとえ少々寒くても、外で待ち、この空間でラーメンを食べる方がいい。
幸せになれる。

自分は醤油ラーメンを注文した。
知らない店なら、まずはデフォ。そう言っていた先輩は担々麺かよ。また心の中で笑ってしまった。
5分ほどで高台へ丼が置かれる。
手元に引き寄せてみたが、いい面構えだ。
優しげなスープに沈む麺、その上にはチャーシュー、メンマ、青菜、味玉、そしてネギや
糸唐辛子が浮かんでいる。
レンゲでスープを飲む。
甘味のある醤油ダレの効いたスープはシンプルだが、豚骨と鶏ガラの旨みが感じられる。
塩気も程よく、物足りなさは感じない。
懐かしいとさえ思える味、これぞ醤油ラーメンと言えるのではないか。
麺は自家製らしい。
中細で少しばかり捻じれがある麺は、少しだけ透き通りそうに見える。
茹で加減は絶妙。
これより硬ければポソっとし過ぎだろうし、軟らかければプヨプヨになる。
これをアルデンテというのかどうかはわからないが、そう一言で片付けてみたい気持ちはわかる。
具のなかでは、チャーシューと味玉の出来がいい。
チャーシューは軟らかく、脂身の割合も程よく、スープに旨みが染み出す。
味玉は半分だが、この黄身のとろけ具合は好みだ。
メンマや青菜、ネギは動物系の味を引き立たせるよい具材だ。

ボリュームはさほど多くないので、物足りなそうなら大盛(100円)にするか、ライス(100円)をつければいいだろう。
半ライス(50円)という選択肢があるのも嬉しいところ。
ごちそうさま。
店内の居心地の良さや接客も、感じる美味しさに影響すると思う。
その辺も加味して表記点数。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「セットメニュー(台湾塩ラーメン+中華丼)   昼・680円」@四季縁 野田店の写真最近、全国各地の主にコンビニ跡地に出現してい中華資本。
ここ関宿にも、昨年この四季縁がオープンしたのだが、
「流山街道・旧関宿地区にオープンする飲食店はなかなかうまくいかない」説を覆す繁盛ぶりだ。
土曜の昼時なると、奥の座敷に客を入れるほどである。
その理由は。ちろん値段、そしてその値段を超える充実した内容のメニューにあると思う。

この日食べたのが、セットメニュー。
台湾塩ラーメンと中華丼を組み合わせて、昼だと680円だ。
ここのラーメンは正直、スープが薄くて麺がヤワということが多く、ラーメンデータベース的観点から
店舗登録をためらっていたのだが、この日食べたラーメンは、スープの味、濃さが程よく、
なにより麺が少しばかりプリっとしていた。
ひき肉の味がスープにしみ出して、なかなか美味しいじゃないか。
中華丼はご覧の通り具がたっぷり。
丼ものは全体的に少し味が濃いが、不満は無い。
アツアツで、注意しないとやけどをしてしまうくらい。
これが、下手すると3分から5分、少々混んでいても10分から15分くらいで提供されるのだから、恐れ入る。

600円の定食も、100円プラスでスープがラーメンに変更できる上、ライスはおかわり自由。
労働者だけの店、と思う無かれ。
意外と多いぞ家族連れ。
繁盛しているこの事実には、ちゃんと理由があるのだ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「Bセット(ラーメン+半カレー +ミニ春巻) 800円」@天心楼の写真流山街道を走っているとちょうど昼時。
そこに現れたのが「ラーメン」のノボリ。
店の前にある大きな駐車場には結構多くの車が停まっています。
地元で長くやっていそうな中華屋さんということで入ってみました。
広い店内は8割ほどの入りとなかなか忙しそう。
メニュー単品からセットものまで多彩。
お得そうに見えた表記セットを注文。
出てくるまで7分ほどかかりましたかね。

アブラに覆われたスープは、意外にも魚粉を効かせたと思われる味。
中華料理店だけにもっと昔ながらの中華そばみたいなものかと思ったんですけどね。
でも、ちょっと頼りすぎかな。
麺はやや透明感のある中細の中華麺ですが、コシはしっかりしており、まずまずのもの。
もちろん専門店には敵わないだろうけど、工夫されたラーメンとみましたね。
具はチャーシュー、カワメ、ナルトにネギ。
単品だと500円ですから、こんなもんかな。
セットにしたので半カレーライスと春巻きが二本つきます。
どちらも手抜きのない味で、いいじゃないですか。
といっても、これは点数に入れちゃダメですね。
まあ、ボリューム的には十分満たされましたぜ。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン(750円)+中盛(50円)」@優勝軒 柏店の写真平日の昼に訪問。
正面の券売機で表記メニューの食券を購入。
カウンター席へ座り、待つこと7,8分でラーメンの到着。

スープは少々トロみを感じる豚骨魚介。
濃厚ではありませんが、魚の癖があまりなく、飲みやすい味。
麺は中太のストレート。
スルポソという食感で茹で加減は良好。
中盛にしたので、麺がスープから顔を出すくらいなのでボリュームは十分。
具は大きめのチャーシュー、ほうれん草、メンマ、味玉半分、そしてネギ。
チャーシューは炙ってあるのかな。なかなか香ばしいですよ。
味玉、ほうれん草、メンマも、味を変える役割を果たしてくれますね。
ただ、胡椒はいらない。
個人的な感想ですけど、苦手なんですよ、胡椒の類が効きすぎているのが。
スープを8割ほど飲んでごちそうさま。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

「ラーメン(680円) ※麺=バリカタ」@博多長浜ラーメン フクフクの写真飲んだ後の〆に訪問。
ヌルヌルの床をツィ~と滑りながら(ウソ)、テーブル席へ。

5分かかったかどうかはよく覚えていないが、とにかくラーメンが到着。

スープはまさに豚クサ。しかしスープの粘度以上に豚濃厚。
臭さを上回る幸福感。うん、これは旨い。
麺は極細ストレート。
自分の思う通りのバリカタで出てきたのがうれしい。
この、ネットリした食感は大好きだ。
具はコリコリとしたキクラゲ、やわらかチャーシュー、海苔、そしてネギ。
どいつもこいつもスープに合うし、麺に合う。
替え玉をもらいたいところだったけど、腹具合を考えて自粛。
そのかわり、残るスープを丼かかえて飲み干して、ごちそうさま。

ここへ来たのはこれで3度目。
最初は店内の豚臭さに最初は驚いたけど、
このラーメンを食べられる故のものと思えばノープロブレム。
というよりも、この臭いを求めてしまう自分がいるのだ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ麺(中)+ネギ豚飯(昼限定850円セット)」@麺屋六弦 関宿店の写真久々に訪問したら、いつの間に営業時間が短くなっていましたよ。
どおりで最近、夕方店の前を通ると電気が灯いていないわけだ。

土曜日12時過ぎで、5割程度の客入りですかね。
入口右の券売機で、「昼限定」と書かれたボタンを押して食券を購入。
限定といっても、営業時間が短くなった今では、“限定”されていないわけで(笑)
サイドメニューの各種ミニ丼(300円~400円)が、100円~150円プラスで
常時食べられる、お得なセットということになりますかね。

ということで、表記メニューを選択してテーブルへ。
卓上には油葱、ラー油、食べるラー油、魚粉、そして割り湯ポットが置かれていますね。
10分ほどで提供されました。

まずはつけ麺。
自家製という極太麺は、やや硬めで噛み心地の良い茹で加減。
しかし水切りが甘く、ヌルヌルした感じがあります。
食べ進めると案の定、丼の底には水が溜まっていました。
つけ汁は、濃厚豚骨魚介でトロミがあります。
この濃厚さは極太麺と合いますね。
ただ、麺が水気を加えるので、温度と濃厚さが低下してしまうのが残念。
したがって、割りスープの出番はなし。
具はふっといメンマとチャーシュー、ネギがつけ汁に、水菜と海苔が麺の丼に入っています。
チャーシュー、以前より小さくなったかしら?
途中、卓上の油葱を入れて変化させて完食。


さて、セットで注文したネギ豚飯。
これはちょっと。
アツアツではないうえにご飯がポソっとしており、乗せられた薄い豚肉も味付けが濃いだけで、硬い。

つけ麺は表記点数。
ネギ豚丼は対象外。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「2号ラーメン 680円」@我流拉麺 水戸屋の写真昨年上期に訪問したものです。

夜、19時くらいの訪問。
券売機の横に、各ラーメンの写真や説明書きが貼られています。
それを見ながら「特濃」「魚介 Flaver」という言葉に惹かれて
「2号ラーメン」(680円)の食券を購入。

スープは今どきの豚骨魚介。
しかし、粘度、味ともに特濃というほどのものではなく、ちょっとがっかり。

自家製という麺は、スルポソとして啜り心地はまずまず。
だが、スープが弱く、麺が抜け出てしまう。

チャーシューは柔らかく、脂身が程よくておいしい。
ネギ、玉ねぎで清涼感を出しているけど、スープがもっと濃厚なら合うと思う。

結局、スープの不満がすべてに影響した感じ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件