なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

1000杯くん

男性

1000杯食べても味がわからないってつらいですよね。私もそう。でも、頑張ってレビューします。

平均点 69.400点
最終レビュー日 2016年12月29日
35 34 0 32
レビュー 店舗 スキ いいね

「台湾塩ラーメン+中華丼(ランチセット=680円)」@四季紅 稲敷店の写真連日の稲敷作業。
この日は現場からチョイと足を伸ばしてコチラへ。
13時をとっくに回っていたが、店内はほぼ満席。
自分のあとにもグループ客多数。

セットメニューを注文して、地元の“台湾”と比較。
台湾塩らーめんは、ニラとひき肉が入ったちょいピリ辛なラーメン。
スープはサラリ。
具はほかにもやしだけ、麺もありふれた中華麺だが、セットの中華丼に合う。
中華丼はご覧の通り具沢山でボリュームたっぷり。
もちろんアツアツで急いで食べると火傷必至。
味、ボリュームともどんぶり物が主役という感じのするセットメニューだが、
これで680円なら十分満足。
よって点数は、あくまでもセットとしてのものということになる。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「カレーラーメン(750円)」@中華料理 味華の写真仕事で近所に来た時の昼に訪問。
目にとまったのが表題のメニュー。
スープの分類が“味噌”だったことも後押し。
味噌とカレーは相性がいいと思っているからね。
カレーラーメン!キミに決めた!

5分ほどでカレーラーメンの出現。
まずは半透明感のあるスープをグビリ。
むむ、なんだ?
なんだかんだと聞かれたら、答えてあげるが世の情け。
想像より7倍ほどさらりとしたスープは・・薄いぞ。
洋風のカレースープを思い出した。
自分の味障さも手伝ってか、味噌がベースだとも思えない。
野菜は結構入っていて、それに拍車をかける。
麺は中細、ごく普通。

工業団地から最も近い店で、昼時は混んでいる。
定食、セットメニューならお腹は膨れそうだ。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ネギラーメン(醤油) 690円」@山岡家 牛久店の写真11月下旬、朝8時前。
歴史を感じさせる店舗だ。
ちょっとばかり動きが悪いサッシの扉をスライドさせると、アルデンテ・・いや、
新聞を読みふけっていた店長が振り返った。
いらっしゃい・・・店からも人からも昭和の雰囲気に引きづり込まれかけたが、
一世代前の券売機の存在に気づいて我にかえった。
今は平成の世なのだ。

千円札を投入し、狙いの「プレミアム醤油とんこつ」のボタンを探す。
ん?ないぞ??
店頭にはチラシが貼ってあったが・・・店長?
え?
怪訝そうな顔をした店長がチラと上を見て続けた。
あれは・・来週から・・ですよ・・・。

仕方がない、とネギラーメンを注文した。
食べ慣れている味だ。
スープには、○○gのラードと聞いたことがある油の層。
そしてその下には濃厚な豚骨醤油が沈んでいる。
これに油を増量して飲みきるなんて、自○行為にちがいない。
ネギはラーメンショップのネギよりも味は薄めだろうか。
茹で加減の注文をつけなかった中太麺は、表面ややモッチリ。
チャーシュー、ほうれん草、のりといった具は特筆なし。
ま、そのへんはわかって食べているのだが。
5分弱で完食。

他に客はいない。
店長は既に奥へ移って続きを読んでいる。
ごちそうさまを告げる私をチラリと見て、店長は首を上げ、ありがとうございますと言った。
昭和の質屋、質屋のオヤジといった雰囲気が私を取り囲んだ気がした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「真空ラーメン(大盛無料) 700円」@麺屋 正元 阿見店の写真喜元門プロデュース、と聞いて期待して行ったのですが・・・

スープは動物系が弱く、全体的に薄っぺらい感じがする。
粘度も決して高くはなく、魚粉とネギで補完しようというのかな。
油は多め、最後までアツアツで冷めないので唇をやけどしたが、
コッテリと濃厚は違うように思う。

麺は、平打ちの中太麺。
茹で加減硬めでスルスルと啜れる、と言えるのかもしれないが、ややボソっとした噛み心地。
スープが弱いと思うせいもあってか、スープの絡みはいまひとつで麺が抜けてしまう。

具はチャーシュー、メンマ、ネギ。
チャーシューは厚くて軟らかく、美味しい。

「喜元門プロデュース」という先入観がなければ、
あるいはパチ屋のラーメン店という捕らえ方であれば、印象は多少違ったかも。

喜元門のラーメンってこんな感じだったっけ・・・。
そんな思いで店を後にました。

どうだろうか?

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「純煮干ソバ(680円)」@煮干中華ソバ イチカワの写真「煮干100%スープ・油なし・マニア向け」
これが券売機に書かれた説明書きだ。

スープは淵に泡が立つ、ストレート煮干。
マニア向けといっても、決してキツくは感じない。
心地よい煮干の味が口内に広がる。
油なしというところが物足りなさを感じるが、油なしと書かれているのだから
ここは突っ込みどころにならない。
むしろ、油なしでこの重みあるスープ、と思うべきだろうか。

麺は細麺ストレート。
固めの湯で加減で、スルスル、プツンが心地よく美味しい。
まさにソバ。
煮干のスープに薬味のネギも効いて、まさにソバだ。

具はチャーシュー、メンマ、ネギとシンプル。
唯一動物系といえるチャーシューだけあってか、大きめのものが一枚添えられている。
香りが良くて柔らかく、これは美味しい。
チャーシューは炙り、手間をかけてあるからこそ煮干との対比が際立ち、より美味しく感じるのかもしれない。
ネギの清涼感もまた、いいね。

最後は丼を持ち上げてスープまで完飲。
ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「和風ラーメン(250円)+ミニカツ煮丼(300円)」@どんぐりころころの写真仕事で近所へ行った時、昼食を食べに訪問しました。
平日の昼でしたが、自分と同じような作業服姿のお客が多く、賑わっていました。

注文したのは平日ランチタイム限定のセットメニュー。
通常550円の「和風ラーメン」が250円で提供されるのです。
それと、数種類あるミニ丼から「ミニかつ煮丼」(300円)をお願いしました。

20分くらいでラーメンの到着。
丼は小さくなく、ボリュームに不満はありません。
アブラの球が浮かぶスープはあっさり鶏ガラ醤油味。

麺はやや縮れた細く角張った麺。
茹で加減は少々ヤワ。

具はほうれん草、チャーシュー、そして細切りの昆布。
“和風”を演出するのは昆布かしら。
ラーメンを見ていないので、違いがわかりませんがw
チャーシューは小さいね。
550円だったら不満の残る内容かな。
でも250円なら納得。

サイドとしてつけたミニカツ煮丼ですが、
詳しく書かなくてもいいかな。
写真でわかるような印象といってでしょう。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件